2007年12月18日

源光庵(京都)悟りの窓

源光庵

龍安寺からタクシーで少し北上した住宅地の奥。
アマンリゾートの建設が予定されているという鷹が峰、
この洛北の閑静地にある「源光庵は」、こじんまりとした
佇まいの禅刹らしい厳粛な気配が漂っている


「悟りの窓」と名づけられた丸窓と、「迷いの窓」と名づけられた角窓があり、
前者は禅と円通を、後者は生死病死と四苦八苦を表しているという。
有名な廊下の血天井は伏見城の遺構で、鳥居元忠一門の手形/足形が残っている。



窓ヲタ&こじんまりしたお寺好きなので、ついついコチラを選んだのだが、
多くの観光客はあまりこちらに興味が無いらしく、人も少なく好き放題
自分のペースでこのお寺を愉しむことができた。
窓のそば




秋に悟りの窓の向こうに色づいたもみじを眺めつつ、
ボーっとできたら、ほんと幸せだよなーと思う。
門





こんな時期ですが、はじめて自分のアイスクリームマシーンで
アイス作っちゃいました。ウマァァ嗚呼!!! → blogランキング



--------------


こじんまりした門をくぐると、
こじんまりした境内が。
このサイズ、タイプです。
門から





あまりにリラックスして、悟りの窓の前で転がってた人が
住職さんに怒られていたし 笑。 でも、そういう雰囲気に
なるくらいリラックスした空気に満ちているんです、コチラ。
本堂







やはり着物は映えますなぁ。
ただ尋常じゃなく暑い日だったので
相当大変だったんじゃないかと。
着物






裏庭の苔に萌えるオレ。
苔





本堂からちょっと離れた小部屋に座り込んで、
ただただ庭を眺めてみる。こういう場所で
お茶たてられたら気持ちいいなぁ...
裏庭





いかん、セールで買い過ぎた... blogランキング

kyah2004 at 23:58│Comments(2)TrackBack(0)京都2007 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マル   2007年12月20日 22:10
5 ご無沙汰してます
鷹ヶ峰とは渋いとこ行かれましたね。
京野菜の産地なんで畑とかあってあんまり京都っぽくない所が僕は好きですが。
大学も竜安寺の近くなんで何回か行きましたよ。
車の教習でも鷹ヶ峰行きましたし・・・。

11/末の連休京都行ってきましたよ。
大徳寺、糺の森〜下鴨神社など少しマニアックな所まわりました。
紅葉の京都はどこもかしこもフォトジェニーク☆
是非行ってみてください。行く価値ありです。
ただ紅葉ピークの週末はホテルを1年前から予約するそうですが・・・。
Kyahさん出られてる某雑誌見ました
教室は前からかなり興味あるんですけど雑誌に出て人気殺到だったりするんですかね・・・?
2. Posted by kyah朕   2008年01月03日 21:07
マルさん、こんばんは

混雑ポイント避けてマニアックな場所
回るのってステキですよね、憧れます。

料理教室はメンズクラスだと枠が少ないですが、
単発クラスだったらイケるかもですね。

気軽にマカロンさんとこ聞いてみては
いかがでしょう?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔