2008年11月11日

雲場池 (軽井沢)映える紅

1112-2雲場池縦
軽井沢の駅から、クルマで数分。
チャリでも5分かからない位置にある雲場池。
別名「スワンレイク」とも呼ばれていて、
軽井沢でも有数の観光スポット。




澄みきった水には、紅葉の赤や黄色に加え、
空のブルーまで綺麗に映りこんでおり、
池の入り口から眺める景色は、完成された
絵のようにすら感じる。
1112-1雲場池





池畔には遊歩道が廻らされていているので、
まずはここを歩きながら、軽井沢の空気に
体を慣らしていく。
1112-5池の横から




池の入口あたりには、そこそこ人が固まってたけど、
平日だけあって、ちょっと奥に進めば、すれ違う
人も殆どありません。
1112-4池の奥から





にしても軽井沢デビューでこの景色。
そりゃ好きになりますって。

どうして今まで来なかったんだろうと反省 → blogランキング








同じとこ撮ってますが、ピント合わせる場所を
ちょっと変えるだけでこんなに雰囲気が変わります。
ちょっと、オモシロくないっすか?
1112-10湖面11112-10湖面2






帰ってきてから、カメラ雑誌立ち読みして
紅葉の綺麗な撮り方勉強始めました。
1112-12池の奥から






東京での紅葉はこれから。
スキルアップして、こん時よりも上手に撮りたいな。
1112-13脇






適正な被写体深度とか、全然まだわかってないし。
どう撮ったら魅力的になるのかも、全然ピンときていない。
1112-14湖面





カメラのモニターじゃ、小さいから「イケてんじゃん!」と
思うんだけど、パソコンのモニターで確認すると「あれ、アレレ...」
みたいなコトが続きます。もうちょいじっくり被写体に向かい
あわないとダメなんすかね。
1112-15もみじ屋根





しっかし、こんな冷たい水の上を、気持ち良さそうに
泳ぎますな、鴨さん達よ。こっちは、見てるだけで
凍えそうだよ。
1112-16鴨




夢中で一周したおかげで、時間の感覚が分からなかった。
1112-19一周






池の入口には抜群にいい場所にお店があって、
洒落てるせいか、見事に景色に馴染んでます。
1112-20レストラン









コートが無ければかなり寒く、
自転車も手袋はマスト。
そんな中、KOREAからの結婚旅行なのかな?
池の周りで撮影している何組かの新郎新婦を発見。
1112-21wedding




いくらなんでも"ウェディングドレス姿じゃ寒くねーか"と思ったが、
ハレ舞台のテンションの高さなのか、特に寒そうなそぶりも見せず、
池畔で大胆にポーズを取られておりました。

 #翌日は、矢ヶ崎公園でも目撃(多分、同一人物?)



しっかし、対円で鬼のように下がったウォン、
このタイミングに日本に来るのはスゲー勇者だな。
そんな為替変動は屁でもない富裕層の仕業なのか? → blogランキング

kyah2004 at 23:51│Comments(0)TrackBack(0)軽井沢2008 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔