2007年01月06日

PERSEUS(FIRENZE)ガチンコビステッカ

ビステッカ

フィレンツェに着いた翌朝、まずはブラブラ歩きながら
じんわりと体をトスカーナの空気に馴染ませる。

市場を覗いて、Duomoを見て、坂登って、石畳につまづいて...


で、今回の旅ではじめての食事に
向かったのがこちら、ペルセウス。
元々、お肉屋さんだったところがやってる
リストランテらしく、もちろん目的はコレ
「BISTECCA ALLA FIORENTINA」。
ペルセウス入口大肉






チェントロから歩いたら20分くらいかかるかな。
piazza liberta っていう、Duomoからアカデミア美術館を抜け
更に10分くらいの場所にあるエリア。
土地勘の無いボクらはもちろんタクったけど、
次回は歩いていくのもいいかも。
なんせ肉の量が半端無いから。
ペルセウス前





予約無しで行けるだろう思って向かったんだけど、
ランチは13:00からってことで、軽く散歩して
1時間ほど近くのカフェでのんびり。
illy系列のせいか、エスプレッソのクオリティがメチャ高。
こういうアナログな過ごし方好きなのよね。
illy




■RISTORANTE PERSEUS
 Viale Don Minzoni 10/R FIRENZE
 TEL. 055-5048120




さ、フィレンツェ風ステーキの真髄味わってみますか → blogランキング

ーーーーーーーーーーーーーー

入口付近にもいくつかテーブルがあって、
こじんまりしたお店なのかなと思ってたんだけど。
こんな感じで肉がぶら下がってるとこを抜けると、
奥にはかなり広いダイニングが。
ペルセウス入口ペルセウス中





ざっとみてテーブルが20以上ありそうなんだけど、
奥にこんなスペースがあるとは。うーん、イタリアっぽい。
どの席にもガッツリした肉が並んでます。
ダイニング





ワインはテーブルワインをガブガブと。
まずはラードとアンチョビのクロスティーニから。
これが激ウマなのよ。隣の席のビジネスマンも、
”それウマいぞ!”と。
んでもって、自分も店員に早速オーダー。
クロスティーニ





店の兄ちゃんもノリノリです。
写真撮っていいかと聞いたら、
キッチリポーズ。フラッシュは
要らないのか? と。
なんせジャパンテクノロジーっすからと、
国力をアピール。
肉カット





ちなみにこちらのフィレンツェ風ステーキ、
2人分でもミニマム1.1kgからなのよ。
さっきの兄ちゃんが切り分けてくれるんだけど、
1個1個の塊がスゲーボリュームなんだわ。
いくら脂っこくないとはいえ、身のしまった
赤身を700g以上いただくのは”いくさ”ですよ。
まりえは2キレくらい食べて、「も〜だめ〜」と
早々にギブアップ宣言だし。
肉塔





塩とオリーブオイルで、シンプルにいただく
BISTECCA ALLA FIORENTINA。
肉本来の味を存分に楽しめます。

日本のメインで「肉少ねー」と
お嘆きの貴方には特におすすめ。
perseus





あっさりした感じなので、もたれるような満腹感は
ないんだけど、半端無い量をクリアしてるので、
Duomoのクーポラ目指してそぞろ歩き。
Duomo





ちなみに、こちらに来る前に朝一で目指したベルヴェデーレ要塞、
ミケランジェロ広場よりも、DUOMOが大迫力で見えるよとの
ことだったんだが、今は改装中で入れなかったのよ、ガックシ...

なんだけど、行くまでの坂道でここ見つけたのよ!
「冷静と情熱の間」マニアなワタクシは、一目でピンときました。
主人公のジュンセイが住んでるのはこのエリアらしく、家のシーンの
周辺では、何回かここのカットが使われてるのよ。
ベルヴェデーレ要塞まで




今でもこの肉の味、ほぼ完璧に口の中で再現出来ます。
ちょっと焦げたとこと、赤身のコラボがソリャもう...

地元でも評判なので、BISTECCA ALLA FIORENTINA
食べようと思ったら、是非こちらへ → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クライストチャーチウォーカー   2007年01月06日 20:14
はじめまして 

読ませていただきました

肉がとってもおいしそう

フィレンツェにそんないいところがあるなんて

行っておけばよかったと後悔ですww

私はニュージーランドについての

ブログ書いています

よかったら見てください

クライストチャーチの今〜ニュージーランド〜
http://christchurch-nz.blogspot.com/
2. Posted by お気楽OL   2007年01月07日 00:45
5 こんばんわんだふぉ。
うまーそーすぎます。
ヨダレものです。
アロマのビステッカこの前行きましたが色が違います。

http://ameblo.jp/sweetandlovelydays/entry-10022178513.html
会社辞めてしばらくイタリーに
行きたいワンダフォー。

あーん、キャー様、冷静と情熱マニア♪
あはん、あたしも。
豊☆ラブ。←ロンドでも萌え〜(^3^)
でもって、辻ファーン♪ 
みぽりんも好きーん。
いつかさいならもいいですよね。
ちょー脱線すんまそーん。



3. Posted by ノビィ   2007年01月07日 00:59
はじめまして
初めて書き込みします

本当に美味しそうな肉ですね
ぜひフィレンツェに行ったときには行きたい!

写真もとってもきれいですね
これからも覗かせてもらいたいと思います

美味しいものきれいなもの期待します!
4. Posted by kyah朕   2007年01月08日 19:07
クライストチャーチウォーカー さん、こんばんわ

貴blogにもコメントさせていただきましたが、
ワイン/仔羊/景色(写真)とボクが旅行に
必要な3要素が揃ってるので、かなり気に
なってるんですよ。

ホテルも結構リーズナブルなんでしょうか?
ツアー見ると高いですよね。

もちろんツアーで行く事は無いと思いますが。
5. Posted by kyah朕   2007年01月08日 19:10
お気楽さん、ボナセーラ!

アロマクラシコのビステッカかなり好きよ、オレ。
あれはフィレンツェのものとは別物だけど、
美味しいと言う意味では、相当のレベルかと。

アロマフレスカで食べた時は、アロマクラシコの時の
印象を超えなかったので、もう一度クラシコに
行きたいと思ってたのよ。

土曜ランチあたり狙おうかなと。
6. Posted by kyah朕   2007年01月08日 19:12
お気楽さん、そうそう。

”さよならいつか”は、滅茶憧れよ、ヲイラ的には。
タイじゃないけど、シンガポールとマレーシアで
読んで、そっとお気に入りのホテルに置いてきました。

なんとなくニューシネマパラダイスっぽく号泣。
7. Posted by kyah朕   2007年01月08日 19:14
ノビィさん、こんばんわ

これからもっとフィレンツェの
食事レポあげてきますよ〜。

美味しそうで美しいモノの感動を
できるだけそのまま伝えられるように
頑張りますね
8. Posted by Gina   2007年01月13日 10:53
コメント、遅れた!
ペルセウス、数年前まで池田氏のブログでは、
名前が伏せられていた(Pとだけ紹介されてました)隠れた名店なんですよね。

すんごい肉肉しいこのビジュアル、さすがに
フィレンツェって感じですね。
日本では、受け入れられなさそう、でも
現地にいるから食べちゃう!(んで美味!)
9. Posted by kyah朕   2007年01月15日 01:48
Ginaさん、ボナセーラ

でしょ、これぞフィレンツェな絵だよね。
フィレンツェ好きな方への、新年早々の
プレゼントって感じです、へへ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔