2019年01月21日

ヴィネリア ラ チャウ (田町)ウオッチマニアの忘年会

0122ラチャウ2018-28


芝浦のイタリアンといえば「リストランテ・ラ・チャウ」は有名でしたが、いつのまにやら1Fにヴィネリアが出来ていたんですね。それとも昔からあったのかな?
0122ラチャウ2018-53




この日はパイセンが我儘言って、その1Fのヴィネリアで、階下のリストランテの料理を出してもらうという蛮行に及びました。
0122ラチャウ2018-4


このランチで記憶に色濃く残ったのがチポッラリピエーナ。チポッラリピエーナとは玉ねぎの詰め物でベシャメルとチーズを合わせた料理。
0122ラチャウ2018-25




イタリア産ヘーゼルナッツとビスケットに黒トリュフを掛けて独特の食感に。ほろほろ鳥が効いてます。
0122ラチャウ2018-26






アンティパストミストからして心からワインを欲してしまうのはヴェネリアならでは? モルタデッラ、コッパ、大麦のサラダにコンフィは豚さん。
0122ラチャウ2018-3





本場イタリアのように、きちんとテラス席があるのは高評価。ゲストも12月で外呑みしてるなんて、さすが芝浦。
0122ラチャウ2018-31





このスパゲッティーニ、一見牛肉のラグーかと思うでしょうが、実はタコのラグーなんです。タコの旨味が滲み出てて、これはこれでイイ!
0122ラチャウ2018-33




続いてはイタリア産ポルチーニのリゾット。ポルチーニがリストランテの風雅さを纏っている。
0122ラチャウ2018-36




鶏冠のフィナンツェーラと鳥取鹿のロースト
0122ラチャウ2018-38




鶏冠って見たことあっても食べたことある人って少ないのでは? んとね、見たまんまの食感(笑)。ゼラチン質で味は癖がなく、ソース次第で違和感なく食べられた。
0122ラチャウ2018-39




こちらは鳥取の鹿のロースト。リストランテらしく、さすがの火入れとさすがのソース。鹿肉の魅力を見直しました。
0122ラチャウ2018-40




この日は末席だったので、目立たないだろうと安心して相変ゼログラブティを極めていたら、なんと目の前にバースデイプレートが。なに、このパッション溢れる飴細工は。
0122ラチャウ2018-44




えーと、寝起きでヤンス。皆さま、ありがとうございました。
0122ラチャウ2018-46



自分が10年後にこのコートが似合う漢になっていたいと思い、イメージを作るべくパイセンに着てもらいました。我ながらいい雰囲気のトレンチコート。
0122ラチャウ2018-48




ドルチェミストも、どれも旨し。
0122ラチャウ2018-49




中でもフォンダンテショコラは、ショコラーの心の繊毛を撫でまくりで。
0122ラチャウ2018-50




アンティークウオッチの会の忘年会にふさわしいランチでした。
0122ラチャウ2018-51




ワインのレコメンドも素敵でしたし。
0122ラチャウ2018-52






シェフの美味しそうな顔が忘れられず。また、あの温かさに触れてみたくなるお店です。
0122ラチャウ2018-56

ヴィネリア ラ・チャウ (Vineria La Ciau)
03-6435-0134
東京都港区芝浦2-16-7 中野第3ビル 1F
http://www.vineria-laciau.com/



鶏のトサカには驚きました。口に入れるまでは少し抵抗あったからね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む


2019年01月20日

LOVAT (恵比寿)昼呑みはじめました

0120LOVAT2019-3


肉が旨い恵比寿のワインレストラン『LOVAT』が、去年の11月からランチをはじめていたのは知っていたんです。土日、特に日曜のランチ営業は、恵比寿エリアだとめっちゃありがたい。

ここんとこ、週末はずっと旅先だったので、やっと訪れることができました。


内容は、LOVATリピーターも納得の内容だし、初訪のゲストにも魅力が伝わりやすい構成。タルタルステーキにはじまり前菜は4種で、メインのブラックアンガス牛のハラミ、パスタが選べて、そのうえデザートも込で3,000円。
0120LOVAT2019-5




初めての、明るいうちからのLOVAT入りだったけど、なんせ昼呑みが一番好きな当家なので、外を眺めやすいシートに陣取ってのランチタイム。
0120LOVAT2019-7




ゴルゴンゾーラといちごのブルスケッタとか、ワインに合わせない手がない味。
0120LOVAT2019-9





お決まりのマグナムのシャンパーニュグラスのあとは、オススメというドイツのピノ・ノワールに。ドイツのピノ・ノワール生産者の第一人者で、シャンボールミュジニーに例えられる印象の赤ワイン。
0120LOVAT2019-11





単品としてもアリなランチ内容だけど、やっぱしワインが欲しくなる。
0120LOVAT2019-12





結構品数多いので食べきれるかと心配してたけど、メインがスモールポーションなので丁度いい。
0120LOVAT2019-15





パスタは4種類から選べて、まりえの選んだレモン風味のペペロンチーノは、シェフが元イタリアンだったことを思い出させてくれる秀逸なバランス。もちろん、この肉たっぷりのボロネーゼも癖になる。
0120LOVAT2019-18





これで外テラス席とかあれば最高なんだけど、オーナーさんがうるさいとか…。日本のテラス文化は、いつになっても後進国のまま。食事の味自体のクオリティはあがっても、遊び方は一向に垢抜けてこないんだよな。
0120LOVAT2019-1

LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/



花見とかBBQとか祭りの屋台とか大好きな国民ゆえ、決してテラスと相性が悪いわけではないんだけどね。オリンピックをきっかけに、もうちょい変わって欲しいと思ってるんだけど、難しいかなあ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


2019年01月19日

RJ (札幌)北海道素材で流麗なイタリアンを

0119RJ2018-21

札幌の鮨はかなり全国区になったけど、イタリアンシーンはまだまだ未開拓。東京だったら、あっという間に人気になってそうなお店なのに、まだまだ静かな立ち上がり....なんて話が結構あるんすよ。

こういうとこって、現地に”遊び人”がいるから発見できるけど、クチコミアプリじゃ見つけられませんわ。
0119RJ2018-27





そんな発掘店のひとつがこちら。こないだアップした「晴 Terrace」のようなカジュアルラインじゃなく、リストランテに近い仕事を魅せてくれた『RJ』
0119RJ2018-2



Regalo da Jfarmの頭文字をとったお店で、KT三条ビルの地下にあり、大きなカウンターが印象的な大人の雰囲気のイタリアン。
0119RJ2018-40




結構オオバコなんで席数あるけど、ボクはカウンター席一択で。シェフと話したいし、仕事も見たい。
0119RJ2018-12




フランチャコルタをいただきながら料理の流れを相談して。ほぼほぼ おススメにのっかる感じに。
0119RJ2018-6



レストラン名にもなっている「Jファーム」厳選トマトと合わせたブラータはファットリアビオのもの。これが旨いだろうってのは想像しやすいと思うんだけど、中でもトマトはその期待値すら超えてきました。
0119RJ2018-10



噴火湾の穴子をフリット。衣の揚げ方とかで塩加減でお店の力って見えてくるじゃないっすか。ここは丁寧に仕上げたフリットに、トリュフの存在感をビタッとアッビナメントしてくるのよ。ここでもタチが登場します。
0119RJ2018-19




一番期待値と大きな差があったのがミラノ風ピッツァ。

東京にいると”ナポリピッツア以外、ピッツアにあらず”くらいの雰囲気あるじゃないっすか。ボクもご多分に漏れずで、「そんなにおススメするなら食べてみよっか」くらいの気分でオーダー入れていたんです。
0119RJ2018-17

したらさ、出来たてを口に入れたら、薄い生地の中にパリッと感とモッチリ感が同居して、しかもピッツァの具がより引き立つ仕上がりになってるのよ。コレは旨い!!! 具を楽しむなら、ナポリピッツァよりも向いてる気がします。

ナポリピッツァ至上主義で視野が狭くなっていた自分を反省。そして次にTOP写真のホッキの直火焼きが出てきたんだけど、これが強烈に美味しくて。このあたりは時間の流れを忘れてました。


パスタも北海道らしさと高い技術が相まっていい落とし所に。うにとからすみを贅沢に使うだけなら原価率あげればできるけど、素材まかせじゃなくて味の落とし所がエレガント。うにの温度感が良く滑らかで、からすみの存在感も絶妙のバランスで、シェフのセンスを感じる一皿。
0119RJ2018-23





RJはワインの揃えも良く、セラーには目移りしまくりなワインが並んでいる。
0119RJ2018-26




このパッパルデッレは、むしろワインに合わせて。
0119RJ2018-29





18:00OPENなので、最終便なら早めにディナーはじめて帰るというのもいい締め方ですな。
0119RJ2018-44

RJ(Regalo da Jfarm)
050-5596-2109
北海道札幌市中央区南3条西2丁目 KT三条ビル B1F



違うピッツァも試してみたい。そう思わせるインパクトでした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む


2019年01月18日

THE PAGE(サムイ島)異彩を放つデザインホテルの洗練ダイニング

Library2018-9


最近はプーケットよりもエッジの効いたところが人気を集めているサムイ島。その中心部とも言えるチャウエンビーチは、歴史あるエリアだけあってオーセンティックなホテルが多いんです。


その中で異彩を放ちまくっているデザインホテルが「The Library」。紅いプールとかシュール過ぎてビビるから。


こんなホテルのメインダイニングだから、さぞイカれたことになってるかと思いきや、意外にもオーセンティックさを大事にしていたのが『THE PAGE』

パット見、このアミューズ陣から受ける印象はバリバリのモダンタイキュイジーヌで、オーセンティックなタイ料理が並ぶとはイメージつきにくいかと思うんすよ。
Library2018-14



内装もモダンだしね。
Library2018-7



料理はむしろ古典的なレシピを現代風にプレゼンするものがウリなんだそうで。

このトムヤムクンは、王道にして適度な洗練度を纏っていて、めっちゃ旅好きフーディーズに刺さる仕上がりに。辛さも酸味も適度で、エビの火入れなんかはかなり気を使われている。
Library2018-16





こういう料理を食べていると、自分がこんなイカれた空間に居ることを忘れてちまうね。それくらい、コンサバティーブな印象。
Library2018-29





にしても、外観からしてモロ好みだわ、このレストラン。
Library2018-3





強烈に旨かったのがイエローダックカレー。スプーンでほぐれるダッグの身は、適度にゼラチン質も残してあってパサつかない。芋の存在感も適度で、これ単品でも美味しいのよ。んでもって、カレーの味もバランスが実にいい塩梅なんすよ。
Library2018-18





たいしてサムイ島ではレストラン行ってないけど、自分的には一番ヒットがここ『THE PAGE』でした。味にしても雰囲気にしてもサービスにしてもね。
Library2018-10

THE PAGE
14/1 Moo 2, Chaweng Beach, Bophut,
Koh Samui, Suratthani 84320, Thailand
Email: rsvn@thelibrarysamui.com
Phone: +66 (0) 77 422 767-8



レスト宣言通り、今週末は1ヶ月ぶりくらいに東京です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ブログよりも遥かにリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む


2019年01月17日

メルボルンで年越しをすすめたい5つの理由

Melbourne2019-153


寒いのは苦手なんで、この時期のバカンスというと自然と暖かいとこに目が行くんです。でも、さすがにタイは通い過ぎで(笑)。

じゃ、平成最後の年越しはどこにしよう?と、まりえと候補地探しからはじめました。

・バリ島 大好きな島だけど、久々に行くのに雨季はヤだなと
・ベトナム 気にはなるけど決定打が
・マレーシア ホテルが安いからチラッと寄るのはいいかも
・フィリピン メシが...
・中東 こないだドバイ寄ったしね
・キューバ すんげー気になるけど遠いのがネック
・オーストラリア 気になるし、シーズン的にはいいけど、メシ旨いの?

周囲の友人にもヒアリングしたところ、オーストラリアでもメルボルンは美味しくて、お洒落との情報をキャッチ。
Melbourne2019-142



こういう時はネットよりもセンスのいいガイドブックが頼りになる。代官山の蔦屋でメルボルンの本を買って調べてみたら、動物好きなまりえの目を瞬時にハートにしたペンギンウオッチなんてもんがあったり、海崖マニア垂涎のグレートオーシャンロードも射程距離ということがわかり。



このあたりが決定打となって、人生初のオーストラリア大陸上陸となったわけです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

Melbourne2018-28



毎度のことだけど、自分の足でいってみないと、その街がフィットするかどうかってのはわかりませんね。結論、メルボルンの年越しはかなりおススメということが判明。その5つの理由を紹介させてくださいな。

<メルボルンで年越しがおススメな5つの理由>
1. 都会とリゾートと大自然のバランス感が世界屈指
2. カフェ文化が洗練されていて食事もワインも美味
3. ホテルがセンスよく、驚くくらい安い
4. 陽気でフレンドリー
5.IT化が進んでてストレスフリー




1. 都市と自然のバランス感

このあたりはいくらガイドブック見てても、友人から聞いていても、自ら体感しないとわからんね。世界で一番住みたい都市として、何度もNO.1に輝いているには、ちゃんと理由があるわけです。
Melbourne2019-149




シアトルと高級別荘が並ぶLAのビーチと、ボルドーとTHEオーストラリアな大自然が、全部詰まった感じとでもいえばいいかな。
Melbourne2018-25


日本と真逆で、今は夏。とはいっても乾燥してるので過ごしやすく、夜は長袖でも寒いくらい
Melbourne2018-43



モラルが高いので治安もよく街が綺麗。都市部には美食店が並ぶグルメストリートがあり、雰囲気のあるアーケードや、美味しいカフェもあちこちに。
Melbourne2018-41




ウオーターフロントの開発も大人向けで、お台場や豊洲、隅田川沿いとは全く異なる魅力溢れるコンテンツとなっている。
Melbourne2018-8



中心部のCITYは、高層ビルと歴史ある建築物が同居していて緑も多く窮屈な感じがしないのね。
Melbourne2018-5



トラムでちょっといった場所には、フィッツロイ、サウスヤラ、アーマデールなど個性的な街が点在していて、それぞれの町を深掘りするのも面白い。このあたりには高層ビルが殆ど無く、あちこちの壁にアートが描かれていたりと雰囲気もあるのよ
Melbourne2018-102



落書きだらけのエリアって、一歩間違えると治安のヤバさの象徴になるんだけど、メルボルンは治安よくて、そういうダークサイドを全く感じさせないのが凄い。
Melbourne2018-97



そんな都会的なメルボルンから、日帰りでグレートオーシャンロードまで行けちゃうというのも、時間が限られた旅人には嬉しいところ。
Melbourne2019-123




ペンギンの行進を毎日観ることができるフィリップ島もオーストラリアならでは。
Melbourne2018-68




ドライブしてて「ここに一泊しなかったのが痛恨のミスだ」と感じたのがモーニントン半島。グレートオーシャンロードには、モーニントン半島経由で、フェリーで渡るのが圧倒的に正解。
Melbourne2019-114



ハイウェイのM1→A1だと景色も変わり映えなくてつまんないんだけど、モーニントン半島は、ビーチもワイナリーもレベルが高い。


ブライトンビーチあたりの高級別荘は圧巻だし、
追加2019-2



モーニントン、ローズバッド、ライ、ソレントなど、めちゃくちゃ雰囲気いいビーチタウンが続くのね。途中でクラシックカーのイベントやってたりとか
追加2019-4



岬の先に行ったら、メルボルンの街が海に浮かんで見えたりとかシビれまくり
追加2019-5



Murrays LookoutからのVIEWは最高でした。ワイナリーも1個しか覗けなかったけど、洒落てるワイナリーが多そうで、まだまだ掘り足りない。
Melbourne2019-116








2. カフェ文化が洗練されていて食事もワインも美味


とにかくカフェが美味しくお洒落。やっとコーヒースタンドが増えてきた日本とは歴史が違うので、密度もクオリティも段違い。


駅前の旧発電所を改築した『Higher Ground』などは、天井高でインスタ映えしまくり。
HigherGround2018-1


パンケーキとか予想の4倍デカかったし(笑)。
Melbourne2018-77




イタリアのバール並に、クオリティ高いカフェがあちこちにあって、生活の密接に結びついている印象。フェリー乗り場のキオスクですらちゃんとラテが美味しいし。
Melbourne2018-36




レストランは年末は結構閉まってるけど、2週間の滞在くらいじゃ、行きたいお店は回りきれない。OPENしているお店からピックアップするだけでも、時間は足りなかったくらい。

ただ、12/25は殆どのレストランがクローズで、OPENしてる良さげなお店はフルブッキングだったりするから、クリスマスに行く人は要注意。

あとで、また詳しく書くけどオーストラリア料理の「EZARD」や、アジアンフュージョンの「coda」は、メルボルン”ならでは”。カンテサンス的な位置づけに感じた「Vue de Monde」はサービスも料理も頂点なので、ここを感じておくと基準になる。
Melbourne2019-143



ギリシャ移民が多いので「Tsindos」では、現地を感じられる質のいいギリシャ料理が食べられた。これはフュージョンとは真逆の、質のいいローカル料理的な味わい。日本だと南イタリア系トラットリアに近い印象。フリットとか軽やかで、ギロスといった肉料理も見た目は素朴だけど味は洗練されてるのよ。
Melbourne2018-46



スペインでも感じたことだけど、オーストラリアワイン正直ナメてた部分あったけど、現地で探せば美味しいのよ!!!
Wine2018-3



日本でブルゴーニュのグランクリュと張れる畑って皆無に等しいと思うけど、Bannockburn(バノックバーン)の「Serre」はマジでクオリティ高い。
Wine2018-1



センスが良かったレストラン「coda」で、これだけグラスワイン40ドル以上してたのね。こりゃオーストラリアのプライドに違いないと思って飲んだら驚きで。酒が量飲めないボクは少量でいいから美味しいワイン飲みたいので、迷ったら高いグラス試します。ヘタなボトル頼むより安いしね。


「Serre」はピノ・ノワール。後日ファインダイニング「Vue de Monde」でもBannockburnのシャルドネをグラスで飲んだけど、これまたハイクオリティ。「Serre」ほどの衝撃はなかったけどね。
Melbourne2019-140



あと「Bar Liberty」というつまみも洒落たワインの美味なお店があるんだけど、ここで飲んだ2000年のbindi quartz chardonnayに衝撃。これ、ムルソーの古酒じゃん!!! ヴィクトリア州では2000年頃から本場に負けないクオリティのワイン造りできてたのね。マジでナメてたわ、反省。
Melbourne2018-89


これも飛び抜けて高いグラスワインだったのでオーダーしてみた。って言うても32ドル≒2500円くらい。旅先で信頼できそうなお店なら、迷ったら高いグラス頼むのが正解です。


ワイナリーも、5か所くらい回ったのね。メルボルンから車で1時間程度のヤラバレーはシャルドネとピノノワールが主体でさながらブルゴーニュ。シルキーでアタック控えめなエレガントタイプの赤ワインが多く、キレイにオレの先入観を覆してくれた。



ニューワールドっつーから、ピチピチしたワインとかマッチョな無駄に力強いの出てくるのかなーと思ったけど、全然違うのね。最初に訪れた「Cold Stream Hill Winery」では思わず箱買い。デイリーで飲めるタイプと熟成系を半ダース。
Melbourne2018-78



天気いいときのワイナリーも最高で、モーニントン半島で寄った「FOXY HANGOUT」っていうワイナリーは、丘を見下ろすオープンテラスのレストランも最高に気持ちよく。フェリーの時間が迫っててレストラン寄れなかったんだけど、この旅一番の後悔です。
Melbourne2019-115




3. ホテルがセンスよく、驚くくらい安い

最初に泊まったのが「QTメルボルン」というデザインホテル。
Melbourne2018-20



立地も最高だし、部屋のセンスもいいし、1Fのカフェは旨いし、ルーフトップバーはあるしと、ここにだけ泊まっていてもスゲー満足だったと思う。
Melbourne2018-27



ちなみにこのホテルでクリスマスでも2万円ちょい/泊。もちろん2人の合計で税サ込っすよ。
Melbourne2018-32



ちなみに年明け(1/2,3)に泊まった「PARK HYATT Melbourne」もジャグジー付きのスパルームで1泊3万円。
Melbourne2019-133



相当広い部屋でこの価格帯なので、メルボルンの年越しホテルのお得さ伝わるでしょ?
Melbourne2019-130



35Fくらいに泊まった、1LDKの70屬らいのサービスアパートメントに至っては1泊2万円以下だったしね。
Melbourne2018-110




まりえは誕生日を、Kindleで島耕作読みながら主にワインと共に過ごしてました
Melbourne2018-108


夜景もかなり美しく、都市の広がりを感じられるView
Melbourne2018-111




年越しでも安いなぁと思ってたバンコクよりも、更にオトクなメルボルン。日本と同じく四季があるので、外にプールがあるホテルは見つけられなかったけど、海沿いの別荘をAirbnbという手もあるので、水着重視の方は調べてみてもいいかもね。


現地にいることをFacebookにアップしたら、元在住者や訪問したことがある友人らから、怒涛のオススメ情報が。住んでたヒトたちが大好きになる街ってホンモノだよね。しかも「ボクも年明け行くんだ!」というメッセが来て、香港のまこっちゃんにも逢えました(TOP写真)。

最後に訪問したレストランの情報、もうちょいコメントしています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。






続きを読む


2019年01月16日

カラダが資本 つくづくと

温暖差2019-1


9月のバカンス直後も胃腸炎くらってグズついてましたが、12月半ばから札幌/ニセコ → メルボルン → ニセコ/札幌と、1ヶ月の間に寒暖差50度くらいのとこを旅してたせいか、さすがにきちゃいましたね。
Melbourne2018-24



こないだの連休の札幌 最終日。やけに寒気するし、カラダが踏ん張れないと思ってたら、ちょいと風邪をくらってた模様です。
温暖差2019-4



46歳の誕生日(12月)年始に「休息がテーマ」と宣言しながら、間逆に振りきってしまってる現状。


つくづく体調のマネジメントは重要だと痛感してるので、レストを入れるのは当然として、衰えゆく体力を維持できるようにトレーニングと質のいい食事に励みます。
寒暖差2019-1





今年ちゃんとレストを入れることが出来たら、ご褒美で行ってみようかな、ここへ。
寒暖差2018-1



いつかは観戦してみたいグランドスラムの「オーストラリアオープン」。ロッド・レーバー・アリーナを見下ろしてたのが2Wちょい前なんすよね…、TVで観戦してても、なんか他人事じゃないのよ(笑)。


すっかりメルボルンファンになってしまったようなので、行けるように色々調整してみよっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。



2019年01月15日

ラ・テンダロッサ(横浜)海が見えたペスカトーレ

テンダロッサ2018-37

昨年末の『テンダロッサ』おさめ。やけに多忙でテラスの時期に横浜にゆっくり行くことが出来ず、年の瀬に滑り込み。

オオバコでテラス席あって、活気のあるイタリアンというのはやはり貴重。スタッフは、だいぶ若手が増えていたけど、安定感あるスタープレイヤーたちは健在。シェフのケンゾーさんを軸に、
テンダロッサ2018-24


ソムリエのリョウくん、そして矢野さんとテンダロッサらしさは、今日も変わらず。
テンダロッサ2018-21




矢野さんが手にしているのは、食べてるうちに”海が見えそうになった”ペスカトーレ。

ブルターニュのオマールや北海道の巨大帆立、千葉の蛤、ムール貝はモンサンミッシェルと三陸産。これでシェアしたあとの姿だから、シェア前の迫力はいかほどか。
テンダロッサ2018-20





アミューズで出てきた駿河湾の生しらす、
テンダロッサ2018-10




生しらすは単体でも勿論美味だけど、極上の搾りたてオリーブオイルが加わることで、更に数段上のレベルに昇華するのよ。
テンダロッサ2018-4




シャトーブリアンのグリルは、このあとに更に白トリュフを纏って官能の肉塊に。
テンダロッサ2018-28


ここで使うオリーブオイルと赤ワインがMONTEVERTINEという恐悦至極のアッビナメント。旨くないわけがない!!!
テンダロッサ2018-33




洋梨とゴルゴンゾーラのピッツァはテーブル全員が「もう満腹…」と唸ってたのに瞬殺(笑)。
テンダロッサ2018-39


Kenzoシェフ スペシャルのティラミスは濃厚にしてエアリーなので、これまたカフェコレットによく合うんだわ。
テンダロッサ2018-42





リョウくんのワインのセレクトもモロ好みで、予想通りベロ酔いで土曜の夕方を迎える理想形。
テンダロッサ2018-47





日本にあるトラットリアの中でも、屈指のスタイルを持つ『ラ・テンダロッサ』。
テンダロッサ2018-26

ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/


もちろん、今年も通わせていただきます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


2019年01月13日

ダイエットでリバウンドしないために

http://livedoor.blogimg.jp/kyah2004/imgs/9/c/9c846520-s.jpg

パンツがぱっつんぱっつんで、昔の服が着れない...そんな2年前の危機に端を発っし、続けてきたダイエット。

ほぼ毎晩外食だし、旅先では朝昼夜食べる時もあるから油断してたら太っていくと思うけど、おかげさまで、目標値のちょい上ですが、最デブ期から7kg減をなんとかキープしています。

その3つの理由をまとめておきます。

< 1. 体重の見える化 >

見える化して、ヤバくなったらハードに調整入れるというスタンスが、今のとこは機能しています。体重計載ったら、体重、体脂肪、筋肉量などが自動的にスマホに飛んで、グラフ化されるのはホントありがたい。

使ってるのは「Body Cardio」、今では更に新モデルも出てるらしい。最大8人まで登録できるので、夫婦で共有しています。
IMG_7323





< 2. パーソナルトレーニング >
やっぱね、強制力無いとムリっす。オレ、全く意志が強くないから。やらないといけない環境づくりが大事で、メシアポ入れる前に、早めに1ヶ月先までジムのスケジュールを押さえてます。

週1でパーソナルトレーニングは最低入れていて、表参道の「Bellezza(ベレッツァ)」中目黒の「Dr.トレーニング」の2刀流。




「Bellezza(ベレッツァ)」では食事管理もサポートしてくれるし、ファスティングドリンクも売っててやり方のアドバイスもしてくれるんで、重宝している。
0630ジム6月-7

Bellezza(ベレッツァ) 表参道
渋谷区神宮前4-19-8
アロープラザ原宿308号
http://www.bellezza-gym.jp/


最近は、このパーソナルトレーニングに加えて、「Dr.ストレッチ」と低酸素トレーニングの「ハイアルチ」も組み合わせている。トレーニングの日に合わせて、どちらかを一緒にやるようにしてなんとか時間を捻出。



ハイアルチ(http://high-alti.jp/
空間をまるごと低酸素状態にしたスタジオで行う「ハイアルチテュード(高地)トレーニング」で、高地状態に体を慣らすことで、ミトコンドリアの数が上昇。 これにより、心肺機能や持久力が向上し、疲れにくいカラダへ生まれ変わるというもの。

酸素供給能力が高まり 効率よく脂肪が燃焼するほか、パフォーマンスがアップするらしい。30分のトレーニングで2時間分の効果が得られるというのも時間のない自分には合っている。

こんだけ色々やってるので、どれがどう効いてるのかよくわからないけど(笑)、ハイアルチはじめて3ヶ月くらいしてから体脂肪が落ちたのは事実。

低酸素といっても全く苦しくないし、女性は肌にもいいらしい。




Dr.ストレッチ(https://doctorstretch.com/
鍛えてるだけだと筋肉が固まって、きれいな体になりにくいとのことで最近通い始めてみた。とりあえず3ヶ月間頻度高めにいってみて、どう効果があるか検証しようとしています。

1時間かなりハードに体をほぐされるので、これは自分じゃできませんわ。

単にスタジオに通うだけじゃなくて、普段の姿勢を意識したりとか、自身の課題に合わせて日常でできるストレッチなども教えてくれるので、まだ通って数回だけど、これはいいなと手応えを感じています。



< 3.服のリメイク >

デブに戻れないように、パンツのサイズダウン、リメイクをして自分を律する環境を作りました。いいパンツからリメイクしてるので、デブったら家計的にも大ダメージ(笑)

冒頭書いたように自分の意志なんてもんは、まるっきり信用してないので太れない環境を創るのが一番大事。


ちょっと太ってきた時の痩せるコツとか、毎日外食を続けてるのにどう痩せたかってのは続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む


2019年01月12日

今年行きたい場所【国内編】

1202山陰旅2018-67

やりたいことは口に出しておいた方がいいので、年初に行きたい旅先を書き出しておくことにします。

特にターゲットとなるのが、まだ未踏の7つの県。

鹿児島、佐賀、長崎、高知、徳島、山口、和歌山

ここを頭に入れながらリストアップしてみました。

■1月〜3月
雪山:ニセコ、会津
沖縄:敢えて寒い時期にオープンカーでドライブ
京都:丹後にまで足を伸ばして
静岡:日本平ホテルへ富士山がきれいな冬の間に
日本平ホテル




■4月〜6月
利尻島:崖と雲丹
隠岐の島:海崖ふたたび
徳島+高知県:まだイメージがない。
  いつ行けばいいか、何をすればいいかおススメ知りたい
鎌倉:古民家ホテル「古今」でファミリーパーリー
181213-kc-097_s




■7月〜9月
京都:祇園祭はハズせません
山口:津和野で鮎食べながら、萩まで足を伸ばして
松本、御嶽山、下呂温泉
長崎:五島列島行きたい、軍艦島も。
   ちょっと足を伸ばして佐賀県へ
1230屏風祭2018-60




■10月〜12月
熊本県:菊池でイタリアンと渓谷を
    そのまま南下して鹿児島県へ
京都:今年は紅葉の京都みたいっす
和歌山:三段壁という、なかなかいい海崖があると聞いてます
犬山城が見えるラグジュアリーホテル
0529犬山城5月-31


旅はたいてい行きあたりばったりなんだけど、こうやって整理しておくといいかも。4年間で100回旅する前に(せめて途中で)やっておけよって話ですが。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


2019年01月11日

Bistro 晴 Terrace(札幌)夏に再訪必至のテラサー好み

201812北海道2018-61

以前、札幌に通っていた時は、鮨とフレンチが中心で、イタリアンはそこそこ覗いていた程度だったんですが、今回はイタリアンを軸にして正解でした。

札幌のトップイタリアン「オリゾンテ」が手がける『Bistro 晴Terrace』は、ビルの3Fにテラスを備えたカジュアルなレストラン。ビストロと名が付いてるけどイタリアンの色も濃い目。
201812北海道2018-55



さすがに冬はテラスが雪に埋もれてしまうけど、春から秋にかけては、貴重なテラスシート。東京以上にテラス席が少ない札幌なので、テラスラバーの”テラサー”には、要チェックのお店です。
201812北海道2018-27



土地代や人件費もあるだろうけど、旬の素材が東京より2回りくらい安い印象。最高級食材は東京に流れちゃうだろうけど、それ以外は産地が近い札幌にアドバンテージがあるわけで、プライシングだけじゃなくポーションにもそのあたりの影響が。
201812北海道2018-33



この時期はタチ(タラの白子)をふんだんに使ってくるので飽きるほど食べられる。どの店でも推しなので、せっかくだからと食べ比べ。
201812北海道2018-43




つぶ貝と押し麦のサラダは抑え気味のシェリービネガーがめっちゃツボ。これ、バランスよくてオレもまりえもお気に入りに。どうやら姉妹店では看板メニューらしい。納得。
201812北海道2018-37





ファットリアビオの新兵器ブッファラを沈めたブイヤベースは、限定メニューの巨大ボタンエビを投入した贅沢仕様に。ブイヤベースも、ここまで具を使ってるのでスープの奥行きが深い。
201812北海道2018-51



ワインは最初にオーダーしたグラスのスパークリングからして期待の高まるセレクト。種類も結構あったしね。
201812北海道2018-40



あのテスタマッタの生産者、ビービーグラーツのオレンジワインなんてものもあるから、頼んじゃいますがな。
201812北海道2018-47




料理長の今野シェフ、美味しそうな顔してますね(笑)
201812北海道2018-65




富良野和牛ランプ肉のローストを持ってきてくれました。ソースは海苔とわさび、日本人のDNAとバシッとアッビナメント。
201812北海道2018-63




年末の週末だけあって、店内の浮かれた喧騒も心地よく
201812北海道2018-41



半個室もあるし、デートでも飲み会でも、ビジネスでも使えるユーティリティレストラン。
201812北海道2018-26

Bistro 晴 Terrace
北海道札幌市中央区南2条西5丁目テラス2.5ビル3F
011-206-4980
http://www.e-49.jp/hareterrace/




こうも寒いと、あのブイヤベースが欲しくなる。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む



Google+