2009年02月16日

香港美食記録

0216-1香港

うんまい中華料理ってヤツを、ガチに食べたくて、
ちょいと香港に行ってました。

香港師匠や食べ仲間、ヨシタカや香港駐在の幼馴染など、
MAX8人でテーブルを囲む機会もあったので、中華料理の
楽しさを存分に満喫できた旅でしたね。貴重な時間を
シェアしていただいた皆さまには、ホント感謝しています。


3000円程度のB級グルメから、高級食材が並ぶ贅沢な晩餐まで
ジェットコースターのような数日を過ごしてきたせいか、帰国後は
食欲がわかず、いい感じで体重も戻ってます。
0216-2インターコンチ






トップ写真は、インターコンチの名店
「欣圖軒(ヤントンヒン)」での北京ダック2連星。
わかりやすい美食な絵面ですが、ホントのクライマックスは、コチラ。
ヨンキーで食べた「仏跳牆」、まんま字の如く「僧侶も垣根を越えてぶっ跳んでくるくらい
ヤバイ匂いのスープ」なんです。フカヒレやアワビ、貝柱などを何日もかけて
煮込んだコラーゲンたっぷりの劇薬で、これを食べたときに「この旅が終わった...」と
脱力してしまいました。
0216-3ブッダスープ




本場に来て一番感じるのは、中華のスープの美味しさなんですが、
こやつは日常離れしたうまさなんで(お値段も4000香港ドルくらいと非日常)、
帰国後もこいつの匂いをフラッシュバックできるよう訓練中です。




やー、しかしバブルがはじけたとはいえ、香港はエネルギッシュですね。
大打撃を受けた富裕層も、日本とは桁違いの迫力だし、
まして町を行く人々は、どんな時代にも生き抜けそうなタフさが
伝わってきます。あまりにもスマートに洗練されてしまった
日本とは違い(それはそれで大好きですが)、中国のパワーって
逆風にも強ぇなーって、肌で感じますね。
0216-4道






こんな時期だからこそ、メディアの記事やWebでは伝わってこない
現地のライブ感を体感しに、海外行くのっていいと思うんですけどねー。
映像や写真、文字だけじゃない、能書き不要のリアルさは、いい刺激になりまっせ。







わずか700万人の人口にも関わらず、ぶっ倒れそうな家もあれば、
日本じゃみられないくらい徹底的にバブったマンションが並存しています。
香港駐在の幼馴染のマンションは、九龍駅直結でスカイラウンジはもちろん、
居住者無料のパブリックスペースからも、香港島の摩天楼が一望できます。

プールも最高級のホテルクラスの設備だし、卓球部屋とかバスケットコートとか
エステサロンとか、ファシリティの充実度も、日本でいうマンションの枠では、
考えられないレベル。
0216-5バブルマンション







こんな狭いゾーンなのに、上下のふり幅が半端なくデカいってのは、
香港の魅力ですよね。住居だけじゃなく、お店だってそう。
乾物屋が並ぶ下町風情たっぷりの「上還」から徒歩圏内に、
ブランドショップが集結した「中還」の高級ショッピング
モールが存在している。
0216-5バブルマンション2




派手にバブってハジケた香港なので、今後どーなってくのかは
知りませんが、2極化が深耕しながらも治安のいい都市ってのは、
変わらないでいて欲しいっすね。





ってなわけで、食事だって高級料理だけじゃなく、
海鮮、デザート、点心、必殺料理などなど、
シチュエーションにも変化を加えながら、
貪欲にいいトコ取りをしてきました。



「利苑(レイ・ガーデン)」の点心は、抜群のクオリティ。
北角の方に行ったんですが、100人以上のキャパの
店内は、ローカル達の熱気で埋め尽くされています。
凄まじく洗練されていて、それでいて素朴。
死ぬほど食べて2000円以下、んー、素晴らしい。
0216-6小龍包






「満福楼」の楊枝甘露、この時期に食べても絶品です
ホテル系でちゃんとしながら、リーズナブルな中華。
焼物も土鍋ご飯も、しみじみウマイ。
0216-7楊枝甘露







海鮮といえば、「發記」はハズせません。
元から期待値が高かったものは、当然美味かったですが、
改めてシャコの魅力が素晴らしかった。ビールの最強の
パートナーでしたわ。
0216-8シャコ








ローカルのこだわり料理は「華亭飯店」、
ここは、手堅くいい仕事しますよねー。
憧れの乞食鶏は、勝手なイメージと違い
全然しつこくないのに、複雑で奥行きがある
まさに現地ならではの味でした。
0216-9乞食鶏







もーちょい、旅自慢させちゃってくださいw → blogランキング


1香港ドル=約12円(2009.2現在)







行きの便からの富士山、成田は曇ってたんだけど
なんとかこのあたりから、雲が切れてくれました。
幸先いいスタートじゃん。
0216-20HappyFlight






ホテルは、コーズウェイベイのLanson Place
毎度お馴染みのSLH(Small Luxury Hotels of the World )で、
香港では2軒あるうちの一軒がココ。

バスルームがシースルーなのは全然OKですが、
トイレまでモロ見えなのは、さすがにビックリ。
夫婦間の絆も深まった感じw
0216-21LansonPlace







コーズウェイ・ベイは、これまであんま行ったこと
無かったんですが、今回泊まっての感想は「新宿」。
デパートがいっぱいあって、人がごみごみしてて、
年齢層も幅広いし、そこそこキレイ。
0216-23コーズウェイベイ






朝のヴィクトリアパークに散歩に行きましたが、
ランニングは比較的若者系でグループで
走ってる人も結構いました。太極拳はご年配の
方々が多かったですね、何故か木立の影で
独り黙々とやられてるケースが目立ち、
印象深かったッス。
0216-22ヴィクトリアパーク






中還にある「利苑(レイ・ガーデン)」は、ミシュランで
★を取ってて、お洒落でこじんまりしてるから、
予約も大変みたいです。北角の方は、★無しですが、
ローカルがドバーっと押しかけるような大箱で、
こういう活気がイメージしてた飲茶っぽくて
ボクはむしろ好きでした。イメージしてた味の
延長線上のウマさが多かったですが、
はじめての味で、衝撃を覚えたのもありました。
うまく変換できないけど、「峰巣タロ芋含」。
日本語的には”蜂の巣風タロイモコロッケ(かな?)”
コヤツガ抜群にがウマかったぁ〜
0216-24レイガーデン






香港師匠が好きなせいもあって、どうしても
ボクもマンダリン贔屓になっちゃいますw。
日本でもマンダリンが、好きだしね。
師匠の部屋に、ちょいと遊びに行かせて
もらったんだけど、リニューアルしたばかり
なので、モダンさ加減もいい感じ。窓から
見下ろすセントラルの高級ブティック含め、
バンコクのオリエンタルよりも都会的。
0216-25マンダリン







今回、はじめて香港でスパに行きました。
勝手に「スゲー、高いんじゃん」くらい思ってたんですが、
為替のせいもあってかなりの割安感。たいしてスパ経験の
無いオレが言ってるんで無く、豊富なスパ経験を持つ
香港師匠からも世界トップクラスとの評価。

事前に使えるミストサウナ、バス含めて
1000香港ドル以下ってのは、確かに素晴らしい。
0216-26マンダリンスパ







1Fのシガーバー「Captain's Bar 」にも食後に寄って、
シガーとシャンパーニュを愉しんできました。
SOHOとかLAN KWAI FONG 方面をあんま開拓
できなかったのが心残り。あー、酒が弱いってツライ!!
0216-27BAR







カオス的な香港もいいんですが、なんだかんだ洗練された
LANDMARKが大好きな、ベタな日本人ですいませんw
0216-27ランドマーク







1Fの路面店だったロブションが、3Fにカフェ、4Fにレストラン
という構成になってました。メシの前だったんでケーキセットは
諦めたんですが(2000円くらい)、カフェのみだと400円くらい。
LANDMARKの気持ちい吹き抜けの横で、お茶できて、この
金額っていいっすね!たしか下のカフェだと、チャージ高くない?
前なんで、忘れたけど。
0216-28ランドマークcafe






バレンタインデー(情人日)なので、プロモーションで
薔薇やARMANI DOLCI 配ってました。場所柄とはいえ、
なんてバブリーなプロモーション!! 不動産ハジけた
香港とはいえ、富裕層向けゾーンでは、バブルの余韻を感じます。
結局、いただいた会社の「Hongkong Land」って何の会社か
わからずじまいw
0216-29情人日快楽






重慶マンションで両替してから、インターコンチのラウンジへ。
ちょっと遅くなってから入っちゃったんで、刻々と変わる
夜景をのんびり愉しむという贅沢は味わえませんでした。
やっぱここは、まだ明るいうちに入店するのがいいね。
0216-30インターコンチ






駐在のトシオと合流して、スターフェリーでワンチャイ(灣仔)へ。
ちなみにトシオはバブリーなので、2年近く住みながら、
スターフェリーは初体験だそうでw
0216-31スターフェリー






ワンチャイのスターフェリー乗り場の目の前が、
ルネッサンス ハーバー ビュー ホテル。
そう書いたら、この夜のディナーがどこか
分かる方いますよね?

ホテル系中華で、ココはほんと素晴らしい。
死ぬほど食べて480香港ドルくらいじゃなかったっけ。
焼豚もトップクラスに美味しいし、土鍋ご飯の
スープバージョンは、〆のくせしてアゲてくれますね。
0216-32満福楼焼豚








これが例のバブリーマンション。
マンション名からしてキてまっせw
0216-33バブルマンション





60Fくらいにあるスカイガーデン。インターコンチからの
夜景は映画のスクリーンのようなロマンチックさが
ありますが、ここはもっと勢いがあるライブですね。
香港の風をあびてると、なんだか飛べそうな感じがします。
(間違いなく墜ちますがw)
0216-34マンションテラス







バブリーな人生とは程遠いので、バブリーなフリも
上手にできません。飲み干したシャンパーニュの瓶を
くわえてみるのが精一杯。シガー吸いながら、相当酔ってます。
0216-35バブル遊び






ちなみに、昼のラウンジの様子。
えー、休日ですが殆ど誰もおりません。
ジムやプールは、結構利用者いましたが。
フレッシュジュースが30香港ドルくらい。
おかしなくらいバブリーな空間。
0216-36ラウンジ







欣圖軒では、北京ダック以外も、スペシャルな
料理が並びます。ちなみに全部師匠のアレンジ。
日本から色々細かい調整ありがとうございます!!

最初のカットは、かなり大きめで。
計6枚くらい食べました、アレ8枚?
8人でも2羽なので、満足できる量でした。
0216-37ヤントンヒン






このフカヒレ、どーっすか?
はるさめだって、こんな山盛り食ったことないですって。
スープを鉄瓶で注ぐプレゼンテーションとか、さすが
高級店ならではの演出ですね。カラダにじーーーんと
染み入る美味しさ。
0216-38ふかひれスープ







欣圖軒で紹興酒でヘロ酔いして、あえなくホテルに
帰ったら昼寝なオレ。だから、酒弱いのヤダっつーのw
目覚めたと思ったら、すぐに華亭飯店へ。
乞食鶏、ワンタンスープ、豚のひざ煮込み.....
怒涛の肉攻撃に、さすがにOさんもギブアップ。
ココは、6人だったんだけど、8人欲しかったなぁ。
ローカル系大衆食の真髄が味わえて7000円くらい。
(たしか600香港ドルだったよね?)
0216-39華亭飯店






發記海鮮酒家では、赤字に青斑点の高級な魚
(ガルーパ?)をいただいちゃいましたよ、
しかもデカくて、イキがいいんす。
お決まりのえび蒸しにはじまり、
シャコ、ミル貝のガーリック蒸しと
すんばらしい流れが最高でした。
ここも3500円くらいだったかな。
(んー、300香港ドルでしたっけ?)
0216-40赤斑






この旅の〆はヨンキー、ブッダスープ
だけじゃなく、お決まりのフラインググース、
ピータン、豚半頭のロースト......
C.ロナウド、カカ、イブラヒモビッチといった
ワールドクラスのプレイヤーが、次々に
ボールを蹴ってくる気分です。
0216-41ヨンキー


0216-42サックリングピッグ



0216-43フラインググース






ブッダスープ後は、正直ネジが切れたように
意識がフラついてたオレなんで、その後の
ハムユイの土鍋ごはんとか、蟹の春雨蒸しとか
殆どキャパ超えで、一口くらいしか食べられ
なかったのが悔しいです!!!



そのため、予定してたLAN KWAI FONGの
視察まで、次回におあづけになっちまった......
誰か、酒が強くなるクスリ開発してくださいな!!



最後に、荷物を置いてたバブルマンションで
ひとシガー吸って、マンションの前から、
エアポートエクスプレス乗るっていう
バブリー気分で味わいながら帰りました。




色んな意味で、印象が強すぎたせいか、
なんだかリアリティが薄いんですよね。
なので、昨日帰ってきたのがウソみたい。
たまにはキャパ超えってのも、最高ッス。 → blogランキング




***


ちなみに、前回の香港旅行の様子がコチラ
あんま、写真の腕あがってねーなぁ...




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 香港ドルニュース  [ FX流行り過ぎ! ]   2009年02月21日 23:46
2/18アジア市場ロイターニュース 大引け 13016.00 70.60高 428.1億香港ドル 高値 13031.28 安値 12712.33 前営業日終値 12945.40 510.48安 417.3億香港ドル. ST指??..

この記事へのコメント

1. Posted by 春樹    2009年02月18日 00:56
ご友人の家賃は日本に比べて
安いですね。東京の一等地でこれ程度でしたら
平気で100万越えですから。
飛行機の窓からの様子ですと
エコノミーで行かれたのですねw
平日だとビジネスやファーストも
取れそうですが・・・・・
2. Posted by kyah朕   2009年02月23日 02:30
春樹さん、こんばんは

やはりその辺は為替のレートなんですかね。
しっかし、気分のいいマンションでした。

日本じゃ、この価格じゃ、こんなサービス
ムリっすよねぇ..

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔