2009年01月30日

トプカプ宮殿 (トルコ)世界の

0130-1トプカプ
"いくさ人"でないボクは、金角湾に突き出た
トプカプ宮殿あたりのエリアが、どうして
戦略上超重要なポイントなのかってことが
わかるはずもありません。


んが、しかし、プロ観光客の立場になれば、
アヤソフィアやブルーモスクの至近にあって、
テラスからは金角湾や新市街の町並み、
ボスポラス海峡を望めるなんとも贅沢な
場所ってことで、観光スポットとしては
ドS級のポジショニングだっつーことなら、
肌感覚で理解できます。
0130-2兜



もともと遊牧民だったトルコ人なので、
トプカプ宮殿を造ったスルタン達は、
住居に対してそんなに建築欲が
無かったんすかね。

ベルサイユ宮殿とか、バッキンガム宮殿とか、
その存在が威圧感の塊みたいな建物と違い、
トプカプ宮殿は、ワリと親しみやすい存在です。
0130-3室内



ただ、べらぼうに金と勢力は持っていたっぽいので、
クソでけぇエメラルドのついたトプカプの短剣とか、
意味わかんないくらいでかいダイヤとか、ケタハズレの
宝物がゴロゴロ展示室に飾ってあります。


生粋の庶民なヤロー的には、実は宝物ってあんま
興味なく、むしろ美しいイズニックタイルに囲まれた
眺望のいい部屋の方がワクワクしたりするし。
0130-4パビリオン





金角湾を見下ろすテラスに突き出たイフタリエなんかも
高いトコ大好きバカには、垂涎のアトラクションです。
こちらは、ラマダン後に食事する場所だったとか。
0130-5イフタリエ





観光は、コンディション(特に天候)によって大きく印象が
左右されるんだと思うんですが、悪天候のため、
ココはそんなに印象には残りませんでした。

観光客プライスと揶揄されようと、トプカプ宮殿内の
オープンカフェに陣取って、ボスポラス海峡眺めて
チャイ飲みたかったなぁ... → blogランキング









チケット売り場。人種は多彩。
ただアジア系は見なかったな。。
0130-10チケット






有名なトプカプ宮殿の入口、なんとか雨も止んだギリギリのコンディション
0130-11宮殿







0130-12回廊





絢爛華麗というワケではないけど、こういうセンス好きです。
というか、トルコに行って好きになった。
0130-13水場





ここに一日いたら、この壁ってどんな存在になるんだろう?
0130-14タイル部屋






こういう建物への入口って新鮮ですよね
0130-14入口



多分、ハレムの入口あたり
0130-15ハレム






写真撮影禁止の宝物館の中に、いわゆるトプカプらしい
宝物がたくさん陳列されているんです、アレは見る価値あるよねー
0130-16銃












ひさびさにあの寿司屋へ。
昼間からヤロー2人で日本酒傾けるのも
悪く無いよね → blogランキング


kyah2004 at 23:17│Comments(0)TrackBack(0)トルコ 2008 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔