2008年12月27日

エンボカ (軽井沢) 森のピッツァ

1226-1エンボカ
軽井沢でピッツァがうまいとこと言えば、
まっさきにあがるお店じゃないでしょうか?
エンボカ(en boca)。
http://www.enboca.jp/



ガイドブックをはじめ、しずる! のゲンさんや、
さとなおさんaniaさんなどクチコミでの評価も高い。




前夜のフレンチ「No One's Recipe」でも、
東京と時差の無いフレンチに出会い、心のどっかで
侮っていた自分を反省しましたが、ここでは更に、
軽井沢らしさをアレンジしたオリジナリティに、
リスペクトをはらうことになりました。
1226-2エンボカ





ロケーションは南軽井沢、有名なエルミタージュ・ド・タムラと
離山房の間の道を入っていった突き当り。慣れてないと
ちとわかりづらいかも。ボクは、ちょっと迷った。

森の中にたたずむ一軒家のイタリアンで、
靴を脱いであがるゆったりしたダイニングと、
ピッツア釜のそばにある3面ガラスに囲まれた
森の中のようなサンルーム、そして数席の
カウンターといった造り。


もちろんボクラは予約しての訪問。
平日にも関わらず満席のため、
断られていたお客さんも。


ランチのメニューは、サラダやスープのほかに
スモークなどの前菜があって、ピッツァも数種類。
トッピングの組み合わせができるハーフ&ハーフ
が人気だとか。
1226-3スモーク






もともとイタリアかぶれのけが強いボクなので、
ピッツァのハーフ&ハーフとか、受け入れるのは
苦手なタイプです。トッピングもいわゆるナポリ
ピッツァではありえない、野沢菜みたいなものも
あったと思うし、ドリンクは、ワインよりも
ベルギービールとかの方が目立つ位置づけです。


まー、折角来たんだし、堅苦しいことに縛られててもと、
色んな味を食べてみるべく、マルゲリータとプロシュートの
ハーフ&ハーフのピッツァをオーダーしてみた。


ハーフ&ハーフみたいな2種類のトッピングの場合、
火入れでどっちかが犠牲になっちゃうんじゃないかと
思ってたんですが、そんな余計な心配は、浅はかな
素人の危惧に過ぎません。
1226-4ベンチ





生地の自然な甘さやフカモチ度、プロシュートの
ボリューム・クオリティといったものが、全て期待値を
越えています。マルゲリータは、そこまで特徴的では
ないけど、充分「美味しくね!?」と言っちゃうレベル。


こういう真摯なスタンスを感じると、現金なもので
最初に感じてた違和感が一変します。


もともと郷土料理の色が強く、地産地消というイタリアンの
成り立ちからすると、一瞬「変り種じゃね!?」と思った
野沢菜やレンコンといったピッツァも、実は軽井沢的に
アリなんじゃねーのかと。
1226-4スイーツ



代々木の店も評判いいですね。
ま、でもボクはあのロケーションで食べたいな。


エンボカ(en boca)
北佐久郡軽井沢町大字長倉南原3874-5
0267-44-3301
1226-5エンボカ





軽井沢じゃないですが、
あの中華、やっぱウメーや。
来年はもっと行きそう。 → blogランキング









やー、実にいいロケーション。
イメージしてた軽井沢ってこんな感じだったけど、
実際に来てみると、尚いいね。テンションあがりっぱ。
1226-9入口





もともとは、オーナーの別荘だったというエンボカのお店、
ゆったりしたダイニングは家並みにくつろげそう。
そっちも気になったけど、軽井沢ランチデビュー戦なので、
"森"を体感できるサンルームに陣取ってみた。
1226-10サンルームから





こっちが、ちらっと覗いたダイニング
1226-11ダイニング






カウンターは、こんな感じ。
1226-12カウンター





前菜はチーズやタン、野菜などといったスモークの盛合わせ。
スモークは軽い感じで、個人的にはもうちょっと
癖あってもOK。肉よりも自家製の野菜が嬉しいな。
1226-14スモーク







これは、確かにワインよりも、ビールな気分だ。
メニューを見ているうちに、ビールが充実してることが
逆にありがたく思えてきたり。
1226-13ビール




かぶのスープだったっけな? 和っぽいニュアンスの
癒し系スープ。ビールを飲めないまりえ用。
ってか、旅行に行くとメシ後の運転任せっぱなしで
すんません...
1226-15吸い物







お待ちかねのピッツァ。
釜が客席横にあるので、スタッフによる
ピッツアの仕事がよく見える。
カウンター越しとかにそこそこ近くでは見てはいたが、
ここまでライブ感あるピッツア釜との距離ってはじめてかも。
1226-16ピッツァ釜




プロシュートはボリュームたっぷり。
ピッツァ生地は塩加減も控えめで好み、
しかもフカモチ度もお見事。生地の粘度が
心地よさすら感じるレベル。
1226-17ピッツァ寄





結構、お腹は膨れてましたが、期待以上の美味しさに
調子に乗って追加を頼むオレ。フツーのピッツァにするか
デザートピッツァにするか迷ったんだけど、これが
あったら食べようとおもっていた「いちぢく、ラフランス」
が見事に残っていたので、デザートピッツァに挑戦することに。


デザートピッツァはひとまわり小さめ、ほのかな生地の
塩加減と、フルーツの甘さのバランスも素晴らしい。
1226-18ピッツァスイーツ






ついついテーブルの上のものに引き込まれていたが、
食後、「ふぅー」っと視線をあげると、改めて森の中に
いるということを思い出す。
1226-19外ダイニング






この味とロケーションの組み合わせは、反則っすよ。
大人気店だけに予約はマストかと。
1226-20野菜



明日こそ、大掃除やるぞ!! → blogランキング

エンボカ 軽井沢 (イタリアン / 中軽井沢)
★★★★ 4.0



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 新緑の軽井沢??(5)「エンボカ」  [ Tany&wife's blog from 名古屋 ]   2009年05月17日 19:26
この日のお昼は、「enboca(エンボカ)」でいただくことにしました。 自家農園で採れた野菜、燻製、生ハム、そして薪釜で焼く ピザが美味しいと有名なお店です。
2. 新緑の軽井沢??(5)「エンボカ」  [ Tany&wife's blog from 名古屋 ]   2009年05月25日 23:19
この日のお昼は、「enboca(エンボカ)」でいただくことにしました。 自家農園で採れた野菜、燻製、生ハム、そして薪釜で焼く ピザが美味しいと有名なお店です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔