2019年02月21日

鮨わたなべ(荒木町)45歳最後の夜に

鮨わたなべ2018-18


荒木町はワインバーの「HIBANA」が大好きだし、東京で数少ない大人の隠れ家的な雰囲気の残る町。もうちょい開拓したいなーと思いながら、ほんとたまにしか行けてないのが残念。

昨年末の45歳最後の日、どうしても「HIBANA」に行きたくて逆算してご飯を食べるところを探していたんです。
鮨わたなべ2018-5



したら、ちょうど「HIBANA」から50mくらいのとこに、かねてよりいきたかった『鮨わたなべ』があることが判明。このハシゴは絶対にハズさんわ!と予約した段階で確信。
鮨わたなべ2018-20





というのも『鮨わたなべ』は、信頼できる鮨通の友人2人におススメ聞いていて、その2人から同時に名前のあがっていたお店。
鮨わたなべ2018-28





昨今の鮨バブルの流れは庶民では厳しいので、お会計まで含めて気持ちよく行けるってレコメンドがありがたい。
鮨わたなべ2018-11





つまみは、魚醤使ってきたり、あん肝はイチジクソースを赤ワインと濃口醤油で煮詰めたフォアグラ?的な仕上がりになっていたりと、大将は鮨以外も美味しいものが好きなんだなぁ..と伝わってきた。
鮨わたなべ2018-6




握りは、最初のカワハギがふわとろの食感で驚き
鮨わたなべ2018-15





氷見の寒ブリも脂がマッチョすぎずにエレガント
鮨わたなべ2018-23




青柳や車海老の頭、TOP写真のかんぬきあたりが特に印象的でした。
鮨わたなべ2018-12




こばだの肉の厚み、酸味と甘さ、それを受け止めるシャリのバランスが良い
鮨わたなべ2018-25





45歳の1年間もめちゃくちゃ楽しませてもらったので、そういう歳の〆メシって妥協したくないのよ。誕生日祝いのお店はまりえに決めてもらうけど、誕生日イブは自分で納得のいくお店を選ぶことがここ数年のルーティーン。
鮨わたなべ2018-31




溢れ出すいくらの巻物に歓喜し
鮨わたなべ2018-35




さわらの三段重ね、つまりジェットストリームアタックに討たれる。ビジュアル的にネタが小さいかと思いきや、口に入れたときのバランスが素晴らしく しばし無言に。
鮨わたなべ2018-38




ちょうどいい具合になったところで「HIBANA」に移動。
鮨わたなべ2018-9

鮨わたなべ
03-5315-4238
東京都新宿区荒木町7 三番館 1F


この流れ、またやりたいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む


2019年02月20日

Kabi (目黒)カビの華美たるゆえん

Kabi2018-5


1年ちょいくらい前にオープンした目黒の『Restaurant Kabi』

”日本、フランス、デンマークなど多様な文化によって創発されたレストラン”とのことで、最初はあんまし興味なかったんです。

Kabi2018-28


ノーマをはじめ北欧ガストロノミーでキャリアのあるシェフのお店に国内外で何度か行ったことはあった。ただ、現地の体験がないせいか、そこまでは刺さっていなかったのよね。

ところが去年の秋口、飯田橋の『イヌア』に行ってみたら”なんだこりゃ、北欧ガストロノミーってオモロイじゃん!”と覚醒し、そっから俄然興味が湧いてきて。

そんな時期に、まりえがボクの誕生日に予約をしてくれたのが『Kabi』。さすが15年近く奔放な旦那を支えてくれている妻だけに、ツボをついたセレクトがお見事でした。
Kabi2018-8


オレ、こういうお店が大好き!!!!!!


シェフの安田さんはデンマークの「Kadeau(カドー)」という一ツ星でキャリアを積んでいたとのこと。調べてみたら素材を探しにレストランのスタッフが総出で島中を探しに行くんだそうで。産地の農家さんからというのは聞いたことあっても、自分たちで素材探しに行くって、中々聞いたことがない。

「イヌア」のスタッフもそんなこと言ってたから、北欧ガストロノミーって、そういうスタイルがスタンダードなんでしょうか?

Kabi2018-30





店内のインテリアも和を意識した北欧テイストで、肩の力が抜けたスタイリッシュさも今っぽい。これまでに何度もお店の前は通っていたけど、洒落たカフェかギャラリーでもできたのかな?ってくらいの印象だったもん。

お店は目黒駅からは歩くには、ちょっと距離がある。そんな場所でも外国人ゲストが何組かいて、スタッフもフランス出身の子が最初に接客してくれたりと、なんだかちょっと海外気分。そゆとこも「INUA」に似てる。
Kabi2018-43





料理は『Kabi』という店名の通り発酵にこだわったコースで、この地(日本)ならではの解釈を与えられた素材たちが、自由奔放に皿の上で遊んでいる。凄いのは自由に見えて、腹落ち具合をしっかりと作ってくること。無秩序ではなく計算されたストーリー。
Kabi2018-20



そうそう、お店のこと調べてたらソムリエの江本さんはメルボルンのタイ料理をベースとしたイノベーティブレストラン「NORA」でシェフソムリエだったんですね。ダイバーシティメルボルンの中でもイタリア色が強いお洒落エリアのカールトンゆえ、センスの良さも滲み出てる。
Kabi2018-32



大分のしいたけ、鹿の心臓削り。鮨みたいだった八戸の鯖とチーズの大葉包み、カブとホタテなどなど、書き始めたら止まらない料理の展開力で、料理もお酒も堪能できた。初訪は面白かった! 2回目がどういう印象かで、今後定期的に通うかどうかという分かれ目になる。

Kabi2018-44

Kabi
03-6451-2413
東京都目黒区目黒4-10-8
http://kabi.tokyo/


初訪問から約2ヶ月、来月あたりに行ってみようかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







続きを読む


kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)Fusion | ¥15000〜

2019年02月17日

冬こそ沖縄に通う理由

沖縄2019-141

沖縄っていうと、美しいサンゴ礁に輝く太陽、そんな夏のイメージが一般的ですよね。ボクも夏の沖縄は大好きです。

ただ、同じくらいオフシーズンの沖縄も魅力的で、ここ数年敢えて冬にも訪れています。





何故かというと、東京が雪降るくらい寒くても沖縄だったら外で気持ちよく呑めるし、オープンカーでのドライブにはちょうどいいんで。しかもシーズンオフだから安いし、道もビーチも空いている。
沖縄2019-118




敢えて冬に沖縄に行く理由を、5つの視点でまとめてみました。

1. 冬でも温かい
2. 沖縄の海は入らなくても素晴らしい
3. オフシーズンだからリーズナブル
4.レストランが育ってる
5. 混んでいない




では順番に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



1. 冬でも温かい
沖縄の冬は、東京でいうと夜で花見くらい、昼だとG.Wくらいの陽気ですかね。暑い日は昼間半袖でも大丈夫。東京は寒すぎてカラダが縮こまるので、12月〜3月くらいに沖縄行くと「なんて過ごしやすだ!」と感激します。日本人は室内に入りがちだけど海外ゲストはテラスで過ごしてます。もちろん、当家も。
沖縄_2_2019-3




オープンカーでのドライブが気持ちいい沖縄。雨さえ降らなきゃ、昼間は幌をあげて運転できます。夜は寒く感じる時もあるけど、シートヒーター入れておけば薄着でも問題なし。
沖縄_2_2019-9



長袖のシャツ1枚か、上に薄手のジャケット羽織れば、本州からの人間は大丈夫。現地のヒトは寒がりなので、ボクが長袖1枚の天候でも、ロングのコートを着ていたりします。このあたりは気温に対する感じ方の差が出るね。
沖縄2019-123




2. 沖縄の海は入らなくても素晴らしい
海やプールのあるリゾートは大好きで、年に何度も行ってますが、水の近くにはいるものの、実際に水に入るのは一瞬なんです。基本、海やプールは酒のアテで、眺めてるだけで満足。
沖縄2019-143



太陽が出てくれれば、2月だって海の綺麗さは半端ない。たとえ曇っていても、エメラルドグリーンの海の威力は絶大で、旨い酒を呑む分にはなんら問題ありません。
沖縄2019-125



旅を重ねていると、常にベストを追うという姿勢ではなく、いかにベターで面白さをみつけるかという風に感覚が変わってきます。

暑い夏に沖縄に行くという発想だけじゃなく、寒い時期に「過ごしやすい沖縄で気持ちよくなる」という選択肢ももてるようになると、旅の愉しさがグンと増えますよ。





3. オフシーズンだからリーズナブル

シーズンオフなので安いです。トップシーズンには、そこらのピンとこないホテルですら、バンコクやメルボルンならパーク・ハイアット泊まれちゃうよ...ってくらいの価格になる沖縄。

ボクはトップシーズンの沖縄のホテル価格見ちゃうと、これならバリ島のリゾート飛ぶわって思っちゃう派。沖縄3泊泊まるなら、バリ島でもっとラグジュアリー感高いホテルに5泊してもトータルコストは安いよな。って比べちゃうので。
沖縄_2_2019-7



一点、今回勉強になったのが沖縄のホテル、2月は冬でも高いということ。野球やサッカーがキャンプを張るので、それを見に来るお客さんや、2月前半に春節があるので大量の海外ゲストがやってくるんです。

実は、今回「あれ、いつもよりも沖縄のホテルが高い。バブルが始まったかか!?」とガクブルしてたんですが、2月は毎年そういう理由で高いんだとか。



ホテルは高いけど、部屋数の少ないバケーションレンタルは比較的リーズナブルで、海が目の前のセンスいいお部屋を発掘できて、むしろHAPPYな結果に。


Villa Siesta
ハイアットリージェンシーやハレクラニなど、ハイクラスのホテルがオープンラッシュの瀬良垣エリア。
沖縄2019-142


「Villa Siesta」はビーチフロントのデザイン性高いヴィラで、テラスは最高のカフェでありBARにもなる。ビューバスのデザインもかなりCOOL
沖縄2019-113


室内から海を見ると、真下に海があると錯覚するくらい海が近い。キッチンもあって料理できるし、食事やカフェだけ周囲のホテル使うなんてのも、ある種贅沢。
沖縄2019-140



chillma
今帰仁の崖の上に建つヴィラタイプのリゾート「chillma」。目の前には古宇利島の絶景が広がっていて、インフィニティプールもある。
沖縄2019-38


周囲には何もなく、日常をリセットするには最高のロケーション。”なにもない”を愉しめるヒトにはおすすめ。
沖縄2019-41


シャンパーニュやビールを買っていけば、それ以上のものは要らないけどね。ここのビューバスも気持ちいい。レストランも、探せば周囲にオモロイとこ見つかるよ。
沖縄2019-50





4.レストランが育ってる
そば会席の「尊尊我無」、スペイン&イタリアンの「ARDOR」など、沖縄”ならでは”のレストランや、”沖縄でこんな店あるの!!?”と驚けるようなお店が増えている。

特に、そば会席の「尊尊我無」は沖縄の魚は美味しくないっていう、一般的な思い込みを根底から覆してくれるお店。魚は冬の時期が美味しいとのことで、今回も2月の沖縄行きを決めました。
沖縄2019-3



最近は「尊尊我無」に行くために、沖縄行きを計画してるといっても過言じゃない状態です。
沖縄2019-2




バスクのエッセンスと、エッジの立ったイタリアンを組み合わせた北谷の「ARDOR」は、リゾート地にこんなぶっ飛んだレストランできたのね!とかなりワクワクできました。
沖縄2019-164




空間も料理もサービスも、かなり都会的な洗練度で、東京だったらこの単価じゃ無理っすね。
沖縄2019-157



リゾート地でジョージアのオレンジワインがさらっと出てくるお店って...、ほんと嬉しい!!
沖縄2019-150




他にも、いくつか人気ある実力店回ったけど、食でも充分 沖縄は楽しめます。
沖縄2019-96




5. 混んでいない

レストランも道路もホテルも混んでないので、時間を有効に使えます。目的が沖縄のやちむん(陶器)だったり、ホテルホッピングだったりする分には、むしろオフシーズンの方が効率よく動けるから、ありがたい。

2月は要注意だけど、ホテル選びも直前まで迷えるからね。ハイシーズンだと、何ヶ月も前から予約が必要な場所が、1週間前で押さえられたりとか、そういう自由さもPricelessだと感じています。
沖縄_2_2019-28







どうっすか? オフシーズンのビーチリゾートもイイもんでしょ?

天気は安定してないし、夏を感じるにはさすがに無理があるけど、寒い真冬に沖縄に行くと、縮こまってたカラダが解放されて、気分もかなりリフレッシュできるんですよ。
沖縄_2_2019-8



3連休で海外ビーチリゾートは移動にムリが出るけど、沖縄なら金曜の夜から那覇に入れば、しっかり3日間の休日を堪能できるしね。


冬旅の選択肢のひとつとして、持っておくのはいかがでしょ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む


2019年02月16日

輝雲荘(島根)石見銀山の温泉宿と石見神楽に魅せられて

温泉津2018-43

世界遺産に登録されている石見銀山の温泉地「温泉津」。昔ながらの風情ある温泉街は、日本人の根っこの方にあるD.N.Aをざわっとさせてくれる。島根ならではだなーとと感じるのは、露天風呂から見える赤い屋根瓦”石州瓦”。

『輝雲荘』に泊まって、是非やって欲しいのが日の出ちょい前に入る朝風呂。日の出とともにモノクロから彩度をあげていくこの景色を眺めるのが贅沢の極み。

温泉津2018-42


そして温泉津に泊まるなら、見逃しちゃいけないのが「石見神楽」。
温泉津2018-25


島根県では神楽が盛んで「出雲神楽」「隠岐神楽」「石見神楽」に分かれている。

石見神楽は、煌びやかな衣装と迫力ある形相のお面が特徴的で、速いテンポの囃子に乗った華麗な舞が特長。びっくりするのは、子供から大人まで神楽に夢中で、舞い方、囃し方が地域によって異なっていること。益田エリアは力強く重厚感のある舞で、浜田/江津エリアはもっと軽やかなものらしい。
温泉津2018-24





輝雲荘は、温泉津の中心部にあって、元湯温泉・薬師湯温泉といった外湯も至近。和の佇まいに心が癒やされ、良質な温泉に体を癒やされる。
温泉津2018-6


料理は海と山の地のものを。
温泉津2018-9




焼き魚は鯛が出てきたりと頑張っています。
温泉津2018-13

輝雲荘
0855-65-2008
島根県大田市温泉津町温泉津ロ202−1
http://www.kiunsoh.com/





食後は、風情ある温泉街を歩いて
温泉津2018-18




龍御前神社へと向かいます。ちょっとスタートに遅れちゃったら、すでに石見神楽がはじまっていて、外にまで音が漏れているのがたまらなくいい。
温泉津2018-20



ほっとんど前知識なしに「石見神楽」見に行ったんだけど、動きは大胆だし、お囃子の演奏はDNAに響くし、あっという間に虜になってしまった。
温泉津2018-33




日本人だけじゃなく、海外からのゲストも夢中に。
温泉津2018-26




映像の方が「石見神楽」の魅力は伝わると思う。




終わったあとに神楽の衣装を着させてもらったり。
温泉津2018-38



日常生活が大事なのは当然だけど、旅先の刺激も人生には欠かしたくない
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


2019年02月15日

のどぐろの中俣(築地)最高ブランドの紅瞳を原始焼きで

のどぐろ中俣2019-10


高級魚として知られている「のどぐろ」だけど、よく知られてるのって北陸で見かける小さな干物だったりしません?

もちろん、干物も悪くはないけど、ボクは炭火焼が一番好き。そして炭火焼きにするなら、デカい個体が旨いんです。食べ比べてみたことあるんだけど、圧倒的でした。


更に言うと、炭のまわりに串刺しを立てて焼いた原始焼が頭一つ抜けて美味しいのよ。皮はパリッとしつつ、遠赤外線で身がふわっふわになるし、脂のジューシーさも心地よく、”これぞ、のどぐろ”という仕上がりに。
のどぐろ中俣2019-13


ここは、のどぐろの専門店『のどぐろ 中俣』。銀座に何店舗かあるけど、築地店は店のつくりもいいし、原始焼きで食べられるから、焼きを食べたいときには迷わずここに。
他の店舗では、刺身やしゃぶしゃぶ、炊き込みご飯といった「のどぐろづくし」コースなんかもあるんで、気分やシチュエーションによって使い分けている。



築地店は質のいい大人の居酒屋的な使い方が似合う。この刺身の盛り合わせは、のどぐろの炙り、白魚、大間のまぐろなど入って1人1000円くらい。価値のわかる大人にはわかるパフォーマンスの高さ。ゆえに、店内はいついってもだいたい満席。
のどぐろ中俣2019-4



この日は下仁田ネギなんかも入ってたのでオーダーしてみた。これも炭火で焼かれて出てくるんだけど、シンプルでめちゃ旨い。トロントロンで甘いのさ。
のどぐろ中俣2019-8



ちなみに、中俣で使ってるのは、のどぐろの最高級ブランド対馬の紅瞳。そもそもブランド化されているのは紅瞳のほかに島根の「どんちっちのどぐろ」くらいらしく、高級魚の割にブランドが確立されていない印象。
のどぐろ中俣2019-1


ま、のどぐろ自体が充分ブランド化してるから、そこまでブランディングに力入れなくてもいいのかな。



のどぐろの中俣 築地
03-6264-7187
東京都中央区築地2-15-15 セントラル東銀座 106



換気扇の調子が悪かったのか、かなり煙が目に染みた夜でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)和食 | ¥10000〜

2019年02月14日

Happy Valentine's Day

IMG_8855

バレンタインデーは、妻への感謝の日。ゆえに、お気に入りのお店で花束をプレゼント
FullSizeRender



今年、やっと行けてかなりツボな『ゴロシタ.』
IMG_8853

伊賀牛もトマトのパスタもフレッシュマッシュルームも藁で燻したサワラも、やっぱり美味でした
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




2019年02月13日

肉屋 雪月花(名古屋)進化の入口

雪月花2016-3


1年くらい前に行ったのがラストだったので、そろそろ再訪したい名古屋の肉割烹『肉屋 雪月花』。写真を整理してたら、まだアップしてなかった2年くらい前のものを見つけてね。

ブログに書こうと一応行ったお店の名前くらいはリスト化してるんだけど、もう2000件くらいストックがたまってしまい、どこから書いていいか自分でもわかんないのよ(笑)
雪月花2016-13




BOSSの田中シェフが肉屋さんの息子だったということで、子供の頃からお出汁も牛肉ベース。ありとあらゆる料理に牛が使われていたので、自然と体に身についているみたい。
雪月花2016-9







ステーキにトリュフを使うお店は多いけど、単に飾りと化しているレストランも、正直多い。
雪月花2016-14




こうして、納得感のあるトリュフ使いをできるという時点で、通いたいなと心に誓ったお店でした。
雪月花2016-18


肉屋 雪月花
052-433-1029
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル B1
http://nikuyasetugekka.jp/



とうことで、春頃にはおジャマしたいもんですな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む


kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0) | ¥10000〜

2019年02月12日

黒毛和牛 HACHI(表参道)肉ビストロからのハシゴルート

HACHI2018-9

たかチャンが「うまい肉が食いたいっす」、「ちなみに深めの時間で表参道で待ち合わせっす」というので骨董通りの『黒毛和牛 HACHI』へ。

ヤツに食わせたかったのは牛ヒレカツ。ここの牛ヒレカツ、オレ好きなのよ。
HACHI2018-7



カウンターでデート使いにもいいし、テーブルで賑やかに食べるもよし。
HACHI2018-13





規制が厳しくなって、日本では食べられるところが限られてしまった牛タルタル。オンリストされてたら、たいてい頼んじゃうメニュー。
HACHI2018-2




寒いときにはポトフのような牛タンもいい。
HACHI2018-5




牛カツレツ自身も美味だけど、出汁のスープにつけて食べると、これまでにない新体験が。
HACHI2018-6




牛ソテー。ニラ醤油は万能
HACHI2018-8




メンズ同士だから食べられるっしょとオーダーしたステーキサンド。以前のいわゆるサンドイッチから進化して、ホットドッグのようなスタイルに。
HACHI2018-10




ふかもちっとしたパンが、強烈にサーロインと合うんです。
HACHI2018-11





トリュフソースに合わせたポテトというから、どんなものが来るのかと思ったら…。コレぞ、大人のフライドポテト。
HACHI2018-12




軽くつまんでのつもりがしっかり食べたわ。
HACHI2018-14

黒毛WAGYU RESTAURANT HACHI
03-6427-9429
東京都港区南青山5-4-27 バルビゾンビル 1F


たかチャンの友達が合流するまで時間あるというので、歩いて50mくらいの2軒目に移動です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む


kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0) | ¥10000〜

2019年02月11日

江戸前晋作 (本郷三丁目)冷静と情熱のあいだ

江戸前晋作2018-18

経済的には発展がみえにくい日本の20年ですが、食環境は凄まじく進化して、ほんと手軽に美味しいものが食べられる世の中になったと思います。

鮨とか焼肉は、ガキの頃と大きく様相が変わっていて、カルビとロースくらいしかなかった時代が遠い昔に感じられる。

こうした激変区と比べれば、大きな変化は見えにくい「天ぷら」。とはいえ、ここ数年は動き始めてきてますよね。
江戸前晋作2018-28




そんな中、次世代の天ぷらの可能性を魅せてくれたのが本郷三丁目の『江戸前 晋作』。サイエンティストなアプローチと、アーティストらしいひらめきで”ならでは”の仕上がりを創っている。
江戸前晋作2018-13




同じ素材をしっかりした火入れと中心部にレア感の残した2種類を食べ比べさせてくれたり、TOPの写真のウニの大葉巻きなんて、火入れが素晴らしくモソっとなんて一切しないし、変な臭みもない。蒸し、脱水、焼きという天ぷらの仕事を最適なバランスで組み上げてるからできる仕事。

旨味にこだわりを持つご主人の西村さんゆえ、お酒も熟成酒やビオのワインといった感じで、ボク好みのリストになっているのがたまらなく嬉しい。量はいらないので、少しづつ、でも上質なものをいただきたい派だもんで。
江戸前晋作2018-16



魚の熟成にも理論があり、めごちは6日間熟成させることで蒸・脱水・焼にベストな状態を作っている。油で外から揚げていても、衣の中の水分は100度で蒸し状態。水分が蒸発してタンパク質が凝固する脱水状態となり旨味成分が濃度をあげていく。身を開いているのも、乾燥させやすくするため。メイラード反応がしっかり起こるように、焼を強めに焦げ目ができるくらいまで。
江戸前晋作2018-15




小柱昆布締めは、最初はそのままでいただきたい。サクッと一口噛むと海が広がるような錯覚が。空間が生む食感の妙に唸る。2つめはてんつゆを、少しつけて。
江戸前晋作2018-12






穴子は焼きにいく意識なんだそうで。サクッと割るのはパフォーマンスではなく、中のトロッとした身を空気にさらすという意図がある。
江戸前晋作2018-20





こだわりは天ぷら、お酒だけでなく酒器も。
江戸前晋作2018-21



料理、お酒、酒器と、ご主人と話し始めたらノンストップ。気軽に色々聞いてみるのがいいと思うよ。天ぷらに対する理解が深まって、より意識して食べることができるから。
江戸前晋作2018-22





五郎島金時はフカフカしていて、
江戸前晋作2018-30



江戸前晋作2018-33








先日、ミシュランスターに仲間入りしたばかりなんだけど、ご主人の経歴も独特で異色。ミュージシャンやフレンチといったキャリアから一転、自分の解釈で天ぷらをスタート。

フレンチの論理的な技術で求める味を構築しつつ、斬新な発想で新しい挑戦を続けている。こんなロジックとひらめきのバランスは、いうなれば冷静と情熱のあいだ。まだまだ進化を続ける予感が満載。
江戸前晋作2018-2



一見ミシュランスターのお店とは思えない雰囲気もかっこいい。これで一ツ星を獲得したんだ、という逆サプライズ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む


2019年02月10日

わらじや(松山)瀬戸内海の味覚に覚醒

わらじや2016-34

道後温泉に行くと言ったら知人がオススメしてくれた割烹『わらじや』。瀬戸内海の魚の美味しさをカラダに刻み込まれた鮮烈な体験でした。


手書きのメニューが食欲をそそる。道後温泉本館でひとっ風呂浴びたあとビールは済ませていたので、地酒でスタート。
わらじや2016-7




のっけから度肝を抜かれたのが刺身の美味しさ。歯ごたえ、味わいともに五感が悦ぶ官能派。いとより、つり鯵、うに…全員主役級という布陣。酒がすすまないワケがない。
わらじや2016-9



お客さんの楽しそうな喧騒が、また心を弛緩させてくれるのよ。
わらじや2016-25




素材の良さだけではなく、大将の仕事も丁寧でより魅力が引き立っている。
わらじや2016-14




たこの卵は生でも煮てもTOPクラスに好きな珍味。
わらじや2016-18


だし巻き豆腐という新体験も、うまし。
わらじや2016-17





焼物も大胆に。ジューシーさに溺れる。
わらじや2016-22




魚の仕事もいいけど、このお出汁が躰に滲みるぅ…
わらじや2016-29





穴子の天ぷら、タコもついてきたのかな。サクっ、ふか。
わらじや2016-31




そう、そしてこれが強烈なデンプシーロールの進化系で襲いかかってきたうにメシ。
わらじや2016-36




容赦なくかき混ぜていただくんですが、ほんと悶絶。それなりに美味しい体験してるけど、これは思わず「うんまっ..」と声が漏れるレベル。
わらじや2016-37



わらじやと道後温泉本館に加え、現存十二天守の松山城まであるんだから、それだけでリピる理由になる。
わらじや2016-38


わらじや
089-931-5408
愛媛県松山市千舟町2-7-37



「坂の上の雲」も大好きなもんで。特にNHKドラマの方。本木雅弘の秋山真之
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






続きを読む



Google+