2006年12月10日

FIRENZEの美学(美食・美景)

SC

3年ぶりのフィレンツェ、秋のトスカーナ。
メディチ家礼拝堂の鐘の音で朝がはじまる。

濡れた石畳、霞に包まれたドゥオーモ、
細い路地裏を駆け抜けるバイク、
街を飾る美しい彫刻たち、
市場に並ぶ鮮やかな野菜、
ウフィツィの回廊をよぎる冷たい風、
妖しげなチェントロの露店、
優雅なアルノ川のせせらぎ、
鼻孔をよぎるイタリアな薫り...

フィレンツェの街の印象は前と変わらない。
変わらないのがフィレンツェの魅力。
ヴェッキオ宮




ただ今回はちょっと郊外に足を伸ばしたので、
よりトスカーナのフィレンツェという印象が
強くなったカナ。
SIENA


blogランキング





何百年の前の人が、この景色を見てどう感じたのか?
フィエゾーレの丘の上に立ったときに、
ルネサンスを生きた人々にそれを聞きたくなった。
fiesole





なだらかな丘陵の上から臨むオレンジの屋根、
その中心で圧倒的な存在感を放つDuomo。
巨大建築を見慣れた現在では感覚が麻痺しているが、
かつて人々はその存在感に圧倒されただろうと、
疑うことなく確信できる。ただその感動、驚きは
現代人のボクは完全にシンクロすることが出来ない。
それがすごく淋しく、悔しかった。
(上の写真でDuomo見えるかな?)
まりえ





ボクの旅のスタイルなのかな、みなさんはどうなんだろ?
新しい街に行くと、かなり歩いて土地勘を刷り込むのね。
TAXIの移動だと自身の決断が求められず、いまひとつ
位置関係をつかめないので、慣れるまでは結構歩く。
もちろん治安がある程度いい場所での話ね。
濡れた路






肌で街を感じることで、無駄なリキミが取れて、
より街の魅力が見えてくる。
こんなトコにこんな店があるのね、
こんなトコからこんな景色が見えるのねと、
自身の感覚を磨くこともできるワケ。
なので最低3日は同じ町に滞在するように
してるのよね、当家では。
象とduomo




***今回はダイジェスト***


ボクが感じたフィレンツェ、みなさんの
感じたフィレンツェとの違いを愉しむもよし、
共感していただけるもよし。もちろん
美しい景色をただ愉しんでいただけるのでも結構です。 
コレ押してから続きをどうぞ ⇒ blogランキング






-------------------


【食】
1210ビステッカ

食に関しては、7年間フィレンツェに住んでいた
hirorentinaからのお薦めと、
Rotonda Club Italiana の池田さんのHPを中心に、
リストランテやトラットリアをリストアップ。



にしても色々食べたな。
クラシックなトスカーナ料理から、
今っぽいキュイジーヌまで幅広く。
ボッタルガ

特に印象に残ってるのは、
 ・ビステッカ
 ・羊の脳みそのフリット
 ・ボッタルガのパスタ
 ・牛肉のカルパッチョ
 ・市場のパニーニ
 ・Vovoliのジェラート etc...

惜しむらくは、Oniceやチブレオにいけなかった事。
リサーチ甘かったのがいけなかったんだけど、
月曜はかなりのリストランテが閉まってると知らず。
やー、悔しい。





【歩】
基本、firenzeの過ごし方は街の中をブラブラと。
どうしてもドゥオモに引き寄せられがちになるんだな、
あまりにフォトジェニックだし、どっからでもチラ見
できちゃうんでね。

シニョーリア広場をはじめ美しい広場がたくさんある
フィレンツェだけど、ここの広場が好きなのよ、オレ。
レプッブリカ広場





で、毎日散歩してると自分の好きなルートって
決まってきくんのね。上の写真のレプッブリカ広場の
中央を抜けて、ストロッツィ通りの突き当たりの
五叉路を右斜めに入り、roberto cavalliのカフェを
横を抜けると、サンタマリアノベッラの広場に
出るのよ。このルート好きで何回通っただろう。



■ストロッツィ通りの突き当たりの五叉路
ストロッツィ通り




■roberto cavalliのお洒落cafe
robertocavalli








【short trip】
街を出て足を伸ばしたのは、フィエンツェが一望できる
フィエゾーレと、世界一美しい広場を持つシエナ。

フィエゾーレの抜け感は最高、SMN駅からバスで
30分で来れる割には、イメージするトスカーナっぽい
丘陵が広がるし、なにより上から見下ろすフィレンツェの
美しいこと。
fiesole2



ミケランジェロ広場から見るフィレンツェの町並みも
もちろん綺麗なんだけど、ここからのパノラマ度も相当Priceless.
まりえとduomo
(こちらはミケランジェロ広場からの絵ね)




んでもって、こちらがSIENA
FIRENZEに負けず劣らずフォトジェニックな街並、
Duomoも見事な美しさ、青い空に映えまくり。
にしてもSIENAでは広場の塔も登ったし、
足がクタクタになりましたワ、よくやったオレ。
SIENAのduomo





天気予報では”霧”だったので、ありがたいこと
このうえなし。ただ一点チェックが甘かったのが、
この日シエナでは、シエナVSフィオレンティーナっつー
トスカーナダービー(っていうか知らんけど)があったんで
往復の電車は散々でしたわ、マジで 笑
SIENA塔とオレ







【Duomo】
フィレンツェといってどうしても外す事ができないのがDuomo、
前にもコンデジで撮った事はあったんだけど、デジイチだと
空気感まで記録する事ができるのよね。
どーよ、Ginaさん?
Duomo登場






色んな角度から見るたびに、新しい発見があるDuomoのクーポラ。
こちらはジョットの鐘楼に登る途中からのショット。中腹くらいかね。
クーポラ下から






ジョットの一番上からだと、Duomoはこんなに綺麗に見えるのね。
後ろの山間にかかるうっすらした雲がリアルにフィレンツェっぽい。
クーポラジョットから






ジョットの最上部で、クーポラから視線を右に逸らすと、
それはそれで美しい夕暮れに。フィレンツェステイ最後の夕暮れ。
ジョットの夕暮れ






ジョットを降りた後は、Duomoの中へ。
前に来た時は椅子が並んでて、ヒトも多くあまり感動がなかったんだけど、
今回はヒトもまばらで椅子も無く、スコーンと抜けてて滅茶苦茶気持ちよかった。
人々のざわめきがDuomo内で重低音に集約されて、下から響いてくるような
感じになってたのね。耳で感じる荘厳さが妙に気持ち良かった今回。
duomo中






【priceless】
ホテルの部屋の窓からは、メディチ家礼拝堂が。
このHOTElでは、この部屋からしかこの景色が
見れないので、事前にHOTELにお願いしてたんだけど、
かなり広い部屋でチェントロど真ん中で100EUROちょい(税込み)。
今はEU圏のホテルおさえるにも、かなりの現地サイトが日本語対応してるので、
チョイスも楽になってるよね、数年前と比べても格段に快適。
大手旅行代理店通すメリットって金持っててメンドーなことが
嫌いなオサーンくらいにしか無いんじゃない、マジで。
よっぽど付加価値あれば別だけどね。
ホテルの窓






今回はじめて足を踏み入れたんだけど、サンタマリアノベッラ薬局、
ほんとカッコ良過ぎ。当家のオミヤの蜂蜜はこちらでGET。
SMN






やりたい事があると、我慢できずすぐに動かないと気が済まないタチのオレ、
なのでのんびり優雅に広場の一等席的なカフェ使いは今回はゼロ。
気づいたら最終日って感じで...
チブレオカフェ



その代わりスタンディングでのどを潤す、ホットショコラで体の芯を暖める的な
使い方は相当してました、合ってるのよね性分が。銀座の三笠会館以外にも
日本でスタンディングが定着しますように!!

立ち飲みブームが来たなら、立ち飲みカフェもあと一歩か!?



フィレンツェへの愛はこちらへ → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by La Turbie   2006年12月10日 23:09
3番目の写真はシエナですね。私も大好きな街です。フィレンツェはどこのリストランテ?トラットリア?へ行かれたのかな?じらさないで早く教えて!
2. Posted by koko   2006年12月11日 04:57
はじめまして!突然の書き込み失礼致します。半年くらい前から、拝見させていただいてたのです(きっかけは、恵比寿のcociを検索していてです。)が、あまりにすべてがかっこよすぎて、書き込みする勇気がありませんでした。実は私は11月からミラノに住んでいます。フィレンツエ、ローマ、ヴェネチアも旅行してイタリアってほんとになんて素敵なんだろう〜と日々実感してます。きっとシエナのような小さい街も素敵なんでしょうね。そして、イタリア人ってほんとにお洒落ですよね?!おじいちゃんでも、きれいな革靴を履いて素敵なセーター着てかっこいいです。さて、日々お忙しいと思いますが、これからも美味しそうな写真と、おしゃれなお洋服、旅行等楽しみにさせていただきます!
3. Posted by srich   2006年12月11日 09:14
フィレンチェ、数年前、一人旅をしたことを思い出しました。今いろんなことを振り返ってしまいました。
いい写真ですね。
4. Posted by KEIKO   2006年12月11日 10:26
行った、行ったことある所ばかり。ちらっとばかりですが、初めてそれも一人で息子を訪ねての一人旅。もうフィレンツェのドーモが見えた時と空港で息子の顔見たときは感動!!それから10日間のアチコチ歩き。どこもかしこももうもう素敵で素敵で。いいよねえ!イタリアは何度行っても。お若いご夫婦なんて素敵なたびをなさったのでしょう。乾杯!!
5. Posted by Gina   2006年12月11日 11:32
いきなりふっていただき、ありがとうございます!
フィレンツェはこの5年毎年里帰りしてたのですよ。SMNで降りて、ドゥオモのドームを目にした時、「ただいまーっ!」っていっつも思うし、街を歩いていて、通りの向うにドゥオモが見えた時、安心感を感じるし、そういう場所なんですよね。フィレンツェって。
が、今年は食い気に負けて北方面に行っちゃったから、行けず。だから、kyah朕さんの写真が、泣けてくる位、郷愁を誘うのです。フィレンツェが持ってる空気感、しかと、ここで感じさせてもらいましたよ。私はデジイチでは、フィレンツェを撮ったことないのだけど、デカ写真&デジイチいいですね。何よりのお土産ですわ。

で、ボッタルガは「ガルガ」ですか?バールはどこだろ?

シエナも大好きな街ですが、他にもたくさん魅力的な街がてんこ盛りですので、また次回どうぞ!
6. Posted by たかえ   2006年12月11日 20:25
写真、すばらしいです!
特に雨?にぬれた石畳の写真がステキです。フィレンツェの空気を感じますー。

行きたくなっちゃったなー

7. Posted by お気楽OL   2006年12月12日 01:15
5 こんばんわんだふぉ〜♪
あーん、ステキすぎぃ。
フィレンチェ・ヴェネチア旅行に最後に行ったのは2004年6月。。。。2年半前だわぁん(TT)
まじうらやまし〜〜ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♪
行きたいモードです。モード。
でも、GWはビーチだけど。エーン。
やっぱフィレンチェはいいですよねん。
美しい〜☆
いちがんほすぃ〜←そればっかりですんまそん。
ランキング連打しときまうす。
8. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:32
La Turbieさん、こんばんわ

ご推察の通りシエナでございます。
これはプッブリコ宮の上から撮りました。

やー、足がクタりました〜
9. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:33
kokoさん、こんばんわ
ミラノ在住なんですか、うらやましい!!

ミラノのサドゥレルは1万円以下で
行けるんですよね、超いきたいんですけど
10. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:34
srichさん、こんばんわ

そうやって自身の体験にシンクロしていただけると
メンドーな思いしてもブログにアップした甲斐が
あるってもんなんですよ。

これからも続編よろしくデス
11. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:36
KEIKOさま、こんばんわ

神戸情報お待ちしてますよ 笑
こちらにいらした際には、
腕によりをかけて接待させて
いただきます。

フィレンツェ、ほんと町に艶がありますよね〜
12. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:38
Ginaさん、こんばんわ

やー、Ginaさん狙いだったので
郷愁を誘えて良かった〜

続編まだまだ続きますよ、お楽しみに!
13. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:39
Ginaさん、追加です。

ボッタルガは「ガルガ」、
カフェは「チブレオカフェ」です!
14. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:41
たかえさん、こんばんわ

さっすが〜、実はこの写真の中で
一番フィレンツェを感じてるのが、
この石畳の絵なんです。

いいでしょ〜
15. Posted by kyah朕   2006年12月12日 23:45
お気楽さん、こんばんわ

次に海外行く時は、ぜーーーったい
デジイチ持ってった方がいいよ。

PENTAXなら軽いし、レンズも薄くて
いいのあるんで、検討してみたら?
16. Posted by Morgan-kun   2006年12月13日 22:57
5 はじめまして。私もちょうど同じ時期にフィレンチェに滞在しており、石畳の街を何度も躓きながら歩きまわっていました。Rotonda Club Italiana のHPを私も参考にさせて頂いてたので、どこかですれ違っていたかもしれませんね。こちらのHPは初めて拝見したのですが、お写真がとても私好み!嬉しくなってしまいました。内容も食いしん坊の私には興味深いものばかりなので、これからちょくちょく参考にさせて頂きますね。早速銀座のバールチェックしてみます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔