2005年01月26日

食べ歩き日記のココロ

pos


最近、食関連のネタを書くことが多い。

そもそも食べたモノの日記を書こうと思ったのは、服やアクセサリーなどと違って、後で形になって残るわけじゃないから。いくら美味しいモノを食べたり、楽しい時間を過ごせたとしても、フローとして流れてしまうのが勿体無いと思ったんでね。折角時間とお金を費やしても、何も残せないんじゃつまらないじゃん。

ミソジを越えて、多少は自分の稼いだお金で美味しいものを食べられるようになったし、美味しいものを楽しく食べる事に幸せを見出せるようになったんだから、その楽しい事自体を何らかの形で残したかったのがひとつ。それと食べる事が純粋に好きなんだと自覚できたので、もっと美味しいもの(自分にあうもの)に出逢ったり、発見するための知識を増やしていきたいと、最近思いはじめたのが大きい。

別にウンチクを語りたいわけではなく、料理法だったり季節だったり、その素材を美味しく食べるには、こうした方がいいという方法論が折角あるわけじゃない。それを知らずに食べてるだけだと、自分が食べたいものに出逢える可能性が減ってしまったり、いつまでたっても出逢えなかったりするわけで。 あー、ソレってもったいねーなと、やっと気付いたんだよ、最近。

こういう教科書に載ってないけど大事なことって、当たり前なんだけどなっかなかわかんねーんだよな。目の前に転がってるのに気付かないし、誰にも強制されるわけではないから、なかなか腰があがらない。

そう、なのでこうやって書くことをキッカケに自分の食に対する理解を深めていきたいし、そのモチベーションの維持としてブログってヤツを活用できればと思ってる。
オレは評論家でも無いし、ましてやグルメガイドを気取るつもりも無い。そんな知識も経験も無いんでね。ただ食事をする楽しさや、そのために得た知識なんてのを、オレが感じたレベルで等身大に書いていきたい。

ヒトは意識を変えて、それを維持していれば必ず成長できるもの。
来年の今頃、これを書いてる今を振り返って、
成長した自分を褒めてやりたい。

これは「食」だけでなく、いろんなことで。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔