2009年01月08日

よろにく (青山)進化する焼肉

0109-1
焼肉というジャンルは、経験値がメッチャ低く、
一度焼肉の猛者にエスコートされたいなぁと
思ってたところ、YAKINIQUESTのgypsyさん
しずる 写真グルメガイドの元さんと、"一緒に焼く"
機会を得たので、ワクワクしながら、
いざ青山の「よろにく」へ。





篠崎の「じゃんぼ」で、焼肉の価値観を
変えられて以来、自分で焼肉屋に行くも
なかなか思ったイメージに到達できず、
微妙に不完全燃焼だったんですが、
コチラ、一品一品ウマイのは当然ですが、
コースの流れがほんと素晴らしい。

焼肉リテラシーが低いボクでも、
存分に楽しめます。
0109-14肉






あんま焼肉って食べる機会なかったんで、
たまに行っても、肉の部位名とかマイナーな領域入ったら
"想像してたものと違うもんが出てきた"なんてことは
多々あります。また焼き方も、そこそこスタッフには
聞きますが、テーブルに張り付いてもらってる
わけでもない限り、微妙な加減がわからなかったりするもんです。




そんなボクなので、肉への多大なる愛を持つ
gypsyさんと元さんのやり取りは、オモロクて
仕方ありません。「普段はここまで肉語ると
ひかれるんすよ..(´Д`)」ということでしたが、
食いしん坊的には、全然ヨユーというか、
「もっと語ってクダサイ!!」って感じ。


高度な"焼き技"は真似できないですが、話聞いてると
タンの火入れとか、通常イタリアンやフレンチで
肉を焼くときと一緒の考え方だし、薄くてデカイ肉の
焼き方とか、「なるほどねー」と一緒に食べてるだけで
肉スキルがあがります。
0109-19四種-4タン





ほんと、どれもウマかったんですが、
寿司スタイルのタテバラとか、最初並んだ時の
インパクトは忘れられませんし。
寿司スタイルで食べたことなかったワケじゃ
ないですが、ここまで美味しくは感じなかった。

塩では、タンやハツの歯ごたえがよかったし、
後半のタレもんの畳み掛けもたまりません。

・・・アレ、殆ど全部じゃん♪
0109-2肉寿司寄





間接照明が多用されてる洒落た店内は、
シックで落ち着いた雰囲気なので、
肉とちゃんと向かい合いながらも、
デート使いにしっかり耐えられます。

バジェットは1万円ちょいといったとこですが、
南青山という立地で、この内容と量なら、
高いと感じることは無いんじゃないでしょうか。
0109-25二種盛り-1






ちなみに「よろにく」は、「じゃんぼ」で修行したスタッフが
OPENしたお店。ヤキニクエストでは、R1(リスペクト1)に
カテゴライズされてます。
0109-7肉説明



「毎回来るたびに、発見があるんですよ」
肉の猛者達にそう言わせる魅力が詰まった店。
ビギナーなあっしは、言うまでも無くヘロヘロ(′∀`)、
かなりイイッすね!!、好み。


よろにく
東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ南青山B1F
03-3498-4629
0109-8牛



今年は牛年だし、もうちょい
焼肉の経験値、あげたいなぁ..
ここは、今月中にリピる予定。 → blogランキング





 


 


骨董通りの脇道、わかりにくい階段を降りていくと
そこが「よろにく」。このあたりっぽい演出。

ビールとお茶で乾杯。ボクの周りの食いしん坊には、
お酒が飲めないヒト、弱いヒトって結構多い。
メシ>酒なボク的には、ありがたい。


メニューも一通り見てみましたが、
「よろにくのコースって、オモシロいんですよ」
肉の猛者達にそう言われたら、そりゃノッカりますって

“ウマいもんへの近道は、ウマいもの好きに聞け!”
これ、ボクが食べ歩くの好きになってから、
全く変わっていないポリシーです。
0109-10お通し





右奥から、時計回りに「イチボ」、「トモサンカク」、「たてバラ」、「ユッケ」
0109-11肉寿司引






部位によって、たまり醤油と濃口醤油を使い分けて。
確かに、同じ部位でも全然表情変わりますね。
0109-13軍艦







「テンダーローイン」、焼く前の写真(上から2枚目)を
見ていただくとわかると思いますが、いい感じで熟成入ってマス。
0109-5肉焼き中





「クロタン」、「カイノミ」、「ハラミ」、「ハツ」。
0109-16四種盛






完璧な火加減で、肉を”噛み切る”食感。
自分が、これまでどんだけ適当な火加減で
肉を食べていたか判明...

かたじけない!と美肉を前に反省。
0109-17四種-1






他の焼肉店と比較出来るようなリテラシーはないんで、
とりあえず、この肉達の美しさを見てやっててください。
0109-18四種-2はらみ









ここからタレに。
カタサンカク、ランボス(?)、ヒレ
酔いも回って聞き取れてないですw

肉がタレに負けるわけでなく、繊細な
バランスの良さに唸るしかないッスね。
0109-22三種-2






一旦クールダウンしてサラダ。
0109-24サラダ






こちらは、ハチノスの吸い物。
肉の旨味が優しく滲み出た、癒しの吸い物。
0109-23吸い物






んー、どこのどんな部位なんでしょ?
薄くて大きいのは、一旦巻いてから
網の上で素早く広げます。
全然うまくいかねー オレ。
0109-26二種盛り-2






美味しいから、もう何でもいいです。

猛者の焼きの完成系を横目でしっかり
チェックしながら、自分好みに火入れ。
0109-27二種盛焼







オスとメスの肉質の違いについてレクチャーを受ける。
赤身とサシのバランスの違いや、実際に触った時の
弾力の違いを確かめながら。全然戻り方違うんですね。
0109-29肉比較





「ザブトン」はお米に巻くスタイルなので、ここで
一口サイズのごはんが用意される。
この分厚いカットは、さっきのヤツね。
0109-30肉2種引





肉が反り返らないよう、箸を使いこなす猛者。
ボクも慌てて、カメラを置いて反り返り対策を。
0109-33焼きテク





締めは2種のうどんを。
このシンプルなスタイルの方が好き。
0109-34冷麺





こちらは、だいぶ癖があります。
0109-35冷麺2





最後には2種類のかき氷。ふわっふわの氷に
ほうじ茶のシロップと言う組み合わせ。
変に甘くないから、胃が落ち着く感じ。
0109-37かき氷






こちらも見た目のイメージと違って、甘さが
後を引くような感じじゃないです。あくまで
サッパリとさせてくれる甘味です。
0109-38かき氷2






場所柄もあるし、店の雰囲気的にも
女性連れが多いですね。
0109-39店内




mac worldで発表を期待していた
imacの新モデル、一体いつになるんでしょ?

今の現行モデルをタイムセール時に
狙って買ってしまうか... → blogランキング

 

 

 

よろにく (焼肉 / 表参道、乃木坂、広尾)
★★★★★ 4.5



kyah2004 at 23:37│Comments(2)TrackBack(0) | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by UENO   2009年06月27日 00:15
初めまして。いつも楽しく拝見しています。

「どこの部位だろ」と書いてある画像の左側はミスジです。
右側は絞りの関係で分かりづらいですが、
全体的に良い肉を使っているお店だと思います。

兵庫県で肉関係の仕事をしていますが、
肉の本場であっても大して美味しい焼肉店が無いのが残念です(--;)

今後も楽しい日記を期待しています(^^)

2. Posted by kyah   2009年08月16日 00:57
UENOさん、こんばんは

アドバイスありがとうございます。
なかなか肉の見た目を覚えられなくて...
(食べると、あ、コレ、そうそう!ってなるんですが)


兵庫には、いい焼肉店無いんですか...意外です。
気に入ってるお店が、プロの方から見ても
「良さそうだ」ということで安心しました。

神戸牛だと、ハンバーガーのEATが
今、一番注目しているお店です。

あそこは、ホントやばいっす。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔