2009年03月09日

利苑酒家 〔レイガーデン〕 (香港) 飲茶の王道

0305-1利苑
中環やワンチャイなど、香港内に10店舗の支店を持ち、
シンガポール、広州、北京にも支店を出す広東料理の人気店、
「利苑酒家(Lei Garden Restaurant)」
http://www.leigarden.com.hk/




ボクは、シンガポール店を先に知りましたが、
香港が本店なんすね。セントラルと、あとどこだっけ、
2店舗くらいはミシュランで★取ってました。

で、このミシュラン★獲得店は、内装も洒落てるらしーんですが、
キャパも相当絞ってるという話なんで、
予約はちょいと大変らしい。
0305-5ランチ





なんで、軽く飲茶使いだとしたら、ちょっと中心から
足を伸ばしてみてはいかがでしょ? 住所は北角ですが、
実際には、一個手前の 炮台山(Fortress Hill) からが近いです。
町の雰囲気もセントラルや、コーズウェイベイとは
ひと味違ってオモシロい
0305-2裏道




ボクラが行ったのは「北角」にあるレイガーデンは、
キャパ200席くらいの大箱で(もっとかも)、ローカルの
熱気に満ちたお店です。
0305-7店内




飲茶メニューなんで、机においてあるオーダー用紙に
チェックをすればいいだけなので、難易度も高くありません。
(いずれにしても、師匠にお任せですがw)


だいたい3個セットで出てくるので、人数的には3の倍数がおすすめ。
ショウロンポウとかおなじみのメニューは、しみじみ美味しい
日本で食べたときは脂でべチョっと重たかった蜂の巣風コロッケ
みたいのも、ジューシーさと、カラッとした歯ごたえで、全くイヤな後味が残りません。
このパリパリの下には餃子が隠れてるんですが、これも半端無くウメェし
0305-4揚げ餃子





それでいて腹いっぱい食べたとこで2000円くらいですから。
0305-3点心




利苑酒家(Lei Garden Restaurant)
北角電気道233號城市花園9-10座地下
TEL:2806-0008

場所はわかりづらいんで、現地のサイトの地図とか参考に
0305-8店外



すげーッスよ、香港。 → blogランキング







炮台山は、あんま観光客が積極的に行くような場所じゃないですよね。
ほんとフツーです、逆に言うと素顔の香港っぽくて、カメラ魂的には
アツくなるんですけどね。
0305-10問屋街






いわゆる団地の1Fにあるんで、この看板が無かったら、辿り着けない
可能性もありますねw、城市花園酒店(シティガーデン・ホテル)の裏あたり。
0305-12団地







ローカル仕様で過剰な飾り付けの無い、素朴なセッティング。
0305-13セッティング





この紙に、印をつけるだけでオーダーできるんです。
ラクチンだけど、どれが何なのか漢字からイマジネーション
するだけだと、味の想像がつかないものばかり
0305-14メニュー





ビールは、サンミゲルをお願いするも通じずw
まずはパリパリの春巻きから。ジューシー
0305-15春巻




続いてエビの焼売。至ってシンプルなんですが、
この差は何なのでしょうね...「香港だぜ」って実感が
沸き上がってきます。
0305-16えびシュウマイ





つづいて、例湯(デイリースープ)。色はグロいですが味は澄んでいて
深みがあります。スープの差ってのが、日本と本場の大きな違い。
なんでもない安いスープでも、ガチでうまいです。
0305-17ライトン






こちらでは、スープをよそった後に中身の具も食べるんです。
ワリと味が残っていて、軽く醤油をたらすだけで、充分美味しくいただけます。
0305-18スープの中身






トッポギちっくなモチモチ系。普通は味付けしてあるものが
出るらしいんですが、コヤツはシンプルに他の点心を引き立てます。
0305-19もちっと






おなじみ小龍包、日本と違って猫舌な香港人に合わせてか
スープが"あぢぃいイイ”ってことはありません、程よいです。
スープが美味しいのは当然ですが、つつみのモチモチ感とか
厚みがほんと丁度いいです。
0305-20小龍包





続いて、こちらも定番ですね。安定感ある美味しさ。
0305-21えび点心





焼豚マンです、手でちぎるまではアツいと感じますが
口の中に入れると適温だったりします。
0305-22蜜豚マン






ほら、美味しそうな艶出してるでしょ!?
0305-23蜜豚マンcut






コレが、一番刺さりましたね。
蜂の巣風タロイモのコロッケ。
肉のジューシーさ、芋のバランス
周りのサクサク感。絵面と違って
油っぽさは殆ど感じません。
0305-24蜂巣田芋





後ろには、ウマそーな魚が泳いでます。
0305-25魚






これが、揚げ餃子の横からの視点。
餃子にあわせて、適当にパリパリをくずして
一緒にいただくんです。歯ごたえ、味の組み合わせ
ともに、食べなれた餃子の魅力が再発見できますよ。
0305-26揚げと餃子






こちらは亀ゼリー、まずいとこだと墨汁みたいに
口の中に違和感が残るんですが、いいトコのは
ちゃんと必要なトコが立ってて美味しいかと。
まりえが好きなんで、オレは一口もらうくらい。
0305-27亀ゼリー






コレは、なんて言えば良いのかなぁ。
シナモンみたいなあったいゼリーみたいな、
独特なんで表現が難しい。結構イケてます。
見た目と食べた印象がだいぶ違いますね。
0305-28ゼラチン菓子





さすが香港でも人気の点心、満足度抜群に高かったです。
先日香港に行ってた部下も、チムサーチョイの支店に
行ったようで、満足してくれてました。勧めておいて良かった

高いところは、人によって満足度変わってきちゃうけど、
このゾーンなら、あんまバランス考えなくていいから
すすめるのも気が楽です。



かなり満腹になりながらも、愉しかった余韻にひたりつつ
駅までの道をのんびり歩きます。師匠が泊まってるマンダリンの
スパがいいとのことなので、部屋を見学しつつ、予約もしちゃおうと
のんびり電車でセントラルに戻ることに。
0305-29駅




こーいう何気ない景色の方が、帰ってくるとしみじみ
見ちゃいますね。 → blogランキング




kyah2004 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)香港2009 | 中華料理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔