2009年02月26日

妙の湯 (秋田) 乳頭温泉の洒落た宿

0225-1妙の湯家族風呂

田沢湖の奥にある秘湯の「乳頭温泉」
http://www.nyuto-onsenkyo.com/


7つの温泉が点在していて、「乳頭温泉郷」って呼ばれています。
特に有名なのは「鶴の湯」で、ダイナミックな自然との融合っぷりは、
不動の人気を誇っています。あと、モダンな「妙の湯」も女子ウケいいね。

ボクラも、上の2つで迷ったんですが、部屋自体は妙の湯の方が
洒落てそうだったので、「妙の湯」を最終的には選びました。
http://www.taenoyu.com/


こちらは、渓流沿いの一軒宿で、ジャパニーズモダンを
取り入れた、"やりすぎじゃない温泉宿"です。
温泉宿のリノベーションがここ何年かで急速に進んだけど、
なかには、下品なラブホテルっすか?くらいの温泉情緒が
皆無な宿もあるじゃない。 別にそれはそれで、ニーズが
あるからいいんだろうけど、秋田の山奥に折角行ったんだから、
攻撃的な圧迫感より、ほっこりとした癒しが欲しいじゃない。
そういう意味で、ちょいモダンな感じが好印象でした「妙の湯」は。
0225-4玄関






露天風呂の数も男女合わせて7種類、内湯を入れたら9個かな。
時間制で男女の風呂が入替ります。貸切に出来る家族風呂は1コ。
源泉は2種類で、にごり湯の「金の湯」、単純温泉(透明)の「銀の湯」。

詳しくはコチラ


こんだけあるんで、気分によって使い分けられるから、
気付いたら1時間くらいお湯に使ってたなんてなるんすよ。


一番気持ちいいのは、渓流沿いのデカイ混浴風呂「妙見の湯」ですが、
期待はしたものの、実際知らない人と混浴になることはありませんでしたね。
ここは天井も無いので、風に舞う雪を感じながら入浴できる開放感がいいですね。
下の写真は「妙見の湯」から、もうひとつの混浴風呂を眺めたショット。
0225-3渓流沿い湯








エンドレスになっちゃうそうなのは、「金の湯 寝湯」。
にごり湯の檜風呂で、背もたれと枕があるのがオレ向き。
ほろ酔いで入った日にゃ、朝までいてもおかしくないw。

ただ、ボクが入ったときはぬるかったんですが、男女風呂が切替わって
まりえが入った時には、熱すぎてゆっくりなんてしていられなかったとのこと。
0225-2金の湯








トップの写真は貸切にできる家族風呂。
ランプの灯りが雪を照らして風情満点。
こちらも、横にちいさなせせらぎがあるので、
いかにもな雰囲気でいっぱいです。


訪問したのは12月半ばなので、今はもっと雪深くなているんでしょうね。
そういえば、ここに泊まった日は誕生日だったような。
お風呂に入っている時以外は、本を読んだり、酒を飲んだり....
まりえと一緒に、静かな時間をのんびり過ごしてました。
0225-5部屋






こーいう場所に独りで行くってのが、妄想の中では憧れですが、
多分性格的にひとりだとウマく遊べ無さそうな気がする〜
0225-7看板



あると思います! → blogランキング








角館から、乳頭温泉までは車で1時間ちょっと。
雪化粧をした山々が迫ってくると、イヤでもテンションが
アガってきます
0225-10移動






ボードで背骨を折って以来、久しく見ていなかったこの景色。
たまには、雪の中ドライブするのっていいですね。
0225-11雪山





部屋のドアは2重になっていて、ひとつめのドアを開けると
こんな感じで壷が飾られています、うん、いい雰囲気だ。
0225-12廊下






こちらは夕食の場所。まだ用意中だったんですが、いいロケーション
だなーっと思って、撮らせてもらいました。良く無い?コレ。
0225-13雪見飯






窓枠に切り取られた景色は、スクリーンみたいで現実感が薄い。
渓流と林っていうシンプルな素材なんだけど、雪という更に
シンプルな要素が加わると、何故か魅力が増しますね。
モノトーンなのに、凄く深くまで刺さってくる。
0225-14部屋から2




0225-14部屋から







コレで景色が見れたら、最高なんだけどね。
部屋から本を持ってくれば良かったと思いました、そーいや。
0225-15湯まくら






家族風呂は、ボクら以外使ってるヒトには合いませんでした。
というか、お風呂がかぶった人って、一人くらいかな男性。
0225-16家族風呂






これが、家族風呂の横のせせらぎ。
勇気出して、足でも突っ込もうかと
思ったけど、お湯から出ただけで寒すぎるっ
0225-17家族風呂景色






ここは、山の傾斜が迫ってくるような露天でした。
結構ぬるかったですね。もうちょいアツければ良かったのに。
0225-18金の湯







天然の冷蔵庫(外)で冷やした冷酒を風呂上がりにキュッといただく。
いや、実に贅沢なひとときでありました。
0225-19日本酒







とてもいい温泉でした乳頭温泉「妙の湯」
ちょっと温泉に対する見方が変わったかも。
0225-20秘湯



そういや、今年は東京雪降ってなくね? 


オードリー春日のせいで、ピンクのベストが着れませんw
白シャツにピンクのVニット、紺ジャケって、ベタだけど
好きなコーディネイトだったんだけどね〜→ blogランキング




kyah2004 at 23:09│Comments(2)TrackBack(0)秋田2008 | HOTEL

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K.A   2009年02月28日 02:58
K.Aです。

うほー♪
素敵ですねー♪

私は生まれは九州なので、
温泉には何かと縁がありましたが、
乳頭温泉は憧れのひとつです。

渓流と雪・・・
いいな〜・・・

と、うっとり(笑)

実際行けなくとも
ここで拝見できたこと、うれしく思います。

ちょっとした一時、楽しませて頂きました^^

2. Posted by kyah朕   2009年04月12日 01:02
K.Aさん、こんばんは

温泉ビギナー的には、乳頭温泉クラスの
クオリティは、刺激が強過ぎました。
にわか温泉ファンになってます。

九州のおすすめ宿、是非教えてください!!
次にマジで狙ってるんで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔