2006年02月27日

ポブイユ (恵比寿) アデージョのすすめ

ポブイユ前菜鶏あたま

自分、口ベタですから。
一言でいうと「丁寧なビストロ」です、ココ。

店構えはもちろん、内装も、ガヤガヤぶりも
オヤジ指数が高いところも、なんか丁寧に
再現されてる感じがする。

というか、ビストロが好きなオトナが集まっている
店といったほうが、いいのかな。客と店が作ってる
いい雰囲気のビストロである。


料理もいわゆるビストロちっくなメニューが、
ちゃんと旨くて驚いた。でも“ちゃんと”してる分、
お値段も、それなりにちゃんとする。
(とは言っても、諭吉さんは飛ばないが)
ポブイユソーセージ




前に住んでた家からも近いし、祖父の
家もすぐなんだが、フツーのビストロと
あなどって未訪だったところ。

や、前にもね、行こうとは思ってたのよ。
で、ちょうどユッキーが行ったっていうから、
「どーだった?」って聞いたのね。

そしたら
「ノリカが来てさぁ(当然、藤原紀香)、
 すんげーオーラなのよ。そんで
 味の記憶とか飛んじゃってさ...
 あ、店の雰囲気はカッケーよ」と
参考にならないコメントを残すのみ。

アデージョ(艶女)な店ねぇ..と
イメージが定まらず、すぐ行くリストから
外されてしまったのだ。

こういう感じで、行こうと思った
タイミングを逃すと、なかなか次って
行けないじゃん。




そして季節はめぐり、友人のアデージョから、
この店の誘いを受けた。
ポブイユアデージョの腕



 ※アデージョっつーにはワカ過ぎるが、
   素質は満点のコムスメだ 笑
   メンドーなので以下「アデージョ」


やはりポブイユとオレをつなぐのは、
アデージョというキーワードらしい。


確かに店は、艶系。
ちょいワル目指すオヤジどもの人口密度は、
東京平均の約3倍といったところ。

店が新しいので本気の艶感はこれからだが、
オトナがちょいと飯をつまむには、なかなかの
舞台なんじゃないかと思う。ヤロー同士とかも
似合っちゃうのがポイント高し!




ポブイユ
東京都渋谷区恵比寿南2-7-4
クオリア恵比寿サウス1F
Tel:03-3791-8845
定休日:日曜・祝日


*** やるね〜、コムスメ♪ ***


ビストロ大好きなみなさま、
blogランキング
『漢の粋』をよろしくです。




ボクとまりえは、オンタイムに店入りしたしたものの、
アデージョはちょいと遅れ気味。

あんま飲めるメンツではないので、
シャンパーニュで通し。とりあえづ
待つ間は、豚のリエットをつまむことに。


店は19:00を過ぎたあたりから、
どんどん席がふさがっていく。
19:30にはほぼ満席だ。


そんな活気にテンションもあがりつつ、
シャンパーニュ片手に、リエットを一口。

「オ、やるじゃん♪」

もーちょい、抜いた料理だと思ってたんだが
丁寧だねぇ。本来はこういう味なんだと知り、
ビストロ料理をなめてた自分を恥じました。



そんなこんなでアデージョ登場。
席についてさっそく目に付いたのが、上の時計。
すんげー クールじゃない♪
やるね〜、コムスメ。




そして...
食いしん坊の
食いしん坊による
食いしん坊のための
作戦会議がはじまった。

今日の気分は、こんな感じ。
・人参のスープ
・ズワイガニのクロケット
・温性フロマージュ・・・なんたらとかいう
 鳥の頭の部分の料理。

・ソーセージとマッシュポテト
・鴨のコンフィ
・トリップのトマトソース煮込み



人参のスープは、もう少し荒っぽいイメージだったんだが、
思いのほか丁寧。うーん、ヲイラも作れるかな?
ポブイユ人参スープ





ズワイガニのクロケットも、名前から想像するより
複雑な味わい。ぶっちゃけていうとウマイ。
ポブイユクロケット



ヲイラの温性フロマージュ・・・うんちゃらは、
実にビストロらしい味なんです。
変なくさみは無く、ほどよい弾力の
ゼラチン質、なんつーか独特の旨みも
シャンパーニュに合うんだな〜、ゴクゴク。
<トップの写真のヤツです>



やはりビストロ、会話もケタケタ。
笑いがデフォルトの食事って、楽しいよね〜。



メインのトリッパ。
コレも全然安っぽくない、丁寧ですよ〜。
ソースの自然な野菜の甘みが、肉の旨みと
マッチして、たまらん味に仕上がってます。
上質な日常食。
ポブイユトリップ




ここまできたら、ソーセージも確実に期待できる。
マッシュポテトとも、抜群の相性。
赤ワインが欲しいトコだが、泡でも全然イケちゃいます。
ポブイユソーセージ2




鴨のコンフィも丁寧だね、ちゃんと旨みを
閉じ込めたコンフィ。肉の味もいい感じです。
ポブイユ鴨コンフィ




これは、かなりしっかりしたチョコブラウニー。
腹いっぱいのヲイラには、ちとキャパオーバー。
ベリー系のソースで、なんとか腹に押し込める!
ポブイユブラウニー




オレもこっちにすれば良かった。
淑女たちのチョイスはこちら。
楽しそうに「美味しいねぇ♪」と
微笑み合ってました。
ポブイユブリュレ

チキショー、うらやましい。



てな感じで、週頭からビストロな時間を
満喫しちゃいました〜♪

ちなみに、このコムスメ。
カワイイ外見とは裏腹に、歯に衣を着せない
物言いとか、独特の視点での切り口とか、
そういうとこが妙に気持ちよく響くので、
実にビストロにも似合うのだ。

ま、勝負系ヲトコの前では、もっとオンナの
魅力を使い倒すのだろうがナ。

それはそれで、また違った引き出しなんだろうが、
どういうプレゼンをするのか、横からコッソリ
覗かせて欲しいもんだ、フフ



そうそう、さいごにコレだけは言っておかねば。
寝てしまうのは体質上どーしようもないので
見逃して欲しいトコだが、寝言で「虫がいた!」
と、『バン』とテーブルを叩いたのは、ほんと
心から申し訳ない...つーか、恥ずかしい


戦国時代なら切腹もやむないところ。
この場を借りて、アデージョとまりえに
お詫び申し上げます。



反省をこめてblogランキング





kyah2004 at 21:33│Comments(6)TrackBack(0)フレンチ | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by allantmamaniere   2006年02月27日 21:54

チョイ悪お兄さま、早速きましたね〜〜〜(笑)。

いやー、ワタシのプレゼン能力はまだまだではございますが、
先日よりお兄様曰くの『パワープレー』に向けて、
あらゆる角度から手回し中(笑)。

それにしても、この日はお待たせしてしまって申し訳ございませんでした!

次回は座敷系にてお手合わせ願います☆
2. Posted by kyah朕   2006年02月28日 01:43
ガハハ、次あうときには、
ミッションレベルがどこまで
達成できたか、ヒアリングするのが
楽しみだ!

座敷系はアルファー派と相性いいんだよなー。
ま、それなりにがんばってみるよ、無理だけど。

パワープレーと言いつつも、ロナウジーニョ並みの
ファンタスティックなプレー期待してます♪
3. Posted by アップル   2006年02月28日 09:41
かなり前に行きましたが、モレスク系なんですよね。
常連さんがカウンターで軽く飲んでたり、いい感じのビストロでした。

ノリカ、私も会いたかった・・どれだけスタイルが良いのか見たいです。
「すっぴんだとソバカスだらけで全然かわいくなーい」と言っていた学習院の超コムスメを思い出します。
4. Posted by kyah朕   2006年02月28日 23:01
アップルさん

ボクも思うに、他人(特にプロ)の容姿を気楽に
「たいしたことない」っていうヤツは、
たいていの場合、「お前自身よく見てみろよ!」
ってケースが多いように思います。

そーいう超コムスメは、上質な男子から
モテることはなく、自然淘汰で消えていく
ことでしょう、嗚呼 合掌。
5. Posted by くろーば   2006年02月28日 23:30
はじめまして、お邪魔しますー。
「アデージョ」さまのところで、拝見しまして^^
以前より、興味があるお店なんですけど、やっぱり大人のためのビストロってかんじですね♪
年だけはとってるけど、うーん、雰囲気には未だにとけこめるものかはやや不安☆
上質なふらんすの日常のお料理っていうのを是非体験してみたいですが、やっぱり人数いたほうがたのしそうですね〜(おとなな連れを募集しなくちゃ?!)
6. Posted by kyah朕   2006年03月01日 00:38
くろーばさん、ぼんそわ☆
アデージョ経由ですか、じゃ アデージョに
感謝の一杯でもプレゼントしておきます 笑

そーねー、年齢層は比較的高いし、ちょっと
艶っぽい雰囲気だけど、全然2人でも大丈夫だし、
オトナでなくても楽しめると思うよ。

上質な日常食って感じは、是非体験してみて!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔