2009年01月17日

角館 (秋田) 雪が無い!?

0118-1角館
秋田県でも、結構内陸に入ったところ。
空港から、車で田んぼの中を走っていると、
突如として情緒溢れる町が出現する。
みちのくの小京都「角館」だ。
http://kakunodate-kanko.jp/




当初は、「B.Dだし、箱根の高級旅館でも泊まってみる?」って話だったんですが、
「絵的になぁ、箱根だと雪もその頃無いだろうし、なんかパンチ欲しいよね?」ってことで、
急遽雪に埋もれた秘湯探しに変更。なんかで乳頭温泉を見つけ、更に駅貼りの刷り込みで
「お、角館×雪見温泉って、ヤバくね?」ってとこに辿り着いたというのが、今回の
小京都行きのバックグラウンド。
0118-2角館壁




JRの駅に貼ってある「角館」のポスターに知らず知らず洗脳され、
"白い雪と武家屋敷の黒い板壁のコントラストを撮ってみたい"
と、カメヲタ魂が騒いだわけですヮ。



って、ノリだから、『雪』っていうのは、極めて重要な舞台装置なわけで、
角館の公式ブログを見ては、「おーヨシヨシ、よくぞ雪が降ってくれた!」と
はしゃいでいたワケなんです。




ところが、旅行の1W前の週間予報をチェックすると、旅行日程中はなんと雨。
公式ブログからは、日々雪が溶けていく様子が伝わってきます。
山深い乳頭温泉の方は、心配なく雪見温泉に浸かれそうだったので
安心してはいましたが、当日まで、「雨が雪に変われ!」と心の中で
祈祷しておりました。



最後まで、雪を願いましたが、現地に着くとまるっきり雪は無し。
将棋で言ったら「飛車」落ちの気分に若干凹みましたが、
思った以上にウマイ飯に出逢えたので、なんとかダメージは
回復し、次回こそ!という気分になれましたが..
0118-3角館壁


春は、しだれ桜
夏は、緑
秋は、紅葉
冬は、雪


と、四季折々の魅力がある角館なのに、よりによって
一番寂しい時期に行っちゃったので、武家屋敷の写真
としては、最低のモノだと思いますw
0118-4屋根



小さな町なので1泊で充分楽しめますが、
酒や鶏、野菜に魚も美味しかったし、
料亭も多いので、メシ好きに結構刺ささりますよ。 → blogランキング









秋田空港到着時は小雨、レンタカーに乗り込んで
いざ秋田は「角館」を目指します。

雪にならねーかなぁ...と恨めしそうに空を
見ているうちに、なにやら風と雨が強くなってきました。

ちょっと休もうと、ちょうどいいところに現れた「道の駅」。
お土産眺めて休んでしたら、なんと雷がゴロゴロと!
しかも突風まで吹いてきて、さながら嵐の模様。

 ・・・マジで? 何コレ 12月だぜ!?


旅に出て、ここまで悪天候ってのは始めてかも。
慣れない道をユルユル進んでたら、山あいを抜けた
ところでフツーの雨に戻ってました。
0118-7縦木




角館は小さな町。
武家屋敷ゾーンは、車で1分あれば
回れちゃうので、規模感を押さえて
「武家屋敷ホテル」へチェックイン。
16:00くらいで真っ暗でだったので、
雨も降ってるし、散策は翌日に。
0118-12道



狙ってた蕎麦屋も閉まってたんで、
ホテルの部屋でしばしお休み。
町の中の温泉へ行って(宿送迎)、
念願の夕ご飯。こちらのレポは、また後ほど。



翌日、朝から武家屋敷を見学。
昔から変わっていない武家屋敷通りの道幅は6間(約11m)。
この両側に黒板塀が続いていて、とても趣き深い。
0118-8横門




11月頃から閉じるところが多いので、
中に入れたのは、「青柳家」と「石黒家」。

見学できる武家屋敷の中では、一番格上の「青柳家」。
蔵には、武器や着物、器なども展示されていて、
なかなかオモシロい。ただ、どこも似たようなものを
展示してるので、一箇所ジックリ見たら、あとは飽きるかも。
http://www.samuraiworld.com/
0118-11屋根






石黒家は、広かったなぁ..
門のイメージから、そんなに敷地は広く無いのかと
思いきや、予想以上の奥行で、結構見るのに
時間かかります。オモロイんだけどさ、ただね、寒いの。




また「石橋家」では、1日2回無料で
冬限定の"角館冬がたり"をやっていて、
角館の風土や歴史を、味のあるおじいちゃんが語ってくれる。
0118-5門




囲炉裏を囲んで、焼き栗や、がっこをつまみながらの
このイベントは、この時期角館行くなら、絶対外せない
ものでしょう。寒いんですが、心か温まるね。
0118-9囲炉裏





武家屋敷通り沿いには、ほかにも洒落た民芸屋や
食堂などがあり、フツーに見たら半日あれば
回りきれるんじゃ無いでしょうか?
0118-6ポスト




「田沢湖」とか「抱き返り渓谷」とか「乳頭温泉」とか
周りにも魅力的なスポットが多い。ただ、食は角館に
集中してるだろうから、食いしん坊はこの町をベースに
この辺を動いてみるのは、いいんじゃないかと思う。

まー、乳頭温泉は泊まった方が絶対良いけど。




それに、「角館」って、実は、秋田と盛岡の
中間点くらいなので、秋田⇒角館⇒盛岡と
食い倒れの旅をするのも魅力的。

これに平泉とか加えると、いい感じの
オレ好みなパッケージになるな...
今年、どっかでやるかも。
0118-10門





相変わらず、今年も海外はソコソコ行く
予定ですが、国内の旅をもっと増やしたい。
地産地消な逸品に会いたいねぇ〜 → blogランキング



kyah2004 at 23:36│Comments(0)TrackBack(0)秋田2008 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔