2005年12月17日

琉球の色と味 〜斎場御嶽とカフェ くるくま〜

ハイビスカス

首里そばで満たされた後、向かった先は
斎場御嶽(せいふぁうたき)という世界遺産。

なにやら昔は、身分の高いヒトしか入れなかったらしい

(引用)
琉球始祖のアマミキヨがつくった国始めの七御嶽の
ひとつと伝えられていて、沖縄最高の聖地。
琉球王府の最高神女の即位式も行われた神聖な場所で、
琉球国王による参拝も行われていた。近年まで琉球王を除く
男子および一般庶民は御嶽内には入れず、御嶽入り口の外で
拝んでいた。

斎場御嶽のシンボルとされる、三庫裏(サングーイ)は
巨大な二枚の岩が奇跡的に重なり合ったトンネル。
そこから射し込む光と神秘的で凛とした空気に触れると、
聖域に足を踏み入れたという緊張感が生まれる。
三庫裏を抜けると、神の島・久高島を遥拝する久高遙拝所があり、
木々の間から、海に浮かぶ久高島が正面に見える。

------


石畳斎場

上の文章のような前振りで妄想系に入っていたため、
ビシバシ霊気が降ってくる場所かと思ってた。
実際に行くと思ったよりは、相当こじんまりしていて
のどかな感じでちょいと拍子抜け。
レストランや映画もそうだが、過度な期待は
思わぬガックシを招きかねない。

もう少し心を開いて何かを感じれたかも。
勿体無い...

ま、価値のわからぬ漢でござる。


ここからしばらくは海沿いの景色も美しい。
高台から見下す琉球ブルーは、12月だなんて
ことを、完璧に忘れさせてくれる。
知念の海



さっきの斎場御嶽からクルマで5分くらい、
海沿いの高台にある絶景カフェ「くるくま」に向かう。
沖縄出発の前日にヨシタカからヒアリングした
お墨付きの場所だ。

さすがは絶景ポイント、似たようなカフェや
こじんまりしたホテルも散見したが、
坂を登りきった最上部に「くるくま」を発見。
駐車場は満杯、凄い人気だ。

***** 爽快という言葉そのもの“くるくま”*****


もうちょい沖縄続きます。
お時間が合ったらランキングでも覗いてみてくださーい。




軽くお茶をしたかっただけなので、外席へ。
おー、スゲー。体感213度くらいのパノラマぶり。
くるくま横海



メニューはカレーやアジアンフードのほか、
スィーツには、アジアン系がいくつか。

非日常間の演出ってことで、ハイビスカスティを
セレクトし、タピオカざんさいを合わせる。
くるくまたぴおか




当然、こんなパノラマなので、
レンズを3種類変えながらの撮影タイム。
折角のプチヴァカンスだから、のんびりしてろっつーの。
くるくま縦海

貧乏性な小動物だなー... 笑


それにしても気持ちいい。
次回は沖縄カフェももっと回りたい。
くるくまオレ


うーん、最低1Wは滞在したいなぁ。
島も行かなきゃだし。

野望は膨らむ。


<おまけ>
斎場御嶽
斎場縦



上の三角をくぐると、こんな景色。
ガイドブックによく載ってますね、このアングルは。


斎場景色




kyah2004 at 20:38│Comments(0)TrackBack(1)沖縄 2005 | 〜¥1000

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 琉球の色と味 総集編  [ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き ]   2006年03月14日 13:18
こないだの12月に行った沖縄、 旅レポが完成したので、まとめてみます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔