2009年07月10日

マリポサ (Hawaii) アラモアナの風を感じて

0710-1マリポさ
ユルユルHawaiiシリーズです。
 
「初日の夕ご飯どこ行こうかな」と考えたんですが、
なんせ思考力・意志力が低下してるんで、適当な
条件を並べて、消去法にすることに。
 
1.オープンエアーであること
2.サンセットが見えること
3.買い物のついでにいけるトコ
4.あんまチャレンジ系のジャンルじゃないこと
 

夕方から、Wedding参列用の服やアクセを見に
アラモアナショッピングセンターに行きたかったので、
「じゃー、マリポサぐらいしか知らんわ」って流れで
100%その場のノリでこちらにお邪魔したんです。
0710-2ロブスター




 
 
ニーマンマーカスのメインダイニングであるMARIPOSA(マリポサ)、
アラモアナパークが眼下に広がるシービューのテラスは、天井が高く
風の通りもいいので、思った以上に爽快。ビーチサイドのレストランとは、
また違った趣で洗練されています。
0710-3テラス席





 
2000年頃に、なんちゃら賞を取ったという、パシフィックリムの
はしり的な存在で、今でこそ、あちこちにソレ系の店が出来たと
聞きますが、今なおこちらの人気は健在といった感じなんでしょうかね。
0710-3アラモアナパーク

 
 



料理に関しては、正直“おそるおそる”的なとこがあったんですが、
日本アベレージに慣らされているので、「凄まじい衝撃が走った!!」
とまではいきませんが、このロケーションで、この味なら、文句言うヤツが
悪いでしょ と思うくらいのクオリティです。ソコソコ割安感あるし。
0710-4ミルフィーユ



 
 
シャンパーニュで乾杯して、前菜、メインをそれぞれ一皿づつ
オーダーして、2人で$150くらいだったかな。
つけあわせのパンも、実はかなりタイプでした。
0710-5パン
 



 
夕暮れの柔らかい陽射しから、暗くなるまでに
だいぶ時間がかかるので、ゆっくりメシ食べ終えた頃に、
ちょうど夜がやってきました。
0710-7マリポサ店内
 
 



さ、これから軽くShoppinしますか。
 
この切替が、他のリゾートでは真似できないところ。
半端なく完成されたヴァカンスシステムが、ほんとに凄い....→ blogランキング
 


*******************


昼にビールを浴びたので、
初日のディナーっぽくシャンパーニュから
0710-10シャンパーニュ







予約無しだったので、テラス側のシートに座れるか
不安でしたが、ホント程よい混み具合でいい雰囲気。
0710-10テラス席2







サービスは、いかにもハワイって感じで好感度◎
イタリアの艶っぽさとも、フランスのお洒落さとも
違いますが、アメリカと日本の中間みたいな距離感。
日本人的には落ち着きます...
0710-19メニュー








ボクの前菜は、マグロ。表面を軽く炙りつつ、
オリーブオイル系のソースと合わせたもの。
セロリやたまねぎ、茄子あたりのオリーブ炒めが
下敷きになっており、野菜の甘さが、いい感じで
マグロの生臭さを相殺して、いいバランス感。
0710-12まぐろ引







日本人的にキライなわけがないでしょ。
見た目も華やかで、気分アガります
0710-12まぐろ焼き目






こちらは、まりえのオーダーした茄子のミルフィーユ。
視覚的なインパクトほど、ビーツの主張は強くないですが、
期待値以上の爽やかさで、これまたアタリの前菜。
0710-15茄子のミルフィーユ







「ワイハ、ナメててすいません...」

0710-11テーブルと景色







メインは、ロブスター。
サフランのリゾットを併せた一皿。
昼にガッツりハンバーガー攻めてたんで、
ディナーは魚で調整しないとね。
0710-20ロブスター








キレイな海があって、おいしい食事を食べて...
単にこういう条件なら、イタリアのリヴィエラや
コートダジュールと言った、地中海沿岸の方が
色んな意味で奥行きがあり、完成度は高いです。

ただ、ハワイ特有の癒しと言うかユルさってのは、
南仏と種類が違っていて、心が無意識に弛緩するんですよ。

これは、日本人だからという理由が大きいのかもしれませんが、
そう簡単には変わらない本質的な相性な気もするので、ヴァケ
先としての重要度は、ハワイも地中海沿岸と同じくらい高いです。
0710-16ロブスター








こちらは、帆立のソテーとリゾットのメイン。
帆立の火入れも、昔だったら「ナンじゃコリャ!?」
ってくらい、無茶入れしてたと思います。

ソースも単にコッテリじゃなく、柑橘系で
アクセント入れてきてます。イイね。
0710-17帆立とリゾ








どこか日本に居るような延長感を残しながらも、
底抜けの開放感と全く異なる時間軸が、自然と
体のリキミをほぐしてくれるんです。すっかり
ハワイマジックにかかっちまったようですね、オレ。
0710-18店内







「日本で仕事してる仲間達よ、かたじけない...」
0710-18サンセット



・・・な〜んてこと、1mmだって
頭をよぎるようなキャラじゃありません(゚∀゚)アヒャヒャ

ハワイの夕暮れを眺めながら、ただただ
ゆったり流れる時間に身を委ねておりました。



またハワイ行きそうな勢いだな、オレ。
今度こそ、家族コラボを実現して、カイルア
あたりでヴァケレンしたいblogランキング






kyah2004 at 23:35│Comments(2)TrackBack(0)HAWAII 2009 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by せぶんらっく   2009年07月11日 00:15
marie様、爪を伸ばしておられないんですね。
カルジェルもなしなんですね〜〜!
素敵〜〜!♪

2. Posted by kyah   2009年08月16日 01:11
せぶんらっくさん、こんばんは

ボクは圧倒的にネイルが好きなので、
不満だらけなんですが、家事をしてると
爪が痛むそうなんで、ソリャまずいな...と。

まさか、「素敵」という反応があるとは!?
旦那として見直すことにしてみます 汗

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔