2016年09月29日

小舟渡 (八戸)うに丼と葦毛崎展望台と種差海岸

0922種差海岸7月-16

このブログは、2年くらいの時差なんてザラですが、そろそろこちらは書き終えましょう。2014年の夏に行ったレストラン列車「東北EMOTION」と八戸美食巡りの記録です。

最終日のランチで「フェザント」で鯖ピザと雲丹パスタに痺れたあと、ちょいと海まで出てみたんです。なんか海に突き出た建物があるぞ?と偵察してみたら、『小舟渡』という磯料理のレストラン。
0922種差海岸7月-1


ランチ食べたばっかだけど、ウニ丼ならイケる!ということでお店に入ったら大行列で30分の待ち時間。逆に腹ごなしにはちょうどいい時間ということで、そのあたりを散策しながら時間をつぶしてました。
0922種差海岸7月-9


0922種差海岸7月-11


周囲はかなり美景スポットで、ここから食後に葦毛崎展望台まで歩いたけど、その中でも印象的な美しさ。
0922種差海岸7月-12




お店に戻るとすぐにテーブルに通されてうに丼を。真横が海というこれでもかというくらいのシーフロントなロケーション。多分、満潮だともっと海が近いんでしょう。
0922種差海岸7月-5


馬糞生ウニ丼が3000円、紫生ウニ丼が2800円。このクオリティならオトクとしか思えない。ただし、生ウニは5/15〜8/末なので要注意。もっと早く書けよって?、うん、オレもそう思うわ(笑)
0922種差海岸7月-17


連れのフォーリンデブはっしーは、更に名物料理の磯ラーメン食べてました、さすがプロ。
0922種差海岸7月-19

海席料理処 小舟渡
0178-33-3824
住所 青森県八戸市鮫町小舟渡平10
http://www.kofunato.co.jp/

食後は更にカントリーサイドを掘り下げてました。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む


2016年09月25日

LOVAT(恵比寿)カイノミとワインで溺れた夜

0926LOVAT8月-16


何度も通っている恵比寿のワインレストラン『LOVAT』、ジャンパーニュのグラスは常にマグナムで1000円くらいだし、質のいいワインが安く、それに合う肉がたまらなくそそるのよ。それでいて深夜まで開いてるから、シャンパン&スイーツ使いもしてみたりと自由自在。こちらは夏本番直前の訪問メモ。

0926LOVAT8月-2




肉以外も前菜はしっかりした素材を手をかけていたりと丁寧なのよ。ブラータと桃とトマトを使った夏らしい前菜。
0926LOVAT8月-3




このハツとかもはや前菜ですから。刻み山葵と燻製醤油なんて日本ならではのアプローチも。
0926LOVAT8月-9



ワインもたいていは10,000円以下で7,000円前後に面白いワインが揃い踏み。
0926LOVAT8月-8



入荷がない日もあるけど、絶対食べてほしいのがこのカイノミ。赤身と脂のバランスが絶妙。そして、〆のボロネーゼもお忘れなく。
0926LOVAT8月-17


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


何度も行ってるけど、やはりいい。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む


2016年09月24日

デッラ アモーレ(札幌)ファットリアビオのチーズづくし

0913デッラモーレ5月-21

札幌で安定したイタリアンを肩の力抜いて食べられるトラットリア『デッラ・アモーレ』。すすきので滞在の場合、気楽に行けるかというとそうでもないが、円山公園にいったついでに寄るなんてのは、とてもいい選択肢。

イタリア人が作る北海道チーズが人気の「ファットリアビオ」のたかチャンと一緒だったので、ファットリアビオづくしをいただくことに。

ここは粉にこだわっったパスタフレスカが美味なのでパスタは絶対に外したくない。
0913デッラモーレ5月-11




どうっすか、北の幸の乗った海鮮のパスタは。
0913デッラモーレ5月-12



ここに、トドメはコレっすよ。
0913デッラモーレ5月-34



シェフの魂のこもった一撃。
0913デッラモーレ5月-13




ブラータを全面に打ち出したカプレーゼ。旨いに決まってる。
0913デッラモーレ5月-16



〆はカチョカヴァロのステーキ
0913デッラモーレ5月-23



アンチョビのソースをアクセントに。
0913デッラモーレ5月-29



ドルチェはリコッタを使ったタルトで。
0913デッラモーレ5月-36



Dellamore(デッラ・アモーレ)
011-826-6770
北海道札幌市中央区宮の森1条4-1-21 パナシェ宮の森




ここ一年、札幌行けてないのが無念です。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む


2016年09月23日

Ping Pong 129 Gintoneria:サプライズなバー体験を香港で

ピンポン2月-4レタッチ2

最初に香港を訪れた時は、あちこち足を伸ばしてたんだけど、何度か訪れるうちに同じエリアばかりに行っちゃうようになるんです。

レストランの行きつけと同じで「いつもの。」が出来る快適さってあるじゃない? それはそれで心地いいんだけど、そればっかりだと新しい発見が遠のいていく。

そこで今回訪れたのは、MTRが2015/3に開通した西営盤(サイインプン)駅。ここは香港の新しいトレンドの起点となるお店も多いエリア。そこで発見したのがこちらの『Ping Pong 129 Gintoneria

旅先でこういうお店に出逢えるとほんと面白い。是非覗いてみて!!
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/blog/kyah/detall/ping_pong_gintoneria.html

エスコートしてくれた山森さんに感謝
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





2016年09月22日

リニューアルした雅叙園ホテルの洗練度 (目黒)

0919雅叙園ホテル9月-2

目黒の「雅叙園」は結婚式場というイメージで、ホテルの印象が殆ど無かったんですよね。部屋も特にセンス感じるわけではなく、わざわざ泊まりに行きたいなぁというモチベーションにはなりませんでした。

そんな雅叙苑が、9/1に7Fの24室をリニューアルオープンしたんだけど、これが正直イケてます。最低でも70というゆとりある空間もさることながら、インテリアが和モダンでCOOL。
0919雅叙園ホテル9月-9



目黒という恵比寿や代官山、白金、麻布十番などに出やすいロケーションで、この内容なら訪日客にもウケそう。アメニティも心地いいしね。
0919雅叙園ホテル9月-8


0919雅叙園ホテル9月-10



エントランスからのアプローチや、レセプション、螺鈿のエレベーターの「ザ・雅叙園」という印象を、いい意味で裏切ってくれる洗練された空間。

水回りはマーブルを多用した、ちょっと古い印象だけど、ベッドルームやリビングは、ここでしばらく仕事したいと思えるような、落ち着いたしつらえに。
0919雅叙園ホテル9月-14



これだけの広さがあるので、クローゼットはウォークイン。照明は自動で点灯/消灯してくれるので、両手が塞がってる旅人にはとても嬉しい心遣い。
0919雅叙園ホテル9月-11



部屋の印象づくりに大きな役割を果たしている無垢のテーブルは、削りがとてもやわらかく、日本の木工芸のレベルの高さを感じます(って、日本製なのかな?

雅叙園のHPの写真が一部アップされてるけど、うーん...なんか残念。良さが全然伝わってこない。実際はもっとテーブルの木の質感が良いので、部屋全体がワントーン上品。
http://www.megurogajoen.co.jp/rooms/premiorroom/


窓際のソファーは、昼寝もできるくらいのゆとりがあるので、ランチ後にチェックインして、ここで読書しながらうとうとしてみたいもの。
0919雅叙園ホテル朝9月-2



ただ、夜はマジックミラーがどの程度効いているかわからないので、あんまし変な格好で窓際にいていいものかどうか悩むところ。低層ホテルなので緑が近かったりしていいんだけど、目黒川沿いとか生活圏が目の前だし、逆サイドもオフィスが近いので、そのあたりチェックイン時に一言あると安心するかも。

目黒雅叙園
東京都目黒区下目黒1-8-1
03-3491-4111(大代表)
http://www.megurogajoen.co.jp/rooms/premiorroom/




先日百段階段の浴衣プランで寄った日本料理の「渡風亭」も、
非日常感が中々だったりと
改めて雅叙園の使い勝手を見なおしてます。

  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む


2016年09月20日

東海林 (銀座)カウンターで鮎と松茸

0912東海林8月-8

銀座 松坂屋の跡地は、松濤から観世能楽堂が移転されてくるというし、ショッピングゾーンもシンガポールや香港、バンコクのようなハイクラス向けと割りきった世界観でまとまると面白いと思う。

別にハイクラスなショッピング施設好きなわけじゃないけど、海外で見慣れたそういうの何故か日本には無いじゃない?様々なコンテンツが集積している日本だけど、住んでる人ですらどこに何があるかということを把握できてはいない。旅行客からしたら尚更不便。
0912東海林8月-11

自由競争で分散してしまってる分、迫力というか凄みが出ないんすよね、日本って。それでもビジネスが成り立っちゃうのはスゲーんだけど、2020年に向けてはもうちょい魅せ方大事にしてかないと、言語の壁以前に、コミュニケーションをしようとしている意志すら感じられない国だと思われてしまう。
0912東海林8月-6



そんな能書きは程々にして、この日訪れたのは松坂屋跡地の裏手に昨年秋にオープンした「銀座 東海林」。カウンター7席と個室のこじんまりした割烹で、B1ながら天井が高くリラックスした時間を過ごすことが出来る。
0912東海林8月-7



ご主人は築地の「つきぢ田村」や十番の「尾崎幸隆」で技術を磨いてきたということもあり、鮪や尾崎牛の使い方が印象的。ワインポイントで挿し込んでくる鮪の握りとか、やはり嬉しいもの。
0912東海林8月-16



大陸系バスツアーの人に占拠されてしまうリスクもあるけど、価格帯的にはセンスのいい訪日客が訪れる期待もあり、後者を期待したいところ。
0912東海林8月-19

東海林
03-6228-5632
東京都中央区銀座6-12-15 いちご銀座 B1F


日本料理っていいっすね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む


2016年09月13日

兵どもが夢の跡(新居浜)マイントピア別子とオーベルジュゆらぎ

0910愛媛9月-108

アンコールワットの石の圧力とか、ローマ時代の遺跡とか、石の建築物がちょい崩れ気味で残ってるのって、めちゃ心が揺さぶられるんです。何故かなんて知りません、アン・ハサウェイ見て綺麗!!と感じるのと、同じくらい理由なんて無いんです。


ある日、Facebookのタイムライン上に、山の中腹で朽ちたレンガの建物の向こうに、海が写ってる写真を見かけたんです。石の遺跡✕森っていうパターンは見たことあったものの、
朽ちたレンガ✕海という組み合わせが新鮮で。

友人に聞いたら四国にある”東洋のマチュピチュ”って言われてるとこだとの答えだったので、必ず行ってやろうと心に誓っていました。
0910愛媛9月-105



なのに、折角その日が訪れたと思ったら、まさか台風がやってくるとは...。完璧に晴れのイメージしかもってなかったので、どうなることかと心配だったんですが、銅山という明治の巨大産業の遺産に触れることができ、予想外に愉しめちゃいました。
0910愛媛9月-110


この東洋のマチュピチュというキャッチのついた場所は、別子銅山跡で、今は「マイントピア別子」という施設が観光の拠点になっている。松山から車で1時間の新居浜インターから少し山を入ったところにあるんだけど、この観光の起点となる道の駅ですら、結構山深い。
http://besshi.com/machu-pikchu/

0910愛媛9月-112


そこから、更に車で20分ちょいあがって標高750mの山中にあるのが東平ゾーンといって、大正のはじめから明治、昭和初期まで別子鉱山の採鉱本部が置かれてた場所。昭和43年まで、5000人が暮らす巨大な町があったというから驚き。
0910愛媛9月-101


今では殆どが森の中だけど、社宅・小学校・劇場・接待館まであったらしく、今も残っている貯鉱庫や索道停車場跡は、住友財閥の発展を支えた銅山ビジネスのダイナミックさを今に伝えてくれる貴重な遺構となっている。
0910愛媛9月-97


こ の銅山の発展を支えたのが索道。明治時代に山の中で掘り出した銅を運ぶトラックなんてなかったわけで、スキー場のリフトみたいなものを山中に通し、山の上 から銅を運ぶ代わりに、生活物資を下から上に運んでいたそうなんです。このリフトは銅の重みで山をくだっていくもので、電気は使わずにリフトみたいのが動 いてた言うのも興味深かった。
0910愛媛9月-100


あと、一番驚いたのが、銅山って本部がある周辺を掘ってるだけかと思ったら、海抜1,300mから海面下1,000mにまで坑道を掘っていて、坑道の延長は約700kmだっていうんです。
0910愛媛9月-98




レンガの遺構だけでも見応えはあるけど、やっぱしガイドさんの話聞いて理解した上で、この産業遺産の魅力を感じるほうが面白い。1日2回ガイドのバスが「マイントピア別子」から出ているので、それを活用するのがオススメですね。
0910愛媛9月-104



で、折角ここまで足を伸ばしたんだからと、この日の宿泊は新居浜の「オーベルジュ ゆらぎ」に。マイントピア別子から車で1時間ほどの山の中に、ゆらぎの森という、遊歩道が整備された別子山の森林公園があるんです。
0910愛媛9月-131



オーベルジュにメールをしたら、瀬戸内の素材を使ったシェフの気合がのった料理が食べられそうな手応えを感じたので、ここに決定。
0910愛媛9月-115


完璧な土砂降りだったので、森の散策は出来なかったけど、瀬戸内海の海産物や、地元の野菜を使ったモダンフレンチをしっかりと愉しめて満足。カントリーサイ ドのオーベルジュって、万人ウケを狙った結婚式場みたいなフレンチのコースを出されるんじゃないかって恐怖があったんだけど、山の中でこのクオリティは嬉しい限り。
0910愛媛9月-123


0910愛媛9月-125


これだけの環境なので、欲を言えば季節が良かったらテラスでディナーが食べられたり、朝食は森の中で朝食を楽しめるようなバスケットサービスがあると、この土地のアドバンテージを活かせていいなーと。
0910愛媛9月-129

オーベルジュ ゆらぎ
0897-64-2220
愛媛県新居浜市別子山甲122 ゆらぎの森
http://www.besshiyama.com/yuragi/


松山からちょっと足を伸ばすのも面白いですよ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む


2016年09月12日

坂の上の雲と坊っちゃんの町(松山)

0910愛媛9月-22

NHKの「坂の上の雲」がほんと好きなんす。この作品に関しては、ドラマを先に見てから、司馬遼太郎さんの本を読みました。とはいっても、年一の放送だったから、すぐに本がドラマを追い越したけど。

『四国は,伊予松山に3人の男がいた。この古い城下町に生まれた秋山真之は,日露戦争が起こるにあたって,勝利は不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て,それを実施した。その兄の秋山好古は,日本の騎兵を育成し,史上最強の騎兵といわれるコルサック師団を破るという奇跡を遂げた。もう一人は,俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて,その中興の祖となった俳人・正岡子規である。

彼らは明治という時代人の体質で,前をのみを見つめながら歩く。上って行く坂の上の青い天に,もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば,それのみを見つめて,坂を上っていくであろう。』

彼らが見上げた坂の上の雲、それを見たくて早朝に松山城へ歩いて登ったりしたしね(笑)。
0910愛媛9月-38


羽田からだと、松山までの朝便は7:30に出て9:00過ぎには着きます。空港から市内まではバスが出ていて20分くらいで大街道についた。ホテルに荷物を預けていざ朝ごはんへ。

調べてみたら、アーケード街を少し入ったところに「出雲屋」という郷土料理の居酒屋を発見。朝から郷土料理でビールを呑めるのは、 たまらんね。年季の入った女性だらけの居酒屋で、方言を浴びながらじゃこ天揚げをつまみながら、ビールのグラスを傾ける。いい旅のはじまりだ。
0910愛媛9月-2

出雲屋
089-945-9298
愛媛県松山市大街道2丁目6-7




食後は、そこから徒歩3分の「坂の上の雲ミュージアム」へ。安藤忠雄の設計した建物で、内部は飽きさせない空間。
0910愛媛9月-4


0910愛媛9月-5




二階のカフェからは、裏にある洋館「萬翠荘」を眺めながら、一息つくことが出来る。
0910愛媛9月-6




「萬翠荘」は、いい外観で期待値は高まるものの、中の空間が世界観作りこまれて無くて残念。折角趣きのある空間 なのだから、無機質な事務机とか置いてあると全力で萎える。結局コレって魅せ方なんだよなぁ。
0910愛媛9月-11


0910愛媛9月-8

萬翠荘
〒790-0001 愛媛県松山市一番町3丁目3−7
089-921-3711
http://www.bansuisou.org/




朝の居酒屋でお腹はふくれてたので、ランチは抜いて「松山城」へ。ロープウェイまでの大街道は、ロープウェイ通りという名で、ドラマ「坂の上の雲」の放映時期に、いわゆるアーケード商店街から、一気に道路空間を再編したらしいんです。
0912追加9月-1


そのせいもあって、寄りたくなるお洒落なお店がたくさんあるんですよ、ココ。普通は観光地までの土産物屋さんやレストランって素通りするんだけど、中々引力強め。
0912追加9月-2



そしてこの印象は夜や翌日のランチにも通じていて、全体的に洗練された面白い路面店が多いです。チェーンは目立たず、個人経営の個性あるお店が目立つので、旅人的にはわくわくできる要素が多めでさ。


リフト乗り場も吹き抜けの空間をうまく使っていて明るい印象。リフトの往復と天守の見学チケットがついて1000円ちょいというのもちょうどいいプライシング。
0910愛媛9月-13



リフトを降りてから、雰囲気ある門をいくつかくぐって天守のある公園に辿り着く。
0910愛媛9月-16




程よい規模感のお城で、広場の左右から松山の町を見下ろすことができる。
0910愛媛9月-31






天守閣の最上部は、風が抜けてて心地よく、途中にある”甲冑体験コーナー”は、皆、汗をかきながらも試着していたね。もちろん、オレも。
0910愛媛9月-41



14:00にホテル戻って着替えてから、路面電車で「道後温泉」へ。なんだろう、このノープランだったのに流れるような展開は。コンパクトシティ松山、旅人には”ちょうどいい”規模感でコンテンツも明確でわかりやすい。大街道からは路面電車で、道後温泉まで10分ちょい。
0910愛媛9月-45



こ れまた商店街を抜けていくと、アーケードの向こうに道後温泉の威風堂々たる姿があらわれる。休憩室付きのプランというのは、本当に旅人にはありがたい。し かもそれが雰囲気ある座敷なんで、3F個室の1500円プランなんて安過ぎて驚く。浴衣もタオルも借りれて、荷物も部屋において置けて、お茶とお菓子まで 出るんですよ。時間も80分とのんびりできていいっすね。
0910愛媛9月-51



ボクは、ちょうど坊っちゃんの間の向かい側の個室に。お風呂から出て、人の目を気にせずに畳に転がれるってめっちゃ幸せでした。
0910愛媛9月-55



こちらが”坊っちゃん”の間。
0910愛媛9月-56



帰る前に皇室専用のお風呂を見学して、外に出てからは、上から撮れるポイントで撮影して、クラフトビールで喉を潤し、一旦ホテルへと戻ります。
0910愛媛9月-59



夕食は、この旅一番のヒットとなった割烹「わらじや」へ。大街道のアーケードを南下して、三番町を超えるので、大街道のアーケードの入口からは歩いて10分くらい。ここは、魚の仕事が本当に凄いのか、久々に刺し身で感動した。
0910愛媛9月-72


0910愛媛9月-76


鯖や鯵が尋常じゃなく美味で、地物の雲丹も甘さが実に品がある。タコの卵の煮物は、 ほんっとオレ好きなんス。焼物、煮物、穴子やタコの天ぷら、〆の雲丹ご飯に至るまで隙もなし。ここに来るためにまた松山に訪れたいなと感じたディスティ ネーションレストラン。
0910愛媛9月-82

わらじや
089-931-5408
愛媛県松山市千舟町2-7-37


空港も近いし、町もコンパクト。1泊2日でもしっかり楽しめる
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む


2016年09月11日

テンダロッサ(横浜)ビステッカに続く道

0828TR5月-26

初夏に訪れた横浜 馬車道のイタリアン「テンダロッサ」、テラスがオープンした時期を狙って。オープンエアの活気あふれる大箱の中を、カメリエーレたちが滑らかに動きまわる。大箱の中を男前のカメリエーレたちが滑らかに動きまわり、ゲストに応じた流れを創っていく。予約の取れない小箱の店は数あれど、大箱で毎日賑わい続けるイタリアンって、この時代はほんとレア。

大箱イタリアンのメリットは、ゲストの賑やかな活気がもたらす高揚感だけではない。それだけ数が出るだけにいい素材が集まってきやすい。ここ「テンダロッサ」は、上質なオーブラック牛が集まってきているので、スペシャリテのビステッカは間違いなく旨い。肉塊を前にしたプレゼンが似合うのも、テンダロッサの魅力のひとつ。
0828TR5月-7



しかも、それだけの数をグリルしているので、焼き手のスキルも当然高まる。フィレンツェで修業していたKENZOシェフはともかく、他の焼き手たちの底上げにもつながるはずだ。
0828TR5月-23




肉推しのイタリアンではあるが、ここに通うのはビステッカに続くまでのアプローチが、隙なく楽しめるから。バーニャカウダひとつとっても、油断できない(笑)。
0828TR5月-10




オレ、タルタル好きなんすよ。日本だとうるさいとこ多いので、海外で見かけたら、だいたいオーダー入れちゃいます。
0828TR5月-12




鯖のマリネに、いわし、にしん。蛸、マグロ、ひらまさなどなど、最近は魚にもより力を入れているとのこと。前菜で海の幸と戯れ、セコンドで肉とタイマン。
0828TR5月-15



うまみが炸裂するイカ墨のパスタ。この後で得意のラビオリを挟んでからビステッカ・アッラ・フィオレンティーナへと続く。カメリエーレやシェフからは、ピッツァも全力で勧められるのだが、毎回胃のキャパがネックとなって辿り着くことが出来ない。
0828TR5月-19





今年になって数キロ太った分、食べられる量も増えてきてる気がするんだけど、ビステッカを完食した頃には、動くことすら面倒になってきている。そして、毎度のことながら、ワインのセレクトが愉しい。美味しいのはもちろん、気分をアゲるポイントをついてくる。これは通って無ければ味わえない楽しみ。
0828TR5月-29




0828TR5月-30




0828TR5月-35


0828TR5月-37


0828TR5月-40

ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/



 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む


2016年09月10日

宵々山 (京都)祇園祭に行ってみよう

0910祇園祭7月-26

今年は休日とうまく重なってくれたので、祇園祭の宵々山から山鉾巡行、神幸祭まで、フルに愉しむことができた。紅葉の時期の京都と並んで好きなのが、この祇園祭。

山鉾巡行の前々日の夜が宵々山。この日は屋台も並ぶので京都の人では壮絶です。
0910祇園祭7月-4



普段はクローズドな京都も、この時期はオープンで、普段公開されていない屏風などが覗けるようになっていたり、豪華な飾り物を町のあちこちで見ることができる。こうした提灯の灯りが似合うのも京都ならでは。
0910祇園祭7月-6




今年の宵々山は案外涼しかったんだけど、やはり祭りに酒は欠かせない。たまたま曲がったところにKyoto Brewing Companyのクリスを発見、やはりここのビールは旨し。
0910祇園祭7月-7



路地裏は人でいっぱい、人の流れも一方通行の規制が入ります。
0910祇園祭7月-17


祇園祭の面白いところは、ガレージや駐車場などが即席の立ち飲みや宴会場になっていて、造りも即席とは思えないくらいしっかりしている。
0910祇園祭7月-10




この人出なので涼しいというのは最強のアドバンテージ、ちなみに翌日は熱帯夜で着物で汗だくになって干からびそうでした
0910祇園祭7月-18





ビジュアルだけだと魅力は伝わりづらい、やはりコンチキチンの祇園囃子とセットじゃないと。
0910祇園祭7月-20



長刀鉾は不動のエース。
0910祇園祭7月-22



この時期だけに飾られる手の込んだ工芸品。これを見て回るのだけでも相当テンション昂ぶるよ。
0910祇園祭7月-29




八坂神社の前で「だるま商店」がライブアートをやっているというので向ったら、あっけなく終わってましたw
0910祇園祭7月-38





ものの10分位で書き終えてしまうんだそうで。
0910祇園祭7月-39




京都の夏の風物詩。
0910祇園祭7月-24



ほんと、こういうのはライブを体験しないとその価値がわからないもの。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む



Google+