2006年05月29日

琉球の味 cafe4th 沖縄価格東京レベル

トマトパスタ

渋谷のテスタマッタとか、外苑のサバティーニでシェフをやっていた潤。
正月に家でホームPARTYをしたときも、料理を一手にひきうけてくれたり。

食事トータルを通しての美味しさよりも、一口目でウマいと言わせるために
マンマ系な力強い料理を追求していた男。
数年前に沖縄に魅せられ、この春にめでたく
夢を叶え、那覇での移住生活をはじめていた。


その潤が働いているのが、県庁前の駅からほど近いCAFE 4th。
沖縄のイタリアンで、しかもcafe、更にはバイキングってことで、
正直ぜーんぜん期待せずに席に着く。しかも飲み放題もついてて
2500円だよ。そりゃ、そーでしょ。

店はオープンキッチン周りとか、全体の内装は雰囲気いいんだけど、
テーブル椰子が生えてたり、天井ではファンが回ってたりと
統一感はイマイチ。ま、沖縄だから、沖縄のヒトにウケなきゃ
ならないわけで。
キッチン引き






アンティパストは、バイキングだがピッツァとパスタは好きに選べる。
メニューがあるのかは、ごめん、知らん。オレは潤に沖縄っぽい
素材を使ったピッツァと、さっぱりしたパスタ。それとペンネとか
食べたいんだけど、って気分でオーダーしただけなんで。
後は、任せるねと。
キッチン潤





で、そんな潤が作ってくれたピッツァはこちら。
半分はマルゲリータで、半分は沖縄県産豚とチーズのピッツァ。
マルゲリータは相変わらずの潤の味、cafeになっても
沖縄という地でも手を抜いてないね。こんな本格的な
ナポリピッツァが食べられるのは、那覇の中でもここだけかも。
豚バラのパスタはジューシーな豚がゴロゴロ使われてて
いかにも沖縄っぽい。これで飲み放題2500円/人って
恵比寿だったら大行列だよ。
pizza





なんでこんな安いのかと聞くと、沖縄のヒトって1軒で
2500円以上使うのって抵抗あるんだって。
なのでアラカルトで営業した時は全然客が入らなかったみたい。
この地で大事なのは量と安さ。誤解を恐れずに言うなら、
沖縄のヒトってそんなに味に対してあんまこだわりが
無いみたい。ついでに言うと何件もハシゴするのが
スタンダードで、朝まで何軒もってのはザラらしい。
だから2500円以上の価格設定だと、一気に客足が遠のくんだって。
cafe4th





や、それにしても予想以上のクオリティと料金に超満足。
ただ近いうちに料理長と潤が、系列の国際通りの店に
異動になるらしく、これ以上のクオリティアップは
あんま見込めないかも。

潤がいるうちに、沖縄に行くヒトは是非。
琉球食材の本格イタリアンは、必ず貴方を満足させるはず。


cafe 4th
098-864-5807
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-4-5 ジャスティンビル2F



沖縄でナポリ系イタリアンが食べたくなったら、まじでお薦め。
前菜もマリネ系は、バイキングレベルじゃ無いと思うよ。
blogランキング


ーーーーーーーーーーーーー


ったく、友達のところだから良い事書いてんじゃねーの?

って思うかもしれないが、マジで心から。

前菜は15種類くらいバイキングに並んでるんだが、
那覇の南ハイバル産カボチャのマヨネーズ和えとか、
茄子のマリネ、きのこのマリネとかは、フツーに
都内の美味しいナポリ系イタリアンのレベル。
逆にハムとか鶏肉の前菜は質感が出ちゃってて、
選ばない方がいいけど。
前菜




昼間もバイキングで800円くらいらしく、相当人気店になってるらしい。
なので夜の方も席は8割くらいはコンスタントに埋まってる。
フロア





さっぱりしたパスタというオーダーに応えて、フルーツトマトのパスタ。
ほどよい甘さの常温のパスタで、もちもちとした麺との相性も素晴らしい。
久々に味わう潤らしい味に、かなり上機嫌なオレ。全然飲めないオレらだから
いいけど、ノンベーな集団来たらどうすんだろ。飲み放題のワインも
ダルマットの赤よりはウマい。(温度低めでうまくカモフラージュかな)
トマトパスタ





調子にのってバクバク前菜食べてたので、ゴルゴンゾーラのパスタの方は
かなり無理矢理詰め込んだ。初日から胃を全開まで拡張させちまった。
東京に戻って体重計に乗るのが怖い〜
ゴルゴンゾーラパスタ





ドルチェもバイキングなんすよ...これ危険すぎるから。
全て手作りで、東京のバイキングでもこんなレベルの
ドルチェってそう見ないんですけど...
ドルチェ





潤の家に泊めさせてもらうので、
ヤツの仕事があがるまでテーブルでのんびり。
macで写真の整理をしながら、コーヒー片手に
ドルチェにも手を伸ばす。

うーん、なんて怠惰なヴァカンスのはじまりだ!
好きなこと以外、何にもしないってどうして
こんなに幸せなの。
普段からかなりのストレスフリーだが、
更に輪をかけての自由っぷり。
こんな生活がまだまだ10日以上、続きます。
キャンドル




早くリタイアして沖縄行きてぇ!!
blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cicerone   2006年05月30日 15:51
この内容でそのお値段!お値打ちですね。
沖縄は、東京の感覚で行くと食費が安いですよね。
その分、地価や人件費も安いのかもですが、東京
プライスの私たちは、旅行に行ったらめいっぱい
楽しめますね♪
お友達のお店、行ってみたかったです。
2. Posted by kyah朕   2006年05月31日 01:05
確かに東京感覚からいったら、
全体的に安い都市なんだけど、
それでも満足だったなぁ。

2日しかいないなら、わざわざ
行くことないと思うけど、4日
ステイするなら、1回くらいちゃんと
美味しいイタリアン食べたくなると
思うんだよね。

って、その感覚に同意できる人は是非。


ちなみに給料も、かーなり落ちたそうです。
それでもあの環境には替えがたいと..

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔