2007年10月16日

ひろや (京都)貴船の夏

ひろや

すっかり秋らしくなったのに、酷暑の頃のネタで失敬。
ブログってのも、凝り出すと意外にメンドーなので
アップまでに時間がかかっちゃったりとかするんです。


イイワケはこんくらいにして、
京都デビュー戦で、すんごく楽しみだったのが川床。
「あんなのエンターテイメントで、飯はダメですわ」なんて
声も聞いてましたが、少なくともボクにとって、「ひろや」は
美味しく愉しく新鮮な時間でした。



これまで、まともに鱧に向き合ったことが無かったんで、
エライ手はかかっていると聞いてるけど、鱧って
“ペラペラのなんか味気ない魚”とか、“スカスカした魚”
くらいな印象しか持ってなかったのよ、正直。

つーわけで、実質ここが初めてのマジメな鱧体験ってな
感じだったので、「えー、鱧って濃厚なんじゃん!」とか、
「こんなにエロティークな魚だったの!?」っていう驚きに
満ち溢れていたのよ。


それに加えてこのすばらしき舞台環境。

予約時間よりだいぶ早めについて、貴船神社を浴衣で散歩。
はじめて日本に来たガイジン並にはしゃいでました。
貴船神社





歩いてるだけで倒れそうだった京都市内に比べて、
貴船自体の気温が2,3度涼しいし、川床に座ると、
更に体感温度が下がるのよ。

真横を流れる小川のせせらぎ、
7.1chの ひぐらしサラウンド、
長い余韻を残す山あいの夕暮れ、
天を覆う生命力溢れる緑
鞍馬山から降りてきた野生の鹿 ...
川床





ストレス社会東京で疲弊した心と体が
みるみる癒されていきます。
ビールで乾杯したところで、見た目も
涼しげなお造りからスタート。
お造り






トップクラスの料亭は知らないけど、
この価格帯で食べられる料理としては、
全然文句無く、美味しい 「ひろや」。
蟹



貴船 ひろや
〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町56
TEL:075-741-2401
予算:2万円くらい


また夏の夕暮れ時に行きたいなぁ..
ひさびさに月九の見た、ガリレオ
視聴率とれそうだね → blogランキング


ーーーーーーーーーーーーーー




京都の中心部、市場烏丸から
タクシーで40分くらいかね。
酔いが残ってたので、途中から
意識がキレてましたわ。
川床へ





この日は15000円くらいのコース。
前菜、お造り、吸い物、冷し鉢、八寸、焼物、強肴、
お凌ぎ、箸洗い、油物、ご飯、香の物、水物 ってね流れ。


お造りで、身の締まった鯛を
いただいた後は前菜。


前菜で、鱧寿司を食べてオヤ?っと。
鱧ってこんな主張するヤツだったのかと。
うめの自然な甘さ加減も絶妙だし、沢がに
も香ばしくいただけてしまう。
川床って舞台装置重視のハッタリか!?と
思ってた先入観が、あっという間に消え去りました。
前菜







はもの吸い物。
薄味だけど深い奥行きの吸い物。
その中に浮かぶ白い鱧の周りには、
ゼラチン質の物体に覆われていて
唇に心地よい快感を運んできた気がする。
そして鱧を一口。ここで一気にコントラストが
強くなり、鱧の濃厚な味わいが際立つことになる。
梅のアクセントも、バランスが良く心地いい。
生まれて初めて、鱧の濃さを知った瞬間。
はも吸い物







そうめんといってバカにするべからず。
麺自体も美味しいが、たれと絡めると
これがまた絶妙なの。こんなウマイと
思ったそうめんは初めて。ていうか、
日本人なのに、美味しい日本料理のこと
全然知らなかったんだな、オレと反省。
添えてある半熟たまごが、キライな
ワケないっしょ。椎茸の甘さもが
いいアクセントになるのよね。
全体が締まる。
そうめん






鮎が塩の滝登ってます。
焼き方もいいし、とても美味しい。
鮎








むさいですが、ヤロー3人で
浴衣で参上です。

こんなステキなロケーションですが、オクサマ方は東京なの。
まりえはこの翌日から合流。そもそも来る予定だった
ともちゃんは、仕事が抜けれず急遽リョージに代打が
廻ってきたってワケ。
浴衣






もう、いい加減記憶が風化しています。
箸洗いは かぼちゃかとうもろこしの
冷たいスープ。植物が裏ごしされた
あの食感と、ひんやりした温度感は
リアルなんだが、味がどっちだったか
思い出せん。フレンチの味と近いので、
記憶がこんがらがって、わかんねー。
椀もの








湯葉豆腐にいくらをあわせて。
ゆば






この辺でどうにも睡魔がヤバイので、
給仕のお姉さんに「足突っ込んでいいっすか?」と。
どうにも寝やすい環境なので、睡魔に耐えるのは
拷問に等しい。なんとか意識を現世にとどめてました。
足冷やし









てんぷらも、揚げ方も美しいです。
ね、誰よ?「川床なんて味はダメだよ」って
言ってたヒト。なんだっけ、この小さな川魚。
苦味も程よく、また食べたいなー。
天ぷら







鱧の湯引き これまで食べた湯引きより、全然ちゃんと
鱧の味が立ってます。本来、こういう料理
だったのねと、鱧を過小評価して誤解してたことを
心の中で謝ります。
はも梅




この辺で、だいぶ意識がハッキリ戻りました。
横を流れる水が心なしか白濁してきたと
思ったら、そうめんのカスみたいのが流れてきた。
アレレ。
ごはん






やー、それにしても初めての川床が貴船で良かった。
京都市内の鴨川沿いに並ぶ川床行って、デビューした
気になってたら、川床の魅力をこれまた過小評価
してしまうとこだった。



タクシーを呼んでもらう間、ちょいと時間が
あったので、夜の貴船神社の石段を
ひとりで歩いてみました。
貴船夜




なんか不倫とか似合うロケーションだが、
インチキ臭さ全開のヤローと、腹の周りに
余計な肉つけまくってる贅沢ヤローが
脇を固めてたので、そんなロマンスが
おこりそうな予感は、これっぽっちも
ありませんでしたな。



その昔、スイートシーズンつー松嶋菜々子と
椎名桔平の不倫なドラマがやっててな、
2人の恋のキッカケが確か京都の2年坂とかの
あたりだったワケよ。

なーんか、そんなことを思い出した夜。
これから京都の町に戻って飲み直しです。→ blogランキング


kyah2004 at 23:03│Comments(4)TrackBack(0)日本料理 | 京都2007

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by grace   2007年10月19日 17:08
素晴らしすぎ!
男前3人お揃いで!

来年は行く予定ですので
教えてくださいね、
2. Posted by Akeming   2007年10月21日 13:52
わぁ!!
ここも行ったことありますっ!!
ワタシのバースディのお祝いのお食事に連れて行ってもらいました。2年前の7月に。
ニクイ企画と思いました(笑)
観光目的ではなく、ここに行くためだけの、日帰り京都でしたから。

鮎も鱧も、〆のご飯も同じ!
でも、ワタシのブログの写真とは全然違う・・
素敵に撮れていますね。

しかし。
メンズ3人、カッコイイです
ワタシが行った時は、おばさん、おじさん、家族連ればかりで、みなさんのような目の保養になるような男性陣はいらっしゃらなかったです(笑)
3. Posted by kyah朕   2007年10月22日 01:17
graceさん、こんばんは

来年、いつ頃京都なんすか!?
当家も紅葉見ににチラっとでも行きたいんですが、
現実問題難しそうです...

なんかしらお役に立てれば。


京都レクするんで、まりえにクグロフ
教えてやってください♪
4. Posted by kyah朕   2007年10月22日 01:24
Akemingさん、こんばんは

ニクい企画っていうか、スゲ〜。
ここ行くためだけって贅沢過ぎだから。

目の保養になるかどうかは謎ですが、
若いヤローは他にあまりいなかったですね、確かに。

キャバ嬢の4人組みたいのはいましたが、
ヤロー連れじゃないし、スポンサーは
誰だったんだろう??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔