2007年03月20日

フィレンツェの夕暮れ

ジョット夕景

12月からヴァカンスレポをはじめて、はや3ヵ月。
わずか5泊のフィレンツェステイなのに、ま〜だ
引っ張っちゃったりしています。

もうちょいなので、しばらくお付き合いの程を。


フィレンツェステイ最後の夕陽をどこで見ようかなと。
最初からDUOMOかジョットの鐘楼のつもりだったんだけど、
夕陽を浴びたクーポラが撮りたくて、ジョットの方へ。
ジョット





高さ82mの鐘楼、狭い石造りの階段を黙々と登る。
この旅は高いトコに昇るってのが隠れテーマらしく、
スニーカー無しじゃ、やってられませんわ。
TOP




ちなみにこちら入場料は6EUROくらい。
エクササイズ出来て、Duomoの絶景見れて
このプライシングはステキチよ。
ディナー前の腹ごしらえに。→ blogランキング



------------------



Duomoのクーポラは、最上部に出るまで
あんま外の景色って見えなかったと思うけど、
ジョットの方は、ちょこちょこ見えるんで
気がまぎれる。途中でかなり天井高い
スペースあるし、金網の向こうには
夕陽を浴びたこんなクーポラも。
見上げ





最上部に出る頃にはヘロヘロ。
Duomoと違って金網が前にも上にも
張り巡らされてるのが哀しいが、
ここの景色はホント絶景。


クーポラの向こうに、雲がかかった
山が見える。なんかもの哀しく感じるのは
翌日フィレンツェを離れるからか?

にしても、スゲー人。
Duomoの上はラッシュです。
クーポラ寄




陽が沈んでしばらく余韻に浸ってたけど、
頃合を見て階段を降り始める。
かーなり足がフラフラ。

結構寒かったし、そのまま目の前の
Duomoの中へ。前に来たときの印象が
イマイチだったので、今回中へ入るのは
初めて。


あれ、全然期待してなかったんだけど好みじゃん。
椅子とかなくてドーンとした空間が広がっており、
その空間の中で人々の声や動きが共鳴して
重低音のざわめきを作り出している。
写真は明るめに処理してあるけど、実際は
もっと薄暗くて荘厳な感じ。
DUOMO内部




わっかるかなー、このスケール感。
ヒトの大きさから、この空間のでかさを
想像してみてね。
DUOMO縦




実際の明るさは、まりえの背景部分が
近い表現してるかも。さすがデジイチ、
フラッシュでもヒトの肌感とか、ちゃんと
表現してくれるのね。
DUOMOまりえ






蝋燭って、ステンドグラスとか豪華な彫刻に
比べて脇役になりがちだけど、ゆらめく
ろうそくの炎をみてたら、妖くも何故か
落ち着かせる空気があたりを支配している
気がして、思わずカメラを向けちゃった。
DUOMOキャンドル



さーて、これからフィレンツェ最後の晩餐です。→ blogランキング


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by grace   2007年03月23日 11:30
私の好きなフィレンツェですね〜☆
わたしは一生Duomoには登れない気がします。
というか他の方にご迷惑になるので。
階段もかなり狭そうだし***

わたしの気分ものってきました。
出発4月1日です。
レポート楽しみにしていてくださいね!
ではでは
2. Posted by kyah朕   2007年03月27日 00:30
graceさん、カウントダウンだね。
今、超ワクワクモードでしょ。

レポほんとに楽しみにしてるし、
時間あったらメールくださーい。

フィレンツェの今を感じたいッ!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔