2006年05月24日

琉球の色 荘厳なるグスクと海中道路

グスク縦景色

沖縄に着いた初日は天候に恵まれ、暴力的な
南国の陽射しが燦々と降り注いでいた。

これぞ沖縄だね〜って、のびをしながら
めいっぱい体を反る。思ったよりは
涼しいが、それでも雨だった東京とは別世界。

ランチを済ませた後は、
ビーチでオリオンビール!だと、
昼寝ゾーンへ向かうことに。


もちろん那覇近辺でも日焼けゾーンは
あるんだけれど、前回の琉球ショートトリップでは、
まりえを東海岸に連れていってあげることが
できなかったので、海中道路を渡って、
伊計島のビーチに行くことに決めた。

伊計島はボクが初めて沖縄に来たときに、
海中道路の余りの気持ちよさで、
感動したトコロ。

両脇コバルトブルーの海の中を
まっすぐに伸びるその道は、
晴れた日には絶好のドライブポイントなのだ。
伊計島海中道路




あの感動にまた会いに行こう!
そんな思いを秘めながら、
ブーンと向かった東海岸。
3年くらい前に通った道も、
意外と覚えていたりするもんで、
あー、この道懐かしいねと、
自分の記憶力に驚いてみたり。
やっぱ好きなこと、印象に
残ったモノってのは、記憶に
しっかり刻まれるんだね。


そんな感じで、なんとなく通った記憶が
ある道を辿っていったのだったが、
突然記憶には無かった、あるモノが
視界に飛び込んできた。

小高いヤマの上に、そびえ立つ古い石垣。
歴史の重さを放つそのシルエットからは、
かつての栄華を容易に感じることができた。

こちらの遺跡の正体はグスク。
グスクとは沖縄の言葉で「城」のこと。
首里城以来、ハマっているグスク。
大和の城とは異なる曲線美に、
どうしても惹きつけられてしまうのだ。
グスク全景




ここは勝連城といって、
世界遺産にも登録されている。
山頂に建てられているだけあって、
最上部の一の曲輪から眺める景色は圧巻。

ここばかりは、リゾートという
浮かれた気分に身を浸すよりも、
歴史の重みに裏づけされた
荘厳な空気に身を委ねる方が
似合っている。
グスク石垣と海




*** 楽しいドライブはつづく ***


なんか周りで来月に沖縄行くヒト
多いんだよね〜、替わってクレ。
blogランキング


ーーーーーーーーーーーーーーー

グスクの階段は思いのほか急勾配。
オサレ重視で、レザーのサンダルなぞ
履いてきたオレはバカ。
ソールが滑るんで、超怖い。



石垣の淵に立って海を見下ろすと、
かつてここを治めた人物にシンクロ
するような気にさえなる。



グスクと海中道路

グスクからも見える海中道路と伊計島。
一気に琉球モードが高まったので、
先へと進む事に。




久しぶりの海中道路はやはり気持ちいい〜と
叫びたかったところだが、ちょうどmax干潮のタイミングに
ぶつかってしまい、思い切り茶色の海底が、むき出しに
なった状態で、ショック。
分かりやすく言うと、こないだ会った子にわくわくして
会いに行ったら、モロにスッピンで思わず「・・・」みたいな感じ。
ね、ショックでしょ 笑
海中道路景色







海中道路を渡り、ズンズン奥まで突き進むと
その先端が伊計島。ここのビーチはセキュリティも高く
のんびり綺麗だったので、昼寝に最適というわけなのさ。
伊計島ビーチ駐車場





ちょうど、中学生くらいの団体が帰るところで、
ホッと胸を撫で下ろす。何が哀しくてこんな
遠くのビーチまで来て、夢精寸前みたいな
エネルギッシュな中学生に囲まれなきゃ
いけないわけよ。って思うでしょ、ソリャ。
伊計島ビーチ

オリオンビールで乾杯して、速攻でオヤスミ。
なんせ前日3時間くらいしか寝てないし。





夕方になって、風が冷たくなったので
自然と目が覚めた。自分の今の状況を
ジワジワ認識することで、心の中の
happy指数が、振り切れ寸前まで
あがっていくのがわかる。

ちなみにこのビーチの逆側は、湾になっていて
切り立った崖がなんとも沖縄らしい。
伊計島ビーチ逆湾





帰り際、渋滞にハマったので、カフェで一息。
ほんとにただの民家で、趣味でやってまーす色が
強いローカル系カフェ。
カフェ景色





こんな環境でのーんびり暮らすという贅沢。
あと何年かして、東京に見切りをつけられるように
なりたいな。これまでの価値観なんて、所詮東京という
物差しに過ぎないんで、自分の定規をしっかり持って
これからの人生、半分位を後悔無く生き抜きたい。
カフェ砂糖




そんな事を思うくらい、ここの空気が好き
blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yocchi   2006年05月25日 10:07
わはは。

面白いくらい琉球にはまり始めたね。

潤とオレも9年前、同じ衝撃を受けた。
そしてすでに潤は実行してる。
俺は毎年必ず足を運んでいる。

東京は生活するのに必要な全てのモノがある。
沖縄にはモノに頼らない絶対的な魅力がある。

今年は仕事で行っただけだから、ヴァカンスで
行きたい。
2. Posted by kyah朕   2006年05月29日 00:34
イヤイヤ、去年の12月に行った時から
移住計画は潜航中なのだよ。

理想はモナコだが 笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔