2009年08月09日

ビストロ・ヴァンテール (札幌) 仔羊一頭買い

0809-1羊コラボ
札幌フレンチのレベルの高さは、行くたびに驚きですが、
観光客だと小さな店の情報はあまり入らないので、
ひらまつグループの「バエレンタル」とか、「コートドール」
といったグランメゾンに流れることが多いみたい。
 




確かに円山の2大グランメゾンは、間違いないと思いますが、
札幌中心街のフレンチも、アクセスいいし尋常じゃないです。
クオリティの高さはもちろんですが、なんせリーズナブル♪ 0809-2アミューズ









 
去年OPENしたすすきのにある「ビストロ・ヴァンテール」は、
料理も北海道産のガチ使いで、マサさんの美学が伝わってきます。
りょーじからも聞いてたけど、確かにヤバい。
 
店名には、ビストロって入ってますが、東京の感覚で言うと
全然ビストロじゃないッス。札幌だと“ビストロ”と謳うほうが
人が入りやすいから付けてあるらしーんだけど。
0809-7穴子

 



 
5大シャトーだけで何本あるっていってたかな、
セラーは1200本以上のワインで存在感出してるし、
カトラリーもクリストフルで、公式レストランにも
認定されている。店内は柔らかな光で上品に
演出されていて、ハレ使いしても全然アリだね。
0809-4はるあかり







 
 
ヴァンテールは、北海道でも数少ない
仔羊を一頭買いしてるフレンチなんで、
この時期は羊ハズさないように!!
 
ロニョンやハツといった部位も食べれるし、
予約の時に頼んでおけば、脳みそもイケ
ちゃいます。羊の脳みそは、前にフィレンツェで
フリットにして食べたけど、ワインがすすみそうな
白子系の味なんで、是非チャレンジを!
(オレが食いたかった〜)
0809-9羊





 
 
 
それと、ルイ・ロデレールをなみなみと注ぐ、
ハチミツのソルベのシャンパンデザート。
このハチミツの香りの高貴なこと!!
瓶をみせてもらったら、中毒患者みたいに、
何度も香りをかいじゃいました。
0809-11デセール


 



 
 
羊攻めの人は、アラカルトだとペース配分
難しいので、予約のときに「羊入れつつ
コース組んじゃってください」ってお願い
するのがいいと思います。あと、折角なので
コース組むお願いするなら「●●(東京など)から
来るので、北海道素材ガチでお願いします」くらい
プレッシャーかけてもいいんじゃないでしょうか。
 
 
ワインは、ホールにマサさんがいるので、
ボクの場合は投げっぱなし。ただ、アペリティフの
ルイロデレールがグラスで1100円なので、
コヤツを飲みながらワインリストを眺めつつ、
後は値段のレンジだけ伝えて、相談しちゃうのが
いいと思います。
0809-6店内

 




 
しっかし、ニースの松嶋シェフとか、パリの「ステラマリス」から
タテルヨシノシェフ本人呼んでイベントしたりとか、札幌のオーナー店で、
こんなことしちゃうって正直スゲーです。東京でもヨシノさんの居るとき
確実に狙おうとしたら、フェアになっちゃうくらいだもんね。


 
彼らを呼んでいるのは、(●●ホテル的な)資本の力じゃなく
マサさんの想いだったり、店の目指すビジョンに共感
できるからなんですよね。
0809-3クリストフル




 
そういう店が、比較的リーズナブルに近くに
ある札幌の環境ってうらやましーです。
様々なところから見える美学が、あまり
Priceに反映されていないように見えちゃうのは
東京物価に慣れてるからなんでしょうか? 
 
ぶっちゃけ顧客的には満足度高いんですが、
回収ポイントが見えず「大丈夫ッスか!?」とも
聞きたくなりますw



 
 
 
能書きが長くなりましたね、念願のヴァンテールだったんでw
 
 

 
この日に行った時も、早いうちから予約で満席だっただけど、
札幌人気ブロガーのリコちゃんと一緒ということで、
無理言って、一番端の席を作ってもらったんです。
0809-8リコさん









ビストロヴァンテール BISTRO VENTER
〒060-0063 札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022
0809-13外観






スンゲー直前までスケジュール決められなくて
ワガママしちゃいましたが、金・土の夜は満席なので、
東京とかから行くヒトは予約マストな感じで。 


じゃ、レポはじめますか。 → blogランキング
 
 
 


---------------
 
 
・・・・って、無理やり席を作ってもらったオレでしたが、
初訪のくせに思いっきり遅刻やらかしちゃいました。
 
トラベラーのみなさん、札幌の開放感気をつけましょうw
やー、アレなんす。つい昼から鮨つまんで日本酒呑んで、
天気いいからって動物園せめてた
んですよ。
 
そりゃ、アガるじゃないっすか
なんせ始発のエアーで札幌入りなんで4:30起きっすから。
いつも以上にオチるってもんです。オチることは
想定済みだったんだけど、まさか目覚ましのセッティング
間違えるとは......
 
初対面のリコちゃん、(一応)笑って許してくれてありがとう。
隣のテーブルとスタートかぶっちまったオレは、「やっべー、
後でマサさんにシメられるゎ」とテーブルの下で足を震わせて
おりましたw
 
 
おかげで、アミューズの味は飛んでます。
ルイロデレールが喉を流れていく冷たさが、
本当に気持ちよかった。
0809-20アミューズ

 
 





前菜は北海道の爽やかな夏っぽいイメージで
尾長鯛のタルタルとブロッコリーに雲丹を添えて 
 0809-21前菜
タルタル好きにはたまりません。
やっぱフレンチは外で食べるのがいいな〜


 


前菜の2皿目から、早速羊が登場です。
足寄 石田めん羊牧場 仔羊のアキレス腱、
舌と首肉など カルパッチョ風 サラダ仕立て
0809-22羊カルパチョ


「ん、羊のカルパチョですか!?」って、
思わず聞きなおしました。
さすが、一頭買いのお店です。
香草の効き方もバランスよく、
あんま癖を感じません。
もし最初に言われなかったら、何の
カルパチョだったか答えられなかったな、多分。


 

 
魚料理は、温製アナゴのテリーヌ  真イカのソテー添え
0809-23穴子テリーヌ
 
ハウスワイン(ピュリニーモンラッシェの名家、オリヴィエルフレーヴが造る)の
シャブリ レ・ドー・リヴァー2006とのマリアージュもキマります


詳しいバックグラウンドはコチラ
すんげー手がかかっています。
テリーヌの上に乗っているイカのソテーが、
ソースの印象をより際立たせてくれるんですよね...
コレだけでもリベンジしたい。
 
 
 
 本日のというか、今回の旅行のクライマックスがコチラ。
 足寄 石田めん羊牧場 仔羊のロティとグリエ 様々な部位を一皿に
 0809-26羊キャレ





やー、どーっすか。
美しすぎませんか、この仔羊達。
キャレがうまいのは当然ですが、
串刺しのハツやロニョンも脇役としてはかなりの個性派。
ガルニも道産の花ズッキーニとキャスティングがヤバ過ぎ。
0809-25羊ブロック






美しきフルマージュ達
0809-27フロマージュ









さて、デセールはどうしましょ?
0809-12デセール







そしてデセールは、一番下のシャンパーニュを贅沢に使った
ハチミツのシャーベットとフルーツにシャンパンのジュレを加えた
爽やかな一皿。とにかくこのハチミツの存在感が素晴らしく、
さっきまでもう食えん...と思っていたオレが蘇えりました。
0809-28巨峰コンポート






中毒状態になったハチミツの瓶がコチラ。
キケンです、キケン過ぎます...
0809-29ハチミツ




 
 
東京だとビビって頼めない魅力的なアラカルトも、
ここなら気軽に手が出る「ヴァンテール」。
夜はマサさんもホールに出てるので、
テンパってない時は、おしゃべりにも
付き合ってもらいましょう。
 (テンパってる時多し!!w)
0809-30ドッピオ
 
 






マサさんが居るからって言ってるのじゃなく、
ホント、スゲーいいお店ですよ。よく札幌で、
あの美学とプライドを体現し続けていると思います。
こちらの中庭もヴァンテールが用意したんです。
0809-31中庭








ふぅ〜、ほんとご馳走さまでした。
0809-32外観



北海道ならでは! を味わうなら、
グランメゾンもいいけど、ボクはこことか、
「ラ・サンテ」の方が、ローカルっぽさが
味わえて好き。 → blogランキング



kyah2004 at 23:59│Comments(2)TrackBack(0)フレンチ | 札幌2009

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ryuji_s1   2009年09月06日 10:03
ビストロ・ヴァンテール
素晴らしいレストラン

お料理最高 素晴らしいです
2. Posted by kyah   2009年09月07日 00:31
ryuji_s1さん、こんばんは

料理・サービスの一体感含めて
凄いレストランだと思います。

紹介した友人も、かなり満足してるみたいで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔