2008年06月15日

礼華 (新宿)繊細なる中華

桜の開花宣言の頃の話。

りょーじのタキシードと、ユッキーのスーツの
ス・ミズーラにつきあった後、昼時だったので
ランチして帰ることになったのよ。



「開花宣言したので、新宿御苑行きたい!」と
わがまま言い出したオレ。言った以上、責任とって
その近辺でD.Bを回してみた。

ピン!ときたのが「礼華」
新宿御苑前に並ぶ中華人気店のひとつ。
古月も好きなんだけど、4人なので
オープンエアのテラス席が、気分的に
マッチしそうだと思い空き状況を確認。






まりえが、別件で新宿にいたので、
先に行ってもらって、予定通り
テラス席をGET。かなりテラスな
気分に仕上がってたので、屋内だったら
ブーイングを浴びるトコでした。




人気の中華だけあって、脂ベチャベチャの
不快感は皆無です。野菜の火通しは当然いいし、
日本アレンジし過ぎとも言われそうだけど、
繊細な味わいは、むしろ好みだったりします。






日本のイメージだと、中華≒味濃い だけど、
実際、香港だと日本のアベレージよりは
確実に味付けが薄く、素材が立ってます。




こちらのランチのコースの値段は3500円。
ビールと紹興酒で、かなり酔いました。
新宿御苑で、芝生見た瞬間倒れこんで寝るくらい。

相当ヘベレってましたけど、きちんと写真は
撮っておりました。不意に眠気が襲ってきたのは、
きっと脳から「任務終了」と信号が出たんでしょ。
それで、プツッとなったんだろうな。


礼華
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館1F
03-5367-8355  
http://www.rai-ka.com

半端無く胃が重たいです..  →   blogランキング








まずは、ビールで乾杯。
この時のビールもウマかったけど、
最近の暑い昼間とか、夕方に飲むビールはたまりません!






こんな感じで、竹の葉が道路と区切ってくれてます。




前菜の盛合わせは、ほたるいかがタイプ。
カルパチョみたいのは、明らかにジャパンアレンジな
気がするが、ここは日本なのでウマけりゃ流れに
合えばいいや。そんな気分。




2ヵ月半前なので、記憶は曖昧。
確か、蟹肉と蟹の卵のふかひれのスープ。
絵的に合うの?って印象だったが、
食べてみると「なるほどね」と
違和感無くいただけちゃいました。





ビールから紹興酒にバトンタッチ。





調子良く酔っぱらっていきました、ヘベレケ。





春巻です、小休止。





海鮮と野菜の唐辛子炒め。
もちろん、そんな辛さが立っているワケでは無い。
あくまで野菜の美味しさを歯と舌と喉で楽しむための
演出としてのピリっていうアクセント。素材の美味しさを邪魔してません。




酢豚の鶏版。肉の揚げ方とかも結構好き。
今度は好物の酢豚を頼みたい。





ヤバクくない、この艶感。
実際たまんない色なんだけど、単焦点レンズの
表現力ってのが凄いんです。嗚呼、美しきチマキかな。





期待通りの、爽やかな味。
程よい舌触り。美味しい店の杏仁豆腐の味です。





香港では、粉っぽくいうえに、薬草臭くて
食べられなかったけど、だいぶ食べやすく
アレンジしているようでした。亀ゼリー。
これは、まりえのセレクト。





お店はこんな感じ、新宿御苑の目の前です。
副都心線に乗った時にでも。



今、グルメ旅行3日目の夜みたいな胃のコンディション、
スパイス系の優しい料理が食べたい  →   blogランキング



kyah2004 at 23:35│Comments(0)TrackBack(1)中華料理 | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 礼華 / 新宿御苑 | 中華料理  [ blog de rebrain*** ]   2008年07月30日 17:05
ランチしか伺ったことのなかった有名店 "礼華" に、 クライアントさんにお呼ばれして潜入。 確かオーナーシェフは、以前た...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔