2008年11月08日

oludenizにさようなら (トルコ)

1108-1犬
道東ネタや、軽井沢ネタなどごちゃごちゃで、
ほぼ旅日記状態のこのブログ。

これだけ毎日付き合ってると、それなりに
ボク自身の状態を反映してると思うので、
逆にココから、あんま意識してなかったことや、
嗜好の変化なんかも気付くことがある。


今年は、旅先で風景を撮ることが多かった。
やっぱ世界遺産ってのは被写体としてオモシロく、
去年のアユタヤ行きくらいから、何かがボクの中で
目覚めたらしい。
1108-2ビーチ




昔は「人」を撮るのが好きで、そのうち「食」を撮る
楽しみを覚えて、今は「景色」を自分のイメージ通り
切り取れることが楽しくなってきている。

漠然とだけど、景色がある程度思うイメージで
撮れるスキルがついてきたら、次はまた、
「人」を撮りたいと思うようになる気がする。


あ、別に「アイドル」とか「キャンギャル」に
バズーカー向けたいワケではなくてよw
旅先の無邪気な子供の笑顔とか、野菜売ってる
皺深いおばーちゃんの横顔とか、列車の
コンパートメントで一緒になったしゃべりっぱなしの
イタリア人とか、なにげないけど心が動いた
瞬間の記憶を残してみたいって欲求が
出てきてね。
1108-12前菜



ってな感じで、旅行に行くと景色写真ばかり
増えるんで、退屈な記事が増えちゃいますが、
まー、自分のためのメモなんで勘弁してくださいな 笑

ただ、いい加減、Oludeniz写真は飽きたので、
次の町に向かうことにしましょうか。
今回でOludenizは最後です。
1108-4ビーチ



なんか天気イマイチな週末ですね → blogランキング









1108-10パン
トルコの食事は、あなりハズレません。
ドネルケバブをはじめ、屋台料理も超好きだし、
煮込み系は、イタリア、フランスよりも日本人には
馴染みます。

高くて非日常でスゲーうまい!!っていう類の
感動じゃないですが、この安さでこのウマさなら
めちゃめちゃアリでしょ、って感じです。


泊まったホテルは、町の物価の1・5倍くらいな
感じだけど、それでもダントツで洒落てるので、
殆では、あまり食事しなかったね。
高いって言っても、1食2000円〜3000円くらいだし。
それなら、雰囲気良くて、すぐに部屋に戻れる
自分のホテルが楽じゃん、やっぱ。

あと、毎晩変わるスペシャルメニューも、
短期滞在者には魅力だったね。
1108-15ディナーテーブル




こちらはパンにつけるオイル、見た目ほど辛くないです。
1108-11パンオイル





・前菜
1108-12前菜




・シーバスのグリル
  塩とレモンでシンプルに。ま、失敗する理由が無い料理。
  初日の夜のメイン。長時間移動+時差+パラグライダーの
  興奮がさめて落ち着いたせいか、途中からまりえと2人で
  起きているのが、殆ど不可能な状態にw ヤバかった〜。
  あまりに疲れてたのか、初日で環境に慣れて無かったのか
  画像もブレブレ。
1108-5ディナー





必死で眼をあけてましたな。
1108-17ホロ酔い






・トルコ風ラザニアっぽいもの。
  いつも食べてるのより、ちょい肉に癖があって
  トマトや香草が強い感じ。ワインよりビールが合う。
1108-13ラザニア





なんだっけ、魚をすり身にして、練ったような感じ?
前菜でセレクトしたけど、割とウマかった記憶あり。
1108-14スリもの




・ドルマ
  写真には撮ってないけど、
  茄子と挽肉にヨーグルトの風味がついていて、
  それをぶどう(?)の葉で包んだもの。
  葉は何だったか記憶に自信ないですが、
  とにかく変わった印象でした。
  トルコらしくていいんだが、味が単調なので
  後半少し飽きる。



・トルコ風 BBQ
  エビとかイカのグリルはじめ、極めてフツー。
  2人でシェアにしておいて良かった。
1108-16BBQ


  オーナーがテーブルにやってきて、レコメンドしてくれた
  チョコレートスフレは抜群に旨かった!あんなデケェ
  スフレ食ったことなかったし。




・朝ごはん
  ほぼ毎日このスタイルで。
  塩の強いチーズと、トマト。
  この組み合わせは、なかなか。
1108-18朝飯


  あとは、ヨーグルトにいろんな種類の
  ハチミツ入れて楽しんでました。

  食前・食後にチャイを。





最後に食後の散歩コースも紹介。

これはよく写真で見る美しい岬の先の方。有料ゾーンなんだけど、
うーん、、別に付加価値は無し。上から見るのは綺麗だけど
特に裏側は、水が動きが無く沼っぽくてあまり近くで見ると
キレイではない。
1108-20岬ビーチ






ビーチのそばに売店があるのはイイネ。
ある意味映画のワンシーンっぽく、
コイツらが行進してました。みんなの視線が釘付けに。
1108-21岬アヒル




折角歩いて来たので、ボクらもビールを。
1108-22ビール





やっぱ、こっちの町サイドのビーチの方がいいな。
あんま時間無いなら、行かなくても良し。
1108-23デカ犬





一番賑わってる道の様子。ユルいです。
1108-4町中





ビーチサイドの夜の道は、こんな感じ。
1108-25夜道





ビーチに行くと、こんな感じでリクライニング
シートが並んでて、BARになってるんですね。
日本でもこういうのやればいいのに。
オトナが遊び方うまいですね、マジで。
1108-3ビーチBAR



もっと日本人のオトナがうまく遊べる世にしたい → blogランキング



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔