2008年10月25日

世界一の観覧車 シンガポール・フライヤー (シンガポール)

1026-4てっぺん
シンガポール・フライヤーについては、結構ココで紹介したんだけど、
写真たくさん撮ってたので、改めて紹介。シンガポール行ったら
一度は乗る価値あると思います。当家も、次は夜に乗ろうと思ってるくらい。



今日始めて知りましたが、日本語の公式ページもあるんですね。
http://www.singaporeflyer.com/jp


165メートルの巨大観覧車で、1つのカプセルが4メートル x 7 メートル。
これってどんくらいかって言うと、都市バスに匹敵する大きさで、
最大28人が搭乗可能らしい。これが28台あって、ちょうど30分で
1周します。つまりMAX1時間で1600人くらいイケルってことですな。
1026-2引




搭乗時間は、8:30〜22:30、価格は通常のプランで、
29.50シンガポールドル(日本円で2000円くらい 2008/10現在)。
モエシャンドンフライトなるバブルの象徴的なプランもあってw、
そいつは69シンガポールドル(日本円で5000円くらい、高ッ!!)です。

そして、なんとプライベートカプセルは、1,000シンガポールドル!
7万円以上なんですが、ボクラが乗ったときは、たまたま
プライベートカプセル状態でした、ラッキー!
1026-12高級住宅





そうそう思い出した、コレって
故黒川紀章の設計なんですよね。
出来た当時のニュースで読んだ気がする。
1026-1Singapore コピー


さて、それじゃ、周ってみましょうか。
スペック的には45km先の、マレーシアや
インドネシアまで見えるようです。 → blogランキング

 


***

 

読者の方から「文字が小さくて見えねー」という
コメントをいただき、禁断のスタイルシートなんて
もんをいじってみました。
みなさんも、ちょいと文字が大きくなって
読みやすくなったりしましたか?


 ・・・実はボクも困ってたんです。

ある時期から、何故か字が小さくなって、
でも、理由良くわかんないし、何かオレ触った?
みたいな感じで。

ボクの旧式のmac bookだと解像度が低いせいか、
まだなんとななるんですが、今の主流の解像度の
ディスプレイだと、読めたもんじゃねーやって嘆いていたんです。

ただ、スタイルシートってアレじゃないっすか。
数字と英語が不気味に並んでて、いじったら
ヤバそーな雰囲気してるじゃないっすか。

なので、触るのずーっと躊躇してたんですが、
背中を押されて、なんとか出来たっぽい気がします。
この場を借りて、ありがとうございました!







シンガポール政府の気合いを感じるアトラクションで、
人気レストランやギフトショップ、マッサージなど
色んなアトラクションを集めた複合施設になってます。
1026-10入口





HPを見ると、アクセスにはメトロだと「シティホール」が
一番近いとなっている。どうやら駅からシャトルバスも出てる
みたいだけど、タクシーでも200円くらいだと思うので、
サッと来ちゃう方が短期のステイなら効率的。
1026-1乗口





タクシーを降りて、中に歩いて行くと、
何か箇所かでチケット販売してました。
迷うことは無いですね。乗場は二階。
バス並にデカイです。これまでの
観覧車のイメージじゃありません、
クーラーも完備、消臭剤も毎回撒くし。
1026-11緑の都市





さっき寄ったモスクも見えました、割とグリーンも多いですね。
1026-13上からモスク






他のゴンドラも、中では撮影会。一緒ですw
1026-14町とゴンドラ





シンガポールの沖には、こんなに船が停泊してるんですね、スゴ。
1026-3湾





凄まじい開発っぷり。次ぎ来たらどうなってるんだろ?
1026-5開発中 コピー





30分はあっという間に感じる。
ゴンドラがデカイので、いまいち大きさが実感しづらい。
乗ってまえば、デカさは言葉じゃなく理解出来るんだけど。
1026-5Sフライヤー






夜の方が混んでるのかな?
さすがに、貸し切り状態は無理だろうな。
1026-15ポスター


お台場も一回壊して、また建てるらしいね。 → blogランキング



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔