2007年12月05日

龍安寺 (京都)一流の底力

石庭塀

高校生の修学旅行の時に、
一番心に刺さったのが、ここ龍安寺。
そのときは、ほとんど観光客も居なくて
やんちゃ盛りの中ボー達も、思わず
息を呑んで龍安寺の石庭を見つめてました。



あの頃はイキがった小僧達を、
「古臭い寺見て何がおもしれぇんだよ」的な
価値観が支配してたので、ある意味心を
奪われちまったってのは、ボクラにとっては
不覚だったわけで。

そんな思い出と共に向かった龍安寺。
やっぱ過度の期待ってやつは禁物で、
観光客の多さ、午後の酷暑のピーク
もあいまって、あまりお寺の空気に
シンクロすることができず、正直
期待はずれに近い感覚で寺を去りました。


って、いうのが夏の話。
で、一流のモノっていうのはやはり力があるらしく、
戻ってきてから見た写真の石庭と土塀のマッチングが、
たまらなく心に引っかかるのよ。もう一度、ゆっくり
心を無にしてあの庭に向かいあいたい...
そして何とも言えぬ美しさを放つ土塀を
もっと寄れるレンズでおさめたい(ヲタ魂ダス)
石庭





そして帰ってから気付いたことがもうひとつ、
闘将真田幸村の墓が、ここの鏡容池に
あったのね。

あそこにも手を合わせたいし、
ここは次回もリベンジ決定です。
鏡容池





冬のボーナスで一押しいかが →blogランキング


-------------------

記憶とは曖昧なもので、中学校の頃の記憶だと
山門から、方丈まではすぐだった記憶だったのだけれども、
実際は結構歩きます。途中、こんな風にスポットで
木に光があたっているとこ見ると、なんか不思議な力が
集まっているように感じます。

ちなみに、このエロいコントラストを出すには、
RAWじゃないとなかなか難しいんだよね。
オレ程度のテクニークだと。
射す杉





広い境内には、様々な表情があり、
それもまたここの魅力。
苔




仁和寺の二王のバストショットもサービスで。
抱かれたい仏像(っていうの?)系の投票で人気集めそうな体じゃね?
ニ王








***


全く京都とは無縁なネタですが、ウィイレの発売を
記念して、とうとうPS3買っちゃいました。
タイトルが沢山ありゃーいいってもんじゃないけど
(そもそも、そんなにやれないし)、Wiiに比べると
やっぱ寂しいなぁ、ラインナップが。

もちろんグラフィックは大満足、16:9のワイドだと
かなり画面広いし。PS2と比べると、ココの差は格段。
ただ標準のケーブルだと解像度が480しか出ないので、
ハイビジョンTVだと、いまいち霞がかかった感じ。


ウィウィレは、そんな画面でも相当ヤバイです。
選手の顔がかなりリアルだし、観客席のボケ具合も自然。
ゲームは、まだやりはじめたばかりなので、あまりコメント
できないが、操作感はかなりいい。

ケーブル変えたら産まれ変わります!
既にアンリもバルサにいるし → blogランキング


kyah2004 at 23:04│Comments(6)TrackBack(0)京都2007 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by shuhei   2007年12月06日 09:00
是非ともひろさんとお邪魔させてください。まじで。できれば今週末。
2. Posted by hirorentina   2007年12月06日 12:54
毎度、ボンジョルノ〜

ついに買ったか〜!!
テレビにD4端子かコンポーネントあるならそれでつないでみて。
あのでかいテレビでフツーのつなぎ方は超もったいないよ。
さて、いつ遊びにいくかね〜。
3. Posted by anzu   2007年12月08日 00:06
はじめまして^^たまたま拝見いたしました♪

京都は心があらわれていいところですよね〜〜、

20代の前半なんてまったくそんなこと思わなかったのに。。。人間って不思議ですw
  

画像も綺麗w


又よらせて頂きます〜〜^^
4. Posted by kyah朕   2007年12月09日 18:12
shuheiさん、色々他のソフトも
含めてヤバいです。コントローラー
揃えておきましたので、いつでもお気楽に!
5. Posted by kyah朕   2007年12月09日 18:13
hirorentina、ボナセーラ

1080で出力すると、全然世界が変わるね。
やー、ガンダムもヤバい。

ウィイレより、そっちにハマってるかも
6. Posted by kyah朕   2007年12月09日 18:17
anzuさん、こんばんは

ステキなお茶会ばかりの生活でなんとも憧れです。

京都、オトナになって響きますよね。
また是非寄ってください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔