2008年11月18日

野付半島 (北海道)枯木の美学

1120-1野付半島

根室海峡に不思議な形で突き出している「野付半島」。
エビみたいというか、ヒゲみたいというか。
こういう形の微生物いなかったっけ? 思い出せん...

中標津の空港から30分ちょい。川が排出した土砂を海流が運んで
造りあげた陸地で、こういう類のものとしては日本最大。
半島は、先っぽまで約28kmと、結構遊びじゃない長さ。


大きな地図で見る



トドワラやらナラワラってのが目玉スポットで、
風化した木が湿原の中に不気味に残ったりする
非日常な空間を作り出している。
1120-4湿原2





トドワラは、駐車場から結構歩くんで、
そこまで行ってる余裕は無かったんだが、
この半島全体が基本的に不思議ちゃんな
空間なので、道の脇に見える湿原やら、
砂洲を見てるだけでも飽きないです。


半島は、周囲の環境から完全に浮いていて、
どこか「死」を連想させるダークサイドな雰囲気。
一方、陸地に入っていくと広大な美しい牧草地が広がる中標津。
こちらではみずみずしいまでの「生」を感じるので、
そのギャップ感も、またオモシロく。


半島に入るとひたすら一本道なので、
とりあえず、ココを目指してはいかがでしょう?
野津半島 ネイチャーセンター

特に見所は無いですが、トドワラへの
遊歩道がココから出てるので。
1120-5馬



このウマが楽チンに連れてってくれます、ちと臭いますが → blogランキング







細い陸地部分の片側は、こんな湿原みたくなっている。
日本の他のどこでも見たこと無い、なんとも形容しがたい
不思議な景色。写真じゃ、全然伝わりませんね...
1120-3湿原





一方、その逆サイは、国後島がかなり近くに望めます。
かなりあの領海にはカニが生息してるらしいので、
そんな観点からも、日本の領土になって欲しいなぁ..
1120-2国後



なんとも不思議なゾーンでした → blogランキング



kyah2004 at 23:01│Comments(2)TrackBack(0)道東2008 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くま   2008年11月19日 15:38
ミジンコ?
野付半島は不思議な場所ですね。
日の出から日没までの風景を見てみたいです。
2. Posted by kyah朕   2008年11月26日 01:21
くまさん、こんばんは

そうそう、ミジンコだと思います。
今回の道東は駆け足だったので、
次回はゆっくり回りたいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔