2006年01月07日

コートダジュール旅行 ニース

CDG2

1年半前の旅行記がやっと最終章を迎えられた。
そんな前のことなのに、文章が書けちゃうって凄いよね。
この頃の日常なんて全然覚えてないのに。

こういう刺激物は人生に必要だ。
改めて思う。


NICE道海

以前の記事でニースについて詳しくは触れたので、こちらを。
リーズナブルな料金ながら、メリディアンと同様の眺望が得られる
『メルキュールホテル』。304号室は角部屋でヤバいです。
バスからもSeaView


****ニースの夕暮れはこんな感じ****

人気ランキングもよろしく




NICE夕暮れ

コートダジュールのプロムナードは、
だいたいどこもこんな感じ。
涼しくなった夕暮れは、オトナ(特に熟年系)達が
一等地を制している。だからといって子供たちは
しいたげられているわけではなく、フリースペースを
利用して、美しく愛を語らったりしている。

大事だな、こーいうの。
愛語らなくなったら人生終りだからな。

最近、愛語ってるか、オレ!?

猛省...




NICE夕暮れ2

ベンチは座れないことも無い。
あちこちに座る場所があるし、人々は
主に散歩しながら会話を楽しんでいる。
クレープをほうばりつつ、夕陽に別れを告げる。



NICE夕道

コートダジュール最終日も晴れてくれて、ホント良かった。
思えばこの2Wで、天気が悪かったのは2日くらい。

ホント天候で印象変わるからな。



ニースからCDGへ。
国内線は1万円ちょい。
CDG

CDGに降り立ったら激寒、
夏スタイルなんてオレだけ。

みんなマフリャー巻いてるじゃん...
(パリのヒトはね。写真のニース組みは半袖っス)


次なるパリ訪を夢見つつ、いざビンタンへ。
WeddingPartyが待っている。

家族や友人達の顔が早くみたい。


ビンタン旅行記へつづく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔