2008年11月04日

気品ある森のリゾート軽井沢

1104-25軽井沢
タイトル写真の通りでございます。

いもーとのWEDDINGがあったので、
ちょっと陽気に4日間ほど秋の軽井沢へ
出かけさせていただきました。



実質、軽井沢はデビュー戦のオレ。
全てが新鮮で、やけに品のいい高原リゾートを
思う存分満喫しちゃいました。なんかココロまで
キレイになっちゃった錯覚すらおぼえていますw
1104-2Wedding






しっかり子供向きじゃ無いリゾート地なんで、
あんまギラギラしたオーラは似合わないですね。
ここ数年で、ボクもやっとこの森を愉しむスキルと
心構えが出来てきた気がします。


 どーしても、オレみたいな品位の無いオトコだと
 20代の頃は、貸切風呂あってリーズナブルなトコ
 みたいの探しちゃうので、時間をゆっくり"いつくしむ"
 的な選択肢は、なかなか上のほうに来なくてね...



で、このオトナ向けリゾート「軽井沢」、
景色も、空気も、食も、やけにクオリティが高く
色んな意味で満たされる場所ではあるんですが、
浅間山の存在感がいいですね、ところどころで
チラッと見えると、なんか嬉しい。

1104-10浅間山






ラッキーなことに紅葉シーズンだったので、
どこ歩いててもホント綺麗。

1104-12雲場池




有名スポットの紅葉ももちろんスゲーんですが、
一本裏道に入ったところのなにげない並木道の
雰囲気が実にいいんです。
1104-4並木道



チャリンコで気の向くまま走って、タイプの
カフェを見つけて美味しいコーヒーをいただく。
この贅沢さ、東京では体験できないタイプの
愉しさなので、わざわざ来る気持ちがわかりました。

1104-7カフェ





フレンチやイタリアンも東京並のクオリティが味わえるし、
なにより窓からの景色が、都内とは別世界。
人生に余裕があれば、1ヶ月くらい夏に
避暑に来たいと思いますわ、確かに。
1104-6食事






"星のや"に泊まりましたが、イメージで言うと
アマンつーよりチェディくらいの期待感で
行くのがいいと思います。金額的にも
そのくらいが妥当だし。

 ・・・アマン未宿泊のオレが言うのもなんですがw



ボクは、前知識何も無しのニュートラル状態で
行ったんですが、さっきWebのどっかの掲示板とか
見たら、結構ネガティブなコメントが並んでてビックリ。

過剰な期待は、大抵いい結果を招かない
ものですが、金額見合いを考えれば、
あのハードは立派だと思うし、食事が
ヒドイというコメントも散見されましたが、
ルームサービスと朝ごはんは、充分に
美味しかったです。

ウブドゥのヴィラっぽいステイスタイルを
和のテイストを組み込んで表現してるとこを
あんま知らないので、また是非行きたいと
思える場所だったね。

1104-3旅館







軽井沢ビギナーなので、とにかく色々回りながら
自分の好きな場所を探した4日間でした。

1104-11サイクリング



毎年恒例にしたいです → blogランキング








まず、軽井沢について向かったのは、雲場池。
ボクラが行く数日前に、友人から見事な紅葉の
写真が送られてきたので、とりあえず行ってみようかと。
空と紅葉と水のコントラストが素晴らしい場所でしたが、
抜群の場所に洒落たレストランがあるのが、また見事。
1104-5雲場池







次いで、中軽井沢に移動して白糸の滝へ。
個人的には、富士の白糸の滝の方が
迫力あって好きですね。ここは上のほうなので
紅葉も終わってて、日陰なので結構寒く、
岩魚を食べて、きのこ汁を飲んで移動しました。
1104-13白糸の滝







更にWEDDINGまで時間があったので、もうちょい
北上して、鬼押出しへ。ガキの頃に両親に
連れてきてもらった記憶が薄っすら残ってて、
岩によじのぼって楽しかったという刷り込みが
残ってたんですね。オトナになったらやっぱ
感性は全然変わってて、岩自体にそんな
たいした感動は無く、そこからの浅間山の
雄大な景色や、絨毯のように広がる紅葉に
息を呑んでおりました。
1104-15絨毯








万平ホテルでお茶した時は、天気が
イマイチだったんです。
1104-16万平ホテル




晴れた日にサイクリングついでに
再度寄ってみました。
やっぱ晴れてる日の方がいいね。

1104-18万平ホテル




とても悔しかったのが、室生犀星記念館に
行ったんだけど、11月からクローズに
なってたのよ。天気悪い日に行くの
迷って止めたんだけど、それが10/31。
もうちょい気合を入れて、行ってれば
良かった。なのでここは門の前から覗いただけ。
1104-17室生犀星






三笠ホテルまでのチャリ移動は、かなり爽快。
スッゲーひさびさかも、チャリ乗ったの。
晴れてても手袋は必須、前情報を友人から
しっかり聞いておいて正解。三笠ホテルの
内部自体は、あんま刺激は無く淡々としたもの。
変な期待は禁物ね。ここまでのサイクリング
自体に価値アリ。
1104-1軽井沢






食に関しては、また別途まとめて書きますが、
思った以上に、東京と時差無いです。
スンゲーうまいもの食べてる食通さんには、
色々不満もあるかもだけど、ボクくらいの
凡人には、予想以上のクオリティ。

ある程度の食レベルがあって、緑に囲まれた
採光の広い気持ちいい空間。それで充分じゃね!?
ってな感じのオレには、かなり満足な時間が
過ごせました。一番印象的だったのは、
蕎麦の「弦庵」。ご主人がかなりアツいです、
アツい分、ホンモノを味わえますね。
カフェは、雲場池そばの「Le Ciel」が
タイプでした。子供禁止なのも素敵。
1104-20森カフェ





チャリは、裏道入ればどこも気持ちいいですが。
中軽井沢、南軽井沢よりも、旧軽井沢あたりが
やっぱ手軽で雰囲気いいですね。カフェも多いし。
意外に気持ちよかったのが、プリンスの中。
ウェストから入って、イーストまで抜けたんですが、
見事に手入れされた芝生といい、コテージの
抜け加減といい思った以上に見事で、更に
陽の具合もいい感じに傾いてて、やけに刺さる
舞台設定でやられちゃいました。

1104-19並木道






こちらは中軽井沢のcottage415、オムライスが
おすすめってコトで寄ってみました。今月いっぱいで
営業は終了らしいです。冬前に締めるとこ結構あるんだね。

1104-21cottage415




それなりに防寒服は準備してきたんだけど、
それでも寒くて、帽子買ったり、アウター買いに
行きたくて、アウトレットも行きました。
日曜日は激混みで、そばまで車で
来たんだけど、あまりの渋滞のひどさに
速攻で裏道に逃げました。裏に入ったら
ウソみたいにスイスイいけるんだけどね。
1104-19夕焼



あと、ななみさんのブログでオススメだった、
「碓氷峠 見晴台」も行ってきました。
激混みの旧軽井沢通りを車で抜けなければ
いけないのが"泣き"ですが、幻想的な景色に
逢えて、"こりゃ、多少無理しても来るべき"だなと。

逆光の山の稜線が連なる様は、墨絵みたいな
あいまいさで、周りのくっきりした景色との
コントラストで、妙にリアリティを感じさせないのよ。
太陽の光線具合で印象も変わるんでしょうが、
この旅でも、3本指に入る印象的な景色。
1104-14見晴し台



軽井沢の帰りには、めがね橋にも寄ってみました。
いい感じでフォトジェニック!!

1104-9めがね橋





星のやも、旬な絵なので何枚か。
1104-30星のや



1104-32星のや棟


1104-33星のや棟2




プロのカメラマンの横で、構図パクらせて
いただきやした。やっぱ、いつ見ても
花嫁のオーラは凄いです。
1104-23ドレス




式が終わると、17:00過ぎだったのでまっ暗に。
ライスシャワーの中を歩く二人、お幸せにね♪
1104-24ライスシャワー




やけにめでたいショート・トリップでした。
なかなか素敵な軽井沢デビュー → blogランキング



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by MARU   2008年11月05日 13:11
秋の軽井沢も素敵なのね〜☆☆
夏の避暑か、冬のスキー使いしかした事なかったから、
新たな軽井沢の一面です。
知らない所もいっぱいあったりして、
楽しい発見がありました♪

妹ちゃん、おめでとー!!!
2. Posted by haru   2008年11月06日 21:36
いやー、花嫁さんいいですなぁ、、、

私は花嫁見る余裕が無かったです。
もっと楽しめる式にしたらよかったのにと
ちょっと悔やんでます。

おめでとうございます。

あと、軽井沢は私は30年前から通ってますが
まぁ、湿気が多くてなかなかすむにはハードル
高いところです。

時々行くのが一番良いとおもいます。
裏道覚えないと車はきついですしね
3. Posted by kyah朕   2008年12月04日 18:59
MARUちゃん、こんばんは

なにげに軽井沢、今のライフスタイルに
あってました。是非、夏にでも使わせて
やってください。

相当リピりたいです!
4. Posted by kyah朕   2008年12月04日 19:01
haruさん、こんばんは

湿気多いんですか...
なので高床な別荘が多いのかな?

やっぱ“たまに”がいいんですか、
旅先では、ついつい夢見がちになりますねw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔