2006年07月07日

イタリア2003 そうは言ってもドォーモでしょ

ドォーモ修復中

先日、旅の写真は“街角”だよねと、
調子こいたばかりだが、ヒトに見せたく
なるのは、やっぱコッチかね。
今日はメジャー中のメジャー“ドォーモ”登場。

プロの撮る美しいドォーモはおいといて、
素人の撮るドォーモも、それはそれで
生々しくて好き。

って完全に自己マンだけどさ。



“ドォーモ”っつーと、頭の上のでっかい
オレンジの印象が圧倒的に強いんだが、
いやいやどうして、入口らへんの装飾も
相当に豪華です。
ドォーモちら魅せ




ドォーモは、中に入る分には確か無料。
 ・・・だよね、hirorentina?
青い空をバックにバッチリ映えるんだよな、この入口。
ちなみにクーポラへと昇る入口は、脇にあるので、
おまちがえなく。さ、中へと行ってみよう。
ドォーモ入ろう




*** 登りつめるにゃ、己の足のみ ***

予想以上にその道は険しい。
でも登りたいと思わせる魅力はさすが。
blogランキング


写真の肥大化に伴い、前のレイアウトが苦しかったんで
ちと夏っぽく変えてみました。デザイン的にはFC2の
方が揃ってて好きなんだけど、どうやって引越しすれば
いいかよくわからんし、しばらくはこんな感じで。


-------------------------------------------------

第一印象は、アマルフィ(南イタリア)のソレとは
明らかに違う重たい空気で“意外とボロい”とか
思っちゃったり。
ドォーモ内部




真っ白の壁に光が差し込む開放的な南伊とは異なり、
よく言えば荘厳。ただすんごい広い空間のわりに
中があまりにガランとしてて、ちょっと殺風景かな。
なのでボクのタイプとしては、むしろフィレンツェだと
サンタマリアノベッラ教会の方。あっちの方が
明るくて、空気も軽く好き。
もちろんこのクーポラの内部の壁画とかは、
すげーって思うけどね。
ドォーモ天井




進めども進めども、その先は遠く。
階段はかなり急。自分が今どの辺にいるのか
さっぱりわからない。たまに見える外の景色を
見て、もうちょっとに違いないと自分をマインド
コントロール。
ドォーモ階段






自己暗示ついでに、てっぺんに着く頃にゃすっかり“ジュンセイ” 笑
テーマソングを勝手に頭の中で流し始めて、身長も20cmくらい伸びた気分に。
ドォーモ景色1





フィレンツェのドォーモからの景色って、もうひとつ
ボクの中で強烈な印象になっていたのが、五木寛之の『レッスン』。
あの小説の中の描写に出遭ったのが、多分はじめてドォーモを
意識した瞬間。ミケランジェロ広場並みに、やっと会えたねって
そんな感じ。
ドォーモ景色2





上から見ると、ガイドブックに載ってる有名な建物が
どの辺にあるか位置関係がつかめる。次来ても天気が
良ければ、絶対登るね、オレ。カメラの威力を
ガンガンに発揮させたいし 笑
ドォーモ景色3





“ジュンセイ”さながら、朝一で登ったドォーモ。
やー、ほんとに清々しかった。今みたいな高度な
機械も無いのに、こんな建造物を作り上げちゃった
ルネッサンスに改めてリスペクト。
ドォーモ見上げる





そろそろショートヴァカンスの行き先も詰めなきゃ。
そんな週末は大好き blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by redarpels   2006年07月08日 14:07
コンニチワ.
お、テンプ変更ですね!?
やっぱデカイ写真はイイっすね.

マクロ写真のスゲーの期待してます♪

サマヴァケまでもう一踏ん張りッスね.
頑張っていきましょー☆

フィレンツェの街並み良いなー.
2. Posted by hirorentina   2006年07月08日 23:31
毎度、ボンジョルノ!
FIRENZE疑似体験ツアーありがとう!
DUOMOはいいね、華やかなのにドッシリしている。
入るのは無料ですね。夏は涼しいので、気持いいですよ。
告白:
ワシは5年半FIRENZEに住んでいましたが、
実はDUOMOのクーポラには登った事がありません…。
今度、どんなだったか教えてください(泣)
3. Posted by kyah朕   2006年07月11日 00:40
redarpelsクン、こんばんわ。

前のジャスゴー系なテンプ気に入ってたんだけど、
さすがに写真が耐えきれず...

ま、これも夏っぽいから良しってことで。
これからは写真で魅せていきますよ〜
4. Posted by kyah朕   2006年07月11日 00:43
ボンジョルノ、hirorentina!!
アッズーリの優勝とは最高の結果だね、
これでここまで続いた睡眠不足が
報われるってもんよ。

やっぱ住んでると登らないもんだね 笑
東京のヒトが、東京タワーにのぼらない
ようなもんかもね。

とりあえづイタリアの優勝に杯を傾けましょ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔