2008年01月06日

アーユルヴェディック ペントハウス (タイ)オリエンタルの至極

オリエンタルスパ

ザ・オリエンタルの“ザ・オリエンタルスパ”を拡張して、
昨年リニューアルオープンした「アーユルヴェディック ペントハウス」

ペントハウスの責任者には、インドのオベロイ・ラージヴィラスで
アーユルヴェディック・スパを長年統括してきた方を招聘してきたようで。




日本からメールで予約したんだけど、レスポンスは早いし
こちらの質問に対する対応も迅速かつ正確。色々コースはあるけど、
まりえと一緒なので、カップルプランを選択。税込みで300USDくらい。
オリエンタルスパへ





ただでさえレベルが高いと言われる、タイのスパ界の頂点に位置するオリエンタル。
その名にふさわしい至極のスパ体験を味わえて超満足。忙しかった日本の日常の垢が、
全て流された感じ。心が軽くなった〜 → blogランキング




ーーーーーーーーーーーーー


オリエンタルスパの上の階に位置するペントハウス。
ボクは気にならなかったが、特に用がない人が来ると
かなり警備員からのマークが厳しくなるらしい。
オリエンタルスパ外観






ただのスパじゃないので、簡単な問診にで健康状態のチェックを行う。
問診のアンケート表は、かなり質問数が多いし専門用語も多いので、
英語が苦手な人は日本語のやつを選ぶこともできますよ。

その問診票をもとに別室でアーユルヴェーダーの説明を受け、
手を触りながらエレメントの流れをチェックしつつ、
体のタイプに適したセラピーをするため最適なオイル、ハーブを選択していく。
アーユル






フットバスも町場でやってもらうのは、足の疲れをほぐしながら
元気をもらうノリなんだけど、ここのエスコートはさすがで
優雅な気分に浸れますわ。
フットバス






ローズバスでリラックスした後から、本格的な施術がはじまる。
落ちるギリギリのところまでもってかれて、夢と現実の間を
さまよいながらのトリートメント。この極楽感は文字じゃ表す
ことできないんで、バンコク寄られた方は是非。
バス








そうそう、書き忘れたけどオリエンタル・スパは
ホテルからチャオプラヤー川を渡ったところに
あるんです。なので専用ボートに乗って行くという
アプローチとなり、いつも以上に非日常感が高まります。
ボートデッキ







ボートもホテルの専用のヤツはかなり立派。
エクスプレスボートのタイの日常を感じられる
雰囲気もいいけど、こういう優雅さもヴァケなので味わいたい。
ボート内部






たまには非日常体験しないとね、
正月は ただただ怠惰に過ごしておりました。
あまりにたるんだので今日は初マラソン、
銀座は空いてたな〜 →blogランキング


ブルーレイではじめて映画見たけど、やっぱ美しいな。

kyah2004 at 23:07│Comments(2)TrackBack(1)タイ2007 | LifeStyle

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

多くの機関からアジア最高のホテルとして称されているマンダリンオリエンタル バンコクへ宿泊です。本当はシャングリラが先かと思いましたがアーユルヴェーダ ペントハウス SPAの存在を聞いては我慢できませんでした。さてスパのレベルはどうだったのでしょうか? 結果 言う...

この記事へのコメント

1. Posted by ななみSIMPLE LIFE   2008年01月06日 23:27
海外に行くとスパいいですよね〜。
前、女同士で、BALIのリッツカールトンのエステに行ったのですが、すごく良かったですよ。
夫婦エステもあって、それも良さそうだったっ。

タイの雰囲気いいですね〜。
写真見て癒されてます。
2. Posted by kyah朕   2008年01月14日 21:49
さすがに日本でスパに頻出って生活は
してませんが、アジア圏にヴァケった
際には、たいていスパ体験してるかも。

リッツのスパは、7,8年前に行ったことある。
懐かしい思ひ出ナリ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔