2009年07月17日

MICHAEL JACKSON ゾーン

0713-1マイケルライブ

マイケルジャクソンが亡くなってからというもの、
TVでの露出がワールドワイドで猛烈に高まり、
CDの売上も半端無いらしーっすね。

かくいうボクも、TVでビデオクリップの印象的な
シーンを見ると、ついそのままYoutubeで探して
全編流しちゃう生活が続いていました。


  ・・・・んで、出た結論。

「こりゃ、DVD買った方が早ぇーな」と。



で、ライブとV.Cのベスト盤の2枚を買うことに
したんですが、そのDVDもAmazonですら、
届くまでに10日くらいかかったわけで、
どんだけ売れてるのよ?って感じです。
0713-2GH



先日、やっと届いて、その日に速攻で見たんですが、
想像以上にキレてます。ライブは1992年だし、
V.Cなんて80年代だけど、何故かダサくないんですよね。
多少古いんですが、普遍性の価値がそこにあるって
いうのかな。

お世辞抜きに見ていて飽きないのよ、コレ。
USHERの今っぽいエロカッケーダンスとは
違って、人間ってこんなことできんのっていう
ワクワクするような可能性を感じさせてくれるんです。

凄まじい数の観客を前に、何分間も微動だにせず
立ち尽くし、失神者が続出したブカレストのライブ。
まさに、20世紀が産み出したマスマーケティングの傑作ですblogランキング



**********


そもそも90年代半ばから、R&B、HIP-HOPの絵って
そんなに劇的に変わってない分、逆にその前の
映像とかファッション見ると、「古臭〜ぁ」って感じる
ことが多いんです。


でも、後にも先にも、マイケルみたいな表現をする
アーティストがバカ売れしなかったせいか、あんま
鮮度が落ちていないのよ。

実際、V.Cでも周りの人は、ドエラく古めかしいし
ダサいんだが(特にBEAT ITとか)、彼だけはなんか
違う次元にいるみたいに、輝いている。


ライブ・イン・ブカレストは、既に色が白化け
しはじめてるけど、それでもキレとかタメとか、
彼だから許される領域みたいなトコにいってて、
自然に溜息が漏れてしまいます。


日本でもオリコンで、TOP100に16枚のアルバムが
ランクインしたとかで、亡くなって尚、伝説を
作り続けるという稀代のスーパースター。

DVDからも、彼が"時代を生き抜いた”っていう
勢いが伺えます。





最近は、iPhoneに落として観れちゃうんですよね。
小さい画面なんで、体感だとTVよりキレイ。
スゲー時代になったもんだ。→ blogランキング

kyah2004 at 23:31│Comments(2)TrackBack(0)MUSIC. 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K.A   2009年07月18日 04:58
こんばんは^^
K・Aです。

マイケル関連、私も購入してしまいました

高城剛さんのブログ、いつも大変興味深いんで拝見しています。。

で、EP-1、購入してしまいましたー
ヨドバシに感触を確かめようと見に行きましたら、偶然、レンズ2本セットにキャンセルがでまして。。

今、黒のペン君と格闘中です。。
スキルアップ目指して頑張りますー^^
って、ブログも更新しないと
2. Posted by kyah   2009年08月16日 01:23
K.Aさん、こんばんは

おやおや、EP-1買ってるじゃないですか!
是非、成果を見せてくださ〜い

楽しみにしてますよ、きっと
レタッチ機能とか、うまく使いこなしそう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔