2008年05月20日

ハノイの町歩き(ベトナム) バイクの洪水

0519-1ハノイ

アンコール遺跡からの帰りに、ベトナムに寄ったんです。
世界遺産にもなってるハロン湾行きたかったから。

ちなみにベトナムの国名は、「ベトナム社会主義共和国」。
ドイモイ政策で、高い経済成長を実現している一方、
貧富の差や汚職の蔓延といった弊害も出てるらしい。
ベトナム株も一時期話題になってたし、昨今のオフィス賃料の上昇も、
不動産業界ではトピックスになっていた。





拠点にしたハノイの町は1泊しただけだけど、
空港から到着して最初に町を歩いたときは、ホント疲れました。
狭い道に尋常じゃない数のバイクが走っているんです。
0519-2バイクの洪水






逆送は当たり前だわ、クラクションはズーッと鳴ってるわ、
歩道はバイクが止まってて歩けないわで、そんな環境なのに
車道歩くしか選択肢が無いんです。歩道を歩ける場所もあったと
思いますが、旧市街ではかなり車道歩いていたと記憶してます。

自分だけならまだしも、まりえも一緒に歩いてるんで
気が気じゃありません。TAXIもバイタクも激安だから
乗ればいいじゃんって話なんだけど、町の様子もわかないし、
どこに行きたいか目的地もわからなかったボクらは、
とりあえず様子を見たかったのよね。
0519-3フォーの店








旧市街なら、歩いてもたかがしれてる距離だし、
どのエリアに、どういう店や人が集まっているかって、
まずは、ある程度肌で感じたかったんです。
0519-5大聖堂







1日歩いただけの、すれ違ったベトナム、
ハノイの町の散策メモです。
0519-4黄色家









先日、ユッキーから一言「丸くなったなー」と。
ハイ、人間性で無く、もちろんBODYです...猛省 ⇒blogランキング




--------------------------


まずは空港から、ハノイの中心部に向かったときに感じたこと。
「バイクが自由すぎ・・・」。これまではナポリの中心部が
一番車で走りたくない町No.1だったんだけど、ヨユーで、
かつブッチギリで、ハノイが走れない町No.1になりました。
0519-6街角






ハイウェイみたいな幹線道路の脇で、フツーに
バイクを止めておしゃべりに興じてるのよね。
すんごい交通量なのよ、目の前。

日本の感覚で言うと、首都高の路肩に何台かバイク止めて
脇のコンクリートに腰掛けて、景色見ながらダベってる感じ。

スゲーよ、タフすぎだよ、あなた。




更にハノイの中心部に近づいていくと、もっと交通事情は凄いです。
ハイウェイでは片側にしか降りれない部分があったりすると、
適当な場所で反対車線にUターンして、目的地に向かうんです。
ここまではいいんだけど、そのUターンポイントから降りる場所が
近い場合、もっと先でUターンするのがメンドーなのか、
平気で逆走してっちゃうんです。日本ほど車は飛ばしては
いないけど、ハイウェイっすよ!?




ホテルに着くまでの段階で、既にハノイの交通事情に
驚きを隠せない我々でしたが、チェックインして散歩に出たら
更に圧倒されました。
0519-11旧市街








TAXIという比較的安全な箱の中から町を眺める場合はまだ第三者ですが、
町の中を歩きはじめたら、その町のキャストの1人になるわけです。
0519-8デカイ交差点





道に溢れるバイクは、歩いてる脇数10cmを走り抜けていくし、
クラクションのサラウンドは7.1chで体を包みます。
1車線の道といえども、バイクの波が切れるのを待っていたら
いつまでたっても、道路なんて渡れません 笑
腹を据えて気合で渡れば、バイクがボクラを避けていきます。
0519-9バイクだらけ






HOTELから近かったハンザ市場。
市場の周りにも露店が出ていて、ハノイのリアルな
生活が営まれています。こういう素顔に触れるのは
旅の楽しみなんだよね。
0519-7市場






陽が落ちて、市場が閉じてもしばらくは活気が消えません。
0519-15市場横






ガイドブックでは、旧市街の通りごとに、この辺は金物街、
この辺は玩具街と記載されていて、実際、まー、そんな
感じです。よって、観光客が立ち入る隙はあまりなく、
どこへ行けばAWAYの民が休めるの?と、地図を
横目にさまよいます。ローカルは道端でなんか食べて
ますが、お茶だけでも出来るんでしょうか。もうちょい、
ゆっくり休みたかったんで、カフェらしきものを探してみます。
フランスの統治領だったんで、カフェ文化あるんじゃねーか?
くらいのノリで。
0519-10旧市街





んー、まー、でも旧市街は大体同じような町並みに見える。
マーマイ通りのあたりは、外国人向けのホテルが多く、旅行代理店も
いっぱいあったけど、そんなにそそられるカフェには出会えなかった。
0519-12旧市街







ちょいと洒落てるのは、ホアンキエム湖の下側から大聖堂のあたり。
このあたりは、結構カフェもあたし、少し洒落た雑貨屋もありあました。
0519-16おみやげ







建物自体は、洒落た雰囲気のものも結構建ってます。
0519-17オサレ建物







写真だと重厚感あるように見えますが、実際は結構ポップな印象。
0519-17大聖堂








これはホテルの最上階からの景色。
旧市街だと8Fからだと、完璧景色が抜けています。
なんか屋上(工事材料で散らかりまくり、ゲスト向けのスペースでは無い)に
行けたので、折角なので朝と夜に押さえてみました。
0519-18上から朝





旧市街には、そんなに高い建物はありません。
外資の会社が入ってるハノイタワーズとかは、
かなりマネーな香りがするけどね。
0519-18上から夜





食に関しては、また次回レポ書きますが、
正直ヒットにあえませんでした。
ローカルが行列するフォー屋にも行ったけど、
うーん...カンボジアの屋台のいい加減な
ライスヌードルの方が、口に合いました。



めずらしく、ほんとに下調べゼロで行ったんだよね。

 # 結論:ハノイを楽しむには、もっと下調べが必要!!





とまー、どえらく疲れるハノイでしたが、なんとなくベトナムの真骨頂は
田舎の町にある気がしてなりません。折角友人になったSohクンとか
Diepちゃんのアドレス聞いておくべきだった..ダナンとか気になるし。
サパのライステラスとか、凄く見てみたいし。→ blogランキング



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔