2007年09月12日

南禅寺 (京都)美しい国ニッポン

三門

様々な意味でバランスが良く、京都デビュー戦に
選んだお寺としては最適。今回、数々の寺院を
まわったけど、色んな意味で基準となったのが
ここ「南禅寺」。



今の好みの傾向として、こじんまりしたお寺の方が
好きなんだけど、デカいお寺の中では一番気に入ったかな。
スケール感もありながら、南禅院のように凝縮された
美の空間があり、本堂や三門も見応えがある。
本坊でお茶をいただけるんだけど、参拝ルートから
独立してるので、静かに庭をみながらくつろぐことが
できるのも好印象。




サイトから、パクってきた「南禅寺」の基礎情報がコチラ。

臨済宗南禅寺派大本山の寺院。
京都五山の上位(五山第一位の天龍寺よりさらに上に位置する)の
別格扱いの寺院で、日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇った。

三門は、歌舞伎の「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな」と
見栄を切るシーンに登場する門、実際は五右衛門の死後に
建ったモノなので、実話では無いらしい。
三門上







方丈は国宝になっていて、障壁画(重要文化財)は
狩野派の作品が多く飾られている。
本坊茶



また、大方丈の庭園は「虎の子渡しの庭」と呼ばれ、小堀遠州の作。

ほーん...  だそうで。



国宝の方丈ももちろんいいんだけど、ボクら的には
南禅院の堂々とした縁側や廻遊式庭園の美学に
惚れましたな。
池泉廻遊庭園





こういう印象は、まわった順番、ヒトの多さといった
外部要因はもとより、自身が何を求めてるかに
よって、全然印象は違うものになると思う。
反射




一期一会なので参考程度に。→ blogランキング


-------

6:00頃の品川発のぞみにて向かった京都。
りょーじとユッキーは、既に社内で何本かビールを
空けて、京都に到着。市場烏丸のホテルに荷物を預け、
朝イチで「南禅寺」へ向かう。タクシーで5分強かな、
三門を望める位置に車が停められ、「おー、京都じゃん」
  ・・・って素の反応。
三門引






三門はかなりの迫力だし、登れるのが嬉しい。
もちろん有料(500円)だけど。でも正直、景色は
「絶景かな」とは言いがたい。京都市内が一望
という謳い文句の割には、前の木がかぶってて、
高さが足り無い。ウェスティン都ホテルは良く見えるけど。
うーん、300円がいいとこでない?
三門下







逆に山のほうの景色は寺の後ろまで迫ってくる様が
よりハッキリ見えて気持ちいい。しっかりした木の柵に
寄りかかりながら、ヤツは何を考えているんだろう。
やっぱ、酒か!?
三門ますらを






本堂を越えて右側に赤いレンガ造りのローマ水道のような水路閣がある。
アーチの向こうにチラ見えするのが南禅院。
水路閣







南禅院も別料金だが、ここはその価値がある。
逆に有料にしてヒトが少なくなっているところで、
この価値が高まるなら、むしろWelcome。
南禅院縁側






庭は、鎌倉時代末の代表的な池泉廻遊式庭園。
頼むからこの縁側に座って、1日ボーっとさせてくれ。
何が凄いアイディア浮かんじゃうかも。
ってな感じの美学が詰まった空間です、スゲー。
南禅院庭園






こちらはサイトを見ると、庭亀山法皇のご遺言により
御分骨を埋葬した御廟だそうで。秋はさぞ綺麗なことでしょう。
南禅院安置





若干、高低差がある庭の最上部あたりから見下ろした南禅院。
ボクラのほかには殆どヒトが居なくて、貸しきり状態。
廻遊






南禅院を出て、方丈へ。
方丈前にあるのは、さっきも書いた「虎の子渡しの庭」と
呼ばれる、小堀遠州の作。
方丈庭園






やはりこの辺のクラスの寺になると廊下が太い。
こんだけゆったりした廊下を持つってところでも、
その凄まじいまでの財力を窺い知ることが出来る。
庶民ゆえ、庭の価値はケタ違いすぎてピンと
こないんだけど、廊下の差には敏感です。
太い廊下






最後に本坊にあるお茶室で一杯。
ここは、拝観ルートから独立した場所で
庭を見ながら抹茶をいただけるため、
かなり“そうだ京都へいこう。”モードに浸れます。
茶室




安倍さん、何でこのタイミング?? → blogランキング


kyah2004 at 22:57│Comments(2)TrackBack(0)京都2007 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by redarpels   2007年09月13日 23:56
コンニチワ.
おぉ、南禅寺ですね☆
ココ、ホント総合的にかなりのレベルでポイント高かったです.
ボクが訪京したGW時は南禅院がスゴイ人気で人がわんさか居ました.
南禅寺境内は、広大な土地のおかげであの人の多さの割には風情を感じ取れますね.
今後の写真、楽しみにしてます♪

にしても五右衛門の話、歌舞伎の中での話なんすね.
実話だと思ってました.
2. Posted by kyah朕   2007年09月17日 22:08
redarpelsクン、こんばんは

やだねー、連休最終日の夜は。
今週末は、ヴァケ前の新レンズテストと
称して、あちこち撮ってきました。

浅草、ネズミーシー、ともに中々の
出来映えに満足しちょります。

逆光テク、ただいま練習中 笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔