2007年05月13日

文崋 (香港)中華インパクト!

文崋

文華(MAN WAH)は、香港 マンダリン・オリエンタルの
中華ダイニング。今回の香港ヴァカンスの最初の食事は
ココをセレクト。


中華師匠もお気に入りのレストランだし、香港は後半で
知人(というか香港師範)と合流する予定になってるので、
前半戦はまりえと2人で、ホテル系のレストランを
中心に予定を組んでいた。
XO醤





12:00の段階では、まだお客さんはまばら。
13:00に近づくにつれ、席がどんどん埋まっていく。
予約が早かったのか、時間が早かったせいで
窓際の席に通される。
ビール




25Fの落ち着いた高層フロアからは、コンラッドや中国銀行の
ビルなど、ワンチャイ(灣仔)の高層ビル郡の眺望が愉しめ、
席によっては九龍半島や海を望むことができるのだ。
ウハー、なんかエラク気分いいんですけど、ココ。
外景色






最初のビールからして、やけに旨いと感じたんだが
(グラスの薄さや冷え具合とか)、さすが香港を代表する
高級ホテルのダイニングだけあって、2人で行っても
ほんと楽しめる。

この帆立のあんかけ炒飯は、滞在中に食べたものの中でも、
衝撃度で言ったらNo.1。舌が慣れてないうちに食べてしまったんで、
記憶に残る一皿でした。特にXO醤をちょこっと合わせると、また
なんともいやらしさが増すんです。
帆立炒飯





純粋な美味しさで言ったら、ヨンキーの方が色々なもん食べて
美味しかったと思うけど、サービス、雰囲気、味のバランスが良く、
それに加えて一番最初の食事だったってのもあって、忘れられない
デビュー戦になりました。




文華(MAN WAH)
5 CONNAUGHT ROAD, CENTRAL, HONG KONG
TEL:28254003 


世界レベルに唖然 → blogランキング


ーーーーーーーーーーーーーーーー


最近出来たデザインホテルではないので、
天井はそこまで高くは無いし、圧倒するような
雰囲気ではない。
店内




歴史の重さを感じさせつつも
モダンさも取り入れた落ち着いた空間。
日本人らしきヒトは平日ランチのせいか見なかった。
セッティング




sinpさんから、「レシピが変わったんでたいしたこと無いよ」
と言われていたサックリングピッグ。えー、香港マスター
な方々ならともかく、香港レベルに慣れてない当家から
すりゃ、激ウマです。たっぷりのクラゲとあわせてバクバク...
日本だったらせいぜい2キレくらいなとこを、遠慮なく
いかせていただけるという贅。皮のカリカリ感と
ジューシーな肉のコラボ、ギトっと感を中和するクラゲ。
目がハードですわ、マジ。
サックリングピック引







朝鮮人参とfish maw (魚の胃袋の干物を戻したもの)
の入った鳥のスープ。どうしても日本と本場の大きな差を
感じてしまうのがスープのクオリティ。安いお店でも
スープのクオリティは全然日本と別物なので、
あの奥深さの理由はどこにあるんだろう。fish mawも
食べてるときは、なんだこのコラーゲンな物体は?と
思っていて、さっき調べて正体がわかりました、なるほど。
スープ




どーしても酢豚は一回食べておきたくて。
コースは量が少なそうだったので、1品くらい
追加できそうだなといってみた。日本で
酢豚に入ってるパイナップルは、邪魔だとしか
思ったことが無いんだけど、こういう風に
あわせれば美味しいんだと開眼。自分じゃ
再現できないが、味がキチンと一体化してるのよ。
アクセントでグレープフルーツがでかくなったような
ザボン(だっけ?)が入ってて、軽い酸味が
後味を自然にすっきりさせてくれるのよ、
このバランス感も秀逸。
酢豚







帆立とマカデミアナッツと野菜の炒め物。
帆立はナメてたけどウマイ、やけに濃厚なの。
野菜も味が強いね。
野菜





鮑汁瑤柱福建燈絲苗
一部漢字が変換できないんだけど、
要は帆立のあんかけご飯。
これまであんかけご飯の類って
あんまいいイメージなかったんだけど、
これはその価値観をガラッと変える
威力を持った、強力なご飯でした。
XO醤とのコラボは、思わず声出ちゃったし。
あんかけ炒飯







杏仁豆腐にマンゴの果肉が入ったデザート。
すっきりしたんだけど、マンゴのインパクトの
強さに驚き。南国に行ったときにフルーツの
強さにはいつもハッとさせられるけど、マンゴが
こんなに強く感じたのははじめてかも。
まだベストシーズンには早いんだよね?
杏仁マンゴ





こうなったらマンゴプリンもデビューしたい、と
我慢できなくなったので、マンゴプリンを追加でオーダー。
いやー、思ったよりデカイです。やはりマンゴの強さが
全然違う。これまで食べてたマンゴプリンって何だったの。
マンゴプリン





コースは530香港$くらいで、サービス料は10%、
酢豚やら、ジュースやら、お茶やら、ビールを
追加したので、2人で2000$くらい。
安くは無いけど、満足度は高かった。
日本でこのクオリティがこの金額で
楽しめるなら、喜んで払うんだけど。
お茶





古い壁画っぽくポージング
お札の絵




マジ、うんめーの → blogランキング

kyah2004 at 22:46│Comments(8)TrackBack(0)香港2007 | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちえこ   2007年05月13日 23:52
先ほどはど〜もです。
そういえば、私もこの席に座ったです。
日本から予約した時、写真とりずらいかも!?
と思いつつも、窓際といちお言ってみました。
でも、確約はできない。とは言ってましたけどね〜

見るとまた行きたくなりますね〜。
私の「4大お気に」は全て、街場の店だったのですが、「5大お気に」になって、初めてホテルレストランがランクインしそうです〜。
2. Posted by faites-meilleur   2007年05月14日 00:19
文華、行きたかったのですが、何せ現地
滞在日数が少なく夢で終わりました。

酢豚にパイナポーは、かなり遺憾ですが、
こちらの酢豚は気になります。
マンゴプリンも見るからに濃厚そうですね。

なるほど、AneCanですか
3. Posted by お気楽OL   2007年05月14日 00:46
5 こんばんわんだふぉー。
おしそーーー。
ヨダレダラー。
中華大好きですのー♪ 
やっぱ人生最後の日は中華です♪♪
マンゴーが特に好きダス。

HK久々に行かなくてはならない衝撃ー
       キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

沖縄も行きたい、HKも行きたい。
あと半年あまり残りの2007年、忙しいでふー。



4. Posted by GRACE   2007年05月16日 23:19
古い壁画っぽくポージングいいですねぇ!
なかなかお逢い出来ませんね。
そして髪の毛だいぶ伸びましたね。
わたしも少しカラーの色を変えました。
5. Posted by kyah朕   2007年05月17日 01:52
ちえこ師匠、こんばんは
ほんとお世話になりっぱなしで、
マジ感謝です。今度は是非、トルコ
指南もお願いします。来年こそは
行きたいなと思っているので。

文崋の炒飯、今すぐ食べたいデス
6. Posted by kyah朕   2007年05月17日 01:54
faites-meilleurさん、こんばんは

はじめて食べる香港のマンゴーは、
これまでどのアジアンリゾートで
食べたヤツより濃厚でした。

あのインパクトもスゴかったです。

ACはヤケにデブって写ってるので、
ほんと買い占めたい 苦笑

普段、綺麗なヒトを撮り慣れてるカメラマンなので、
不細工を誤摩化すテクは不要なんでしょうね..

いとあはれなり
7. Posted by kyah朕   2007年05月17日 01:56
お気楽ちゃん、こんばんは

香港マジでいいですぞ。
オトナになって見る香港は、
また昔と違ったハケーンが
デキると思います、マジ。

夏のマンゴーで痺れちゃってくださいな
8. Posted by kyah朕   2007年05月17日 01:57
GRACEさん、こんばんは

髪の毛はしばらく放牧中です。
少しダメージ抜かないと、かーなり
傷んじまっているんで。

そろそろすれ違いそうですよね〜、
見かけたらスルーせずに、是非お声がけ下さい!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔