2008年10月16日

Oyster Residences (トルコ) ビーチフロントの小さなヴィラ

1015-1oyster
Oludenizのラグーン側に位置する、南仏を彷彿させるような
洗練されたヴィラ Oyster Residences
http://www.oysterresidences.com/oludeniz/contact.html




併設のこれまた洒落たレストランを抜ければ、
目の前はビーチと言う絶好のロケーション。
1015-4朝のレストラン




ウッディーな室内は、地中海の強い陽射しを
柔らかく部屋の中に広げてくれていて、
シンプルな部屋が"ようこそ!"と迎え入れて
くれてるように感じる。

1015-3部屋窓



1015-2BED





小さなベランダからは、オリーブの木越しに
海が見えるし、空に舞うパラグライダーが
頭上スレスレを降りていく。

1015-30オリーブの向こうの海


トルコにこんなリゾートライフがあったのね..
知らないって、勿体ない。


ヴィラは3棟あって、1棟はプール脇、1Fと2Fに一部屋づつ。
残りの2棟は同じつくりで、半地下、1F、2Fと1棟で12部屋になっている。
1015-20夕暮れ





レストランとBARが併設されていて、町の他のどのレストランよりもお洒落。
夕暮れには、目の前の道にBARテーブルも出て、夕暮れを見ながら
アペリティフをいただくなんてことも出来るのだ。

1015-6スペシャルシート




ま、お値段も周りよりちょい高いけど。
1015-5BAR



プールサイドにはデッキチェアが並んでいて、もちろん
ビールや軽食など、レストランからオーダーできる。
1015-7プール朝





オーナーの、デューン(って聞こえた)はデザイナーらしく、
陽気にゲストに挨拶して回ります(営業上手ね)


最低3泊はしたいコチラ、次回も絶対泊まりたい。  → blogランキング


1015-10場所








リゾートの1日を、朝から回してみましょうか。
コーランの音で目が覚める日もありました。
こんな南仏みたいな景色ですが、ここが
イスラム圏ということを思い出す瞬間。
1015-15バルコニーから





朝ごはんは、プールサイド、海が見える席、木陰...
気分に合わせて、好きな場所に陣取ります。
1015-11プール昼





朝ご飯はバイキング。

チャイを一杯飲んで落ち着いてから、
チーズ、トマト、蜂蜜ヨーグルト、それにスイカという
朝の定番を取りに行く。スイカは、日本のよりもっと甘さが強いんです。
1015-13BAR






食後は、少し海辺を散歩してから、プールサイドに戻って読書を開始。
9:30を越えると、山の向こうから太陽が顔を出すんです。
1015-12ハンモック






ランチを食べて、ビールを飲んで、うとうとして...
とにかく精いっぱい、怠惰な時間を過ごすんです。
1015-14レジデンス







夕方の風が吹いてきたら、早めに部屋に戻ります。
溶けきった脳みそを一旦シャワーでスッキリさせて、
気持ちいいサンセットに向けて体制を整えるんです。
1015-16BED引






化粧台の奥がバスルーム、シンプルだけどお洒落じゃない?
1015-17化粧台



1015-18バスルーム





バスタブの上には、こんなカプセルみたいなのがついてて、
シャワースペースになってます。水が飛び散らないので便利。
1015-19シャワー





スッキリしたら、またレストランへ。
1015-21夕暮れ前プール







だんだんオレンジになっていく空気を感じながら、
軽く近場を散歩します。Oyster Residenceのレストラン、
海沿いの道から見ると、こんな感じ。凄くイイ!
1015-22バーレストラン


1015-23入口






サンセットに備えて、お気に入りのシートを探します。
1015-24道サイド席






ゆったりしたソファ席に深く腰掛けて、ビールで乾杯。
うめーぞ、コリャ。
1015-25ビール






この時の、地中海のけだるい空気、ほどよい喧噪が
鮮明によみがえってきます。笑顔に満ちた夕方のひととき。
1日で1番優しい時間です。
1015-26ビールの先の視線


1015-27夕暮れの時間






ほろ酔い気分でディナーの準備。
短パンから、ちょっとだけお洒落に
バージョンアップ。
1015-28廊下





陽が沈んだ後も、しばらくは夕方の余韻が愉しめます。
1015-29夕暮れバルコニー





1015-31カーテン






シーバスや、いかなど地の海産物が楽しめるコチラ、
もちろんトルコの伝統料理もメニューに並んでます
1015-32プール





BARコーナーではシガーも楽しめます。
ただ、初日は時差と移動の疲れで、ワイン少し
飲んだだけで、まりえと2人して半分意識飛んでました。
1015-33BAR



素晴らしきヴァカンスの影に、素敵なホテルあり。
これで1泊1部屋2万円以下ですから、
トルコのリゾートはおススメなんです。 → blogランキング



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔