2006年05月26日

南イタリア2003旅行記-11 アマルフィドライブ

ポジターノ縦

ポジターノのホテルのチェックアウトを済ませて、
次のステイ先であるラベッロへ向かう。



ジターノの入り江が後ろに小さくなった頃、1日しかステイしてないのに
無性に懐かしい気がして、思わず車を停めた。離れてみても本当に美しい町。
たばこを吸いながら、ぼーっと眺める。
そ、この頃は喫煙家だったんで。
今でも、綺麗な景色をボーっと見たいときなんかは、
タバコ吸いたいなぁって思う事も。
でも、禁煙は継続中!!
ポジターノ発横







ふと下を見下ろすと、崖の下に海水浴場を発見。
殆どが切立った崖で形成されているアマルフィ海岸では、
このように秘密めいた海水浴場を多く見た。
なんともそそられるシチュエーションじゃない。
海水浴場




ポジターノから小舟でしか行けない場所に、マンマの
家庭料理が美味しいレストランが併設されている小さな海水浴場があるという
記事がFIGAROに載っていた、次回チャレンジしたいなぁ。

昨日の反省でスピードは遅めにして車酔い回避を最優先にしたドライブを徹底。
真昼の景色も底抜けに気持ち良く、自然ぽいトンネルもドライブの楽しみを盛り上げてくれた。
トンネル



*** 青の洞窟ならぬ、エメラルドの洞窟発見 ***

すんごい崖を降りてくとそこは...
続きの前にこちらで一息。
blogランキング


ーーーーーーーーーーーーーーーー


Amalfiの手前で「地球の歩き方」に書いてあるとおり
エメラルドの洞窟の看板を発見。

日本で行うとこのドライブインみたいなとこがあり、
車が結構停まっているのですぐにピンときた。
でっかい看板にはGrotta Emeraldと書いてあり、見落とすことは無いと思う。

駐車場から階段でも降りられるだろうが、
結構高い場所にあるので、素直にエレベーターで
下まで降りた。

エレベーターはかなりマニュアルチックなヤツで
イメージ的にはビル建築現場とかにありそうな年季の入ったヤツ。
「地球の・・」で書かれているようなエレベーター利用料は
取られなかった。

エメラルド洞窟

洞窟の入口でチケット(5EURO)を購入し舟に乗り込んだ。
ちょうど自分達で舟が一杯になったので、乗りこむとすぐに
舟は動き出した。

船頭の兄さんがイタリア語と英語で
ガイドをしながら洞窟をゆっくり回るもので、
舟にはざっと25人くらいがのっている。

イタリア人、ドイツ人、フランス人、アメリカ人など
様々な国から観光客が来るようだが、日本人も結構くるらしく
「中田ネタ」など日本人向けネタも用意してあった。

何故洞窟によって色が違うのかナゾだが、
ここはほんとにエメラルド。
船頭さんがールで水面をバシャバシャやった時の
キレイさはかなり見ものである。
エメラルド洞窟中




エメラルドの洞窟を過ぎた後も、引き続きドライブは楽しい。
あんま暴走するクルマもなく、急いでいるヒトがいたら
端にクルマを寄せて、スピードを落とせば勝手に抜いていく。
あくまでみんなマイペース、ヴァカンスのトップシーズンを
超えたここは、自分時間で過ごせばいいのだ。

やはり海洋都市らしく、海に面した砦が多い。
エメラルドカラーの海に浮かぶ遺産。
ありえない美しさについキョロキョロと
ハンドルが落ち着かない。
海の砦





アマルフィ海岸最大の町、アマルフィ。
すんごい楽しみにしてた町なんだけど、
ちょっと体調が悪かったのと、駐車場が
停められなかったので、なくなく先を急ぐ事に。
次の目的地のラベッロからも近いしね。
アマルフィ





ラベッロは、海から切り立った崖の上に開けた町。
ワグナーが愛した町として、音楽のイベントなどが
盛んである。今行ったらもっと違う過ごし方が
できたなぁ..とは思うけど、この時の感動があって
今のオレがいる。人生は短い、チャレンジの連続だ。
ラベッロ到着




折角の週末なのに、天気がなんで崩れるの!?
ちょっと、待ってよ、低気圧。
blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はじめまして、世界の美味探検家の吉本日海氏のブログとHPを紹介します。   2006年05月27日 07:42
はじめまして、世界の美味探検家の吉本日海氏のブログとHPを紹介します。
是非ご覧下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/nikkai/
www.hiyorian.com

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔