2006年03月25日

南イタリア旅行記2003 ナポリの朝

キアイア

ナポリのはじめての朝を迎える。

7:00を過ぎると、細い路地がだんだんと喧騒に
まみれてくる。売店を開く人、野菜などの食材を卸しに来た人、
売店の人とデカイ声でおしゃべりをする人、タバコを吸いながら
新聞に目を通している人....
喧騒と共に空の青さが濃さを増して行く。


*** ナポリの朝を歩いてみよう! ***


blogランキング
 ↑
ナポリは男に見とれます、ほんとスゲ


今日はマカロン教室でaniaさん に遭遇。
aniaさん、初めてお会いしたのにすこぶる酔っ払っててすんません、ヘヘ

チェックアウトは12:00なので、ナポリ市街を
歩いてみることにした。
まだ8:00だし4Hあればそこそこ回れるだろう。


まずは、広場を抜けてヌーボ城へ。
お約束なので城の前に立って写真を撮ってもらったり。
ちなみにこの頃のオレはカメヲタではなかったので、
ビデオ係りを拝命されていた。
城横



ヌーボ城の角を曲がると、ナポリ湾の海と
ヴェスヴィオ火山がファンタスティコに飛び込んでくる。
ココを歩いていたら、早速ナポリオヤジとすれ違った。
なにがナポリオヤジって、まだ朝8:00前っすよ。

黒シャツの前ボタン5個くらいあけて
胸毛をアッピールしたチョイデブ
おやじなわけですよ。
髪はテカテカ、そして意味無く
でかいサングラス。

決して絵的に美しくないんだが、
なんつーかフェロモンがすっげーの。
香水も半径30m匂い立ってるし。


目の前にある港がポート・ベベレッロ。
こっからカプリ島やイスキア、アマルフィ海岸行きの
船が発着している。朝一で青の洞窟に向かう人達だろうか。
こんな時間から港は観光客で混み合っている。




気温は日陰に行くとグッと寒いが、太陽が強いおかげで
日なたでは半袖でもOKなほど暖かい。少し歩きつかれたので
昨晩は廃墟のように見えたガレリアへ行ってみる。
ミラノのガッレリアを知らないせいなのと、
昨夜のネガティブな印象のせいで、思わずかっこよくて驚いた。
朝食を採る人のために数件のバールが空いていたので
オレも初カプチーノを頂いたり。
ガレリア

ガッレリアはチョイワルオヤジのステージなのか、
これまたグリーンのジャケにタイトパンツ、
襟高のステッキオヤジが散歩していたり。

朝からあんなにキメてどーすんですか!?


もうちょい時間があったので近所を散策することに。
ギャレリア近辺は観光客向けというより、ローカル向けの
SHOPが多く、シャツ屋(サルトでない、一枚30Euro〜)や
かわいい下着屋が目立っていた。



丘

ナポリの街を上から眺めたいと思い、ケーブルカーの3号線で
エルモ城、サン・マルティーノ修道院方面へ。。。。
しかし終点まで行かなければいけないところを、早めに
降りすぎて、下町散歩しか出来ずに断念。
ローカル散歩も気持ちよかったけどね。

ホテルをチェックアウトしポート・ベベレッロへ。
HOTELでタクシーを呼んだせいか、5EURO程
チャージを取られた(呼び代、スーツケース*2個)。
空港からは取られなかったのに!!と思ったけど、
ま、チップだと思ってフェリーの切符売り場へ。
カプリ行きはカーフェリーと高速船が出ていて、
高速船だと50分程度。12EUROで世界屈指の
リゾートカプリへ行けるのだ。

フェリー乗り場は5,6個あるが、それぞれのフェリーに分りやすく
ドコ行きで、何時発といった看板が付いている。
何故か2Fのオープンデッキにはあがれなかったので、
1Fの乗り口のデッキから遠ざかっていくナポリの絶景を眺める。
タバコ好きのイタリア人は、ここでおしゃべりをしながら
旅行者が写真撮って欲しいというと、素敵な笑顔で応えていた。


肩の力を抜きつつクリック⇒blogランキング

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コンビニパスタが進化した!!  [ 四十路男の懸賞検証きままブログ ]   2006年03月26日 20:21
コンビニパスタが、ここまで美味くなった!! 本物素材にこだわった、ソースと具材 スパゲティはデュラムセモリナを100%使い、しっかりとした歯ごたえと、風味豊かな麺を実現。 生パスタはデュラム粉と卵などを練って低温熟成 させることで、 独特のもちっとし...

この記事へのコメント

1. Posted by el primo   2006年03月26日 00:19
イタリアの空の色、本当に美しいですね。
ヨーロッパ北部から車でアルプス越えをすると
本当に感動するんです。
お隣のスイスでは霧がちの薄暗い天気でも
ゴッタルド・トンネルを抜けると輝くような青空!
ゲルマン民族が南へと移動した気持ちが
よ〜〜くわかります(笑)
el primoも10年ほど前にカプリ旅行しました。
でも、ナポリはほとんど見れなかったので、
今バーチャル・ツアーして楽しみました。
一番の思い出はソレント近郊の
Ristorante Don Alfonso 1890です。
あの奇跡的なくらい美味しいトマトソースが
忘れられない! 
2. Posted by ania   2006年03月26日 00:45
こちらこそ、思いがけずお会いできてサプライズでした!
帰りがけで、余り話せず残念でした。

実は酔っ払っていたのですか?
全然、わかりませんでしたよ(笑)。
私もリンクさせていただきましたので、これからも
宜しくお願いします♪
3. Posted by allantmamaniere   2006年03月26日 12:27

いやー、昨日は参りました。大反省。

てか、ナポリいいねー☆マジ。

イタオヤは、朝からキメてるんです(笑)。
日本人の胸毛はキモいのに、イタオヤの胸毛はなぜあんなに素敵なんでしょう。
鼻が高くて唇が薄いところにも、色気を感じる。個人的に。


4. Posted by cicerone   2006年03月28日 10:31
イタリアは最南でローマまでしか行ったことなくて、
ナポリは興味津々ながら未訪なのです。
少し怖い印象もあるけど、美味しいものも沢山で楽しそうだなぁ〜。色んな映画の舞台にもなってるし、憧れです!
ミラノのガレリアは行ったことがあるのですが、写真で見るとそっくりですね。
5. Posted by kyah朕   2006年03月30日 00:03
el primoさん、ゲルマンな心境と
シンクロできる旅って贅沢っすね〜。

>奇跡的に美味しいトマト
って、ほんと気持ちわかります。

太陽と大地の恵みってコレなんだぁ、
って感慨深いですよね。

Ristorante Don Alfonso 1890って
リストランテがあるんですか?
ソレント近郊ってのがそそります。
6. Posted by kyah朕   2006年03月30日 00:10
aniaさん、あのときは
すっかり寝起きで 笑

にしてもマカロン教室行かれて
たんですね。

ヤロー教室と違い、華やかな雰囲気で
羨ましかったです!!

7. Posted by kyah朕    2006年03月30日 00:12
allantmamaniereさん、
いっそ胸毛で選んでみたら?

会談はちょい待ち!
仕事がかーなり忙しくて、
ちょい見えないのだ。

見え次第、すぐにでも
8. Posted by kyah朕   2006年03月30日 00:14
ciceroneさん、やっぱナポリは
他の観光地に比べ、媚びてない
スタンスがぽくていいです!

枯れ具合も似合ってて、散歩のしがいも
ありますよ〜。

とにかくトマト、価値観変わります

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔