2007年10月13日

發記海鮮酒店 (香港)どこか懐かしい

發記海鮮酒家

香港師匠のおかげもあって、こんなディープな
とこ来ちゃいました。海鮮系はラマ島ってとこも
有名らしいんだけど、ここはMRTの・・駅からタクで
15分ほど、もっと静かな穴場です。
だって鳥のさえずりしか聞こえないもん。



高層ビルが立ち並び、むせかえるような熱気が
溢れてるイメージの香港とガラッと変わり、
静かな日常が横たわっているような、
純度の高いのどかさに満ちている。
發記海鮮酒家看板




でも、まりえと2人だけできたとしたら、
ある意味足がすくんで入れませんワ。

店の外観は今にも倒れそうな感じだし、
オーダーの仕方もさっぱりわからなければ、
この素材たちがどんな料理になるのか、
ボクラくらいの中華リテラシーだと、
全く見当つかないし。
發記選ぶ兄





つーわけで、ココでもオーダーは
香港師匠に全ておまかせ。

これまでは、中華の肉レベルの高さに
圧倒されてましたが、ここでは魚貝も
負けじと凄いレベルだってことを、イヤ
ってほど、味わうことができました。
水槽上から





特にヤバイのがトップの写真の
ミル貝のガーリック蒸し。

はたの蒸しものも、魚がこんな食感で
食べられるなんて知りませんでしたわ。


でね、なーんとお会計が一人3000円くらい。
笑いが止まらないって、マジ。

マンダリン「文華」の震えるような感動も
忘れられないけど、デイリー価格の中華の
日常に、4000年の歴史の底力を見せつけ
られちゃいましたわ。→ blogランキング


-------------


お店はこんな感じです。
早めに着いちゃったんで
スタッフの兄さん達は
まだ食事中でした、失礼!
店内






・蒸しエビ
 どうやらいつもと比べると少し身が小ぶりなそうで。
 エビの自然な甘さがたまらなく愛おしい。
 ビールにもバッチし合うし、後は晴れてたらなぁ。。
茹蝦






・蝦蛄
 創發潮州飯店とは違い、しっかりガーリックの
 きいた蝦蛄。こっちの方が一般的らしい。
 熱々の殻と格闘し、プリっとした身にかぶり
 つきます。口の周りも手もベタベタ。
 日本人はウエットティッシュ持参をお薦め。
蝦蛄引
 




ちなみに、生きてるときはこんなお姿です。
リアルで見てたときはそんなに気にならなかった
けど、写真で見ると結構グロイな。
蝦蛄網で







・貝のチリソース
ちょいと、ピリっとした貝のおつまみ。
不器用なヲイラは、なかなか綺麗に
中身を取る事ができません。
グッドつまみ。
貝






・野菜
野菜もね、シンプルに調理しただけなんだけど
どうして日本とこんなにカラッと加減が違うのかな?
引っ張りそうな重さは無く、香ばしい野菜の旨みを
そのまま愉しむことができます。
空心菜







・蒸し魚
ハタなんすかね? こんなトロンとしたゼラチン
たっぷりの食感は、生まれて初めての衝撃でした。
蒸し魚






オレが知ってる魚という類のモノじゃないって、もはや。
タレも癖になるおいしさ、こんな日常が隣にある
香港ってスゲーよ、マジ。
蒸し魚横





こんなブッサイクでグロいのにねー。
最初に食べた人にリスペクト。
グロイ魚







・ミル貝のガーリック和え
ミル貝の火加減とか歯ごたえとか、
ほんとにヤバイうまさなんですが
春雨とガーリックをソースに絡めて
ミル貝とコラボっちゃった日には、
手に負えない一皿に仕上がります。

今回の旅行で3本指に入る旨さ!
ミル貝寄



全体的にレベルの高い感激をうけた
香港海鮮のデビュー戦でしたが、
ハタとミル貝は、本当に異次元でした。
ふぅう、よく食った〜
テーブル






ちょっと行くのはメンドーだけど、
この感動のためなら、次回も
外せませんな。
周囲





***


タイヴァケから帰って来たら、なんか
沢尻エリカがバッシングされてて、ビックリした。
行く直前まで、目覚ましTVとかでも「エリカ様」
とかいって、みんなしてチヤホヤしてたくせにさ。

バッシングのくだらない理由もさることながら、
メディアのこういう豹変ぶりって、なんか
ほんと辟易しない? 

ちょっと前までアゲるだけアゲといて、
いきなり揃ってハシゴ外しっすか?

んでもって弱くなったとこでみんなで
ボコボコっすか?

なんか、そういうの、
すげ−ダサくねーか?


オトナがそんなダセーことに必死に
なってるカッコ悪い姿見せてっから、
子供の間でいじめが無くならないんだっつーの。


安倍総理ん時とか、ホリエモン時とか、
何回も繰り返されてる構図だけど、
(一部の)マスメディアの主体性の無さは、
見てると虫酸が走るね、そろそろ。



あ、ちなみに沢尻エリカの
ファンってワケではないですよ 笑


国家としてオトナにならんと、
世界からリスペクトはされんわな。


もちろん、国や政治を嘆く前に、
自分を磨かないとってのはわかってるけど、
それでも、たまには愚痴言わせて → blogランキング

kyah2004 at 23:22│Comments(2)TrackBack(0)香港2007 | 中華料理

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Akeming   2007年10月14日 10:05
香港のここ!行った事あるっ!!
って思って、よーく見たら、お食事するスペースがちょっと違うかなー
でも、外の景色も似ているし。。。
夜連れて行ってもらって、「ここはどこ?」って、わけがわからずお食事したので、もったいないことしました。
次回の香港は来月。
キツキツのスケジュールの出張なので、あちこちは無理だけど、ご飯が楽しみです★

ところで、最後の愚痴、めちゃくちゃ、カッコイイです。
TVをまったく見ない人なので江尻さんって誰だか知らないのですが、ワタシのお友達の会社がバッシング受けていて、ワタシも同じこと考えてました。
病んでますよね、日本って。
ネガティブ。
そのネガティブな日本を少しでも変えるのが、ワタシのミッションなのですけどね★
がんばります。
2. Posted by kyah朕   2007年10月22日 01:04
Akemingさん、こんばんは

こういうとこは似たようなとこ多そうですよね。
でも、そうとうポツンとした場所にあったので、
同じ場所なら、是非ミル貝をリベンジしてください。


なんか歪んでるとこが目立つ日本だけど、
逆にそう感じてるヒトも多いと思うので、
一人一人が変わってかなきゃと思うんですよね。

こんなブログでも、そんな一翼を担えればと
思うし。愚痴だけ言って何もしないような
そんな最低のヤツには、なりたくないんで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔