2007年10月02日

豆水楼 (京都)豆腐をつまもう

豆水楼
京都で有名な豆腐料理専門店 豆水楼

コース料理もあるけれど、小腹の空いたときに
軽く寄るなんてのは、ショートステイで、色んなもの
食べたいという、食いしん坊のスタイルにぴったり。

銀閣寺からTAXI乗ってる間に、ここでランチ
することに決めました。みんなアクション早っ!
即決、即決で動けるので、比較的気が短い
ボクは、とてもいいペースで動けてます。

なんだこのお通し!
豆腐ってこんなに化けるんですか??

冷たいビール片手に豆腐をつまんだ
最高気温38度の京都の真夏日。
仲間達との乾杯“PRICELESS"
豆腐お通し




豆水楼 祇園店
京都市東山区東大路通松原上ル4丁目毘沙門町38-1
075-561-0035
http://www.tousuiro.com/gion/gion.html



秋の京都、平日にこっそり行きたいなー → blogランキング


ーーーーーーーーーーーーーーーー

朝からちょこちょこつまんでたし、
この後に蕎麦も予約していて、
その上、夜は川床だったので
ビールの軽いつまみな感じで。

 ・冷やしおぼろ豆腐のセット 1500円くらい
 ・汲み湯葉のお造り 990円くらい
 ・お通し単品 660円くらい



湯葉のお造りは、ミルキー加減がステキチぃいイイ!!
余韻を楽しみながら、キーンと冷えたビールをグイッと。
湯葉刺し






おぼろ豆腐、今食べるからこそ、こういった味の
微妙な贅ってのがわかるようになったけど、コレ
5年前じゃきっとわからなかったね、オレ。
オトナになるのって悪く無い。
豆腐






店内も風情ありますなー、こういうとこで
めっきり落ち着くようになったのは、言うまでもなく
オレがオサーンになったから。
店内






直射日光に焼かれながら、祇園の街を散策してみる。
祇園ってイメージって、正直最近読んだ「女帝花舞」
だったので、「ヘー」って感じで歩いてみる。
町歩き





祇園の裏道。夜に風情を感じに来たかったけど
そーいえば行けなかったなって、今思い出した。
門




ニッポン、万歳→ blogランキング


kyah2004 at 23:44│Comments(0)TrackBack(0)京都2007 | 和食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔