2008年03月06日

宝泉院 (京都) 額縁の庭

額縁

ある意味、大原のクライマックス「宝泉院」。
一番、来たかったのがコチラ。

正直、JRにやられたクチです。
そうだ、京都 行こう。」(1999夏)



三千院の参道の奥の突き当たりにある勝林院の本堂。
この本堂は大原の中心的道場だったらしいんだけど、
宝泉院はその僧坊として古く800年前よりあったお寺。
お抹茶、お菓子つきで拝観料が800円、五葉の松や
額縁の庭園、二連式の水琴窟とか、こじんまりした
規模ながらも、見所はたくさん。
門





さっきの、JRのポスターみたく、一人であそこに
佇めたら理想だが、ボクらの訪問時は残念ながら
常時20人は詰め寄せていたので、あんな絵は
全くもってとれません...
抹茶




 というか、写真の切り方がサスガ過ぎる!!
 勉強になります、ハイ。


クソみたいな真夏日ゆえ、たまに抜ける
柔らかい風が愛おしくて、風が去った後も
その余韻を反芻してしまうという始末。


あんな景色を見ながら、ただただ時間が
過ぎていくのを1日眺めていたいものですな。
末




和み好きなヒトは是非に! blogランキング



----------------


こちら、夏なのに秋気分な色合いです。
入口





落雁も結構ウマい、いとありがたし
和菓子まりえ






五葉の松は、やっぱなんだかんだで凄い存在感。
マツ





竹の葉ごしに見える借景も和みません?
竹と稜線




こちらは最近できた庭です。
モダンですね。なにやら
宇宙観がありそうなのですが、
凡人のヲイラにゃ、なにも
わかりません。
モダン庭




うわ、今日は食べ過ぎた → blogランキング


kyah2004 at 23:13│Comments(0)TrackBack(0)京都2007 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔