2018年08月17日

旅と日常

20180103BKK_1月-19

2週間に1度は旅に出る生活も、今年で4年目。ざっくり年間25回旅に出てることになるので、4年で100回というのがとりあえずの目標。2018年も残り4ヶ月なので、なんとなくいけそうな手応えを感じています。

今年はバンコクにはじまり、熊本、名古屋、京都、会津若松、沖縄、島根、岐阜、サムイ島(バンコク)、京都、石垣島/与那国島、岐阜、京都、プーケット。海外行くときは週末2回使ってるので、やはり半分くらい週末は東京を不在にしています。
201807祇園祭7月-28


なんとなく目標にはしてるけど、ムリに旅に出ようと自分に無理強いしてることはなく、面白そうな誘いがあるとフットワーク軽く動いてたら結果こうなってたという感じ。
0617石垣6月-20



今、行ってみたいところは、国内だと
・長崎県 五島列島
・滋賀 徳山鮓、比良山荘
・高知、徳島、香川、佐賀、山口は未踏の地なので訪れる理由を見つけたい

海外は、ポルトガル、ブルゴーニュ(再訪)、イングランド湖水地方(再訪)、アイルランド、トルコ(再訪)、NY(大人になってから行けてない)あたりがターゲット。
1201CountryHouse4月-22



OK! JAPANのラッセル・グラントの星占い(8月15日〜8月21日の運勢)を見てみたら、http://www.okjapan.jp/horoscope/sagittarius.shtml

『精神的にも肉体的にも刺激を必要としています。
あなたの支配者である「木星」が調和の取れた繋がりを空で作ることで楽しむことができるでしょう。想像力を養う活動を進めてください。五感を引き出す方法を見つけましょう。』だそうで。

やっぱ、旅に出るのが良さそうです(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2018年08月16日

サムイ島のシーフードマーケットへ (タイ)

0818Samui4月-3


着いて2日間は殆ど雨にヤラれてたサムイ島。雨の合間を縫って、ホテルから徒歩圏内のシーフードマーケットへとやってきた。どっかホテルの外でごはん食べようと適当に歩いてて、覗いてみたら意外とテンションあがったので、このままココで食べてみようと。
0818Samui4月-1

場所はこの辺。チャウエンビーチの中心あたり。


他にもサムイ島の美味しいローカルフードスポットはあるんだろうけど、すぐに雨が攻めてくるから殆ど未開拓。本来ならバイク借りて、フットワーク軽く偵察したかったんだけど、そんな余裕は全く無くて。


ここは10店舗くらい似たようなお店が集まっていて、お店の前には素材が並び、アイテムを選んで値段を交渉。調理法はその場で相談して決めていくというもの。
0818Samui4月-2



生牡蠣にシャコ、プーパッポンカリー、空芯菜など、数も量も少なくていいから、質が良さそうなものを選んでみた。
0818Samui4月-4


手はぐちゃぐちゃになるわ、その状態でスコールが降ってきて慌てて緊急避難したりと、バッタバタなディナーだったけど、色んな意味で日本では味わうことのできない体験価値なので、結果いい選択肢だったなと感じています。
0818Samui4月-8


この日が期待以上に良くて、後日大勢で再訪したんだけど、みんなで取り分けるからとシャコを小さめとか素材のクオリティ落としたら、ガラッと印象変わっちゃって。

もともとたいした額じゃないので、ここでは高めのものを選んだほうが、トータルの満足度はアガるね。調理人の腕の差もあるかもしらんけど。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2018年08月15日

Iribar(スペイン)港町ゲタリアの炭火焼き

0815ゲタリア9月-15

世界のフーディーズを魅了するバスク地方。その中心地であるサンセバスチャンから車で30分くらいの港町がゲタリア。
0815ゲタリア9月-36



宿泊がチャコリワイナリーに囲まれた丘の上のホテルだったので、チェックイン前にランチで寄ることに。
0815ゲタリア9月-3

サン・セバスティアンの顔ともいえるホテルマリア・クリスティーナでは、併設のショップがバルツアーをやってて有名なんです。そこのスタッフにゲタリアのオススメのレストランを聞いていて、訪れたのが『Restaurante Iribar』。



「ゲタリアの町は、通りが二本しかないからすぐにわかるわよ」と言われてたけど、Google Mapに頼ることなく、目的のお店はすぐに見つかった。
0815ゲタリア9月-14



お店の外で網に挟んで魚を焼く炭火焼きスタイルが印象的な、いかにも漁港らしいレストラン。絶対食べてみてね!と言われていたアンコウが、シンプルだけど強烈に美味でした。
0815ゲタリア9月-12



骨の周りのとろとろしたゼラチン質や、弾力ある白身の食感など、魚をよく理解した職人の火入れは、島国日本人にも納得の仕事。
0815ゲタリア9月-16



アンチョビは塩が強過ぎず、濃厚な特長が際立っていて、本場ならではの味わいに驚く。なんてことないのに、あからさまに美味なのよ。こりゃゲタリアの一ツ星「エルカノ」も行きたくなりますな。
0815ゲタリア9月-8




シンプルライフというものを体現している港町。日本より全然お金はないと思うけど、人としてとても豊かです。
0815ゲタリア9月-23
Restaurante Iribar
Kale Nagusia Kalea, 34, 20808 Getaria, Gipuzkoa, スペイン
+34 943 14 04 06


世界有数の金持ち国である日本が、老後不安で悩むとかおかしくない?だって、他の借金だらけの国の人々、大抵楽しそうに生きてるよ。真面目も悪いことじゃないけど、視野を広げよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2018年08月14日

東京肉合戦 (大井競馬場)ソト飯レベルの高さに昂ぶる

0813東京肉合戦8月-14

肉に合うのはビールかご飯か!?

大井競馬場で開催中の『東京肉合戦』。前半戦(7/30〜8/3)はビール軍の勝利。後半戦も8/17まで開催中。食べあるキングがオススメの肉メニューが食べられるんだけど、600円から800円というレンジなのがいとうれし!
0813東京肉合戦8月-2


前半、後半で出店しているお店が違うんだけど、後半戦の今は西麻布「けんしろう」のハラミステーキをはじめ、五反田「肉料理それがし」のメンチカツ、ブルックリンダイナーの「スパイシーチキン」などなど、パワフルなお店が出店中。
0813東京肉合戦8月-6



このあいだの週末(8/12 日曜)の夕方大井競馬場のステージで、おすすめメニュー紹介してきました。
IMG_9611



「けんしろう」のハラミステーキは、ステーキにぴったりのサガリという部位を使っていて、低温調理で火入れしてるから、レア感あるテクスチャを楽しめるのよ。ボリュームも800円とは思えないパンチ力。
0813東京肉合戦8月-7


0813東京肉合戦8月-4


うまっ!!と声が漏れたのは、「それがし」のメンチカツ。20種類の素材を組み合わせた奥行ある味わいは、”お弁当レギュラーメニューで販売してくれないか?”と思わず願っちゃうくらい。
0813東京肉合戦8月-8



ご飯にマッチしてたのは「羊香味坊」のラム肉のクミン炒め。ラムって中々こういうマス向けの場所で出すって上級じゃないですか。ラムラックもメニューにあったけど、羊好きにはたまらん味わい。
0813東京肉合戦8月-21




讃岐うどんの「花が咲く」は、肉うどんの上部だけA5ランクの和牛月見を提供してるけど、これはご飯無しに食べたらむしろ勿体無い!!メンズの大脳皮質を揺さぶる味です。
0813東京肉合戦8月-24


やー、この時期の外メシは旨いっすよね。お祭りの屋台でも3倍くらい威力増すじゃないっすか。実力店の屋台メシは、更なる昂ぶりを約束してくれまっせ。
0813東京肉合戦8月-10


今年の夏は暑いので、個人的にはオススメは夕方からのナイトレース。食事も食べやすいし、サラブレットが闇の中を駆け抜ける姿は理屈じゃなくて美しいのよ。間違いなくビールがすすむっ!!
0813東京肉合戦8月-23


大井競馬場 ウマイルスクエア
東京肉合戦 14:10−21:00
東京都品川区勝島2丁目1−2
http://pluskeiba.com/nikubattle_cp/


今日もやってまっせ〜
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


kyah2004 at 23:42|この記事のURLComments(0) | 〜¥1000

2018年08月13日

セララバアド (代々木上原)こどもの頃の夏休み

0802セララバアド7月-28

セララバアドのコースの中で、一番五感に訴えってくるのが夏。

視覚的にも鮮やかで、聴覚や嗅覚も使いながら食事を楽しめてワクワクするのよ。それにメニューの演出もタイプ。  
0802セララバアド7月-2




去年の夏も「お、この流れ楽しい!」とワクワクさせてもらったんだけど、今年のコースは一年前のコースに更にアレンジを加えて、ひとまわり完成度があがっていたという印象。
0802セララバアド7月-54



蓮の葉の上のじゅん菜と梅昆布茶。今はどこで見られるんだろう?日本の夏の原風景。優雅なバカンスも大好きだけど、こういう景色に触れる夏休みも心に沁みる。バリ島のウブドが好きなのは、記憶の奥にある日本の原風景に近いものに出逢えるから。
0802セララバアド7月-10




これは、去年と同じだけど、好きなお皿だったのでWelcome。長野の清水牧場のナチュラルチーズに青草のようなオリーブオイルとレモングラスの風味を加えて。
0802セララバアド7月-19

ワインもいいんだけど、これがラベンダーの香りを嗅ぎながらだと合うんスよ。香りのマリアージュ。



海のお皿は、去年はビジュアルに驚いていたせいか味の記憶が薄かったけど、今年は2度目で余裕もあってしっかりと味わえた。ムール貝に見立てたヤツの中には、カレー風味の貝のエキスが入ってて、これが旨いのなんの。
0802セララバアド7月-22

店内には波の音が流されていて、視覚と聴覚で海を感じることができる。お皿が下げられる頃には波の音も消えていて、なんだか夏が過ぎ去った時の独特の気分になっちゃったよ。


イカ墨の蓋をした夜の海。中の玉葱とかイカの食感、香りもよく、ハーブ使いもキマってて似たようなメニューだけど、去年よりパワーアップ。
0802セララバアド7月-31



はものフリっと、雑穀のリゾットにせり。コーンのアクセントもよい。
0802セララバアド7月-33



今年は鮎の魚醤を使った揚げ物も登場。栃木牛はマコモダケのソースとこのあたりはファンタジーさよりも着実な仕事でしっかりとコースを締めてくる。
0802セララバアド7月-40



栃木のとちのき牛、マコモダケのソースで。ガルニの野菜の苦味がいいバランス。
0802セララバアド7月-49



国産のジンとレモンのジュレ、お抹茶が流れを作る。まさかレモンと抹茶が合うとは
0802セララバアド7月-55


とどめはレンゲの上の蛍 、これは下から光に透かすと一段ときれい
0802セララバアド7月-60



線香花火で夏のコースが終わる
0802セララバアド7月-63



一連のコースは、セララバアドくんの夏の冒険になぞらえられていて、今回もファンタジーさ全開。
0802セララバアド7月-66


シェフの修業先のひとつ、マルティン・ベラサテギに行くのが楽しみっ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む


2018年08月11日

仏歯寺 (スリランカ)世界遺産の町の聖地へ

0811仏歯寺9月-14



スリランカの内陸部、町全体が世界遺産となっているキャンディ。キャンディの中心部にあるキャンディ湖畔にあるのが、スリランカでも最も重要な寺院のひとつである「仏歯寺」。
0811仏歯寺9月-2



その名の通り、お釈迦様の仏歯(犬歯)が納められていると言われているお寺で、スリランカ中から多くの信者さんが集まっています。儀式の際には凄い熱気で、信仰の厚さがダイレクトに伝わってきた。
0811仏歯寺9月-31



外から見ると地味っぽく見えるけど、内部はシンハラ建築の技術の粋を見ることができて興味深い。
0811仏歯寺9月-15




この日は、スリランカ在住の方を友人に紹介してもらって案内してもらったので、色々見どころ解説してもらいながら、拝観することができました。
0811仏歯寺9月-20






見応えある儀式の時間なども的確にアドバイスを貰えてフォトジェニックなシーンに出逢うことができた。
0811仏歯寺9月-25



確か展示ゾーンに、小さなバルコニーに出られる部分があって、そこから眺めるキャンディ湖は、雰囲気あってボクもお気に入りに。
0811仏歯寺9月-19



そうそう、神聖な場所なので短パンはNG。
0811仏歯寺9月-4

入口で腰巻きを貸してもらえるので、それをまとって拝観してました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2018年08月10日

マンマ・ミーアの続編が観たい

キャプチャ0810


ギリシャのエーゲ海を舞台にした「マンマ・ミーア」。バカンス好きにはたまらない映像だし、ABBAの曲の挿し込み方も秀逸で、家でお酒飲みながら気軽に流しておけるお気に入り。

そんなマンマ・ミーアの続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は、日本でも8月24日から公開予定。

主役のソフィ(アマンダ・サイフリッド)は、前作から10年経った今でも、めっちゃかわいい。

今回の続編ではソフィが身籠ってるという設定なんだけど、「OK! JAPAN」のインタビューみたら、彼女は出産直後にこの映画の撮影だったんですね。
http://www.okjapan.jp/limited/2018/08/limited_186.shtml

記事内ではこんなコメントが。

”ちょうど出産を終えて病院から戻ってきて、最初の授乳に手こずって四苦八苦しているときに「続編を制作することに決まったから!」と言われて、圧倒されたのを覚えているわ!”って。

夏が似合う映画なので、バカンス気分味わいに観に行こうかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)Diary 

2018年08月08日

プーケットでなにもしない休日を

0809Phuket7月-29


バカンス好きではあるものの、やりたいことだらけの煩悩派なので、旅先で「何もしない」という贅沢な時間の過ごし方が下手なんす。

なので、ゆっきー家から「プーケットの5Bedroom Villa行こうよ」という誘いは、僥倖でした。ここ数年、ほんとの意味でリラックスする旅って行けてなかったから。
0808Phuket7月-10


G.Wにもサムイ島の7Bedroom Villaに7家族で行ったけど
、あの時は
Villaに3泊だけだったし、
サムイ島自体初めてたったし、
フルムーンパーティもあったし、
サプライズのプロポーズ企画までやっちゃったりと、
刺激 >リラックスという、いつもの
構図は変わっていなかったんです。


今回はVillaに6泊、しかもプーケットの北東部と繁華街には遠いエリアだったので、必然的にお籠りスタイルに。
0809Phuket7月-30



しかも、企画サイドではなくて、完全にお任せモードだったから、ほんっとーーーに脳みそ使わずリラックスできた。



ステイしていたVillaは『Villa  Leelawadee』
0809Phuket7月-24

Villa Leelawadee
23/90 Thepkasattri Rd, kohkaew, mueng, Chang Wat Phuket 83000 タイ
https://www.villaleelawadee.com/


Leelawadeeというタイ語は、実はプルメリアだと知ったのは最終日。どうりで、敷地内のあちこちにプルメリアが咲いていたわけね。
0809Phuket7月-27



Villaは、5Bedroomでプールは立体的な構造。ホワイトベースを彷彿とさせる日本じゃ絶対NGな作りが、大人心を惹きつけます。
0809Phuket7月-26



大人も子供も飛び込んでました。
0809Phuket8月-54



スタッフが5人ついていて、食事やお酒の買い出しから料理、アクティビティの手配までしてくれちゃうから、後半は完全にダメ人間に。
0809Phuket8月-72


というのも、時間の経過とともにゲストとスタッフの息があってくるので、ビールが欲しいタイミングとか、ウィスキーの濃さとか、カフェラテの配合とか、そういうのビシッとハマっちゃうんですよ。
0809Phuket8月-61



あと1週間いたら、社会復帰できなかったな。
0809Phuket8月-39



エリアはプーケット空港から車で30分くらいの北東部。リビングからはパンガー湾の崖島群の南端が見えるので、海崖マニアにはたまらん絶景。
0809Phuket7月-32






初日だけは豪雨だったけど、翌日からは晴れてたので想定通り夏色肌にしあがりました。
0809Phuket7月-25


0809Phuket8月-59



Villaの1日は5家族の共同生活だから、そこそこ規則正しく。
0809Phuket8月-70



朝は7:30に朝食。スタッフの作る料理は無化調で、辛さも控えめにしてくれて美味でした。これは正直期待以上!!

その後、ランチまでは、走ったり、トレーニングしたり散歩したり。
ま、だいたいプールサイドで酒のんで本読みながら寝てましたね。
ランチ後も同様で、酒のんで昼寝して、ディナーを迎えます。
0809Phuket8月-38



ディナーは、まだ外が薄っすら明るい18:30頃から。
0809Phuket7月-31



夕暮れの輪郭が曖昧な海景が、だんだんと闇に沈んでいくこの時間帯の景色も好きでした。
0809Phuket7月-34



食事が美味しくて止まらないというのは嬉しい想定外でした。体重には反映されちまうけど...
0809Phuket8月-66



食後は、だいたいUNOやババ抜きなどカードゲームをやって過ごしてました。これがなんだかやけに楽しいんすわ。
0809Phuket8月-37


なんてことないルーティーンだけど、逆に言うと脳みそ使うシーンがほんとなくて、めっちゃリラックスできるんです。
0809Phuket8月-55



なんせヴィラからの景色は抜群だし、各々が自分たちの心地よい過ごし方してるから、距離感も程よくて。こういうクローズな場所でのバカンスは、メンバーによって旅のクオリティが左右されるから、幹事サイドの人選って大変なのよね。
LRG_DSC00932 2



改めて、誘ってくれてありがとう。


ヴィラが最高だったので、殆ど外にはでず、スーパー&市場に買い出し行ったのと、近くの港から近海クルーズに出たくらい。周囲を走ったりしたみたけど、靴がランニング用じゃなくて足を傷めたのと、放し飼いの番犬が唸りながら迫ってくるというので、犬が苦手なボクは、ますますお籠り人としての完成度を高める結果に。
0809Phuket8月-50


ただ、シンガポールから来たAprilがパーソナルトレーナー呼んだりしてたので、その時はもちろんJOINさせてもらってました。絶景を眺めながらのサーキットトレーニングは、きっついけど気持ちよかった!
0809Phuket8月-56



数年前から念願だった”何もしない”バカンス。何もしないっていうのもスキルなので、ちょっと旅人指数をアップできた気がしてます。
LRG_DSC00379




アウトバスのある部屋だったので、しずかちゃん並に風呂ばっか入ってました。
0809Phuket7月-18




ちなみにバンコクは今年3回目ということもあって、プーケットの前後で1泊づつ。
0809Phuket8月-74



スリウォンのマリオットはきれいで新鮮。スコータイホテルは老舗ならではの趣に、バンコクらしいトレンドも取り入れてますますいいホテルになっていました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む


2018年08月07日

ロティサリーブルー(恵比寿)夜景ビストロって新鮮

0729RB7月-11

昔は夜景のきれいなレストランとかフツーに武器として使えてたけど、いつからかToo Much感強めになってしまって、あんまし行かなくなったよね?

家賃高そうな商業施設で、マスにウケなきゃいけないプレッシャーも高く、エッジを立てにくくなったというのも、足が遠のいた理由のひとつだと思います。

0729RB7月-1

恵比寿のガーデンプレイスも、できた頃は高層フロアのレストラン使ったことあったけど、周囲のレストランと比べてあまりに店のラインナップに差があったので、高層階の存在すら忘れていたんです。

さすがにヤバイと感じたのか、最近高層階のレストランをリニューアルかけたので、使えるお店も入ってきました。

わざわざ夜景を目的に訪れるというよりは、訪れたらついでに夜景が綺麗だったという感覚で使えるのが『ロティサリーブルー』

シェフがホテル出身ということもあり、洋食テイストのビストロ。ソースやスープがやけにちゃんとしていて、フレンチよりもフランス料理の底力を味わえます。

店名にも入っているロティサリーチキンがウリで、それはそれでいいんだけど、ハンバーグやブイヤベースが自分としてはヒット。
0729RB7月-10



ブイヤベースは、ちゃんと具とスープを分けて出してくるあたり、お店のプライド伝わってきました。これで、ちゃんと美味だからお見事。
0729RB7月-16

しっかりと味付けしたフレンチトーストはそこらのビストロより遥かに美味で、エアリーさが魅力の温かなガトーショコラも、酒のアテでいただけます。
0729RB7月-21



グラスワインもこのエリア&シチュエーションで、ピュリニィ・モンラッシェが1200円というのも好印象。

構えていくよりはフラっと使いのお店ゆえ、浴衣で行ってみたんだけど、ちょとアクセント欲しくて陣羽織を合わせてみたら、なかなかエッジが立っていい感じに。
0729RB7月-22

ROTISSERIE BLUE (ロティサリーブルー)
03-6277-0768
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39F
https://www.r-blue.net/




この高層レストランエリアも、わりと雰囲気あるお店入ってきたので、賑わいが出ればもっと使いやすくなるんだけどね。夜景もパワーあるし、スタンディングでハッピーアワー愉しむ大人が増えるような仕掛けやれるといいんだけどね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む


2018年08月04日

ARGANIE バカンスのお供に。

LRG_DSC00604


当家ではヴァカンスの必需品となっているアルガンオイル『ARGANIE』


お風呂の後のフェイスケアにも使えるし、ヴァカンスだと日焼けのアフターケアとしても使えるのよ。
LRG_DSC00601




やっぱしさ、こういうVIEWだと泡いきたくなるじゃない、できれば太陽のもとでさ。
LRG_DSC00595








すると、あっという間にこんなに黒くなっちゃうわけですよ。
LRG_DSC00382




こんなプールが充実したVILLAなら、なおさらね。
LRG_DSC00498



3日も朝から呑んで、食べて、寝て、また呑んでという怠惰の極みの生活してたら焦げ焦げトースト状態に。
LRG_DSC00666

ARGANIE(アルガニエ)
https://www.arganie.jp/


美白全盛時代に、敢えて黒光りしてみるのもいいんじゃない? だってゴールド映えるしさ。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ
続きを読む



Google+