2019年12月11日

bb9(神戸)バスクの風を感じて

bbp2019-16



姫路城からの流れで神戸のバスク料理『bb9(ベベック)』へ
bbp2019-5


日本の土地と素材で表現したアサドール、特に魚の火入れがツボまくり。シェフは、バスクの「エチェバリ」で修業もされてたのね。さもありなん、ホントにエチェバリの薪料理は衝撃でした。
bbp2019-24



バスクと言えば、サンセバスチャンのバルが有名だけど、アサドール(薪焼)はゲタリアの魚介とか山バスクの熟年牛とか、薪使いもヤバいんです。今年、世界から更に注目を集めることになった「エルカノ」のカレイの火入れとか、正直泣けるから...
bbp2019-9



そんなバスクの現地の温度を感じる『bb9』。火入れの技術だけじゃなく、味つけのセンス、ワインとのペアリングなど、大好きな要素が溢れていた。今年、訪問したレストランで3本指に入るくらい自分好み。
bbp2019-12



北海道のブリは血を感じないきれいな脂で、ガリシアのワインが一回激しく交わってから、ゆっくりほぐれていって余韻を伸ばす。
bbp2019-15



仙鳳趾の牡蠣は少し火を入れたもの。この火入れ感たまらん、今まで食べた牡蠣で一番の衝撃だったかもしれない。そこに少し甘みを残したリースリングが、ハマるのさ。
bbp2019-21




リースリングを混ぜた長熟タイプのチャコリ。バスクでもガストロでは出てくるタイプで、エチケットを覚えていた。マルティン・ベラサテギかアスルメンディあたりでのペアリングだったと思う。
bbp2019-26


五島列島のトロミあるハガツオに合わせると、ほんのり苦さがたってからリセットに向かう。このチャコリ間違いなくて好きよ。
bbp2019-27



フレッシュのポルチーニ、こんなにも主役としてポルチーニを美味しいと思えたことは無かった。チンタセネーゼが完全に脇役。ロッソ・ディ・モンタルチーノの奥行きの深さを感じるペアリング。
bbp2019-32


bbp2019-30



バロセロナの少し南の方で作られてるという白ワイン「EN AQUEST COS,L’OLOR A TERRA」がかなりタイプだった。こういうの選びたいんだけど、オレ。
bbp2019-40




そしてコヤツに合わせたのが、解禁直後のセコガニ、エビとカニの殻でとった出汁で炊いたお米に泣けるほどあっていた。
bbp2019-43



この後、シャンパーニュで舞鶴のアラ(クエ)のピルピルと、バスク好きには泣ける展開。
bbp2019-46



現地では、ピルピルにシャンパーニュ合わせるとか発想も無かった!! こんなにも合うのか!
bbp2019-48



40日熟成の熊本のあか牛。余韻が長く、深い余韻のままオチていきそう。こんなにも薪の香りが...赤身に合うとは。
bbp2019-51




フレッシュチーズに近いニュアンスのバスチーも極旨。バスクでは一度も食べたこと無いけど、コレは美味しいね。日本で何度かトライして、...だったけど、コレはまた食べたい。
bbp2019-54



塩アイスにありがとう、敬礼。薫香たまらぬ。
bbp2019-56



しかもディケムなんて合わせた日には、ととのうに決まってるじゃん。
bbp2019-55




スペイン料理は、日本だと西高東低と言うけど、確かにオレはかなりタイプでした。

bbp2019-3

bb9 (ベベック)
050-3186-4889
兵庫県神戸市中央区元町通3-14-5
http://asador-bb9.com/




デザートワインが値段聞き忘れた。思ったより高かったのは あのせいかな?(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む


2019年12月10日

肉屋 田中(銀座)肉の頂点へ

肉屋田中2019-14

食べログの焼肉部門1位(訪問時)の「肉屋 雪月花」が、更にバージョンアップして東京にやってきました。
肉屋田中2019-29




先月オープンした銀座の『肉屋 田中』、BOSSの田中さんは、肉割烹という切り口で様々な手札を持ってはいるものの、敢えて肉の良さにフォーカスしたコース展開。
肉屋田中2019-42





34ヶ月の最優秀賞神戸牛を一頭買いしていて、
肉屋田中2019-8


シャトーブリアンやタンの圧倒的な美味しさにフィーチャー。
肉屋田中2019-32




正直、ここまでの味は未体験ゾーンで、鮑や津居山蟹、白トリュフといった名脇役たちが置き去りになるくらいの突き抜け感。
肉屋田中2019-37




ちなみに脇役といいつつ、五島列島のクエ(20日間熟成)と神戸牛の昆布締めにキャビアをのせて、クエの肝のソースや山葵でいただく、通常なら主役級の前菜とか。
肉屋田中2019-22




津居山蟹も焼き身をたっぷりだし、神戸牛の棒寿司も極上のテクスチャ。
肉屋田中2019-12



椀物も和牛のお出汁で、これでもかってくらいに鮑の身がゴロゴロが入りつつ、すり流しも鮑みたいな贅の極み。
肉屋田中2019-19




締のごはんは、松葉蟹と神戸牛のお出汁で炊かれていてTKG&白トリュフで仕上げる。
肉屋田中2019-44




これに和牛のしぐれ煮を合わせちゃうから、楽園行きの片道切符。
肉屋田中2019-38




バイザグラスでシャンパーニュからはじめられて、白はBouchard Pere & Filsのシャサーニュ・モンラッシェ、赤はドメーヌ・ピエール・ダモワのジュブレ・シャンベルタン 2008と料理に負けないワインをオーダーできるのも嬉しいところ。



ちなみにシャンパーニュは2007年のドンペリを。
肉屋田中2019-4




どこにも妥協が見えない本気の肉屋。ここだけのエクスペリエンス。
肉屋田中2019-16



この日のお肉はコチラでした。
第101回 兵庫県畜産共進会 牛肉の部
最優秀賞 神戸牛
神戸牛 生産者 上田 伸也
月齢 34ヶ月/A5雌
血統 芳山土井 × 菊後土井
肉屋田中2019-24

肉屋 田中 銀座
03-6280-6529
東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 9F
http://nikuyatanaka.jp/



 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む


kyah2004 at 20:33|この記事のURLComments(0) | ¥20000〜

2019年12月09日

バヒア宮殿(モロッコ)マラケシュの王宮へ

SpicePark2017-15

マラケシュの人気観光地の2TOPがこの「バヒア宮殿」と新市街の「マジョレル庭園」


19世紀に建てられたこの宮殿は、このアングルでの写真がよく使われている。
SpicePark2017-24



19世紀末のアラウィー朝ハッサン1世の宰相アリ・バハメットの私邸として建造されたもので、中は迷路のようで美しい装飾が施されている。全然予習しないで行ったので、期待以上の美しさに圧倒されてました。

SpicePark2017-27




4人のお妃たちと住んでいたという夢のような場所なんですが、よく比較にあがっているのがスペインのアルハンブラ宮殿。装飾の美しさとか、彫りの高い技術とか、かなりのレベルなんだそうで。

SpicePark2017-23





凄いというのはもちろん素人目にもわかるんだけど、それがどのくらい突き抜けてるのかってのは高次元過ぎてようわからんのよ。
SpicePark2017-19




確かに装飾が緻密で、感性はビンビンに反応している。
SpicePark2017-20




ディスプレイの一部かと思うようなゲストがいたりして驚く
SpicePark2017-22




緑とかブルーの印象が強いけど、こういうシックなトーンの装飾が、後から見ると好みだったりします。
SpicePark2017-18






こうやってブルーや強めの黄色が入ってくると”らしいな”って感じですが。
SpicePark2017-25





モロッコの9月末は、日なたは太陽に焼かれるくらいジリジリするけど、日陰は涼しいので王宮は暑かった印象が殆ど残っていない、
SpicePark2017-30





昼過ぎは混んでいるので、朝イチに訪問するのがいいみたい。
SpicePark2017-31




旅のこと書いてるのが一番楽しい。昔の写真を見返せるのもワクワクするし。食はFBやらInstaでも書いてるんで、なかなか筆がすすまなくて。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。

続きを読む


2019年12月08日

マラケシュ王宮近くのカフェ

SpicePark2017-37

マラケシュの王宮近くのオサレカフェ、こういうモロッコを想像しがちだけど実際は中々ないタイプ。モロッコらしさとフランスの洗練された雰囲気が混ざったような空気感。

これ書いてたときはマップでらしきお店探せなかったんだけど、さっき見たら見つかりました。店名は『La Famille
SpicePark2017-38





カフェのグラスも洒落てるし、ケーキもボリュームはあるが重たくはない。
SpicePark2017-45







入口は狭かったけど奥行きは広め
SpicePark2017-49




こんなパーティできそうなスペースも。
SpicePark2017-41





こういう塔が頭をチラ見せしてて美しい。
SpicePark2017-50



色々衝撃だったモロッコ、今となっては30円ほどボラれてムキになっていたのが懐かしい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む


2019年12月06日

Cafe Des Epices Marrakech Medina(モロッコ)スパイス広場を見下ろすカフェ

SpicePark2017-11

マラケシュのメディナ(旧市街)の中には、いくつかスーク(市場)があって、周囲に洒落たレストランなどが集まっていて、何度も通ったのが「スパイス広場」
SpicePark2017-1


メディナの顔とも言えるフナ広場は絶対買わない類のお土産が並び、客引きもしつこいので正直大嫌い。あそこだけを体感したらマラケシュが嫌いになると思う。
1118Mara11月-66



スパイス広場は、その名の通りカラフルなスパイスが並び、お土産物もあるけどもう少しローカルなアイテムが増えていて、買い物をするならコチラがおすすめ。とはいえ、もっと深くまで入れば、更にセンスのいいものが眠ってるけど、1泊でもそこまでだどりつくのは難しい。
1118Mara11月-68



1016モロッコ10月-14



当家がメディナ散策の休息によく使っていたのがスパイス広場脇の『Cafe Des Epices Marrakech Medina
SpicePark2017-10



他のレストランから撮った写真だと、左の方にある赤い建物ね。1Fがテラス席、2Fもあるけどここは空いていて、ルーフトップも当然混んでいる。
1118Mara11月-70



モロッコらしいクスクスというよりは、洒落たカフェ飯の類が多かった印象。何泊も滞在しているとモロッコ的じゃない食事も欲しくなるので、リセット用に使ってました。
SpicePark2017-5



味は日本と比べたらパンのクオリティや肉の火入れ、野菜のフレッシュさなど差が大きいけど、ここでそんな細かいことを言うつもりはなくて、それよりもこうしてスパイス広場を眺めながら、ぼーっとしてられるところが価値。
SpicePark2017-4



夕方から夜に変わっていく時間帯とか、かなりエキゾチックで愉しめます。広場のシューティングは、2F席の窓際が穴場。ルーフトップより距離が近くて、ガラガラだしね。
1118Mara11月-39



今度は砂漠にも行ってみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む


2019年12月04日

そうだ 京都、行こう。 2019

そうだ京都いこう20192019-41


ちょいと前の週末に錦繍の秋の京都へ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


昨年は、久しぶりに紅葉の時期に京都以外の場所に旅してたのね。秋の隠岐の島、神々が集まる出雲大社、鳥取の足立美術館などなど、山陰の秋も良かったけど、やはり今年は京都に戻ってきました。
そうだ京都いこう20192019-82
<神護寺>


京都に住んでいるわけではないから、紅葉はタイミングとの勝負。

毎年11/23前後に訪れているんだけど、同じ日程でも年によって、どの程度どこが色づいているのかは変わってくるし、天気によって印象も全然ちがうものになる。
そうだ京都いこう20192019-22
<大徳寺 高桐院>


完全に同じコンディションというのは無いので、何度訪れても飽きないし、ついつい毎年通ってしまうのよ。
そうだ京都いこう20192019-232
<大徳寺>


2012年から京都の紅葉にハマっていて、最初の頃は朝から晩まで自転車であちこち回っていました。今、久しぶりに振り返ってみたけど、2012年は天気も色づき具合もよく、こんな紅葉見ちゃったら、そりゃハマるわな、と。

この年に見た、苔寺、常寂光寺のインパクトがあまりに強烈で、その後は「あの時を超えられない...」と、幻を追い続けていたような気がします。

さすがに今年は一段落したようで、一期一会を愉しめるようになっていました。
そうだ京都いこう20192019-30
<直指庵>



今回のヒットは、もみじの名所「高雄」。

アクセスは車に限られるので、中々行けないのだけれど、つまみ細工の「おはりばこ」のかおりちゃんに連れていってもらって『神護寺』のピークに逢うことができた。
そうだ京都いこう20192019-90



東向きの斜面を登っていくので15:00頃には日陰になる神護寺だけど、
そうだ京都いこう20192019-80


瓦投げのエリアだけは西陽が差していたのね。そこで紅葉がドーム状に空を覆う場所に立つと、オレンジの光に包まれて、それはもう言葉にできない美の領域。
そうだ京都いこう20192019-84


以前、両親と高雄を訪れた時は、紅葉がシャビーな年で全く昂ぶらなかったので、本来の姿を見ることが出来て良かった!
そうだ京都いこう20192019-68



ただ、近くの『高山寺』は台風の爪痕がなまなましく、遊歩道がまだ殆どの部分クローズというダメージの大きさ。
そうだ京都いこう20192019-59




鳥獣戯画のあるお堂のあたりは大丈夫だけど、敷地内では300本の木が倒れたという。
そうだ京都いこう20192019-66




境内は14:00頃なのに陽射しが柔らかく、マジックアワーのような光だったのが印象的でした。
そうだ京都いこう20192019-67



そんな高山寺の裏参道の前には、川沿いでお蕎麦やうどんがいただける『とが乃茶屋』があり、川面に映る紅葉を眺めながらのランチタイム。
そうだ京都いこう20192019-52



食事は至ってシンプルだけど、この景色を肴にお酒飲めたら言うことないっしょ。
そうだ京都いこう20192019-54




高雄は、大徳寺エリアからでも車で30分程度と思ったより近い。渋滞も特になくて、ドライブしている段階から見事な紅葉を見ることだってできる。『神護寺』の階段の途中にあるお茶屋さんは、オープンエアーの紅葉ドーム。なんなら、ここで一日過ごしていたっていい。
そうだ京都いこう20192019-72

欲を言えば、こういう場所ほどもっと洗練された空間づくりをして、高付加価値のサービスを提供して欲しい。全部が同じような茶屋さんである必要はない。単価数倍でも、間違いなくそっちを選ぶから。ニセコが成功している理由はそこにある。



嵐山は激混みなので、嵯峨野でも外れにある『直指庵』へ。
そうだ京都いこう20192019-40



高低差を活かした敷地は光を受けて色鮮やか。ここまで晴れあがると侘び寂びよりも賑やかさが際立つ。
そうだ京都いこう20192019-38


紅葉のトンネルは、写真じゃ伝えられない美しさだった。
そうだ京都いこう20192019-39



食事はいつもの『割烹 たいら』へ。
そうだ京都いこう20192019-198



お食事は、もう無いと諦めていた丹波の松茸をお椀でいただけたり、モロコに会えたり、2週間熟成のぐじのお造りがめっちゃ旨かったり、菊芋のテクスチャが異次元だったり。お酒もシャンパーニュから、ワインから、清酒まで。ちょっとだけ味見させてもらった清酒まで加えたら、何種類呑んだろう?

そうだ京都いこう20192019-200



そうそう食事の前に、RYOと祇園のサウナ「ルーマプラザ」行ってて、初の本格サウナデビューだったのよ。外気浴してたら曇ってたのに、一瞬だけめちゃ綺麗なサンセットに遭遇し、それなりに”ととのった”せいか、体の芯がジワーッとなって。


その直後に「たいら」に行って呑んでたから、酔いが気持ちよくまわるまわる。中々いい滑り出しの「サ道」デビューでした

そうだ京都いこう20192019-203





こちらは八坂さんを眼前に望むViewが京都人にも新鮮な『パークハイアット京都
そうだ京都いこう20192019-106



高台寺の真横、二寧坂の入口のところに出来たんですね。地図で見てから向かってるので頭ではわかっていたけど、実際にたどり着くと「こんなところに!?」と驚きを隠せない。建物の高さが10mに制限されているエリアのため、傾斜を活かしながらの設計となっている。

そうだ京都いこう20192019-129




部屋の屋根も敢えて傾斜をつけることで、レジデンスのようなリラックスした雰囲気を作り出している。

そうだ京都いこう20192019-111





かと思えば、バスルームはめっちゃクールだったり。

そうだ京都いこう20192019-109




二寧坂沿いのレストラン『KYOTO BISTRO』は、ここがパークハイアットだとは気づかれないくらいさりげなく町に馴染んでいる。

そうだ京都いこう20192019-114




メニューもリーズナブルなのに、フィッシュ&チップスや、カツカレーなどカジュアルメニューがフレンチの技で仕上げられているのよ。陶器は宇治の「朝日焼」が使われているのもポイント。

そうだ京都いこう20192019-115




食後は最上階のBAR『KOHAKU』に移動。ここは京都ではありながら、誰も見たことのない景色を愉しめます。次回の京都でも寄りそうなくらい好み。

そうだ京都いこう20192019-104




昼は紅葉を愛でて、夜は京都の友人らと酒を呑んで心地いい時間を過ごす。やはり、旅はヒトがKEY。

そうだ京都いこう20192019-146



そうそう、オープンから1ヶ月も経っていないので、タクシーにハイアットリージェンシーに連れて行かれるリスクもあるので、お気をつけて。



お寺のセットリストは続きの方で
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む


2019年12月02日

The Garden(中目黒)テラスでナチュールワイン

TheGarden2019-2

中目黒の商店街にひっそりオープンしたビオワインのショップが併設されたテラスカフェ『The Garden 』


セラーの中のワインが常に何種類かグラスでもオーダーできる。もちろん幾ばくか払えば、ボトルを抜栓してお店でもいいただけちゃう。
TheGarden2019-1-4


パニーニのような軽食から、パスタ、肉のグリルまで食のメニューも幅広い。もちろんスイーツメニューも期待感を煽る内容
Garden2019-5-2




オレの理想をカタチにしたカフェ! テラス席も余裕ある作りで困っちゃう
TheGarden2019-1-3



ワインは元フェリチチタ、今は荒木町のワインバー HIBANAの永島さんがみてるから、クオリティも間違いない
Garden2019-6-2


地下の『リストランテ シンティッラ』もシェフがフェリチタ出身。リストランテだと、それなりに構えて行く必要があるけど、上のカフェでもシェフの料理をいただくことができるので、その使い勝手の良さたるや
Garden2019-10

テラスにストーブを置くとの話も。

ザ ガーデン
03-6452-4394
東京都目黒区上目黒2-44-9 1F


冬でも座れるならテラスです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む


2019年12月01日

真葛焼の作陶展(自由が丘)大塚文庫で

真葛焼2019-5

京都 真葛焼の作陶展が自由が丘の「大塚文庫」で

真葛焼のシン君には、今年の丹波行きでもお世話になっていたので、年末のご挨拶も兼ねて


2Fは作品を飾ると共に、真葛焼の酒器で京都 向井酒造のお酒をいただけるようになっていて、
真葛焼2019-11



再会を悦びながら盃を傾ける
真葛焼2019-9



先週の京都を思い出しながら、秋らしいお猪口をセレクト
真葛焼2019-10





テーブルには、今年ボクも買った三昧椀が並ぶ。菊のモダンさも好きですな。
真葛焼2019-4



ひとしきりお酒をいただいたら、お茶室へ。真葛焼のお茶碗で、外の風を感じながら一服いただきます。
真葛焼2019-20



着物だと少し暑いので、この冷気が心地良い。
真葛焼2019-22



歳男ゆえ、こういうお茶碗にはキュンキュンします。
真葛焼2019-27





思わず手にとってみた、なんかしっくりくるかも。
真葛焼2019-30





さっきのお茶碗は迷いつつ。まずは気軽に使えるめでたいお猪口を購入
真葛焼2019-32




最後に、京都のビストロ 「ル・ピックアシエット」のチョコレートブラウニーをいただきなあら、三昧椀でもう一服いただきました。
真葛焼2019-34




また、来年もよろしくお願いします。パリのイベント頑張ってね!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む


kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)着物 | LifeStyle

2019年11月30日

オーキッド(バリ島)ライスフィールドの中のガラス張りのティールーム

オーキッドAT2019-5


バリ島 AYANA RESERTの敷地内、丘の上に立つホテル「RIMBA JIMBARAN
orchid2019-1


ANAYA RESORTがシーフロントを活かした作りなのに対し、こちらは南国の緑の濃さを活かして、AYANAとは異なる魅力を纏っている。



敷地内にはウブドのような世界観で作り込まれたエリアがあるんだけど、なんちゃって感は全然なくて、ウブドリピーターにも納得のクオリティ。
オーキッド2019-2-2


このエリアにはバリ舞踊を見ながら食事のできる「カンポンバリ」や、ティールームの『オーキッド』といったレストランがある。

オーキッド』は11:00−19:00まで通し営業。
orchid2019-14



ガラスとスチールでできたサンルームは、天然光が差し込み海の近くだけどウブドのようなライスフィールドVIEWを体感できるティーラウンジ。
オーキッド2019-1



こちらでのアフタヌーンティは14:00-17:00。ディルマーのグリーンティー、ブラックティー、フレーバーティーなど、豊富なお茶のラインアップ。食事はバリと西洋のフュージョンで、サンドイッチやバリのスイーツなど見た目以上の洗練度。
オーキッドAT2019-4




お茶もいいけど、このハーブたっぷりのスムージーがめっちゃ旨い。こういうの日本では飲めないタイプ。
orchid2019-19



そうそう敷地の隣ではクッキングスクールもやっていた。
オーキッド2019-4

オーキッド
ランチ & ディナー 11:00 – 19:00
トラディショナルアフタヌーンティー 14:00 – 17:00
RIMBA JIMBARANホテル内


ヴァカンスをホテルに身を任せて。そんな滞在ができる希少なホテル。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む


2019年11月28日

リストランテ シンティッラ(中目黒)エレガントな料理と絶妙のナチュールワイン

scintilla2019-15

かつて、当家のアニバーサリーディナーの鉄板だった表参道のリストランテ「フェリチタ」。永島ソムリエのワインセレクトがほんとキレキレだったし、リストランテらしい料理がいい意味で大人でね。

9月の末に中目黒の商店街、ポタジエ跡にオープンしたカフェ「The Garden」。
TheGarden2019-2


バイザグラスでナチュール飲めるしテラスはあるし、料理もクオリティ高くてと、来年最もリピるであろうカフェの筆頭候補。
TheGarden2019-1



そのB1に、ひっそりと先月リストランテがオープンしていたんです。お店の名前は『ristorante scintilla』
scintilla2019-2


....読めんがな!(笑)

『リストランテ シンティッラ』と読むらしい、イタリア語で火花。
scintilla2019-38





一部の席からはカウンターの様子が伺える。
scintilla2019-6


先日訪れた三茶の「ブリッカ」よりもエレガントなリストランテらしい料理で、ワインのペアリングもさすがッスね。
scintilla2019-51



たとえばトルテッリーニ、ベシャメルにポルチーニが詰まっていて、
scintilla2019-33


濃厚なソースに「BRESSAN」のハニーなかほりが実にあう
scintilla2019-29








グジとポルチーニの魚料理。松笠焼きのしごとがキチンとしてあって
scintilla2019-43



「Walter de Batte Altrove」をまずは合わせて。もちろんハズしません。
scintilla2019-36



ただ、それ以上にアッビナメントしたのが、ヴァン・ジョーヌみたいな印象のマルサラワイン「ヴェッキオ サンペーリ」。なんせ、ソースにもこのワインを使ってるくらいだから合わないわけがない。
scintilla2019-45



マルコ デ バルトリの他のナチュールも呑んでみたいな。ちなみに、この「ヴェッキオ サンペーリ」はディナーの後に即買いしました(1Fにワインショップがあるので)。




伊勢海老のシャラティエッリ。パスタの個性とソースの味付け、乳化具合がきれいに整っていて、シチリアのチェファルーで感動したパスタを思い出した。
scintilla2019-25


パスタの美味しさは、シチリアのアレを超える体験は滅多にないんだけど、ワインとのアッビナメントは『シンティッラ』の方が素晴らしく、トータルの感動指数は上回る結果に。


ちなみにここで合わせたのがPOSSAのチンクエテッレ 2015、このコもめっちゃタイプなんすよ。
scintilla2019-23



緒戦でタイプということは良くわかったので、次の訪問でどんな振り幅を魅せてくれるのかが楽しみでならない。
scintilla2019-40


リストランテ シンティッラ (ristorante scintilla)
03-6452-4395
東京都目黒区上目黒2-44-9


2019年、令和元年ももうすぐ終わり。なんとか、あと一ヶ月走り切るぞ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む



Google+