2008年07月09日

アンコール・トム (カンボジア)バイヨンは顔だらけ


アンコール・ワットの翌日は、これまた定番のアンコール・トムへ。
こちらは陽射し的にも、AMの方がいいらしい。


アンコール・トムは、アンコール・ワットのように、
遺跡内にボンとデカイ建物がひとつあるというわけでなく、
バイヨンをはじめ、王宮とかプレア・ピトゥとか、
象のテラスとか、様々な建築物が、敷地内に点在している。

約3kmの城壁に囲まれているので、敷地の規模で言ったら、
アンコール・ワットのざっくり4倍くらいは、ありそうだ。




まずは、南大門の割れ目から遺跡に入る。
この門をくぐるのからして、迫力があるのよ。
象に乗って入るというオプションも選べるんだが、
どこまで乗れるのかな?







こちらの見所は、やっぱバイヨンでしょ。
アンコール・トムの中心に位置する特別な存在感を放つ寺院。
バイヨン様式と言われる四面に人面のある塔堂が特長的で、
このスタイルは、この時期に作られたタ・プロームとかプレア・カン、
タ・ソムなど、他の多くの寺院でも見ることが出来る。






他を圧倒しているのは、その質量。
なんていうか、まるで岩山ってくらい、
密度が高いんです。他のピラミッドみたいな
石のパーツを組み上げた遺跡とは異なり、
遠くから見ると、岩の塊を削ってできたっていう印象。


精緻なレリーフも、アンコールワット並みの
クオリティですが、印象に残っているのは
やはりデカイ顔の彫り物。ジャングルを背景にした
横顔は、アンコール遺跡らしい1枚。






全体の印象でいうと、アンコール・ワットが旗艦クラスの
戦艦というイメージに対し、こちらは鉄壁の要塞といった感じ。
寺院にどうして戦争のイメージが直結したのか、自分でも
良くわからないけど、これらの寺院も民に君臨するための
パワーの象徴みたいな存在なので、そういうプレッシャーを
感じたのかもしれない。

バイヨンの後も、王宮行ったり、象のテラスとかまで歩くので、
結構体力が削られるし、汗と砂埃でかなり体にはダメージが
蓄積される。





ムリは禁物だわ、遺跡めぐりは。→ blogランキング








朝、9:00前にはホテルに迎えが来る。
前日と同じ、6人くらいで1グループ。
いくつかホテルを回り、いつもの森へと
向かっていく。

アンコールワットの堀を超えて、しばらくすると
アンコールトムの南大門が見えてきた。
静かに興奮。





この門の手前で一旦降りて、当時の文明の
レベルの高さに驚いてみる。鎌倉時代の武士な
気分になって、この門の前に立ってみよう...
なかなかオモロいイメトレだ。




そして、いざ、バイヨンへ。








こちらのレリーフも、当時のヒトの生活とか
彫ってあって、興味深いし、美しい。






内部はアンコールワットと比べると迷路みたい。
増築が繰り返されてるうちにそうなったらしいが、
目印の顔の彫り物とか覚えておかないと、
現在位置の把握が困難ね。






プレア・ピトゥを抜けて王宮へ。
暑ィ〜、足イテェ〜。





ピミアナカス。
インカっぽいイメージの形した遺跡。
ここも素の階段で登れるけど、
デジイチ装備のオレにはリスクが
高すぎたので、観光客用に足場が
組まれた、木の階段で上に行きました。
それでも、日本じゃありえない急勾配だけど。




王宮を抜けて象のテラスへ着いた頃には、
精神力だけで立ってました。ヒトもごみごみして
第一印象はイマイチ。でもこうやって人が減ってくると
遺跡としてのスケール感とかが認識できるように
なってきて、「やっぱ、いいかも」と好印象に。





テラスの場所によって、勝ち戦の場合、負け戦の場合とか
使う場所が違ったりするみたい、あと入る門もルールが
あるんですな。。


三島由紀夫の戯曲にも出てくる“ライ王のテラス”。
もちろん読んだことは無い。






都内の車離れ進んでますな。かくいうボクも、
出かける時は殆ど飲むし、維持費の同額を
タクシー換算したら、どんだけよ?って
考えた時にアホらしくなって売ってしまった。
今んトコ、バイクがあれば、全く困ってない。
子供できたら変わるのかもだけど、都内に住んでると、
電車&タクシー&レンタカーで充分な気がする。 → blogランキング



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 海子   2008年07月10日 08:04
こんにちは!いつも美味しい&クールな写真を
楽しませてもらっています。
料理や人や風景など、どれも静止画なのに
動画的な臨場感があり、いつも驚いてます。
kyahさんはいつもどんなレンズを使用されているのですか?

私は他のメーカーのデジイチを使っているのですが、
こんなに臨場感溢れる写真はとれません・・・。

あと写真を撮るセンスというか、コツがあれば教えてください!
2. Posted by kyah朕   2008年07月11日 14:39
海子さん、こんにちは。

カメヲタに最高の賛辞ありがとうございます。
調子に乗らせていただきます!

メインレンズは、SIGMAの17-70mmです。
一番気にしてるのはWBかな、F値は
2.8〜4.5くらいの間が多いです。

コツか...なんか自分の好きな写真があったら、
それに似たようなのを撮る練習すると、きっと
コツみたいのがわかるんじゃないかと思う。

今度、スイーツ&カメライベントみたいのも
やろうと思っているので、是非に!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔