2009年01月03日

釧路 和商市場 (北海道)案外こんなもの

0103-2カニ土産
釧路の駅そばにある和商市場、ここから
発祥した「勝手丼」は、あまりに有名。


一応、解説しておくと、「勝手丼」とは市場内のお店から
好きな海産物を少しずつ買って、ご飯に乗せてもらって作る
オリジナル海鮮丼のこと。

バイカーのクチコミで広がったという勝手丼ですが、
当初はどうだったか知りませんが、今はあまりに
商業ベースで、哀しいことになってますね...
0103-3土産







「勝手丼」を販売しているお店は結構あります。
一通り見て回ったんですが、どこもお店の前に
小さく切ったネタを並べてて、せいぜいラップが
かかってるくらい。

したがって朝行ったにも関わらず、ネタは
カピカピで全くもってシズル感はありません。
自分が好きなものを選べるという満足感は
得られるかもしれませんが、申し訳ないけど
ボクは、これを食べたいとは思えないっすね。




きっと、最初の頃は「兄ちゃん食べてきなよ」って
感じで、お店の人が"柵"から、切り出して
やってたんじゃないかな?


でも、有名になってからは、いちいち
そんなことしてたら手間かかって
さばけないから、あらかじめネタを
用意して、保存状態の悪い場所に
置いておくという手法を、とらざるを
えなくなってしまったんでしょう。


需給関係がある限り、別にこれが
悪いとは思いません。市場内の
食堂に行けば、フツーの丼も
食べられるんだし。


ちょっと期待してみちゃったので、
ボクにはガッカリだったって、
ただ、それだけの話です。




0103-1釧路




お土産買うには便利ですが  → blogランキング










釧路自体は、かなりデカイ町でしたね。
女満別空港で道東に降り立って以来、
根室くらいしかメジャーネームの町に
踏み入れてなかったので、ひさびさの
デカイ町だなと素直に思いました。

10分くらい走っても全然周りの
景色が緑にならないし。車も
いっぱい走ってて、信号でも
結構停められちゃうし。


厚岸から移動して、釧路空港を出発するのが
昼の便だったので、釧路で寄れたのは和商市場と
釧路湿原の展望台くらい。釧路湿原の展望台までは、
市内から20分ちょいってとこですかね?


ここに辿り着くまでに、かなりの湿原フェチになってたので、
ものすごく楽しみにして行ったんですが、曇りと言うか
殆ど霧だったので、日本一と言われる広大な湿原の
パノラマを堪能することは出来ませんでした。


ちなみに、どんくらいのフェチに仕上がってたかって言うと、
展望台からの景色が見れないと分かるや否や、
「もしかしたら、こっから2km行った見晴台なら少し見えるかもね」
というスタッフのオヤジさんの言葉をきき、あと30分しかないのに
走って往復したくらい。整備されたボードウォークとはいえ、
みなさんがゆったり歩いてるところを、必死の形相で
抜いていくのはカッコ悪かったなー。
しかも結局、霧で見えないことに変わりは無し。


でも、いいの。
折角、湿原フェチとして目覚めたんで、釧路湿原には
ゆっくりまた来ればいいんです。ボクが滅茶気に入った
根室〜厚岸も、まりえは先に帰ったせいで、見ることが
出来てないしね。


まりえのご両親と一緒だったので、ボクにしては
かなり駆け足な旅でしたが、おかげで色んな場所の
魅力を知ることが出来ました。


最近、国内の旅行にも相当ハマってますが、
道東は間違いなくリピりたい場所 TOP3に入ります。
ただ、天気で大きく左右されるので、運が必要。


やっと道東編が終了。
最後の湿原の写真はドコに行って
しまったんだろう? → blogランキング


kyah2004 at 23:14│Comments(0)TrackBack(0)道東2008 | 和食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔