2007年09月02日

京都食べ歩き (ダイジェスト)

南禅寺

色んなヒトから京都の料理の魅力について吹き込まれていたし、
妄想が膨らみまくった状態での初の京都食べ歩きとあって、
行きたいとこリストが肥大化し、アーラ大変。

人気店は早めに予約してたけど、後は気分次第でアドリブ。
リョージが常にPC持ってたので、TAXIの運転手に
聞いた断片情報を、さっとその場で拾って膨らませちゃうみたいな。
いい加減そうなアナログっぽい雰囲気出しながら、
メッチャ情報武装したイヤな観光客してました 笑


基本、お寺まわりと食事の情報ソースは、京都出身で
料理教室が同じNクンからのリコメンドが中心。
パリの時にコンサルも最高だったし、ボクの価値観や
センスを理解してもらってる分、ほんとお薦めが
ピンポイントでキマるんです、ありがたい。



つー感じで、京都ステイ中の5日間、
こんな感じで呑み食いしてました。
寺も相当まわったけど、当然食事も手は抜きません。
食事の時はたいてい呑んでいたので、ボクにしては
ありえない酒量です。酷暑のせいで、ビールは
すぐに抜けるのか、全然酔わなかったんだよね。

ホロ酔い程度ならTAXI移動中にリセットできるので、
珍しく食事中にオチルということは、京都では
やらかさなかったみたい、よっしゃー。


・初日
ビール(新幹線)、Cafe Terrazza (哲学の道)、豆水楼、なかじん、ひろや(貴船)、
ル・ピエ・ノワール(シャンパンバー)、チェントチェント(カフェ)

・2日目
生ビール(嵯峨の駅)、亀山家、ひさご、くしんぼう 山中(ステーキ)、
It's GION 2 DEUX、グロッサリーワインバー

・3日目
嵯峨の精進料理、サンタマリア・ノヴェッラ

・4日目
甘味屋、比叡山、秋山、チェントチェント(カフェ)

・5日目
河道屋養老(聖護院横の蕎麦屋)、なかじん


どこのお店も良かったけど、特に良かったのは、
嵯峨の精進料理の店と、貴船の「ひろや」かな。


貴船の「ひろや」は、初の川床体験で
ガイジンみたいなはしゃぎっぷり。
夕暮れの鴨川の上流、映画のワンシーン並みに、
いいところでひぐらしのサラウンドがキマるのよ。
7.1ch THXですか? みたいな迫力。

席の真横を流れる清流ってのも贅沢。
最近まともに聞いてなかった川の流れる音に
じっくり耳を傾むけてみる。忙しさの中で
忘れていた、日本人としての大事なの何かを
気付かせてくれるようだ。


鞍馬山から鹿が降りてきたときには、ビビったね。
一同ピクサーの仕業かと勘繰ったくらいの
パーフェクトな演出。観光客指数100%ですが、
マジで満足度高いです。お値段もそれなりだけどね。
ひろや






この旅最高だった、嵯峨の精進料理は、雑誌にもネットも
殆ど出ていないらしーので(店主のラテンオヤジ談)、
ここで出すと無粋なのかなと思い、ちと自粛。
京オヤジの本心は、よーわからんので、リスクミニマムで。

料理はかなりストイック、素材の味を最大限に活かして、
一口目のインパクトで「旨い」と言わせる仕事っぷりは、
これまで食べたなんちゃって精進料理とは、明らかに
一線を画しており、一同思わず目を見合わせたモンね。

そこに追い討ちをかけるように生粋の京オヤジの
トークショーがはじまるのよ、コレがほんとにオモロくて。

一応形だけこっちの話も聞くし、「気分悪くするかもしれまへんが..」
的なエクスキューズもつくんだけど、あまりにもそれがポーズ過ぎでカワイイ(笑)。

自分の意見以外、殆ど全否定だし、質問は都合悪そーなことは
全部はぐらかされちゃうし、すべて「オレが最高」的なところに
話が落ち着くのが、心の底から気持ちいい。

ちょっと茶化して書いてるけど、職人としての誇りや、妥協の無さ、
徹底したリアリストぶりなど、話している内容でかなり感銘を
受ける部分が多かったんです。

なので3.5時間、京生粋のラテンオヤジの猛攻に耐えられる
自信があるヒトは行ってみて欲しいなぁ、決しては万人に
ウケるお店じゃないし、そうある必要も無いと思う。
1食1組だけど、こういった店が長く続くところが京都らしい。
嵯峨精進部屋




あのトークショーは、また行かないと。
今度はお土産持っていこーっと。
パンマニアでもあるらしいので、
あそこのパンでも持ってくか。

ダメ出しされそうだけど 笑→ blogランキング





----------



・Cafe Terrazza (哲学の道)
  哲学の道沿いのイタリアンカフェ。テラス席もアリ。
  季節さえよければ、絶対テラス席と思ったけど、
  午前中にして、すでに限界の酷暑。ビールを求めて
  さまよっていた我らは、冷房のキーンときいた室内へ直行。

  哲学の道沿い、甘味処は結構あったけど
  ビールがのんびり飲めそうな店は、お盆中の
  せいかあまり見当たらなかったので、色んな
  ニーズに応えてくれるココは実にありがたい。

 京都市左京区鹿ケ谷法然院町72
 075-751-7931






・豆水楼 (祇園)
豆水楼

  豆腐料理の専門店、ボクらは祇園店へ。
  これまた、ビールとちょいとおつまみをいただきに。 
  昔の町屋の雰囲気が、ミーハーな観光客的にはたまりません
  おぼろ豆腐も良かったが、汲み湯葉の造りも暑い昼間には最高でした。

 京都市東山区東大路通松原上ル4丁目毘沙門町38-1
 075-561-0035
 http://www.tousuiro.com/index.html







・虚無蕎望 なかじん (東山)
なかじんせいろ

  ボルドーワインのようなテロワールを感じる蕎麦。
  店主の職人っぷりもステキチ。 コワモテだけど、話はじめると
  結構止まらないです。こういうオヤジ好きなんだな、オレ。
  ワインもあうし、アラカルトもレベル高い。絶対予約。

 京都府京都市東山区東山三条一筋東下ル
 古川町546 古川町商店街内
 075-525-0235(ほぼ完全予約制)
なかじん牡蠣









・ひろや(貴船)
川床

  折角の京都デビューなので、川床は外せねーだろと。
  京都在住のトモちゃんの親戚に取って貰った川床。
  こっちで淡白な鱧しか食べたことなかったんですが、
  鱧ってあんなに濃厚で、色気ある魚だったんすね。
  ロケーション、舞台装置だけでなく、料理も相当
  美味しかったんですけど。 

 京都府京都市左京区鞍馬貴船町56
 075-741-2401
 http://www.kibune-hiroya.com/







・ル・ピエ・ノワール(シャンパンバー)
シャンパンバー

  適当に入った割には、かなりヒットで、己らの
  引きの強さを感じたお店。木屋町のラブホ
  脇という、“ますらを”には絶好のロケーションの
  シャンパンバー。
  プライシングも適正だし、雰囲気も落ち着いてるし、
  コリャ、地元使いしたいな、マジ。

 京都市中京区木屋町蛸薬師196番地
 (市営先斗町駐輪場南)
 Tel/Fax 075-255-3889
 http://www.champagne-bar.com/top.htm








・チェントチェント(イタリアンカフェ)
イタリアンカフェ

  木屋町、高瀬川沿いにあるイタリアンカフェ。
  このロケーションで、この雰囲気なのに、
  どうして客層がイマイチなんだろう?
  曲選も悪くないし、すぐ隣に川沿いの
  テラス席なんて、東京じゃ、なかなか
  お目にかかれないッスよ。


  1:00頃まで空いてるし、
  どーしてすいてたり、客層のマジョリティーが
  お子ちゃまがなのかが、理解に苦しむカフェ。
  東京にあったら、エロい大人の男女でいっぱいに
  なりそうな店なんだが...なんで!?

 京都市中京区木屋町三条西南角TIMESビルB1
 075-231-0036
 http://tabitano.main.jp/7centocento.html
イタリアンカフェ中









・亀山家(嵐山) 
あらしやま

  嵐山 渡月橋から、吉兆とかを通り過ぎ、
  少し上流方面に歩いて嵐山公園の入口
  あたりにある、川沿いの茶屋。

  とにかくロケーションがさいこー、夏の炎天下では
  ここのビールが最強に美味しかった。
  秋もダイナミックな紅葉が、青空の下楽しめるんで無い?








・ひさご (東山)
ひさご

  有名な親子丼の店。鶏肉は極めてフツーだけど、
  半熟加減とダシの味がバランスな卵が絶妙の親子丼。
  
 京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町484
 075-561-2109








・くしんぼー 山中(ステーキ)
山中

  近江牛ステーキのお店。
  外がちょいとカリっとした焼き具合が楽しめて、
  中のレア具合もいい感じ。歯ごたえ、肉の旨みが
  存分に楽しめるステーキハウス。
  このクオリティなら、あの価格帯も納得。
  ハンバーグはお手頃プライスで楽しめます。

 京都府京都市西京区御陵溝浦町26-26
 075-392-3745








・It's GION 2 DEUX (祇園)
祇園バー
 
  祇園は白川沿いのお洒落BAR。
  行った時間のせいか、アフター組が多く、
  なんか水っぽさが過剰で、ちょっと肌に合わなかった。
  好みの問題だけど。値付け感も少し高めに感じたが
  どーだろ。
  
 東山区祇園末吉町80-1
 075-531-8321
 http://www.itsinc-jp.com/its-gion/its-gion.html








・グロッサリー ワインバー
ワインバー

  内装みて別に東京にもあるじゃん、って言われれば
  そのとーり。でもこの店に入るまでのアプローチは
  さっすが京都です。路地奥に佇む蔵造りの建物。
  こういうお店がやっぱ落ち着くわ。いいお店!

 京都市中京区六角通新町西入ル北側
 075-255-0117
 http://www.winegrocery.com/bar/wbwg/index.html
ワインBAR









・嵯峨の精進料理
精進料理

  さっきかなり書いたので、ココでは控えめに。
  色んな意味で京都に濃く接することができるので、
  偏った感覚になるかもだけど、体験しておくのは
  良いかなーと。ボクらは、次回もマストだな。
  2人で行くより、若造らしく4,5人で。









・サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア 京都店
 (Santa Maria Novella Tisaneria) 
SMN

  フィレンツェ、京都姉妹都市の記念で出来たとか。
  スタッフは若めだし、内装も若者向けなのに、意外と
  年齢層が高め。たまたまか? リーズナブルだし、
  丁寧なやさしいイタリアンなので、もっとデート
  使いされまくっていいリストランテだと思うけど。

 京都市中京区東洞院通錦小路下ル阪東屋町675
 075-254-8692 







・実光院のお抹茶。
実光院

  さんさんと降り注ぐ太陽に包まれ、気持ちよく抜けた借景を
  眺めながら、明るくお茶を楽しむなら実光院。そんなにメジャー
  ではないと思うので、人もまばらだし、くつろげる。







・額縁寺のお抹茶
額縁でお茶

  世界に誇る美の世界を堪能しつつ、しとやかにお茶を
  楽しみたいならコチラ。ただし、参拝者がわんさかいる
  リスクは、織り込んでおいて。
  竹の向こうに薄っすらと見える山の稜線や、木漏れ日の
  柔らかさが、実にエロティークなので、タイミングが合えば
  最高のお茶をいただける。










・京上賀茂 御料理 秋山
秋山

  「なかひがし」「ささき」とともに、予約困難な割烹料理。
  ご主人の秋山さんは、吉兆出身。民家を改修したお店は、
  玄関を入ると、右手の囲炉裏のある部屋に案内され、
  ここで落ち着くまで、少しの間ゆっくりできる。外からお店の
  雰囲気にいきなり入るのではなく、こういったクッションで
  徐々になれさせる気遣いとか、まさにおもてなしですな。
  料理は1万円のコースだったけど、ランチのお得感を
  味わってみたい。

住所京都市北区上賀茂岡本町58夜
075-711-5136
水休







・河道屋 養老(聖護院横の蕎麦屋)
河道屋養老

  聖護院の西門前、静かな細い路地に雰囲気のいい暖簾が。
  ここが、蕎麦屋っすか? さすが京都洒落てますな。 
  暖簾をくぐった後も、玄関までのアプローチは、
  蕎麦屋ってレベルを超えた雰囲気。それでいてせいろは
  700円弱とフツー。座席からは、緑豊かな中庭に接していて
  日本情緒溢れる空間でゆったりとお蕎麦をいただくことができる。
  養老鍋がウマイとか? 蕎麦は、んー、まー、極めてふつーです。
  雰囲気勝負。

京都市左京区聖護院御殿西門前 
TEL 075-771-7531
火休







・伊勢丹のお弁当。
二でん
 
 自分達のお土産用に老舗料亭、仕出しのお弁当を。
 お盆なので、吉兆や菊の井はやってなかった。
 ボクらは、和久傳 、二傳 のお弁当を。
 家に帰って、京都の余韻を楽しむのも、priceless





コリャ、いくら歩いても太ってるワケだ → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 食べ歩き日記  [ 食べ歩き日記 ]   2007年11月08日 10:17
食べ歩き日記

この記事へのコメント

1. Posted by えりか   2007年09月02日 22:54
すごい!一気に京都のレポートが読めて
わかりやすかったです。
(でもまとめるの大変だったでしょ?)

秋に京都一人旅に出かけるかもしれない
ので参考にさせて頂きますね〜♪
2. Posted by ぉき   2007年09月02日 23:42
5 食べすぎだわん。
でも、どれもこれも美しい。
今日は魚がヴェリーリアル!!
わんだふぉー!
鶏はダミだったけどこっちはOK♪
福岡食べた感あるけど、キャーさまみたら足元にもおよびましぇんー
3. Posted by ania   2007年09月03日 01:18
秋山さんはお昼は3000円ですから、とってもお得です♪
でも最近ランチ続きなので、そろそろ夜に行きたいな〜と思ってます。
くしんぼー山中は未訪なのですが、ハンバーグを食べたい一軒です^^
4. Posted by La Turbie   2007年09月03日 19:00
おいしいもの食べまくりでスゴイです。
でも京都人がいつもご馳走食べているわけじゃ
ありません。
京屋のコロッケにお好みジャンボ、岩倉ラーメン
にせいぜい森嘉のひろうすくらいのもの。
とうふとお好み焼きに関しては東京は相手になり
ません。下宿の奴がバイト先でもらってくる売れ
残りのハモ寿司のうまさは忘れられません。
いつも100g買うと128gにおまけしてくれた肉屋の
おばちゃんはお元気でしょうか。
5. Posted by fiori   2007年09月04日 12:50
はじめまして。こんにちは。

白金のラシェリールの記事を見つけ、それ以来こっそりステキな写真と文章を拝見しておりました。

が、ここにきて京都ネタに「ひろや」の文字が。
親戚の店です。
気にいって頂けたようで本当に嬉しい。

京都の夏の暑さは尋常ではありませんが、それを逆手にとって川の上で食に興じるその度胸。
京女そのもののを見ているようで、私がもっともリスペクトする部分です。

また遊びにきますね
6. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:18
えりかさん、こんばんは

まとめるの確かにメンドーでした〜 笑

でも記憶の鮮度高いうちに、なるたけ
メモ残しておきたくて。

秋のひとり旅って、いいっすね〜。
当家も秋リベンジこっそり考えて
ますが、行けるかなぁ?
7. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:21
ぉきちゃん、こんばんは

福岡行ってたんだ、何が美味しかった?
レポ待ってるね。いつかは、福岡で
食い倒れしたいなー。
8. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:25
La Turbieさん、こんばんは

こんだけ連日詰め込むのは旅行ゆえかと。

東京に居る時に、こんなアホな
修行しませんもんね 笑

そういうサプライズな、ハモ寿司は
さぞ美味しかったでしょうね〜
9. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:30
fioriさん、こんばんは

「ひろや」の親戚の方なんですか!?
やー、ほんとかけがえの無い夏の夕べを
過ごすことができました!!

実際に京都行って、皆さんのコメント読んで、
“京女”っていうもに凄く興味が沸いてきました。

誰かボクの周りでいたっけな?
10. Posted by kyah朕   2007年09月04日 22:53
aniaさん、こんばんは

やはり、山中ご存知でしたか。
最初は、ステーキ高い店だなぁと
思ってメニュー見てたのですが、
食べて納得でした。

あのクオリティ、かなりヤバいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔