2008年12月24日

泣けちゃうほどNIPPON (秋田) 角館と乳頭温泉

1224-1乳頭温泉
今宵、クリスマス・イヴですが、当家は今晩、
徹底的に「和」の粋を愉しませてもらっているので、
気分的にも"日本"ネタでいかせていただきます。



ボクもまりえも12月の産まれなので、
誕生日にかこつけて、秋田に行ってました。





雪の角館が見たかったのと、乳頭温泉で温泉三昧が
したかったんです。もちろん、比内地鶏や鰰(ハタハタ)、
キリタンポといった本場の味覚に逢いたかったというのは、
言うまでもありませんがw
1224-2角館







とにかく、何が良かったって「乳頭温泉」。
家族風呂もいいですが、渓流沿いのダイナミックな
妙見の湯ってのが抜群に良いいんです。
1224-1乳頭温泉2






妙見の湯は混浴用なんですが、なかなか女子は
いらっしゃらないので、実質貸し切り状態。
そもそも絶対数が少ない男性陣はたいして長湯も
しないので、ほぼ一人ででっかい風呂を占有し
自由を謳歌しておりました。




特に夕食後が気持ち良くて、FULL MOONに照らされた
雪景色の中、ひとり乳白色の温泉につかってると、
「こんなに人生って素晴らしくていいんすか!?」って
思わず泣けちゃうほどNIPPONなんです。
1224-3妙の湯






川のせせらぎも結構なボリュームなんで、独り歌っていても
誰にも聞こえないから、懐かしの名曲なんぞ口ずさんで
おりました。


雪山って学生の頃に良く来てたので、つい思い出すのは
スノボやリゾートバイトをしていた頃の懐メロ。
こういうシチュエーションには、おしゃれ番長的なサウンドは
似合わんのです。人間満たされすぎるとHAPPYな曲より、
この「大事な時間が終わること」を察してか、切ない歌を
セレクトしがちじゃない?

ん、そんなこと無い? やっぱオレが変態なのか...ま、いいやw




そういう意味もあって、もしかしたらこういうシーンでは、
演歌が一番マッチするのかもしれないけど、
そもそも曲を知らないのよ。
むしろ、ボクにとっての演歌(SOUL MUSIC)は、
サザンだったりドリカムだったりするわけで。
1224-6温泉








食事は、どこもそれなりに満足出来ましたが、秋田って
出すペースやっけに早いのよ。東京だったら2.5Hくらいの
コースを1.5Hくらいで出してくる感じ、なのであんま
ゆっくりお酒を味わうって出来なかったんですが、
たまたまボクらがそうだっただけなんでしょうか?



衝撃的だったのは、ハタハタ。あの卵のネバネバ感とか
尋常じゃないんで、猛烈に癖になります。
1224-4はたはた





シーズン当初の野鴨がいただけたのもラッキー!!

今年は雪足が遅く、料亭で聞いたら、
「今年初の鴨を召し上がったお客さんですよ」と。
しかも、また雪がなくなって、いい鴨が入らないんですよ...とも。
1224-5野鴨鍋





あと、比内地鶏は、やっぱ強いです。
米星人的には、きりたんぽもハズせませんし。





てな感じで、心から癒された秋田の旅でした。
ただ、肝心の角館に雪が積もっていなかったのだけが悔しい。
例年なら積もっているらしいんですが...
1224-11角館






料亭もホテルもほんと不況の影響をモロに受けてて
「もう、ほんと大変なんですよ...」と言う声を、
あちこちで聞きました。

なにげに倍率低い時って狙い目かなとも思うんで、
いっそ年越しに秋田とか、いかがです? → blogランキング









角館はご覧の通り雪もなく枯木の通りで寂しかった...
春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪と、様々な
日本の美を演出する角館ですが、枯木はいちばん
ハズレなシーズンじゃね?
コレばっかりは、どうしようもないですがw
1224-2角館2




冬限定で武家屋敷のひとつ「岩崎家」で、地元の人による
"角館紹介"があるんですが、これはオモシロいので
是非に。11:30と13:30の2部制で、所要時間は30分。
角館の歴史や、武家屋敷について、ガイドブック
読まずとも、知識をしっかりつけてもらえます。




武家屋敷ホテルは、いい具合にモダンです。
サービスもあったかいし、こじんまりした
ホテルならではの良さがありますね。
1224-15武家ホテル





併設のレストラン「樅の木亭」で食事が
できるので、食のクオリティもいいですよ。
ここで食べたハタハタはもちろん、比内地鶏の
ミンチを包んだ"鶏のあんぷら包み"とか、
県産の和牛の火入れもバッチリでしたし、
稲庭うどんのこしも絶妙でした。もともと
イタリアンだったところなのですが、うまい
具合にイタリアンのスキルが活かされてます。
純粋な"和"として捉えると、若干繊細さは
欠けるかもしれませんが、それは他の店で
楽しめばいいので、旅館としてはかなりの満足度。
1224-20鶏のヤツ






角館には、いくつも料亭がありますが、ボクラが
訪問したのは、料亭 しょうじ。平日ってのもあって
ランチタイムは貸切。野鴨の印象がトビ抜けてますが、
地のものをふんだんに入れてもらって、とても楽しい
食事になりましたね。ボクだけ飲んだくれて、運転はまりえに..
1224-16野鴨





ほんと申し訳ないけど、オレの誕生日だったので、お許しアレ。
1224-16野鴨2








さくっと食事したい時に、比内地鶏丼とか
どーっすか!? 鶏の強さが半端無いっス。
1224-16地鶏丼





本場の稲庭うどんって初めて食べましたが、
これまで食べてた”なんちゃて稲庭うどん”との
違いにビックリでした。
1224-17イナニワ






乳頭温泉は「妙の湯」に泊まりました。
渓流沿いに大きな露天風呂があり、
他にも内湯含めて計7個くらい湯船が
あります。"お湯ホッピング"してると
飽きないので、平気で1時間くらい
お風呂に入っていられます。


夕食も、そこまで凝ってはいないですが、
山奥の秘湯にあって、このクオリティなら
文句のいいようが無いでしょ?というもの。
スノボ引退してから雪山来てなかったので、
ひさびさの山の雪化粧に、カメラ熱が
ガチ燃えしてました。
1224-21妙の湯







ホテルをチェックアウトした後は、鶴の湯温泉とか
まわりの名湯に視察に行ったりしてました。
1224-17温泉






雪の中のならではの景色に しびれた束の間の休日、
やっぱNIPPONって、ドエラくCoolですゎ。
1224-19社





それでは、皆さま ステキな夜を♪  → blogランキング




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔