2007年08月21日

そうだ京都へいこう (京都)

京都苔

中学生の修学旅行以来、20年ぶりくらいの京都。
そりゃ、もう殆どデビュー戦と変わりません。

「五山の送り火を見に行きたいな」というのが
キッカケで暴走した5日間。

ユッキーとりょーじとまりえの4人で
連日37度とかいう死にそうな炎天下の元、
ストイックに寺院回って、ビール飲みまくって、
さんざんメシ食ってと、気付いたら修行モード
で生き急いでました。
南禅寺





やっぱ、20年も経てば色々感性も変わるわけで、
中学生当時、感銘を受けたお寺は混み過ぎていて
イマイチ感が否めず。やね、寺自体は相変わらず
スゲーかっこいいんだけどさ、酷暑&人混みで
本来持っている美しさを感じることができなくて、
相当集中しないとシンクロできないのよ。
それは、ムリ。
わびさび





つーわけで、ダラーっとできて、
自分のペースで入りやすいところに
好感度が集中しちゃいました。
京都竹



京都入門編、帰ってきたばっかの印象を、
まずは つれづれなるままに。→ blogランキング




-----------

寺院は、さっきも書いた通り、のんびり過ごせる
ヒトの少ないところが好み。とは言っても、
もちろんメジャーどころしか知らないので、
今回はこのあたりがヒット。

祇王寺、南禅寺、円通寺、源光庵、宝泉院。



・祇王寺(嵯峨野)は、静寂さと苔に惚れ
祇王寺






・南禅寺は、南禅院の美が凝縮された庭園に打たれ
南禅院





・円通寺の借景の美しさと、こだわり感が響くね
円通寺





・源光庵の「悟りの窓」はもちろん、
源光庵





・宝泉院(大原)は言わずと知れた額縁寺、
 コレ住職の住まいだったんですか
額縁寺
 




あと、のんびり過ごすには、大原の実光院が最高だった。
お茶を一服いただいて、静かに風の抜ける縁側でボケーッと
庭を眺めて、気が向いたらフラっと庭園を歩くという贅。
こじんまり感といい、枯れ具合といい、日本人で
良かった〜と、しみじみする瞬間に出逢えた。
実光院





料理に関しては、嵯峨の精進料理のお店が、
店主のお父さんのキャラも含め、最高に思い出に残った。
あれだけ印象に残るお店ってそんなない。
万人ウケはしないだろうが、職人気質に
うまくシンクロできたので、いい方に印象が倍増。
京都ラテンなオヤジで、食後感がどこか“山本彩香”っぽい。
ラテンオヤジ






貴船の「ひろや」も川床っていうエンターテイメント性だけでなく、
料理もかなり美味しかった。
川床




そしてステイ中、2回も行った
蕎麦屋の「なかじん」、あそこはかなり美味な蕎麦が楽しめるし、
他の料理もストイックに仕事をされていて大好き。
蕎麦





唯一のイタリアン、サンタマリアノヴェッラは、
胃のダメージにあわせて、やさしくアレンジして
もらったせいもあり、こちらもかなり満足度高かったな。
SMN



詳細はおいおい、また。
死ぬほど食べたので書ききれん。





最後に京都の印象。
「純和風」の淡いイメージだったけど、“はんなり”の
言葉の後ろに透けるのは、ラテンなオトナの横顔ね。
気配だけしか感じられてないけど、チラ見えする
したたかさが、古都の魅力を増している気がする。

白黒ハッキリ的な生活に慣れてるドライな東京、
凄まじい情報量を裁くために自然にそうなっちゃう
ものだと思うが、ついついそういうスタイルが
当たり前なんだと感じていた。

なので、京の都で感じた“いい加減さ”“したたかさ”
といった武器が新鮮で、こういうのって成熟した
オトナたる条件なのかなとも思ってみたり。
そういうスキルも身につけたいなと発見だった。


にしても、そういう気質を育てる土壌が、
同じ日本でも京都と東京では全然違うのね。
どっちがイイというわけでは無く、テロワールの差。
どこか外国に旅行にいった感覚が残っているのは、
そのせいかも。

帰ってきたばかりで、うまく咀嚼できていなけど
酷暑の中で感じた“なにか”を、もっと自分なりに
解釈してみたい。





意味わかんないと思うけど、これまた自分メモ。
もうちょいしたら、ヒトに理解してもらえるように
書けるかも。




京都ハマりますな〜 → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by N   2007年08月22日 00:32
おかえりなさい!

「なかじん」にも行かれたんですね。
職人気質なトコがお好みなんでしょうね。
お寺も食事も堪能されたようで、満腹なんじゃないでしょうか?

今年の夏は帰っていないので、うやらましいかぎりです。
また、どうだったかBlogにUPしてくださいね。
楽しみにしてます。

ちなみに、書かれている京都の印象は、僕にはすっごく共感できますよ。
2. Posted by ぉき   2007年08月22日 00:50
5 わんだふぉ〜京都♪
いいないいないいな。
盆地だからスゴイ暑そうだったけどん。

源光庵の「悟りの窓」の写真わんだふぉ〜っす。
レポ待ちまするー!

川床おもしろげねん。
いいわん。
趣があるわん。

東京もいいけど、関西もGOODよね〜ん。あたしはもっと下のトコに飛んでいってきや〜す。 
3. Posted by ania   2007年08月22日 08:15
あら〜偶然。
私も週末まで、いたのですよ!
実は京都マニアなので、フラっとよく行くのです♪

良いところばかり、まわられましたね。
この暑さの中、こんなに色んな場所に行ったなんてスゴイです(笑)。
祇王寺も源光庵も大好きです。

なかじんさんは、お一人様なら何とか入れるかなと当日電話したらいっぱいでした^^;
相変わらずの人気のようですね。
4. Posted by Rio   2007年08月22日 10:32
おかえりなさい!
京都レポ待ってましたとも!!

東京と京都の違い、どちらがいい悪いではなく、純粋に違いの話。
ものすごく共感できますよ。
・・・って書こうとしたら、私よりダンナさまのが早かったみたいですね
モダンな東京の、ドライでシャープな洗練も、
懐深くて、油断ならないしたたかな魅力でせまる、そぎ落とされたの京都の洗練も、
どちらもたまらなく好きなのです。

共通言語が増えたみたいで、嬉しい♪
5. Posted by KOJI   2007年08月22日 14:51
いつも美味しい料理と素晴らしい写真を楽しく見て満足してしまい、
書き込んでなかったのですが、

京都出身の私が一番好きな庭をもつ円通寺を紹介されているので、
我慢できずに書き込んでいます。(^_^;

当時の記憶ではカメラの持込が禁止されていたため、
真冬の底冷えに震えながら、目に焼き付けようと頑張ったなぁ〜。
ネットで調べると、現在カメラの持ち込みはOKになっているのを知り、
ちょっとビックリしています。
6. Posted by Ryoji   2007年08月22日 20:06
ciao !

あの後、札幌で結局寿司のA行って、今のオマカセにまたぶっ飛ばされましたw
やはりまだみんなには内緒にしてください。。

京都のIは、食の見直しには最高の場所でした。
映像見てると笑えますw

食べた後に動けない食事は、欲の産物かもしれませんね。。
7. Posted by La Turbie   2007年08月23日 19:13
京都人のしたたかさを見抜いてしまうとはkyah朕様の洞察力はスゴイです。
学生時代に暮らした京都で耐えられなかったのは夏の暑さと交通混雑と京都人でした。
「お茶漬けでも食べてかはりますか?」と聞かれたらすぐに帰りましょう。
「また、寄せてもらいます」といわれたら、もう二度と来ませんってこと。
「今度、うっとこへも寄ってください」といわれてお邪魔すると「どちら様でしたやろ?」といわれるのがオチです。東京人は京都で生活してはいけません。他人のために自分を犠牲にしない、他人のいうことを信じない京おんなとはご縁がありませんでした。
京都人様お許しを!これは文化の違いということだけです。
8. Posted by kyah朕   2007年08月26日 16:43
Nクン、こんにちは。

色々リコメンドしてもらえたおかげで
今回の京都はかなり充実したものと
なりました。

なんとなくステイ中に感じた京気質が、あながち
ハズレていないみたいで安心しました。

東京人が暮らすのは大変そうだけど

9. Posted by La Turbie   2007年08月29日 17:50
京おんなの性向については京都新聞社の本に
書いてあったことで個人的体験ではありません!
京都人が東京に住むことになれば、また同様の
苦労をされるのでしょう。
生まれ育った風土が一番生活するのには楽な
ことは確かです。
京都は天下一品のラーメンも学割がきき、王将
では食べた後に皿洗いを小1時間すれば無料に
なる店舗もあり、学生を大事にしてくれる街です。でも本音を言えば人口比10%にも達する
学生相手の商売が成立するってことかな。
旧制第三高等学校の学生は喫茶店に入ってもお店
は代金をは受け取らなかったそうです。
代金よりもうちの娘の婿になってもらえれば
ありがたいとね。末は博士か大臣ですもの。
やっぱり京都人は始末が良いようです。
10. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:23
ぉきちゃん、ボンソワ
毎度の亀レス ほんとかたじけない。

やっぱ京都は雅だね。東京で、この言葉の
似合う場所ってあんま無いよねーと改めて
思ってみた。

川床は、オトナのマストアトラクションだよ、
ファストパス取って、行くがよろし。
11. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:24
aniaさん、こんばんは

んなの、当然知ってます!
行く前に、aniaさんの京都の過去記事
全部チェックしましたから。

悪いけどストーカー並みですよ、オレ 笑
12. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:28
Rioちゃん、こんばんは

京都のテロワール、興味深かったです。
ありゃー、根が深いわ。プライドの
高さも東京並で気持ちいい。

なんだかんだ言いながらの自己主張の
強さを“ワイが主義“と名付けて
滞在中に楽しんでました。

もっとヒトと話がしたくなる都だね。
13. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:33
kojiさん、こんばんは

昔は円通寺、もっと色々厳しかったみたいですね。
あのストイックさが、円通寺の美を護っていると思うので、その筋の通り方も美学かと。

別室でのお茶ものんびりたのしめましたが、
あの庭を見ながらお抹茶いただけたら、ほんと
最高ですね。

KOJIさん、お気に入りのお寺に、デビュー戦から
行けたこと、なんか誇らしいです 笑
14. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:34
Ryoji、修行おつかれさま。

やっぱ、鮨Aやばいか。
あのプライシングは見事だもんな〜、
あー、札幌も行きてー。
15. Posted by kyah朕   2007年08月30日 21:39
La Turbieさん、こんばんは

学生時代、京都だったんですね。
今年の暑さは、ほんとに異常だと
京都の方々が口をそろえて言ってましたね。
よく、まー、荒行に耐えたと思います。
我ながら。


産まれ育った風土の違というものを、
ここまで意識したのは京都がはじめて
でしたね。あのちらほら見えるプライドの
高さが、東京育ちからすると、脅威でした。
住んだらイライラするだろーなーって 笑

数日の旅行であれば、そんな違いに
触れられることが愉しいのでいいのですが、
確かに年単位で住むなら、いろいろ心の
準備が要りますね。

ま、それだけ、京都が面白かったってことなんですが。
16. Posted by ania   2007年09月03日 01:02
ありま、そうだったのですね(笑)。
でも私とかぶっていないお店、結構ありますよね〜
精進料理のお店は気になります♪
貴船のひろやさんは一番の高級店と聞きますが美味しいのですねー。
来夏は行ってみようかな。


17. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:13
aniaさん、こんばんは

秋山のランチ、3000円ですか。
そりゃ、確かにお得過ぎ。
それであの内容ってのは、
ありえないですね、ホント。

次回こそ、なかひがし、ささきも
行きたいな。

行きたい店リストは、5日間なのに
10日分以上になっちゃってました。
次回もそのまま使えそう 笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔