2020年11月23日

HOTEL THE MITSUI KYOTO

HOTELTHEMITSUI2020-3


京都のステイは三井のフラッグシップ『HOTEL THE MITSUI』(ホテル ザ ミツイ)から
HOTELTHEMITSUI2020-22


二条城前、三井総領家の跡に建つジャパンプライド
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


パークハイアット、フォーシーズンズ、リッツなど京都の外資系ホテルに遜色ない空気感
HOTELTHEMITSUI2020-19



池を囲む中庭の周りにレストランや部屋が配置されていて、テラス席のBARなどは外からのゲストでも使いやすい
HOTELTHEMITSUI2020-75



ガストロノミー鉄板焼も庭を眺めながらで心地いい
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-1



フレンチの技の挿し込まれたステーキを気軽にランチで愉しむ
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-2




昼間は半袖で動ける日だったので、夕方のテラスバーでアペリティフも快適
HOTELTHEMITSUI2020-104


シグネチャーカクテルは3000円くらいだったかな。滞在中はほぼほぼ酔っ払い
HOTELTHEMITSUI2020-105





こちらは部屋の様子、エントランスのシューケースがお洒落
HOTELTHEMITSUI2020-49



3Fの窓でも竹がカーテンに
HOTELTHEMITSUI2020-39




窓から部屋を振り返るとこんな感じ
HOTELTHEMITSUI2020-33







バスローブがさすがの気持ちよさ
HOTELTHEMITSUI2020-36



バスルームの世界観も好きよ
HOTELTHEMITSUI2020-25



HOTELTHEMITSUI2020-38




夜もいいけど、この採光を活かすなら昼風呂がおすすめ
HOTELTHEMITSUI2020-58




NYスタイルのポップなホテルより、シックなデザインが好き
HOTELTHEMITSUI2020-60




少しくらいはワーケーション
HOTELTHEMITSUI2020-62




ミニバーコーナーもお洒落さ極まりなし
HOTELTHEMITSUI2020-52







部屋はゆっくりできるし、ジムやサーマルスプリングとホテル内の施設が充実してるので、翌日は雨だったけど、むしろ快適にのんびりステイ
スクリーンショット 2020-11-23 22.39.44



ジムではがっつりパンプアップしましたぜ
HOTELTHEMITSUI2020-93



こういう応接間欲しいわ
HOTELTHEMITSUI2020-121



夜のライトアップも上手だね
HOTELTHEMITSUI2020-117





オープン早々に行けてよかった、館内はNO密です、当然のことながら
HOTELTHEMITSUI2020-21

HOTEL THE MIRSUI KYOTO



京都デビューの頃は、紅葉の時期にチャリで1日20kmとか走ってあちこちの名刹のお庭回ってたけど、今は気分でコンディションいい時にいくつか回れれば満足
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む


2020年11月20日

そうだ、京都行こう。 2020秋


kyoto20202020-10

今年もいい色に色づいています、京都
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



外国人観光客も殆どいないし、今のところ密な状態には遭遇してません
kyoto20202020-21




「そうだ、京都行こう。」の紅葉情報も一気に見頃に変わっています
kyoto20202020-19




南禅寺は天授庵が絶好の見頃に
kyoto20202020-4



ここもかなり頻度高めに訪れてるけど、今年は最高のタイミングだった。美しさという意味でも、空いているという意味でも。
kyoto20202020-6



永観堂も平日だったせいもあり、待ち時間ゼロでソーシャルディスタンスとりまくり
kyoto20202020-16



明日からは混みそうだけど、こんなに快適に紅葉のピークの永観堂を愉しめるなんて人生で二度と無い経験だったと思います
kyoto20202020-14






からの毎年ルーティーンの栄摂院でひと休み、ここはどんな紅葉が不作の年でもハズしたことがない
kyoto20202020-23



初日の〆は真如堂だったんだけど、思った以上にここだけピークアウトが疾かった。この写真は周囲の枯れ木をうまくハズして撮影したけど、本堂や五重塔の周囲は、落ち葉の水分量少ない枯れ葉が目立つし。
kyoto2020真如堂2020-2



てな感じで、この連休も例年通り絶景の紅葉を愉しめそうです




今回のホテルは話題のこちらからスタート、ジャパンプライド
kyoto20202020-29



ど真ん中のロケーションのラグジュアリーコレクション
kyoto20202020-1



細部まで美意識を感じるホテルですが、B1のサーマルスプリングが今までの概念を覆す温泉になっていて、水着で愉しめるというのも京都ならでは
kyoto20202020-2



混雑を避けつつ日本の四季を楽しみたいところ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む


2020年11月16日

SHIKAKU(外苑前)鉄板和食をナチュールと

shikaku2020-14


青山のベルコモ跡地に建った「THE AOYAMA GRAND HOTEL」、4Fのオールデイダイニングやルーフトップバーの認知度が高めだけど、ホテルとしても極めて優秀だし鉄板和食の『shikaku』も期待以上
shikaku2020-19



折角の美女の焼き手がマスクと手袋で台無しというコロナ禍の悲劇
shikaku2020-24




青山の一等地ホテルのレストランゆえ、お高いかと思いきやリーズナブル。そして、鴨のサラダひとつとっても丁寧に作られている
shikaku2020-13




とろたくが、鮨屋でなくてもいただける幸せ
shikaku2020-16




無性に、こういうモノが食べたくてしかたなかった頃。ハンバーグは実に美味であった。
shikaku2020-21




どら焼きも眼の前で2人分作ってくれるし、エンタメ指数の高さは言わずもがな
shikaku2020-26





ワーケーションは、愉しいね
shikaku2020-10

シカク (SHIKAKU)
03-6271-5429
東京都港区北青山2-14-4 THE AOYAMA GRAND HOTELE 4F
https://aoyamagrand.com/restaurants/shikaku/



もう1週間も前の出来事なのね、時間が経つのが疾すぎる
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む


kyah2004 at 08:00|この記事のURLComments(0)和食 | ¥5000〜

2020年11月14日

THE AOYAMA GRAND HOTEL(外苑前)ベルコモ跡のデザインホテル

aoyamagrand_2_2020-1


ワーケーションはベルコモの跡地の『THE AOYAMA GRAND HOTEL』
aoyamagrand2020-20


部屋はNYやメルボルンのデザインホテルのようなトンマナで、誰かの部屋に遊びに来たかのようなリラックス感
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

カーペットが敷いてあって、こんなにお洒落に感じるホテルってなんか新鮮
aoyamagrand2020-4



大きな窓から眼下には外苑の景色が広がっていて、ナチュールワイン好きに嬉しい@virtuswine も徒歩圏内
aoyamagrand2020-14




銀杏並木が色づいているのを見られたり、秩父宮ラグビー場ではラグビーの早慶戦をやっていた
aoyamagrand2020-26


充実のミニバーはインクルードで、クラフトビールやワイン、ウイスキーと気分に合わせてお酒をチョイス。コップも冷やしてあるし、赤ワインやウィスキーなど常温のお酒やおつまみは別の引き出しに
aoyamagrand2020-6




ローテーブルが見た目よりパソコンしやすくてカウチソファーがワーケーション基地に
aoyamagrand2020-15



ワイヤレススピーカーもお洒落で欲しくなる
aoyamagrand2020-7


人気のRooftopbarは宿泊者のみ予約できて、ディナー前にアペリティフ。ストーブもパワーあるし、この時期でも1時間くらいなら余裕だよ
aoyamagrand_2_2020-17



その後4Fの鉄板和食『shikaku』へ。ナチュールも揃えてあるのがめっちゃ嬉しい
aoyamagrand_2_2020-20



ハンバーガーとかトロたく巻とかなんか嬉しいメニューが並び、そのうえリーズナブル。焼き手が女性というのも今っぽい
aoyamagrand_2_2020-21





4Fのカフェ使いできるダイニングは賑わってるけど、個人的には鉄板和食推し
aoyamagrand_2_2020-25



まさに暮らすように過ごせるホテル、外苑前に引っ越した気分を味わえた
aoyamagrand2020-21

THE AOYAMA GRAND HOTEL
東京都港区北青山二丁目14番4 THE AOYAMA GRAND HOTEL


ネトフリ観てたらほぼ朝になっちまったわ。ちなみに今、ハマってるのは「ホームランド」
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ

続きを読む


2020年11月10日

琥珀宮 (大手町)パレスホテル ご近所散歩のあとに

Palacehotel2020-93

パレスホテルをチェックアウトして、散歩して戻ってからの中国飯店『琥珀宮』
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


皇居は1時間くらい散歩するのにちょうどいい
Palacehotel2020-87



にしても「琥珀宮」、前菜の焼物の本場感いいっすね。点心のクオリティも文句なし。

この米の詰まった焼売とかタイプ過ぎて困るわ。COVID−19の影響で香港にも行けてないけど、味覚で旅できるってほんと現代って豊かで贅沢な時代なのねと再認知させられる
Palacehotel2020-94



北京ダッグはスタッフが巻いて出してくれるんだけど、このバランスが実に見事。薄餅(バオビン)の厚さと歯ごたえも心地よく、ダックの皮の量、きゅうりやネギのボリューム感も適度な主張で、自分で巻くときが、いかにバラついてるかってことを改めて気づいた
Palacehotel2020-100



2人分でこの量だからね。一巻きになったら、結構な量が入ってるワケですわ
Palacehotel2020-98






正直、ランチの原資の殆どがGO TOトラベルのクーポン。地域クーポン、特に電子クーポンは使う場所が限られるので、同じホテルで使えるっていうのは本当に便利
Palacehotel2020-89

琥珀宮
03-5221-7788
東京都千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 5F
https://www.instagram.com/chuugokuhanten/



10月に入ってから、それなりにホテル泊まってるけど、パレスホテルのバランス感はとっても良く満足度はかなり高め
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ

続きを読む


2020年11月08日

パレスホテル 東京でワーケーション

Palacehotel2020-78

GO TOトラベルは、なにも県外に行く必要ないわけで、都内のマイクロツーリズムを極めるチャンス。週末はだいたいワーケーションで都内ホテルに滞在中。

この日は皇居フロントの『Palace Hotel

ちゃんと数えてないけど、GO TOトラベル50泊のうち半分くらいは東京だと思う、きっと。
Palacehotel2020-10




10月に入ってから、別府のインターコンチ、もみや、ウエスティン恵比寿、バーヴェスト伊東、松本十帖 本箱、ハイアットセントリック銀座、パレスホテル、パークハイアット、ホテルニューグランド、THE AOYAMA GRAND HOTELに泊まってるから、ここまででも都内比率は6割(横浜は都内に含んだ)
Palacehotel2020-76



正直、都内に住んでいると近所のホテルに泊まりたいとは早々思わなかったけど、海外に旅に出れず、感染拡大防止の観点からも移動の少ない都内ホテルは正しいセレクトだと思う
Palacehotel2020-75



都内の移動もチェックイン時間の15:00頃なら公共交通機関もさほど混んでないし、ホテルの感染症対策の厳しさといったらその辺のオフィスなど比較にならない。レストランやスパを使うたびに何度もアルコール消毒させられるし検温も何度も受けることになる。これだけ徹底していて感染者が出たら仕方ないでしょ

滅多に乗らないけど、朝夕の電車とかソーシャルディスタンスなんて夢のまた夢みたいなつめつめ状態で、ここでクラスター発生してないのが奇跡(というかトレース出来てないと思うけど…)
Palacehotel2020-14




都内とはいえ、ホテルに泊まればリフレッシュになるし、プールやジムなどヘルシーな施設も使い放題。チェックインして、プール入って、アペリティフにBARとか心の健康にとても効くと思う。もちろんフィジカルにも好影響。皇居の色づいた木々を眺めながらのプールなんて、早々体験できるものじゃない
Palacehotel2020-72




それに過ごし方は、そんなに日常と変わらないので旅疲れなどもしないのはポジティブ。年中無休の当家は、空き時間はワークタイムと正真正銘のワーケーション。ホテル近辺でクラフトビールやナチュールあるなら手ぶらだけど、微妙な時は部屋呑み用に持ち込みます
Palacehotel2020-17




パレスホテルは行きたかったBARもあったので、ワイン持っていったものの抜栓する暇すらなかった
Palacehotel2020-31




宵の口の皇居前
Palacehotel2020-29


オープン当初から気になったたラウンジバー『Prive
Palacehotel2020-51



ルーフトップ好きのテラサー的には、この空間でカクテルしてみたかったんです
Palacehotel2020-45




日本が誇る純国産ホテルのフラッグシップだけに、カクテルも確実に美味。そしてパニーニや牛コロッケなど、フードメニューもインターナショナル
Palacehotel2020-43




アペリティフタイプのすっきりカクテルから、軽食を挟んでデザートタイプのエスプレッソマティーニと疑似コース料理の流れをBARで構築
Palacehotel2020-44




美味しいお酒と、美味しい食事を食べたら食欲に火がついて、ちょっと近場を散策することに
Palacehotel2020-55


国家が遊びを補助してくれるなんて、そんな時代は生きてる間、二度と起こらない奇跡だと思う。ゆえに、全力で国内ホテルを勉強中。知らないうちにいいホテル増えてますな
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ



続きを読む


kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)HOTEL | LifeStyle

2020年11月06日

yaoyu(神田)ナチュール好きの神フレンチ

Yaoyu2020-10


当家がリピート率高めの目黒のタイ料理「みもっと」や、肉ガストロ「セラフェ」からの強推フレンチ『yaoyu』へ、恒例のアンティークウォッチの会で

もっと早く行きたかったんだけど、コロナ禍のおかげでマイクロフーディズムづいてたから、どうしても近所のレストラン訪問率が高くてね

あんまし混んでる電車は乗りたくないってのと、お店のロケーションが大手町というか竹橋というか神保町というか神田というか的なポテンヒットスポットで、東京のど真ん中にありながら意外とアクセスがやっかいで
Yaoyu2020-7


そんな先延ばしになってたフレンチにやっと願いが叶って訪問できたんだけど、温めてきた価値ありましたわ。ワインの提案は想像以上にファンタスティックだし、料理もナチュール好きには悶絶の愉しさ。

Yaoyu2020-24



ただ、これ多分ナチュール好きじゃないと見えない景色な気がしてて、料理単体でも勿論美味だけど、ワインとの組み合わせで、もっと面白いとこにイケるのがいい。

高級スーツを着たマダムみたいな模範的マリアージュとは違う、日焼けした肢体がまぶしいブルネロ・クチネリのニットを素肌に纏ったショートカット女子的ニュアンス
Yaoyu2020-13


料理は、カルパチョも穴子も青森の神経じめのモノを使っていて、特に穴子のインパクトが大

シェフが自ら釣ったという東京湾のアジにはゆり根を合わせ、印象的な食感に
Yaoyu2020-17




ほろほろ鳥は胸と腿と2種類の部位を使って。うわ、このテクスチャ未体験ゾーン。山椒の効いたソースはモダンチャイニーズのようなアプローチで、これまたビックリ!
Yaoyu2020-22



ワインとの相性含め、『yaoyu』ならではのオンリーワン体験に昂った夜

Yaoyu2020-20



コンクリの打ちっぱなしに、カウンターとテーブルのスタイリッシュな空間だけど、デートというよりフーディーズ同士で訪問する方が合ってそうだね
Yaoyu2020-4




たまにランチもやってるようなので、タイミングあえば狙いたい。11/4のランチは狙ってたハンバーガーやってるそうで
Yaoyu2020-2

yaoyu
03-5577-6783
東京都千代田区神田錦町1-17-5 B1F
https://www.facebook.com/yaoyu8571/



米大統領選、事前の世論調査よりもだいぶ接戦になってるのも驚きだけど、これだけ民意が分断するという状況も、かなり画一的な価値観の中で生活をしている日本から見ると体感しにくい状況。こればっかりは住んでみないと分からない。

最近では大阪都構想で見事に民意が割れたけど、日本にも分断の兆候が出始めているということなんだろうか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ

続きを読む


2020年11月03日

セラフェ (目黒)フランス仕込みの熟成肉ガストロのおもちかえり

Yaoyu2020-30

ライフスタイルを10年くらい早回ししたコロナ禍


付き合うのは厄介だけど、それでもリモートワークとか、他拠点生活とか、家族との時間の大事さとか、人生を見直す機会になったという人もかなり多いと思う


レストランがテイクアウトをしてくれるようになったというのも当家にはエポックメイキングな出来事で、フランスリムーザン牛 60ヶ月が抜群の火入れのまま家で食べられるなんて、1年前には信じられないことだった
Yaoyu2020-33



そんなテイクアウトは予約がベターだけど、ウォークインでもオーダー可能、カウンターで赤ワインをグラスで呑みながら、10分ちょいで用意してもらえた
Yaoyu2020-34




この梅山豚も強烈に美味、ソーセージも大好きなのよね。また出ないかなァ
Yaoyu2020-35



今年、一、二を争う当家のリピート店。かほりの強いNYスタイルの熟成肉もたまには食べたいけど、毎週でも食べたいのはフランスやスペインのような、ほのかな熟成香の赤身の長期熟成牛なんすよね
Yaoyu2020-32

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/


街にはだいぶ人が戻って、感染が再拡大している欧州とは全く違う景色が日本では広がっている。だからといって、昔のような仕事の仕方には絶対戻って欲しくない。そういう企業は、特に若者から離れていくはず
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ




続きを読む


2020年11月01日

別府おそるべし 温泉の凄みとナチュールと美食にラグジュアリーホテルまで

Beppu2020-193

初めての別府

東京から行くとなると、大分だと由布院の方が先に候補にあがると思うんだけど、当家は圧倒的に別府派になりました
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


温泉に関しては全然詳しくないんだけど、達人の方々曰く”日本屈指の湯質”。そのうえ、町湯、宿の湯、ラグジュアリーホテルとドローカルからハイエンドまで、様々な温泉エクスペリエンスを愉しむことができる。食の選択肢も豊富で、ナチュール呑めるお店もわりとあるのよ
Beppu2020-125



この写真は別府のインターコンチ、350mという高台からのビューが圧巻で、ローカル感満載の明礬温泉も徒歩圏内だし鉱泥温泉も頑張れば歩けたし、ハイエンドとディープなローカルゾーンの両方で遊べるのが魅力


温泉付きの外資系ラグジュアリーホテルって、ニセコのパークハイアットくらいしか行ったことなかったけど、ここは東京でいうとインターコンチというよりはリッツの方が近い感覚
Beppu2020-160




別府といえばあちこちにある共同浴場が有名だけど、駅からも近い「竹瓦温泉」は規模もビジュアルも別格。ここの砂湯はサウナーには絶対行って欲しい名湯、もちろん温泉好きにも最高なんだろうけど
Beppu2020-11



しばらくクローズしていて、帰る寸前に3回目の訪問でやっと入れた竹瓦温泉の砂風呂。ここではスタッフが砂を掘って埋めてくれるんだけど砂の重さや顔汗を拭けないのがツラくて15分くらい蒸されるところを10分でギブアップしてしまったのが悔しくてならない…。ただ、このあと「Beppu Sake Stand 巡」で飲んだどぶろくビールは、2020年を代表する最高の一杯だった
Beppu2020-12




サウナー必湯といえば、鉄輪の「鉄輪むし湯」。天井の低い小部屋に寝て蒸されるという温泉で、床上に清流沿いでしか育たない薬草 石菖(せきしょう)が敷きつめられているんです。寝転がると急激に温度があがり、まさにサウナ状態。レギュラーは8分だけど、余裕があれば2分追加できる。石菖のかほりは、ヴィヒタよりも奥深く、是非とも鎌倉時代から伝わる日本サウナの素晴らしさを体感して欲しい
Beppu2020-224

ほかにも変わりどころでは泥温泉の「鉱泥温泉」も外気浴挟みながら3セットが基本だったりと、サウナーと親和性の高い温泉がたくさんあるのよね。共同湯のディープ感も新鮮で、温泉でととのってから酒や食事がデフォルトというのは、本当に豊かだなぁって思う。



別府駅近辺は、想像以上に食の選択肢が豊富。なかでもさっきも書いた「Beppu Sake Stand 巡」は、12:00からオープンしているので便利なことこのうえなし。なんせ4泊の滞在中3回も通ったから。
Beppu2020-205



というのも温泉の後にはクラフトビールが欲しくなるから、昼酒できる場所がないとツライのよ。
Beppu2020-210


理想のととのい方は、近所の竹瓦温泉の砂風呂に埋められた後、カボスを効かせたドブロクビール。さっきも書いたけど、これが実にたまらんのです
Beppu2020-203



このナチュール、たまたま今日だけで2回見たわw
Beppu2020-207



つまみも美味しいけど、『巡』という店名のとおり、別府の他のお店も巡って欲しいというコンセプト
Beppu2020-212



0次会使いに最強の一択、是非うまく活用して欲しい
巡2020-1




やっぱ、別府なので海の幸も欲しくなる。『鮨乃家』でつまみをいただきつつ、地元の酒で酔いしれる
Beppu2020-51




何軒か回りたかったので抑えめにしてたら握りを頼むの忘れてた(泣)。若手の職人さんの仕事は期待もてるし、ホスピタリティも高く次回こそはしっかりと向き合いたい一店。サウナーなのも好印象
Beppu2020-53




続いて向かったのはローカルたちも、中々入れないという餃子のお店、ディープな路地を進んでいくのが面白い。つか、現地の遊び人がいないと、こういうとこに最短距離ではたどり着けない。こういった属人的な情報こそが、これから先もっと価値になるはず
Beppu2020-54




そんな餃子屋の店名は『小厨房 香凛』、22:00頃にダメ元で覗いてみたら入れたというビギナーズラック。コロナ禍で観光客が激減しているタイミングだったからだと思うけど、やりたいことがあったらまず行動するってやっぱ大事。
Beppu2020-55




そして、ここの餃子はいわゆる日本の餃子ではなくて、でっかい小籠包に近い印象。生地はもちもちで歯ごたえがあり、ラム肉やハーブ使いが本場っぽい。
Beppu2020-56




〆はナチュールワイン、木造のアーケードという昭和の遺構の中に洒落た店も点在しているのが面白い
Beppu2020-59




こちらの自然派ワインBARは『Pure Wine Bar Enfer』。温泉地で、こんなにレストランホッピングできるって、そうそうないよね。ニセコ以来の満足度。また違ったトンマナだけど。
Beppu2020-60



食べ歩き飲み歩きは、別府駅近辺が抜けているので、徒歩圏内で雰囲気ある旅館というのは貴重なんです。こちらの『山田別荘』は雰囲気もいいし、ホスピタリティも高くオススメ
Beppu2020-64




仕事のあとのヒト風呂とか、朝ごはん前の朝風呂とか、煮詰まったときのリフレッシュ風呂とか、ワーケーションと温泉、特に別府との相性はいいね。
Beppu2020-86



普段はこんなに朝ごはん食べないけど、旅先だとしっかり食べちゃうよね
Beppu2020-67





こちらも別府の駅近だけど、いわゆる老舗割烹旅館の『もみや
Beppu2020-199



住宅地の真ん中だけどここは別世界。京都のお庭を見慣れちゃってると粗も気になるけど、こういう老舗旅館を残していくことも大事だなと。
Beppu2020-191



いい意味でも悪い意味でも、クラシカルな日本料理。最近は、逆にこういった日本料理を食べてなかったので、新鮮だったし、素直に美味しかった。
Beppu2020-214




いかにも別府らしさを味わうには駅近辺ではなく、鉄輪温泉まで足を運びたい。温泉の源泉が湧き出る「海地獄」をはじめ、あちこちから湯けむりがあがっている光景はグッとくる
Beppu2020-31




鉄輪の町中を歩いてると、こうした温泉の機械がそこらにあって、腐食した金属の様子が廃工場に通じててキュンキュンするんすよ
Beppu2020-39




そんな風情なので昭和ライクな宿しかないのかと思ったら、モダンでセンスのいい旅館もあるのよね。こちらは湯治宿『柳屋
Beppu2020-227



ここの中庭気持ちいい
Beppu2020-46




中庭の一角には地獄蒸しの窯が並んでいて、自炊するという選択肢も。湯治宿らしく、ステイスタイルを自分で選択できるというのもいいね
Beppu2020-47




この中庭を挟んで地獄蒸しのイタリアンを楽しめる『Otto e Sette Oita』があるのもイイ
Beppu2020-230



ナチュールがあるわけではなかったけど、温泉地でクオリティの高いワインが飲めるのは実にありがたい
Beppu2020-232



シェフは、由布院の高級旅館「無良塔」やラグジュアリークルーズトレイン「ななつ星」も担当していたりと、別府を代表するイタリアンシェフ。ランチコースも美味だったけど、気になって追加した鮎のジェノベーゼにめっちゃ昂りました
Beppu2020-235




ちなみに、イタリアンに行く前には、公衆浴場「すじ湯」でととのいました
Beppu2020-225



和サウナ「鉄輪むし湯」の足蒸しは、熱すぎて足を3秒入れただけで泣き入れましたw あまり使われてないと、極熱になっちゃうんだろうか?
Beppu2020-89




この鉄輪から更に山を登り、明礬温泉にあるのが『インターコンチネンタル別府
Beppu2020-181




正直、ここまでラグジュアリーだとは思ってなかったので想定外の昂り。予約時にまぁまぁのお値段なのねと思ったけどこれなら納得。しかも東京がGOTOトラベル対象になった直後だったので、宿泊代35%割引&クーポン12000円と恩恵をモロに受けられた。
Beppu2020-182



このときにうけた衝撃の”ありえないコストパフォマンス”が、その後GO TOトラベルを50泊予約するという行動につながったわけです。こんな素敵な日本をもっと知っておきたいってね。
Beppu2020-93




こんなビューの温泉ってなかなか無いし。別府でも別格(写真はホテルの許可を得て撮影しています)
Beppu2020-101




サウナも3段タイプで、インテリアも好み。セルフロウリュはできないけど、アロマ水がでるボタンがあるので(15分経つと次が押せる)、きちんと蒸されるのもわかっておられるなと。
Beppu2020-100




水風呂は、もうちょい冷たくてもいいと思うけど、いい意味で入りやすい。
Beppu2020-103





10月頭だったけど、半袖短パンでちょうどいい夏日だったので、プールも気持ちよかったよ。温水なので腹に力入れれば、冬でも入れるらしいよ。友人らは入ってたし。
Beppu2020-104




部屋は扇山が目の前
Beppu2020-120


バルコニーからは、立ち昇る温泉の湯けむりを見下ろせるのも”ならでは”でいい
Beppu2020-123





ホテル内にはローカルガストロノミーを愉しめるカウンターだけの『ATERIER』、周囲の景色も味わいたいから早めの時間に予約を入れて
Beppu2020-124




この日、一番刺さったのは天領日田のお酒を使ったフィアグラ
Beppu2020-131




というのも、合わせたペアリングがホテルのために作られた日田の日本酒で、コヤツが無性に美味しくて。
Beppu2020-133



ワインのペアリングもカントリーサイドだからと時差を感じるものではなく、世界のゲストが満足できるような洗練度
Beppu2020-134





GO TOトラベルのクーポンが12000円あると、食後にBAR行って、温泉入って、その後にまた寝る前にBAR行ったりと、普段以上にホテルの施設を使いまくっちゃうね。
Beppu2020-142




この時期、まだまだ市内で地域共通クーポン使えるとこなかったので、尚更ね。しっかし、気持ちいいBARだったなぁ
Beppu2020-147



夜のプールもいい雰囲気。さすがにプールは少し寒かたけどジャグジーからこのVIEWはヤバいっすよ
Beppu2020-154



日の出の別府も情緒あって好き。駅前、鉄輪、インターコンチと、どの温泉エリアも魅力的ゆえ、最低でも3泊はしたいよね、別府は。
Beppu2020-166



最近は、ガチに忙しすぎてブログ書けなくなっていた。そこそこリアルタイムでInstagramはアップしています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む


2020年10月17日

家ごはんとヴァンナチュール

家ごはん2020-5

ニューノーマルな日常を過ごしているワケですが、ランチタイムを家で過ごすことが増えたのは未だに新鮮。リモートワークで自由度が増したら、近所のレストランのランチに行きまくるかと思いきや、結局一日一食スタイルが定着して、ランチは家で少量食べるのが日常に

ゴーヤとトマトのお蕎麦は、夏に訪れた萩の器で

あ…、また山口の旅の総集編もあげてなかったことに今気づいた。



ランチをがっつり食べた日は、夜にワインと少々のディナー。ダイエットの極意は、食事を制限したり我慢するのではなく、食欲をコントロールすることだとつくづく感じる。
家ごはん2020-8



もちろん、毎日1時間くらいのトレーニングは続けてるし、おうちサウナもルーティーンに。ただ、ここんとこ旅続きで、温泉には入りまくってるけどトレーニングの頻度が下がってしまった。
家ごはん2020-11



それでも体重はキープ中、旅先だとかなり食べているのにね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む


kyah2004 at 19:52|この記事のURLComments(0)家ご飯 | Diary

Google+