2008年04月22日

円通寺 (京都)取り込む技

0415-1円通寺

ちょっと、浮かれた記事が続いたので、
落ち着いた記事にふってみました。

自分としても、今はとてもこういった
時間や空間を求めています。




借景のセンスが抜群。
比叡山を美しく庭の一部にアレンジしてしまう、
美的センスって素晴らしい。

北斗の拳で言うところのトキ、
北風と太陽でいうところの太陽。

ついパワープレイに頼りがちな
自身への戒めにもなるお寺でした。


円通寺
京都市左京区岩倉幡枝町389



近所にマンションが
建って、景観がくずれることを嘆く、
住職の気持ちも分かります。



仕事もピークです、ヤバ → blogランキング

ーーーーーーーー

交通機関が無く、タクッて来たものの
帰りは全く車がつかまらず、でたらめで
歩いたら、炎天下の中、30分放浪してました。
0415-2円通寺門





そんな過酷な思い出もありますが、お寺の総合的な
“好き”度でいったら、この旅で3本指には入ります。
0415-3円通寺庭



やっぱ、このくらいの規模感が好き。
こういうところで、じーっと3時間くらい
無になってみたいです。
敢えてなにもしない時間を、たまには作らないとな。



「忙しい」って、半分以上は自己の責任って
わかってるんだけどさ。 → blogランキング

kyah2004 at 22:43│Comments(0)TrackBack(0)京都2007 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔