2007年12月29日

食いしんぼー 山中 (京都)“火”つながり

yamanaka















































毎年8月16日、大文字山などで行われる「五山の送り火」。
大文字、妙法、舟形、左大文字、鳥居形の5つの文字が
かがり火となって夜の闇に浮かび上がる。


夏に京都に行った目的のメインは、
実はこの送り火を見ること だったのだ。


京都デビューなヲイラ的には、全部見れるとこに 行きたくて、
四条のホテルの屋上にあがって見たんだが...
 大文字






































なにしろ混みまくってて、風情もヘッタクレもあったもんじゃなく
次回機会があったら、どれか選んで近くから見たり、
むしろ かがり火のそばまで、その迫力を体感したいなと
考えた わけでございますわ。


ま、五文字全部見れたのは贅沢っすね。
30分で終わるので、そのまま食事へ向かうことに。
 船法



























折角“送り火”見たし、シンプルに火つながりで
ステーキでも食いましょうかと。 りょーじが
セレクトしたステーキの有名店“山中”に向かう。


 酔いがいい感じでまわって寝てたし、
自分で調べて無いから いまいち場所とか
ピンときて無いけど、四条から20分くらい
タクでかかった気がする。



店内は、クラシカルな雰囲気。
ゆとりのありそうなファミリーが、
当たり前のように 高そうなステーキを
オーダーするのが似合う。
 店内





































ステーキは1万円前後から。
軽く食べる気分で心構えが出来てなかったので、
メニュー見た最初は「た、たけぇ!!」とビビッタが、
実際食べてみると、半端無い美味しさで、
これが 1万円くらいで楽しめるなら、アリだなとわかった次第。  



くいしんぼー 山中  
京都府京都市西京区御陵溝浦町26-26  
075-392-3745



今のJTB*学生のCF好きだなぁ、 またタイに行きたくなる → blogランキング

--------------------------



近江牛の生肉。 うみゃ〜、舌の上で脂が溶けます、好きっす。
牛刺し

































ハンバーグはお手頃価格だが、これも かなりキてまっせ。
 ハンバーグ


















































ステーキは、りょーじの皿から 一キレいただいちゃいました。
カリ、ジュワ〜の絶品ステーキ。 外側の焼き加減がほんといい感じ。
焦げ部分が厚すぎず、固すぎず 絶妙のバランスで壁となっている。
そして、その壁の中に詰め込まれた 肉のうまみたるや...
本当に美味しいステーキって、これまで 食べてなかったのねと勉強になりました。
ステーキ




































ついつい自分の行きたいお店に行っちゃうことが多く、
ヒトにエスコートされて食事行くことが少ないので、
予備知識無く、知らないトコに連れてってもらえる
面白さって、ひさしく忘れてたかも。  山中

































年末デブ いっちょあがり!! →blogランキング

くいしんぼー山中 (ステーキ / 桂)
★★★★ 4.5



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぉき   2007年12月30日 00:31
5 肉ーーーーーーーーーーーーーーーーーぅぅぅ。

おいしーーーすぎます。

はぁんー。

もうすぐ2008年、どうぞ来年もよろしくです。

2. Posted by makky   2007年12月30日 18:17
こんにちは。
いつも楽しみに見ています。
京都五山の送り火なんですが、どうやって全部を見られたんでしょうか。
島居は山が低いため、他のと一緒には見えないんです。
六文字全部を30分で見られたというのは?
見られるスポットがあるのでしたら教えてください。

昔一度だけですが、「大」「法」「妙」「(左)大」「舟」をみた後バイクを飛ばして高雄まで行って「島居」を見ましたが・・・
3. Posted by kyah朕   2008年01月03日 21:44
ぉきちゃん、こんばんは

今年もよろしくね。
肉ウメーぞ、ここマジで。
4. Posted by kyah朕   2008年01月03日 21:53
makkyさん、こんばんは

烏丸のホテルの上からで、鳥居も見れましたよ!
「妙」の文字だけは見えませんでしたが。

でも全部見える分、それぞれが小さいので
次回こそは肌で迫力を体感したいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔