2008年09月25日

トルコにベタ惚れ

1-半島
行く前から、"きっとハマって帰ってくるんだろうな"と感じてたトルコ。
過剰な期待値にも関わらず、それを越える満足度で迎えてくれました。

そう、今年のヴァケはトルコだったんです。→ blogランキング




当初は友人らとプロヴァンスを廻りたいなと思ってたんですが、
色々状況変わって、みんなで合わせることができなくなったので、
まりえと2人で気軽に行けるリゾート探してたのよ。

スペインは来年以降という当家の縛りがあり、ギリシャもいいかなーと
思ったんですが、なんかもっと混沌としたパワーみたいなものを感じたくて、
「トルコってどーよ?」って候補にあがってきたんです。


ユッキーからもイスタンブールの魅力は吹き込まれていたんですが、
調べてくうちに「え、トルコってギリシャの横!?、つーかエーゲ海面してるじゃん」とか、
「洒落てるのにホテル安いぞ(伊・仏比較)」とか、「食事も美味しいらしーね」とか、
魅力的な情報がポコポコ出てきて、行く前からやけに盛り上がるという
オレにしてはめずらしい現象が起きるくらい。
22-ブルーモスク



色々本も読みましたが、これらのサイトには滅茶お世話になりました。
特に4TRAVELの旅行記は情報が薄い日本ではホント貴重で、
当家内では、"師匠のサイト"と呼んでました。

ぷるぷるトルコ 
4TRAVEL
トルコ旅行記 






ところでみなさん、トルコってどんなイメージです?
イスタンブールのモスク、カッパドキアの奇石、ローマ遺跡の数々...
など、色々かと思うんですが、実はリゾート地としても、相当ヤバイんです。
6-バタフライバレー







エーゲ海や地中海に面してるので、数々のリゾート地があり
それでいてEURO圏ではないせいか、物価は休め。
11-ビーチ






要は、ギリシャクラスの海の綺麗さに、かなり割安感のホテル、
食事は当然安くてハズレないし、若者も多いので、華やかです。
マダム含め、お洒落だったのも印象的。やけに金かけたお洒落さではなく、
さりげにワンピ着て、髪をアップして、大きめのイヤリングが風になびいてる
って感じだったりするんだけど、身長も高くセンスいいのでキマるんだなぁ。
誰がトルコ人かなんて区別できるスキルは無いけど、多分EU圏の様々な
とこから来てるのでしょう。英語で話してるヒト多かったし。
5-夕レディ





それとアクティビティも充実してて、海から切り立った山からの、
パラグライディングがさかんなのよ。これに1DAYボートトリップと
合わせても1万円あれば楽しめます。
ちなみに、TOPの写真はパラグライディング中に撮ったもの。
7-ボートトリップ





とまー、全部のトルコのリゾートがそうなのかは知りませんが、
少なくともボクが行った地中海沿いの小さなリゾート地「Oludeniz」の町は、
求めていたリゾートそのもの。肩の力の抜け具合とかちょうどいいし、
日本人的も、やけに居心地いいですよ。
3-プール



***


地中海リゾートに入った後は、ひとたび北上して
世界遺産の「パムッカレ」へ。
15-パムッカレ






白い石灰棚はあまりに有名ですが、ローマ遺跡の
ヒエラポリスも圧巻です。
16-ヒエラポリス




ただ、見所は少ないので1泊する必要は無かったな...
期待の石灰棚も水が少なくて、フラストレーション。



***


ハイ、そして更にそっから北上することバスで10時間、
クライマックスのイスタンブール入りです。


あまり、トルコの前知識無かったんで、町を歩く女性は、
みんなヒジャーブ(スカーフ)してるのかと思ったら、
そんなこともなく、半分くらいだったかなぁ。
旧市街は観光客が多いので、印象でしかないのだけれど。
20-アヤソフィア







やはり、イスタンブールを語る上で、荘厳なるモスクは外せません。
上の写真はアヤ・ソフィア、こちらはブルーモスクです。
どーっすか、このイズニックタイルの美しいこと。
22-ブルーモスク中








新市街のガラタ塔からの、金角湾の眺め。
かつてここでビザンチン帝国がオスマン帝国に攻められ、
コンスタンティノープルが陥落したのか...と思うと、
なんか時の流れのデカさみたいなもんを感じます。
21-ガラタ橋






今回の短い滞在では、旧市街が中心の散策になっちゃったけど、
ボスポラス海峡沿いオルタキョイのレストランとか、かーなり洒落てるし、
ちょっと離れた場所には海峡を見下ろすカフェもあるんだよねー。
ルメリ・ヒサルの城壁も行きたいし、プリンフィズ諸島にも足を伸ばしたい。
この時期はかなり寒くて風邪引きかけたので、もうちょい暑い時期に再訪したいな。
24-ボスポラス






そして、お待たせしました。
世界3大料理のトルコ料理。
煮込ませたら世界一だね、彼らは。

ロカンタで600円もあればガッツリした
おかずが食べられます。いくつか組み合わせて、
だいたい2000円くらいが一食の予算。
それで、ホントに驚くほどウマいです!

パリのカフェで、間違ったサンドウィッチとカフェで
4000円なんて惨劇を考えると、かなり楽園指数高くないっすか?
30-ケバブ



トルコの魅力は語りきれませんが、もうちょい
写真あるんで、是非見てやってください!→ blogランキング









ビザンツ建築、最高傑作と評されるアヤソフィア、オスマン帝国の支配により
モスクに作り替えられたこちらは、現在入場料が高騰し20リラ(1800円)。
こないだまで、10リラだったのにねぇ...それでも行くべきなんですが。
20-アヤソフィア外






キリスト教のモザイク画は漆喰で塗りつぶされていたらしいんだけど、
トルコが共和制になった際に、調査隊により発見され、博物館となったらしい。
ここの独特の迫力は、他を圧倒してナンバーワン。男性的で力強い空間です。
20-アヤソフィア2






一方、最も美しいモスクと言われるブルーモスク。
こちらは内部の美しさもさることながら、外観の
曲線美はなんともいえぬ完成度の高さです。
目の前のホテルに泊まったので、ことあるごとに
眺めてました。
22-ブルーモスク前




そして、今回行けなかったので一番悔いが残ってるのがドルマバフチェ宮殿。
色々宿題残してきたなぁ、イスタンブール。カッパドキアも行ってないし
来年もトルコ行こうかな。
24-宮殿








ここで、もうちょいoludenizのことも補足させて。
海沿いの都市はたくさんあって、イズミルとかアンタルヤとか
でかい都市から、ボルドム、フェティエ、エフィスなんて有名な
リゾート地も点在しています。エーゲ海から、地中海にかけて
よりどりみどりな状態です。

今年のボクらは、あんまでかい町よりか、むしろこじんまりした
町にいきたくて、色々探してて条件にピッタリだったのがコチラ。
高いとこ好きのバカなヲイラには、パラグライディングっつー
魅力的なアクティビティは、決定打としては充分なんです。
2-oysterパラ






ホテルも南仏っぽいデザインのホテルで、センスも良くかなり気に入りました。
OysterResidenceっていうとこで、ビーチフロントの一等地。
2-oyster






レストランもいい雰囲気で、ここでサンセット眺めながらの
ビールは格別ですよ、しかもパラグライディング直後なんて。
4-レストラン外から





トップシーズンは、激混みなんでしょうが、
ボクらが行った時は程よい混み具合。
ゴミとか目立たない、綺麗なビーチでした。
夕暮れには、ビーチの上にもソファーbarが
OPENします、もちろん大人気。
その辺の写真は、おいおい紹介しますね。
10-ビーチ






やー、しつこいけど、ホントまた行きたい。
ただアクセスは結構しんどいので、気合いが必要ね。
9-Sunset







これは、ちょうどボクが飛び立った瞬間。
全然コワくないです、ただただひたすら爽快なだけ。
8-Fly
撮影:まりえ



とまー、アツいうちにメモ代わりにトルコヴァケのレポ
まとめてみました。今回も適当に手配して行きましたが、
最低限のセキュリティ感覚を持って行動してれば、
そんなにヤバそうな身の危険は感じません。

ただ、知り合ったおばさんとか、カバンに入れてた
財布盗まれたと言っていたので、油断はできないです、
イスタンブールは、色んな意味で。

それでもなんだか惹きつける魔力を持つトルコ、
今回は表面をなぞったくらいなので、次回は
もうちょい腰を据えて、トルコと向かい合って
みたいです。→ blogランキング




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リノ   2008年09月26日 22:24
こんにちは!

我が家も今年はフィレンツェ、ローマあたりを
うろうろしてきました。
(このブログのフィレンツェ編は大変参考にさせていただきました!)
来年はトルコとカンボジア、行ってしまうかもしれません。影響力強すぎですよ〜!写真、美しすぎです…。
2. Posted by Rio   2008年10月01日 17:33
ぼんそわ☆
ここにコメントはご無沙汰です。

あら。パラお好きでしたか?
ウチの姉が趣味でやってたんです。
日本でも気軽にできますよ〜。
義理兄もパラのインストラクター免許保持者なので、タンデムしてもらえるし

また遊びましょう。
それにしてもすゑとみは残念無念・・・
3. Posted by kyah朕   2008年10月15日 20:37
リノさん、こんばんは。

フィレンツェ編、お役に立てて嬉しいです。
カンボジアは情勢不安定ですが、
トルコはほんとおすすめですよ!
4. Posted by kyah朕   2008年10月15日 20:40
Rioちゃん、ども。

パラ気に入りました、是非空飛ぶ企画に参加
させてやってください! マジで憧れ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔