2009年03月18日

ランドマーク (香港) リッチな気分でティータイム

0317-1ロブション

香港の中環にある、その名のとおりランドマーク的な存在の
ショッピングモール 「ランドマーク(置地広場)」。
日本に出店していないラグジュアリーブランドのブティックなんかも
入っていて、ある意味銀座4丁目よりも、ハイクラス感が抽出されている。



 
数年前に来た時は、もう少しナチュラル感が前面に出てた
ランドマークカフェでしたが、バブルの風を背に受けたせいか
エロい色使いのカフェになってました。
0317-5ランドマークカフェ







また、ランドマークは、COVAが入っていたりと、カフェ環境は
充実してるんですが、さらにラトゥリエ・ド・ジョエルロブション
のティーサロンなるものも展開されていたんです。
0317-2サロン







サロンスペースでケーキや軽食が楽しめるほか、ちょっと離れた
アトリウムのテラス席でもOKなんですよね。これは中々リッチな気分。
0317-4テラス席





 
ちなみに、ケーキセットだと、だいたい2000円超えますが、
晩メシの直前だったんで、お茶だけにしたら、わずか300円くらいでした。


....ん、なんで?


 
引き算的に見ると、そんなケーキ高いの?? → blogランキング
 
 

******


写真のチカラ

東京右往左往さんのところで紹介されてた「This is JAPAN


音楽に乗せて膨大な写真をつなげているあるカナダ人の日本紀行記
なんだけど、写真もうまいし、センスがいいから、無性に引き込まれる。

つい「ガイジンに日本の本当の魅力が、わかってたまるかい」的な
閉鎖感を持ってしまう島国根性たっぷりの小さな男ですが、これみて
「いや、参りました....」と感服。

飛行機で、成田につく直前に見る「YOKOSO JAPAN」の映像も好きだが、
アレって相当予算かけてると思うけど、正直「刺さる」指数は、変わらない。
いや、むしろこの「This is JAPAN」の方が高いかも。


プロとアマチュアのコンテンツの垣根が、5年前と比べて圧倒的に
見えなくなってきている。メディアの意味・コンテンツ流通のスキームは
10年後どう変化しているのか。楽しみなような、コワいような。








ボクらが行ったのは、ちょうどセールが終わったあたり。
昨今のバブル崩壊で、これでもだいぶ勢いが落ちているらしい。

ヨシタカとも合流し、駐在の幼なじみと待ち合わせ。
0317-10ランドマーク








とりあえず茶でもしようかと、前知識無しでうろついてみた。
すると、なにやら洒落たゾーンが目の前に現れてくるじゃない!?

前は、1F路面店だったレストランでしたが、3Fにサロン
Le Salon de thé & La Boutique de Joël Robuchon が出店していて、
上の4FはL'ATELIER de Joël Robuchon のレストランフロアになっていました。
0317-11サロン






 
アトリウムのところでお茶ができることを確認して、
テラス席に陣取ります。理屈抜きで心地よい。

Joël Robuchon なんで、赤と黒をヤラしく使ってきます。
紅茶のポットは、赤のSTAUBで中々かわいい。
0317-3ティーポット









久々に兄弟での海外コラボな気がしますが、香港だとあんま違和感無いね。
東京のどっかのホテルで、一緒にお茶してるのとあんま変わらない。
ま、これから晩メシだから、イヤでもここが日本じゃねーってことは、
思い知らせてやれるんだがなw
0317-12カフェ







黒と赤の空間に、まりえのトイカメラが
妙にマッチしちゃってます。
何度やってもうまく使えないんだな、コレ。
オレはiphoneの方が楽だわ。
0317-13カメラ中








SONYからは、ミラーレスの一眼は出ないらしいね

いずれにせよ、気軽に持ち歩けて、デジイチ並の画像で
手振れ補正がついた、28mm(35mm換算)くらいの、
F2.0〜 なカメラが出れば、すぐ買いますね、ハイ。

しかし、k-mのアプローチは見事だねぇ、
今から買う人には、アレお薦めです。
個人的にはパナより好き。→ blogランキング


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔