2017年04月24日

富士山と甲府の旅

0424山梨4月-51

”酒が呑めない旅はイヤだ”と、車でのドライブ旅が減ってます。とはいえ、行動範囲を広げてくれる車でしかやれないこともあるので、たまにはドライブ旅も挿し込んでます。

ドローンを買って、撮ってみたかった被写体のひとつが富士山。ドローンのカメラが広角なので、かなり近づかないと存在感ある絵にならないんです。というわけで、最終目的地に選んだのは富士五湖。河口湖を選んだのは、甲府からのアクセスの良さ。


なんで甲府かって言うと富士五湖エリアで美味しそうなお店がみつからなかったのね。このあたり”ほうとう”ばっかなんよね。ほうとう好きだけど、折角なら山梨ならではの野菜やお肉が食べたくて。あとは、ちょうど桃の花が咲いてるシーズンだったということも、甲府エリアに惹かれた理由。
0424山梨4月-30




土曜日の早朝に東京を出ると、ワイナリーが集まる勝沼エリアまでは、あっという間。甲府や勝沼の市街を見下ろせるフルーツラインというドライブコースがあって、軽くドライブしつつ「勝沼ぶどうの丘」に寄ってみた。ここは宿泊施設や温泉があると聞いていたのと、丘の上で桜が綺麗に咲いていたので引力に惹かれて。
0424山梨4月-5



施設自体は昭和的なビンテージ感が漂ってるけど、景色は素晴らしく、周囲には桜があり、眼下には桃の花が絨毯のように咲き誇っていた。
0424山梨4月-14



勝沼ぶどう郷の駅近くは、大きな桜の木がトンネルを作っていて、こちらも見応えある風景。ただ、富士山までは見えなかった。
0424山梨4月-12


このエリアから石和温泉までは、車で15分くらいだったかな。思ってた以上にアクセスがいい。時間の関係で寄らなかったけど、”ほったらかし温泉”とか”笛吹川フルーツ公園”あたりは、景色の抜けた温泉に入れるので、勝沼→温泉というのは、いい選択肢。しっかり覚えたので、次回使う予定。


お昼に選んだのは甲府駅近くの『紅梅や』、武田神社(躑躅ケ崎館跡)に寄った流れで行くのがいいね。山梨=ほうとう以外の選択肢を探している人にはピッタリのお店で、甲州牛鍋専門店。牛鍋だけじゃなく、信玄鶏やローカルの朝摘み野菜なども厳選した素材が揃っている。
0424山梨4月-22



年に300頭しか出ない希少な甲州牛ですき焼き食べつつ、付け合せの野菜は近所のおばあ朝摘みの正真正銘Farm to Table。すきやき用の卵も山梨県産地鶏 中村農場の濃厚なもので、これだけでも相当旨い。
0424山梨4月-26


あと、さりげにメチャ ヒットしたのがランチの定食で出ている”甲州ワインビーフ 牛めしおこわ”、せいろに入ったビジュアルもいいし、ワインビーフがいい仕事してる。これ、近所にあったらヘビロテする味。
0424山梨4月-20


紅梅や
055-223-1210
山梨県甲府市丸の内1-15-6 地球堂ビル 2F
http://www.kobaiya.jp/


武田神社やワイナリー寄ったりしながら、河口湖へ。道がすいていれば1時間くらい。途中、桃の花が咲き誇るエリアを通ったりしつつ、長いトンネルを抜けるたら一気に富士山の麓へ。見える富士山のデカさが半端ない。
0424山梨4月-36



宿に選んだのはクラシカルな雰囲気漂う湖畔の富士ビューホテル。アプローチのしだれ桜はつぼみだったので、もうちょい遅ければ桜と富士山というインバウンド垂涎の写真が獲れたんだと思う、惜しい。
http://www.fujiview.jp/

0424山梨4月-39


4月中旬の富士山は、まだ冠雪してるので絵的にも美しく、天気も味方してくれて雲を一糸まとわないフルヌードを魅せてくれた。夕方、赤富士になんないかなーと思って待ってたんだけど、あとで調べたら朝焼けの時という話で、しかも雨が降った翌日という超レアコンディションじゃないとダメらしい。とはいえ、夕方の雄大な富士山は、神々しい美しさでしたわ。
0424山梨4月-44



ランチに食べすぎたせいもあって、夜はそもそもお腹すかなかったんだけど、食指が動くようなお店がホント少ないんですね。富士山っていう最強コンテンツがありながら、勿体無いなぁ。とはいえ、河口湖エリアではイチオシとなった『久保田一竹美術館』が期待以上にヒット。詳しくは続きの方に。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2017年04月23日

しのはら (銀座)華やかさと実直さと

0423しのはら4月-29



昨年滋賀から銀座に進出を果たした日本料理の「しのはら」。
0423しのはら4月-11



目の前のカウンターで、選りすぐりの素材を大胆に魅せる演出はテンションあがる。とはいえ、演出重視ではなく味付けは落ち着いたトーンで、全体的に好み。椀物は、帆立のしんじょうにバチコをあしらって。
0423しのはら4月-10


0423しのはら4月-13





ウニを殻ごと使ってぼたん海老を合わせてみたり、イノシシやヒグマなど、ジビエも積極的に盛り込んできたりと、リズム感の作り方もよく2時間半はあっという間。
0423しのはら4月-18




0423しのはら4月-42





〆のたけのこご飯は、そのままでも相当美味だったけど、フカヒレ入りのあんかけになったり、雑炊になったりと表情の変化の幅が印象的だった。
0423しのはら4月-49




サービスは関西っぽい距離感の詰め方で、終始リラックスして食事を愉しめるのもよいね。スタッフ間の掛け合いも愉快。
0423しのはら4月-24



行く前は17:00からと20:30の二回転って、なんかヤダなーと思ったけど、客の立場的に、金曜日の夜に美味しいものでしっかり満たされて、それでいて時計が21:00を回っていないことに、言いしれない開放感を味わえて、自分の「働き方改革」を考えるいい機会になって結果オーライ。
0423しのはら4月-54


銀座 しのはら
03-6263-0345
東京都中央区銀座2-8-17 ハビウル銀座2 B1


帰りがけに次の予約を取ろうとしたら9月あたりが最短。これでも夜を2回転にしたから半年先の予約で済んでいて、夜一回転だと年内難しそうだったんじゃない。

確かに美味しいし いいお店だし、自分でも予約して帰ったくらいだから勿論気に入ってるお店だけど、クチコミが必要以上に人気を加熱させてしまっているようで、日本のレストランを包む空気の危うさも感じる今日このごろ。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ








続きを読む


2017年04月22日

菊鮨 (福岡)モナコ経由福岡のセンス

0201菊鮨7月-10


福岡中心部の鮨屋は大陸系に占拠され価格もあがってると聞いたので、連れてきてもらったのが電車で15分くらいの大野城というエリアにある『菊鮨』

大野城の駅前にはタクシーもおらず、炎天下の下 徒歩でお店まで向かった。歩いたら10分弱だったかな?こういうのも、旅の醍醐味。逆に言うと、こういうロケーションなので、大陸系の荒らされてない感じもいい。

お店は完全住宅地の中で、ほんとにココ?と心配になるが、お店を見つけ中に入ると突如として現れる異空間に更に驚かされる。

0201菊鮨7月-2



アートを効かせた和モダン空間で、ランチだと採光も良く、ちょっとしたギャラリーのよう。ご主人は若い二代目でキャリアが面白い。なんと、ここで鮨握る前はモナコのロブションで日本料理を指導していたという異色のキャリア。
0201菊鮨7月-17





鮨は極めて王道だけど、節々にセンスの良さや独特の美意識を感じる瞬間があり、お店のオリジナリティへと昇華されている。お昼のおまかせは5000円以下だったんだけど、内容的に考えたらあり得ない。

印象に残ったアラ、このエリアではクエのことアラって言うんすね。
0201菊鮨7月-6





あゝ、見てるだけでまた食べたくなる。
0201菊鮨7月-14




唐津の雲丹、いとうまし。シャリのくちどけも心地よく、至極のアッビナメント。
0201菊鮨7月-16

菊鮨
092-575-0718
福岡県春日市春日公園3-51-3
http://kikuzushi.org/


実質デビュー戦の博多だったけど、3日で濃厚な休日を過ごすことができました。改めて「博多のあんさん」ありがとう。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2017年04月21日

カブ (西麻布) 隠れ家てんぷら

0420てんぷら3月-12

エーライフの裏手、「オーベルジュ・ド・リル」から少し下がったところに、昨年末オープンした西麻布の天ぷら「カブ」。

入口の扉を開けてから、バットマンの基地でもありそうな黒い階段を降りると、そこには和の引き戸でホッとする。個室もあるようだが、カウンターは8席程度でほどよい空間。

0420てんぷら3月-2



コースは8,000円から12,000円、場所と雰囲気を考えれば
もう少し高くてもおかしくなさそうな雰囲気。クライアントの
接待には、もってこいのシチュエーション。
0420てんぷら3月-10



才巻えびなど定番のてんぷらは安定感。若鮎もいただきました。
0420てんぷら3月-15



しいたけの海老詰めは、旨みのコンチェルト。蕗の薹のてんぷらは、春の訪れを体感できて嬉しい。
0420てんぷら3月-9




一番のヒットは牡蠣のてんぷら、身のふっくら加減と、
衣に閉じ込められた味わいのパンチ力。歯ごたえも
心地よく、素直に酔いたくなる。
0420てんぷら3月-13






〆の天丼は、天茶漬けを選ぶこともできるようで。
0420てんぷら3月-20

カブ
03-5772-1395
東京都港区西麻布1-9-7
SHVETS RESIDENCE B1F


デート向きの隠れ家ですな。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2017年04月19日

ラ・パスタイオーネ (麻布十番)心地いい流れのパスタコース


過去、何度も書いてる麻布十番のパスタ専門店『ラ・パスタイオーネ』。チェーン系を除けばあまり聞かない、パスタ専門と漢らしく謳っている希少なイタリアンレストラン。ピッツェリアは山ほど増殖したけどね。

なんせコースでパスタ重ねてくるって勇気要りますからね。米シェフの引き出しの多さやクリエイティビティにいつも魅せられてます。
0416WMパスタイオーネ4月-53



そんなパスタイオーネでのアンティークウオッチの会、この日もパスタ中心にしっかり楽しませてもらいました。
0416WMパスタイオーネ4月-8




安定のマッシュルームのサラダ。葉物の生野菜って、そんなに積極的に食べたい人でもないんだけど、これは別モノ。
0416WMパスタイオーネ4月-7




0416WMパスタイオーネ4月-22




パスタを3種類重ねられても、全然パスタが続いた感無し。更にもう2皿くらい食べられそうな余韻の軽さ。
0416WMパスタイオーネ4月-17




結局好きなものは好きなんすね。今でこそ、当家に来た時計だけど、当時も何回も腕にはめて写真撮っていたようです。
0416WMパスタイオーネ4月-18



2年くらい前なので、まりえがショートでびっくりした〜
0416WMパスタイオーネ4月-25



周囲がこれだけのコレクションがあると、いつでも試しにハメられるので物欲自体は抑制される(はず)

0416WMパスタイオーネ4月-14


そろそろ、冷製パスタが食べたくなってきたぞ。
0416WMパスタイオーネ4月-30




皆さん、いまと比べて やっぱ若干若いかも(笑)
0416WMパスタイオーネ4月-20





ドルチェまで瞬殺。イタリア通はセコンドまで食べるべし、みたいな風潮あったけど、コンディションやシチュエーションに合わせれば良くて、無理はしなくていいと思います。
0416WMパスタイオーネ4月-47




ボルさん、いつも愉しい時間をありがとうございます!!
0416WMパスタイオーネ4月-54







ん…、オレ、こっから何kg太ったんだろ 汗
0416WMパスタイオーネ4月-60


ラ・パスタイオーネ
03-6809-3420
東京都港区南麻布1-6-3 YREビル1F
http://www.la-pastaione.com/


美味しいもの食べても、太らない。酒を呑んでも眠くならない、そんなキカイの体が欲しいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2017年04月18日

Al Caminetto (サレルノ)本場ナポリピッツェリアの空気感

0418Pizzeria1月-13

イタリアの醍醐味は、絶景やショッピングだけじゃありません。忘れちゃならないのが「食」の楽しさ。

日本でも良質なイタリアンレストランが増えて、特にナポリピッツァは、本場に負けないくらい美味しいモノが食べられる時代です。アマルフィに最初に訪れた15年前は考えられなかった進化の速さ。
0418Pizzeria1月-18


だったら、現地で食べる必要あるの?と思うかもしれませんが、逆に日本人こそしっかりと食べておくべきなんです。何故なら、既にハイレベルなピッツアに慣れてるからこそ本場イタリアの魅力がわかるから。

そして、もし日本でよく行くピッツェリアがあれば、帰国後そのお店のピッツァイオーロやカメリエーレに、「現地だとこんな感じだったけど、ここでもやれる?」みたいに、お店とキャッチボールしちゃってもいいかもしれません。

既にレベルが高いピッツァを出せる日本だから出来る上級編のレストラン遊び、試してみてはいかがでしょう。
0418Pizzeria1月-9





さて、今回のアマルフィ旅で、最初に訪れたピッツェリアは『Ristorante Pizzeria "Al Caminetto"』、サレルノの町中にあるピッツェリアです。店内は、これぞナポリピッツァのお店という雰囲気。日本でも似たような雰囲気のお店は増えたけど、この町に馴染んだしっくり感は本場ならでは。

お店のスタッフのテンションやもてなしも、是非 自身で体感して欲しいところ。サービスのタイミングとかテンション高めなんだけど。手が空くと、テレビのサッカーに夢中な大人たち。こういうとこもイタリアらしい。
0418Pizzeria1月-20




ボクラはサレルノ在住のガイドさんやドライバーさんらと共に、テーブルを並べてビール片手にメニューとにらめっこ。サレルノっ子たちにおすすめを聞きながら選んだのはカルツォーネ、中に苦味ある野菜が入った包み焼きピッツァ。
0418Pizzeria1月-11




生地は薄くモチっとした食感が心地よく、野菜の苦味とアッビナメント。
0418Pizzeria1月-14


夏はテラス席だろうビニールに囲まれた外エリアも、ストーブがしっかり焚かれていています。
0418Pizzeria1月-28




ピッツァ焼いてみたいという日本女子の笑顔に、イタリア男たちは最高のサービスで応えます。サービスほど愛想がいいわけではないけど、もてなし感は満載。お客さんと一体化して楽しくなっちゃう才能は、さすがイタリア人というか、南イタリアらしいというか。楽しく、気楽に、美味しい夜を過ごしたいなら、ピッツェリアという選択肢は間違いないね。
0418Pizzeria1月-2

Al Caminetto
84100 サレルノ  Via Roma 232
+39 089 229614
https://www.facebook.com/Ristorante-Pizzeria-Al-Caminetto-394287434036249/




前回もお知らせさせていただいた通り、タリア政府観光局とHISさんとともに、5月17日(水)19:30から表参道の「旅と本と珈琲と Omotesando」でイベントすることになりました。

ボクラがこの旅で訪れた場所が組み込まれたプランもHISさんで新たに出来たようで、はじめてのヒトでも、”イタリア通”なヒトでも楽しめる内容。一緒にイタリアに行った旅の達人 南まいちゃんとのトークイベント。日本ではまだ聞き馴染みのない場所もあるので、そのあたりのこと本音トークできればなと。良かったら、いらしてみてくださーい!

http://peatix.com/event/248974
H.I.S.×イタリア政府観光局presents
これからがベストシーズン!南イタリアここだけの話
(特別協力:イタリア・カンパニア州、アリタリアーイタリア航空)

時間:19:30-21:00
会費:500円
会場:H.I.S. 旅と本と珈琲と Omotesando(表参道)
住所:東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館
 ※東京メトロ 表参道駅 A2出口を出てすぐ。


お待ちしてますよー
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2017年04月16日

Bo.lan (Bangkok)世界が注目するバンコクガストロノミー

0413Bolan9月-25

バンコクのガストロノミーというと「ガガン」や「NAHM」も有名ですが、ASIA'S BEST 50 RESTAURANTで19位の『Bo.lan』も、かなり面白い。

こちらのシェフも実はNahm(イギリスの方)出身で、バンコクの「Nahm」よりも、もっと挑戦的に見える料理でタイ料理を再構築している。とはいえ、本質的なタイ料理のエッセンスはブレがなく、さすが本場バンコクならではのディスティネーションレストランだ
0413Bolan9月-24




アプローチも内装も洒落ていて、ウェイティングスペースの力の抜き方もうまい。ちなみに、スコールにやられてタクシー乗ったら大渋滞にハマり30分くらい遅刻したかな。普通なら10分くらいでいけるとこが、1時間近くかかったと記憶している。
0413Bolan9月-4



料理はバンコクの「nahm」よりも高い。当時で「nahm」が2000バーツくらいに対し「Bo.lan 」が2300バーツくらいだったので、この町でも ほぼ最高クラス。価格負けしてない店内のグレード感

0413Bolan9月-10


料理はエッジは効かせたものも目立つけど、味の安定感は高い。
0413Bolan9月-11




このあたりのプレゼンテーションは、「nahm」とも共通しているテイスト。
0413Bolan9月-14





クラシカルなお皿も出てくるし、その間にトリッキーなお皿が挿し込まれるので、リズム感ある2時間。なんか火を付けだしたと思ったら…

0413Bolan9月-29



テーブルの上でスモークが!! 五感で楽しめるタイ料理。

0413Bolan9月-30




次回も、行ってみようかと企んでます。
0413Bolan9月-38





タイのプロフェショナル、西田さんとのディナーでした。
0413Bolan9月-8


Bo.lan
House number 24 Soi Sukhumvit 53
(Soi Pai dee ma dee) Klong Toey Nua
Wattana Bangkok 10110
+66(2) 260 2961
http://www.bolan.co.th/


バンコクは飽きないねぇ。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2017年04月14日

FISH SCHOOL (香港) 香港のビストロも美味ってホント!?

0414FISHSCHOOL2月-9

香港で食べ歩きといえば広東料理。ホテルの星付きレストランから、路地裏の隠れた名店まで、何度行っても行き尽くすことはできません。ただ、あれだけ食いしん坊な人々が住んでる町なので、他の料理はどうなんだろうって思いませんか?

例えば日本でも、毎日日本食を食べてる人って少ないですよね?イタリアンやエスニック料理、それこそ中華料理を食べる日も多いでしょう。今回紹介するのは香港っ子に人気のビストロ『FISH SCHOOL(フィッシュ・スクール)』、隠れ家感満載の西営盤(サイインプン)エリアです。

「香港でわざわざビストロ?」と思うかもしれません。確かに、日本と同じものなら食べに行く衝動もわきあがらないかもしれませんが、こちらは香港ローカルの魚にこだわったレストランだというのだから好奇心が疼いて仕方ありません。
0414FISHSCHOOL2月-16



何度か紹介していますが、サイインプンはMTRの新駅が開通してまだ新しいエリア。なので、駅を降りると繁華街よりも生活感が漂う町並みが残っているんです。『フィッシュ・スクール』も他の隠れ家レストランやバー同様に、「まさか、ここ?」というロケーション。入口の柱に”FISH
SCHOOL”の文字が確かに見えますが、グラフィックアートかと思って、一瞬通り過ぎそうになりました。
0414FISHSCHOOL2月-2



そして、この柱の脇の道を「ここでいいのかな?」とおそるおそる進んでいくと、これまた控えめなお店のサインが見つかります。こんなトリッキーなアプローチなのですが、お店の中に入ると打ちっぱなしのコンクリとウッドのミニマルなデザイン。カフェのような軽やかな空間で、ほっとくつろげる雰囲気です。
0414FISHSCHOOL2月-3



アラン・デュカスの下でも修業をしていたシェフで、フレンチの技を使いながら香港らしい独自の料理に仕上がっています。日本人ならキュンキュンしてしまうだろう”うにと蟹のライス”。うにと生の蟹とご飯を、これでもかってくらいにしっかりかき混ぜて、箸で口に運んだ時の衝撃といったら!!!
0414FISHSCHOOL2月-11



日本でこの組合せもありそうですが、まとめる味の方向性が、いかにも香港らしく、これは中々日本では体験できない味わい。他のメニューでは、シャコの唐揚げや天然の鰻(TOPから2枚目の写真)が印象的でした。
0414FISHSCHOOL2月-13




こんなほのぼのした町に、エッジの立ったお店が点在しているんです。だから、サイインプンは面白い。
0414FISHSCHOOL2月-20





Fish School(フィッシュ・スクール)
住所:100 Third Street, Sai Ying Pun, Hong Kong
最寄り駅:MTR西営盤駅
電話:852-2361-2966
営業時間:18:00〜23:00
定休日:月
http://www.fishschool.hk


なんでもある東京だけど、現地に行かないと味わえない体験が必ずあるんです。だから、旅はやめられない。好奇心ジャンキーですいませんw
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2017年04月13日

E・A・T (外苑前)サンデーブランチもさすがのアメリカンダイナー

0413EAT4月-11

外苑前のアメリカンダイナー「E・A・T」が、サンデーブランチ(土日の7:30から)を初めたとのことで、まりえと休日朝ごはんに外苑前へ。
0413EAT4月-3



パンチがウリのアメリカ料理を、良質な素材と高い技術で洗練されたカルフォルニア料理に昇華させている希少なダイナー。ブリトーやタコライスなどのサイドメニューが、食べ慣れたジャンクフードではなく、食通も納得させるレベル感に整えられているのが素晴らしい。
0413EAT4月-8



それもそのはず。オーナーシェフのMICHIさんは、MJやマドンナを顧客に持っていたLAフレンチの元スターシェフ。セレブ御用達のレストランの腕を、惜しげもなくデイリーフードに落とし込んでいるので、そりゃ、本気で知ってるはずの料理が別次元になっちゃうんです。
0413EAT4月-13


そんな「E・A・T」のサンデーブランチメニューは、定番のエッグベネディクトはサーモンとベーコン。ソースとかパンとかベーコンなど、構成要素がいちいちちゃんとしていて旨い。
0413EAT4月-16




合わせるお酒はミモザ。寝起きでちょっとビール気分でも無かったので、迷ってたらMICHIさんから、これがいいよ、と。
0413EAT4月-4




初めて食べて感動だったのは、トルティーヤの上にサルサや目玉焼きが載ったウェボスランチェロス。生地も手作りなので味が締まってる。とにかくバランスが良くアメリカン料理の底力を魅せられる感じ。
0413EAT4月-9




朝から150gのステーキと驚くことなかれ。しっかり火入れした肉はスパイスとのバランスが絶妙で、これがレモンに合うんすわ。
0413EAT4月-14






デザートの、ブリオッシュ生地のフレンチトーストも、これ目当てに食べに来る価値あり。
0413EAT4月-22


そろそろテラス席も気持ちよくなってくるし、休日ランチタイムは混んでる「E・A・T」。朝が実は狙い目ですよ。

E・A・T
 (イーエーティー)
03-6459-2432
東京都港区南青山2-27-18
http://hitosara.com/0006016128/


フレンチとか食べ慣れてる人にも、是非行ってみて欲しいお店。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2017年04月12日

XEX愛宕でFABULOUS NIGHT

0412XEX4月-4


先日、オープンから15週年目を迎えリニューアルした『XEX ATAGO GREEN HILLS』へ。

この15週年を記念してXEXと写真家レスリー・キー氏とタッグを組み、初のコンセプトブック「FABULOUS」を作成したので、そのお披露目に。
04114月-3



このお披露目パーティ『XEX PRESENTS FABULOUS NIGHT by Leslie Kee』は、Leslie Keeさんのバースデー祝いも兼ねていたようで、東京タワーの夜景をバックに賑やかに盛り上がってました。
0412XEX4月-7



偶然会場で会ったタケチンが、このコンセプトブックの編集やってたりと、なんだかんだ友人らの活躍が目につく今日このごろ。ちょうどファッション誌の編集も卒業したタケチンなので、次のステージでのビジネスコラボの可能性なんかも相談してみたり。
0412XEX4月-9


久々に訪れた愛宕のXEX、改めて夜景の華やかさにもシビレました。
0412XEX4月-2


XEX ATAGO GREEN HILLS / Salvatore Cuomo Bros.
(ゼックス アタゴ グリーンヒルズ / サルヴァトーレ クオモ ブロス
03-5777-006
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー  42F
http://www.xexgroup.jp/atago/


夜景にはシャンパーニュ♪
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む



Google+