2007年04月28日

多田屋へ (能登)

能登の多田屋

近江町市場でドンブリとガチンコ対決した後は、
重たいお腹をさすりながら、能登自動車道を北上。
凄まじい吹雪の中、そろそろと車を走らせます。


ボクラが宿泊したのは、能登半島の右サイドに
位置する和倉温泉の多田屋。


先日、地震の被害を大きく受けた和倉エリアですが、
多田屋ブログを拝見すると、プロの精神でしっかり
営業されているのが伝わってきます。



このエリアには、旅行業界からの圧倒的な支持を得る
加賀屋旅館があったりするのね。で、加賀屋を調べる
ついでにこのエリアを調べていたら、たまたま多田屋の
オフィシャルサイトに辿り着いたのよ。


サイトのデザインもかなり洒落てて、部屋の感じも
センス良かったんで、ほぼ即決でここに決定。
多田屋ロビー





宿泊の予約や食事についての問合せ対応も
素晴らしく、メールのレスポンスも素早いうえに的確かつ丁寧。
ちょうど能登温泉特集がTVでもやってたりして、
行く前からかなり期待値高めだったんだのよね。
部屋BED






部屋は4人で1部屋を。
こういう合宿みたいな旅行は久々ですな。
テーブル




ココ選んで良かった〜 → blogランキング



-------------------

金沢からは1時間半くらいの道のりだったかね。
部屋に着いたら、まずはお抹茶とお菓子で一休み。
抹茶と羊羹




ベッドが2組あって、畳の部屋と区切られています。
部屋にお風呂がついているタイプは利休(1F)と抱月(5Fあたり)。

BEDから和室






ちょっと休憩してから、旅館の中を散策へGO。
1Fに大浴場があり、海に面した露天風呂があるらしく。
廊下SソファーS




時間も早く誰もいなかったので、
カメラを持ってササッと撮影。
露天風呂





この桶みたいなタイプの露天風呂は、
ほどよくぬるめなので、永遠入ってられるのよ。
hirorentinaとベシャリながら、思わず2時間くらい入ってたし。
スゲー気持ちよくて、温泉つかり自己最長記録達成。
露天丸寄





この日は天候がめまぐるしく、たまに雪が舞い込んだりしてくるのよ。
岩を枕にして空をあおぎながら、踊る雪を見る気持ちよさは何とも言えず。
風呂につかりながら、顔にハラハラ降ってくる雪の感触は忘れられないなー。
露天岩






ちょうど時期的にこんなモノが飾ってありました。
立派デス。
ひな祭り






お風呂から出たら、激睡魔。
みんなダラーんとしておりました
風呂へ




これは、金沢から能登まで移動してる時の海の模様。
荒れ狂い方が半端無いです。吹雪の合間にたまに
シャッターチャンスが訪れるので、その隙を狙って。
海1





でないと、雪が打ち付けきてエライ痛いのよ。
パチパチパチパチ、BB弾くらいの大きさのヤツが
当たるんでね。
海2






こちらは、旅行業界の方から
圧倒的な支持を得ている加賀屋。
加賀屋



それでも多田屋がボクは好き → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by berry   2007年04月30日 22:44
こんにちは。以前から拝見させていただてます。
能登のほうは行ったことがないのですが、素敵なお宿ですね。
2. Posted by kyah朕   2007年05月05日 17:00
berryさん、こんにちは

とてもバランスのいい宿でしたよ。
若旦那夫妻の温度感も伝わってくるし、
センスもいいのでとても気に入りました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔